Samurai Goal

ロックダウン


スポンサード リンク





ロックダウン中にインスタで最も稼いだスポーツ選手は? 

20200604-26040119-nksports-000-6-view




1: 2020/06/04(木) 11:26:18.09
スペイン紙アス電子版が3日、新型コロナウイルスの影響による現在のロックダウンの期間中にインスタグラムで最も収入を得ているスポーツ選手トップ10を発表した。1位から3位をサッカー選手が独占している。

米国のコンサルティング会社アタインの3月12日~5月14日のデータをアス紙が引用。トップはポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド(35=ユベントス)。その収入は210万ユーロ(約2億5200万円)だったという。フォロワー数は2億2200万人である。

2位はアルゼンチン代表FWメッシ(32=バルセロナ)で、150万ユーロ(約1億8000万円)、フォロワー数1億5300万人。3位はブラジル代表FWネイマール(28=パリ・サンジェルマン)で、収入130万ユーロ(約1億5600万円)、フォロワー数は1億3900万人となっている。

スポーツ別で見てみると、サッカーから6人、バスケットボールから2人、クリケットとボクシングから各1人が選ばれている。

 ◇   ◇

ロックダウン期間中のインスタグラム収入スポーツ選手トップ10

1位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー):210万ユーロ(約2億5200万円)

2位 リオネル・メッシ(サッカー):150万ユーロ(約1億8000万円)

3位 ネイマール(サッカー):150万ユーロ(約1億8000万円)

4位 シャキール・オニール(バスケットボール/引退):65万5000ユーロ(約7800万円)

5位 デビッド・ベッカム(サッカー/引退):45万5000ユーロ(約5460万円)

6位 ヴィラット・コーリ(クリケット):42万5000ユーロ(約5100万円)

7位 ズラタン・イブラヒモビッチ(サッカー):20万6000ユーロ(約2472万円)

8位 ドウェイン・ウェイド(バスケットボール/引退):16万ユーロ(約1920万円)

9位 ダニエル・アウヴェス(サッカー):15万ユーロ(約1800万円)

10位 アンソニー・ジョシュア(ボクシング):13万6000ユーロ(約1632万円)

(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/09d079521e0a3486d08992b17779166ad0cb90c3

バロテッリ、ロックダウン生活を明かす「独りで頭がおかしくなりそうだった。2カ月ボールを触っていない」 

20200516-00010006-goal-000-1-view




1: 2020/05/16(土) 20:08:25.74
ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、インスタグラム上でライブ配信を行い、ロックダウン(都市封鎖)中の生活を明かした。

バロテッリは、セリエCルメザーネやミラン時代の元同僚で今シーズンも半年間、ブレシアで共にプレーした旧知の友人、アレッサンドロ・マトリとSNS上で対談。
3月9日から約2カ月にわたるイタリアでのロックダウンの生活について冗談ながらに語った。

3月9日のサッスオーロ戦(3-0でサッスオーロが勝利)を最後にピッチから遠ざかるバロテッリは、ボールの扱いも忘れつつあることを告白。
「ボールをパスされてもトラップできるか分からない。2カ月ボールを触っていない」と嘆いた。

故郷のブレシアで暮らすバロテッリだが、ロックダウン中は家族と離れ、独りで過ごしていたことも明かした。

「ここ2週間は、頭がおかしくなりそうだった。俺は独りだったこともある。娘はナポリだし、息子はチューリッヒにいる。
それに母は高齢だし、(義理の)兄たちは子供と隔離生活を送っている。だから俺は独りになった。しんどかった」

料理が不得手な悪童は当初、日々の食事に苦労したことを、冗談を交えつつ振り返り、「俺はありがたいことに太らなかった。
俺は料理ができないから、最初の3日間は段ボールや壁をかじっていたほど(笑)。それ以降は、デリバリーを注文するようになった」と語った。
また練習を満足に行えなかったことも告白。「家の近くに小さな公園があって、走り込みに通っていたが、ランニングマシーンがないと無理だ」とこぼした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00010006-goal-socc
5/16(土) 11:52配信

ロックダウン違反のC・ロナウドに批判…密室に18人集合のパーティーが発覚 

20200420-43479757-gekisaka-000-6-view

モウリーニョ監督規制無視か 複数選手と公園で練習 

20200408-24080110-nksports-000-2-view




1: 2020/04/08(水) 11:14:55.51
イングランド・プレミアリーグのトットナムを指揮するモウリーニョ監督(57)がロックダウン(都市封鎖)中に複数選手と英ロンドンの公園で練習したと7日、英ミラー紙に報じられた。

新型コロナウイルスの拡大防止のため、英政府から厳しい外出禁止の指示が出されているが、トットナムのトレーニングウエアを着用した同監督がDFサンチェス、DFオーリエ、MFセセニョン、MFヌドンベレの4選手をロンドン北部の公園施設でフィットネストレーニングを積んでいる映像や画像が一般市民によってアップされた。

英政府は3月から個人で1人1回運動することは許可している。しかし運動は個人、または家族のみという厳格な規則。また社会的距離を取るというルールがあるものの、同監督と選手たちはお互いに近距離で動いているように見える動画だったという。これがロックダウンのガイドラインを無視しているのではないかと指摘されている。

トットナムの広報は「我々の選手すべてが屋外に出る時、社会的距離を保つことを分かっています。このメッセージを引き続き、強化していきます」とコメントしている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-24080110-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索