Samurai Goal

ロイ・キーン


スポンサード リンク





リバプール監督、解説者「ずさん」発言に怒る一幕も 

20200929_Roy-KeaneJurgen-Klopp-GettyAP




1: 2020/09/29(火) 09:04:57.26 _USER9
9/29(火) 8:57配信
日刊スポーツ
<プレミアリーグ:リバプール3-1アーセナル>◇28日◇リバプール

FW南野拓実(25)が所属するリバプールがアーセナルとの全勝対決を制し、開幕3連勝を飾った。先制された後に3ゴールを奪取。新加入のFWジョタも移籍後初ゴールをきめるなどの快勝劇だったが、ユルゲン・クロップ監督(53)は試合直後のインタビューで、英スカイスポーツで解説していた元イングランド代表のロイ・キーン氏の「ずさん」という試合評論に対し、強く反論を展開した。

スタジオでキーン氏は「今夜、リバプールがは3ゴールを決めた。ゴールを決めるのは決して簡単ではない」と前置きした上で「前回のホーム戦で4ゴールを挙げ、得点力がある。後半に1、2回ずさんなところがあったが、良い仕事を終えた。良いシーズンのスタートだ」と解説。しかし、クロップ監督は「ずさんな」というコメントが気に入らなかった。

試合後のライブインタビューで、いきなりキーン氏のコメントに疑問を呈した。クロップ監督は「キーン氏は今夜、ずさんな試合をしたと言ったと聞きましたが、言いましたか?」と詰め寄った。キーン氏から「1つか2つのチャンスを諦めたと思います」などと返答されるとヒートアップ。「今夜はずさんなパフォーマンスでしたか? 多分、キーン氏は別試合について話したのでは。このゲームについてはありえない。信じられない説明だ。ずさんなものは何もない。最初の1秒から100%支配的だった」とまくしたてた。

キーン氏から「あなたは聞き間違えたと思う。ずさんな瞬間がありましたが、素晴らしいと言いました。私は称賛した。あなたは正しく聞いたのだろうか。残りの部分を聞く必要がある」とコメントの意図を説明されると、クロップ監督は「スピーカーから『ずさんな』という言葉を聞いたので、今夜の試合についてだと思った。(正確に聞かず)間違っていました。100%(のコメント内容を)聞きます」と皮肉まじりに返答していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fd739678e17b29b473deae40599708afcf18c489

ロイ・キーンの恐怖「今でもトラウマ」「彼は本当に、本当に怖かった。いきなりブチギレるんだ」 

1: 2020/06/24(水) 23:01:35.09
元イングランド代表FWダレン・ベントが、その厳格なキャラクターで知られるマンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ロイ・キーン氏の恐怖について語った。

現役時代から闘争心溢れるプレーで、知られていたロイ・キーン氏。チームメイトにも厳しく、不甲斐ないプレーを見せた選手には焼きを入れたり、時には監督にも歯向かうなど、激情家として知られていた。

現役引退後はサンダーランド、イプスウィッチで監督経験を積んだ他、アイルランド代表とアストン・ビラでアシスタントコーチを務めていたが、現在は解説者として活躍している。

アストン・ビラ時代にロイ・キーン氏の指導を受けた経験のあるベントがイギリスラジオ局『talkSPORT』の番組内で、当時の恐怖を振り返った。

「彼は本当に、本当に怖かった。いきなりブチギレるんだ」

「もちろんなぜそうなるかも分かる。彼のような世界最高峰のトップ選手からしたら、アストン・ビラにいた僕たちのような選手が、なぜそんなミスを犯すのか理解できないんだろう」

「QPRと対戦した、ある試合後をよく覚えているよ。僕らはアウェイで負けたんだけど、その試合の後に僕らはロッカールームにいた。そしたらランバート監督はすっと端へよけて、ロイが話し始めたんだ」

「これは本当に起きたことだと約束する、彼は2時間ぶっ通しでブチギレていた。夜の試合だったけど、そのせいでスタジアムの電気も全部消えて、外で出待ちしていたファンも全員帰ってしまったんだ」

「彼は選手が飲んでいたルコゼイド(イギリスで販売されているスポーツドリンク)や選手がメールばっかりやっているいること、そして人々がヨガをやったりしていることとか、色々なことについて激怒していた」

「その時ロン・フラールが確かシンスプリントのケガで離脱していたんだけど、ロイは『サッカー選手がシンスプリント程度でなぜそんなに長く離脱しているんだ?』と怒っていたよ」

「彼は部屋を周りながら目に入るもの全てにキレていた。目が合った瞬間にキレされるから、誰も彼と目を合わせなかったよ」

「みんな2時間あそこにただ座っていた。あの夜起きたことは今でもトラウマだよ。正直言って彼はクレイジーだった」

超ワールドサッカー 2020年6月24日 22時20分
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_376688/

写真
no title

「一体どこまで落ちぶれるんだ…」“闘将”ロイ・キーンが不振のマンUを酷評! モウリーニョの考えは―― 

20190923-00064463-sdigestw-000-5-view[1]

暴かれた“闘将”ロイ・キーンのお粗末すぎる交渉術! 「ピザのチェーン店に連れて行かれ…」 

20190425-00010001-sdigestw-000-1-view[1]

マンチェスター・U元主将がポグバを名指して非難「彼の言葉は上っ面だけ。信用できない」 

20190425-00010029-goal-000-1-view[1]

「ユナイテッドには泣き虫の赤ん坊ばかり」マンUの元主将、古巣の選手を批判 

pre18100520560005-p1

ロイ・キーン「我々の活躍で何百万ポンドも稼いできたファーガソンは元選手を批判すべきではない!」 

839: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/10/10(金) 14:59:05.96 ID:Wzw33k8a0.net
ロイ・キーン:「ファーガソンは元選手を批判すべきではない」
no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000011-goal-socc
ファーガソン氏は昨年出版した自伝で、キーン氏やデイビッド・ベッカム氏らとの衝突について述べていた。自身も今週自伝を発表し、ユナイテッド時代について記した様々な内容が話題となっているキーン氏は、イギリス『BBC』で次のように語った。

「私やほかの選手たちを批判するのは少し厳しいことだと感じた。我々はクラブでよくやったと思う。ちょっとした成功を手にして、いくつかのトロフィーを獲得したが、監督は我々全員を批判している」

「我々の活躍で監督は何百万ポンドも稼ぎ、地位を手に入れ、観客席に彼の名がつけられた。だが彼は誰にも何も言われることなく我々を批判していいと考えている。そういう力を持っていると思っているからだ」

「彼と向き合ってもいいだろう。何を言うかって? 私自身や活躍したほかの選手たちに対して、なぜナンセンスなことやくだらないことを言うのか、ということだ。彼はおそらく自己弁護をするだろうが、それを受け入れる理由はない」

「私は今43歳だ。彼を恐れる必要があるだろうか? 受けて立つべきことだ。サッカーは小さな世界なので、どこかで彼と私の道が交わることは確かだと思っている。そのときを楽しみにしているよ」

元マンU主将ロイ・キーン「モイーズは質の低い選手たちにショックを受けている!」 

959: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2014/02/27(木) 14:32:06.65 ID:hjciGPlz0
元マンU主将キーン、古巣を猛烈批判も監督は擁護「モイーズは質の低い選手たちにショックを受けている」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140227-00010003-footballc-socc&p=2
「(モイーズは)質の低い選手たちを指揮していることにショックを受けているだろう」

「今のユナイテッドには質の高い6人の新選手が必要だ。来夏には何人かの選手がクラブを去る。ビディッチが去るし、ファーディナンドは引退する。エブラも去りそうだし、ギグスも引退するだろう。だから、少なくとも5、6人の新選手を補強し、チームを再建しなければならない。

 モイーズがユナイテッドに入った昨夏、彼は補強選手を考えながら、大きな期待を膨らませていたと思う。監督として、質の低い選手たちを指揮していることにショックを受けているだろう。

 我々はプレミアリーグが世界最高のリーグだと洗脳されているが、それはばかげた話だ。ブランド力は最高だが、我々は過去数週間でイングランド勢が欧州戦で苦しんでいるのを見てきた。彼らは欧州の強豪に引けを取っているし、ユナイテッドは特にそう」
[一部抜粋]
no title

マンU元主将「低迷の原因は安物買い」 真の一流が5、6人必要… 

244: U-名無しさん@実況はサッカーch 2014/02/15(土) 19:11:16.75 ID:vZc3MDn70
マンU元主将「低迷の原因は安物買い」 真の一流が5、6人必要…

マンチェスター・ユナイテッドの元主将でアイルランド元代表ロイ・キーン(42)が、
今季の不振の元凶を「ここ数年のファーガソン前監督の安物買いにある」と指摘。
名指しこそしていないが批判の矛先は日本代表MF香川真司にも向けられているのか。

 1990年代、ファーガソン前監督下で主将としてマンU全盛期を築いた闘将キーンは、英エクスプス紙に「マンUは移籍市場で安物買いをしてきたツケが一気に噴き出した状態だ」と話した。

 キーンによればチームには「あと5、6人の真の一流選手が必要」。現在リーグ7位と近年まれにみるこの低迷を引き起こした原因も「ファーガソン前監督だ。移籍市場で名実ともに大物選手への投資を怠ってきたことが理由なのだから、モイズ現監督を責めるべきじゃない」と力説した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140215-00000013-ykf-spo
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索