Samurai Goal

レバノン


スポンサード リンク





神戸・オマリにFC東京から正式オファー レバノン代表DF 

20200109-00000036-spnannex-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/09(木) 14:09:18.23 ID:OCnRcorA9
FC東京が今季の新戦力として神戸のレバノン代表DFジョアン・オマリ(31)に正式オファーしていることが8日、分かった。

 C大阪の木本恭生(26)を獲得できず、U―23日本代表DF岡崎慎(21)が清水にレンタル移籍するなど、最終ラインの補強が急務だった。オマリは7月にアルナスル(UAE)から神戸に移籍。1メートル87と長身を生かした対人守備に定評があり、昨季は4試合1得点だった。

2020年01月09日 05:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000036-spnannex-socc

【サッカーW杯予選】韓国、敵地でレバノンとスコアレスドロー。北朝鮮は初黒星でH組は混戦  

20191111_korea_getty[1]




1: 北村ゆきひろ ★ 2019/11/15(金) 00:09:58.49 ID:43h/J6Nd9
【レバノン 0-0 韓国 2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選 第5節】

 2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選のレバノン代表対韓国代表戦が現地時間14日に行われ、0-0のドローに終わった。

 レバノンの首都ベイルートで開催された試合は、反政府デモの激化による安全面への懸念のため直前で無観客試合となることが決定。
韓国代表は10月の北朝鮮戦に続いて、2試合連続の無観客試合を戦うことになった。

 レバノンはヴィッセル神戸のDFジョアン・オマリが先発出場。
一方の韓国はガンバ大阪のDFキム・ヨングォンのほか、エースのFWソン・フンミン、元JリーガーのGKキム・スンギュ、DFキム・ジンス、MFチ〇ン・ウヨン、FWファン・ウィジョなどが先発に名を連ねる。

 優位に試合を進める韓国は人数をかけてゴール前を固めるレバノンをこじ開けようと攻め立てたが、DF陣の粘りやGKの好セーブ、惜しくもポストを叩くシュートなどで得点ならず。
北朝鮮戦に続いてのスコアレスドローで終える結果となった。

 14日に行われた同グループのもう1試合ではトルクメニスタン代表が北朝鮮代表に3-1で勝利。
グループHは首位の韓国が勝ち点8、レバノンと北朝鮮が勝ち点7、トルクメニスタンが勝ち点6という混戦模様で日程の半分を折り返している。

【得点者】
なし

https://www.footballchannel.jp/2019/11/15/post348052/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索