Samurai Goal

レオ・メッシ


スポンサード リンク





メッシが愛する妻アントネラとの馴れ初め語る「彼女が全て」 

20190915-00010014-sportes-000-3-view[1]

メッシ、家族水入らずで楽園を満喫...日本ツアー不在は決定か 

20190712-00010008-sportes-000-1-view[1]

ビダルも南米サッカー連盟を批判「僕らもコロンビア戦の時に...」 

20190708-00010012-sportes-000-1-view[1]

<「闘牛士」マリオ・ケンペス>“メッシ外し”を進言!「メッシがいることで他の選手が個性を発揮できない」  

1: Egg ★ 2019/06/22(土) 12:00:28.42 ID:woliJUzJ9
アルゼンチンの元選手であるマリオ・ケンペスが母国の代表チームに対してコメント。レオ・メッシに“休養”を与える事を勧めた。

スアレスが日本戦で負傷 ポルト・アレグレの病院に運ばれる

コロンビアに0-2で敗れ、パラグアイと1-1で引き分けのアルゼンチン代表。コパ・アメリカで良い結果を残せておらず、次は決勝トーナメントへの生き残りをかけてカタールと対戦する。

ケンペスは「現状からメッシを休ませることは悪いことではないと思う。もしくは彼自身が休養を取るべきだ」と『TyC Sports』で発言している。

“マタドール(ケンペスの愛称で闘牛士という意味)”は、アルゼンチン代表が迎えている現状を分析し、その主な原因の一つとして“メッシ依存”を指摘。チームの全選手に対し「メッシに(ボールを)渡さなくてはいけない」これが「個性の欠如」を証明していると意見した。

■“メッシ依存”終焉に向けて
ケンペスはバルセロナの選手抜きでアルゼンチン代表を構成する事を支持している。
「もしこの代表チームからメッシを外すと何が起きるかって?彼抜きの代表チームを構成し、所属クラブでは優れたプレーを披露している選手の姿を見られるのではないか」と発言を加えた。

アルゼンチン代表監督のリオネル・スカローニは、メッシの不振を前にリスクがあると考えているものの、メッシは“代わりを見つけることのできない”選手であり“世界一”だとみなしている。

「彼の代わりを見つけることは不可能だ。今後数日でメッシの代わりを見つけることはないが、世界一の選手抜きで代表チームを構成することはできる。悪い結果になる可能性もあるが、すでに悪い結果は出ている。メッシがいることで、他の選手の個性が全く発揮できていない」とバレンシアや、ロサリオ・セントラル等でプレーした元選手は断言した。

ケンペスは「月日が経ち」、6月24日に32歳の誕生日を迎えるアルゼンチン代表とバルサでキャプテンを務めるメッシは、「疲れを感じている」と主張している。

「メッシは既に代表チームでの任務を果たしている。彼はプレーを望んでいるが、月日が経ち、疲れを感じている。代表チームで何かを獲得するために全力を尽くしてきた」と強調した。

■カタールとの対戦
アルゼンチン代表はコパ・アメリカ2019で、決勝トーナメント進出をかけて日曜日にカタール代表と対戦する。他のグループの結果も踏まえてにはなるが、勝利が必要となっている。

成績上位の3位(3グループの内、成績の良い3位の2チームが決勝トーナメントに進出)の一つとなる希望を残しており、そのためケンペスは、日本と共に招待国として今回のコパ・アメリカに参戦しているカタールとの対戦に不安を感じている事を認めている。

「アルゼンチンは常に失敗から立ち上がってきたが、今の選手達にはその気質が感じられない。結果がこのようになっていることから、私は日曜日の試合にとても不安を感じている」と締めくくった

6/22(土) 11:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00010007-sportes-socc

写真
no title

スモーリングのメッシ潰しは有言実行!? 試合前の挑発行為が判明 

20190413-00010007-sportes-000-1-view[1]

緊急事態のメッシ、気になる状態は?指揮官がコメント 

20190411-00010008-sportes-000-1-view[1]

メッシの不満がついに爆発「アルゼンチン代表で楽しむことは難しい」  

20190331-00010003-sportes-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/31(日) 10:12:53.90 ID:EPcjao+e9
レオ・メッシは火曜日に行われた2つ目の親善試合を鼠蹊部(そけいぶ)の違和感のため回避し、予定より早くバルセロナへ戻った。

そんな状況のバルセロナのNo.10は、アルゼンチンの一部から批判を受けたことに関して同国の放送局『Radio Octubre 94.7』に対し、口を開いた。

ここ最近耳にしているコメントに対し、明らかに不満を募らせている様子を見せたメッシは、「何も驚いていない。多くの嘘や作り話が存在する。人々は世間で言われていることを信じるが、僕はイラついている」と断言した。

さらにメッシは「僕について話すことは習慣化されている。僕がいない時には作り話が...。
実際、僕は12月の代表ウィーク前に鼠蹊部に違和感を抱えた状態で招集されたし、練習はほとんど行えず、試合には出場できなかった」と付け加えた。

「鼠蹊部の怪我は複雑なものだ。すぐに治るものではない。良くなってはいるが完治したわけではない。気をつけなくてはならない」とバルセロナの選手は主張した。

また、昨年のロシアW杯での悪夢についても思い出しながらコメントした。

「とても大きなダメージだった。僕が経験した代表での最も酷い時間だった。最初の試合から全て良くなかった。僕らが望み、期待していたものではなかった」と明かした。

レオは「(代表を)引退する事も考えた。僕の家族に悪影響を与えるだけで、W杯での出来事を忘れようと考えた。全てのことから少し離れようと思い、代表から離れた。
僕らはプロフェッショナルであり、タイトル獲得を望んでいたが、僕らの世代の扱いは酷かった」と告白した。

しかし、アルゼンチン代表でのモチベーションを失ったわけではない。
「僕はアルゼンチン代表で何かを勝ち取りたい。重要なことは戦う気持ちだ。多くの人々が僕が代表に戻ることはないと言ってきた。友人や家族...僕の息子まで『なんでアルゼンチンではうまくいかないの?』と聞いてきた。
それを聞いたときは本当に辛かった」とアスルグラナの選手は周囲の言葉に心を痛め、「アルゼンチン代表で楽しむことは難しいことだ」と認めた。

代表でのプレッシャーに関して、「もし僕らが(ロシアW敗で)ラウンド16に進んでいなかったら、アルゼンチン代表において最も大きな失敗の一つになっていただろう。グループを良くするために僕らは話し合い、必死に戦った。
僕の父親がアルゼンチンサッカー協会(AFA)を動かす力を持っているという馬鹿げた話を耳にして、僕は頭にきていた。
それに最も苦しんでいたのは僕の家族だ。世間の嘘に苦しめられている僕の友人や兄弟がいる。みんなが好き勝手に発言し、それを買うのさ」と主張した。

レオ・メッシは引き続きアルゼンチン代表に関するテーマに苦しめられた。
「僕自身、僕の家族やチームメイトのためにプレーしている。そして僕は自分が好きなことをしている。僕がしたくないことをするには、もう少し辛抱しなくてはならない」と主張した。

「僕らはうぬぼれていないし、代表を愛している。それでも、事実ではないことを信じ込んでいる人もいる。僕らはプロフェッショナルであり、そうでなければこれ以上代表に行っていないよ。
誰かが僕に代表に参加することを強制しているわけではない。
僕が洗礼式で代表を辞退すると思うかい!?(セスクの洗礼式に参加するために代表を辞退したという噂に対して)、家に帰ったとき洗礼式のことは何も知らなかった。それはとてつもなく馬鹿げたことだ」とコメントした。

最後に代表指揮官のリオネル・スカローニに関して言及した。
「僕はW杯後に一度代表を離れた。それ以降誰とも話していない。スカローニは何度も僕に電話をかけてきて、プロジェクトについて説明してくれたけれど、僕はスカローニが監督になるよう誰かに話したことなんてない」
メッシの怒りは最後まで収まらなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00010003-sportes-socc
3/31(日) 8:00配信

C・ロナウド 「メッシと自分は次元が違う」 

20181031-00010007-sportes-000-1-view

【激白】サッカー界の“世界一”と“宇宙一”とは?ボアテングが2大スターについて語る 

1: 2018/09/22(土) 09:11:05.42 _USER9
現在、サッスオーロに所属するケヴィン=プリンス・ボアテングはドイツメディア『SPOX』のインタビューでサッカー界の2大スター、レオ・メッシとクリスティアーノ・ロナウドについて語った。

マンUがボアテング獲得を狙う、移籍金は約64億円

ガーナにルーツを持つこのドイツ人選手は両選手を称賛したが、彼は若者達にとって最高の模範はクリスティアーノ・ロナウドだと考えているようだ。
「サッカーをプレーする若者達にとってロナウドは世界最高であるべきだ。何故なら彼は最高の模範だからね。彼は才能を持ちながらも最大限にトレーニングを行う。彼はものすごくハードワークをする」

しかし、ボアテングはクリスティアーノ・ロナウドとレオ・メッシを比較した際、1人をこの世界の中の1人、もう1人を宇宙人であるかのように語った。
「クリスティアーノのプレーはこの世界で起きる。ここだけだ。ベストはメッシだ。私は彼のプレーをこの世界のものだと思っていない。クリスティアーノはこの世界を支配しているが、メッシは全てを超越している」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00010001-sportes-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索