Samurai Goal

レアンドロ


スポンサード リンク





鳥栖戦で肘打ちのFC東京レアンドロ…後日裁定か?原副理事長「激しく、でも汚いプレーはやってほしくない」 

1301560_l




1: 2020/08/07(金) 20:35:45.12 _USER9
気になったジャッジを徹底解説する「Jリーグジャッジ リプレイ#11」がDAZN(ダゾーン)で配信中だ。今回は、明治安田生命J1リーグ第8節でサガン鳥栖がFC東京に3-2で勝利した一戦から、後半序盤にレアンドロがファウルしたシーンを取り上げる。

番組には、Jリーグの原博実副理事長、Jリーグウォッチャーの平畠啓史さんに加え、東京都サッカー協会審判委員長の牧野明久氏が初登場。桑原学さんMCのもと、SNSで反応が多かったシーンをピックアップして議論を行った。
満場一致でイエローが妥当

話題となっているのはFC東京vs鳥栖の51分のシーンだ。FC東京が左サイドから攻め込んでいくところ、最終的には永井謙佑のクロスがクリアされてプレーが切れたが、その前にレアンドロがボールと関係ないところで鳥栖MF樋口雄太に対して肘を当てるような動作。このプレーに副審がフラッグを上げており、主審が協議した結果、ファウルの判定となった。

レアンドロはこの試合ですでにイエローカードを貰っており、警告であれば退場という場面だったが、ノーカードの判断が下されている。ファウルだったことは前提として、SNS上ではカードが出なかったことに対しての議論が生まれた。

この場面を映像で確認した平畠さんは、率直な意見を述べてカードが出てもよかったのではないかとの見解を示す。

「まず、必要のない行動というかアクションだと思うんです。たくさんのカメラで中継していて、絶対に映されるのって分かるじゃないですか。感情的にパッションが上がっているのは分かるんですけど、やっぱりやめるべきなんじゃないかなって。カードが出ても仕方ないのかなと僕は思います」

また、平畠さんはSNSで挙がった「選手が倒れて副審がフラッグアップ。その後プレーが止まり、主審と副審が協議して結果的にノーカードの判定。このような場合、どのような過程で判断が下されるのか」という疑問を紹介する。

これについて原副理事長は「多分、レフェリーは(ボールのある)流れの方を見ていたんじゃないですか。アシスタントレフェリーも逆サイドは当然見えない。(手前側のレフェリーが)見ていたとしたらカード当然出るんだろうけど、協議して確認ができなかったのではないかなと僕は思いました」と推測。また、映像で主審の顔の動きに注視しても「ボールの方を見ている」ため、「プレーをやらせておいて、終わったあとにアシスタントレフェリーと確認」したプロセスは「正しい」と主張する。

一方で、原副理事長は「見ていたとしたら、明らかにイエローに値するプレー」だと強調。レッドではないのかという桑原さんからの問いに対しては、「やってはいけないプレーだと思いますけど、いきなり一発赤という、そこまでの確証は持ちにくい倒れ方、やり方かな」と返答した。

カードの色も含めての見解を求められた牧野氏はこう説明する。

「どういう風に腕を使って顔に当てたかというのがはっきりしないので、審判団で話はしましたけど、そこが分からなくて結局ファウルだけのFKになったと思う」

そのうえでプレー自体は「イエローはある」範囲のものだと語り、「(レアンドロは)腕を当てているという感じがする。肘で明らかにやっているという感じだと赤になる」との基準を示した。

とはいえ、実際の試合中にはファウルでFKのみの判定。その理由については「(審判団)3名で話をしても多分、誰もが見えていなかったと思う。副審としては、鳥栖の選手が顔を押さえて倒れていることを主審に伝えたいというところでのフラッグアップ。一番見ないといけないのはボールがあるところなので、なかなか難しい」と口にしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/807a27a072d7156fa80dafa35f525cf1aa851212

<FC東京レアンドロが母国メディアに語った日本「Jリーグはレベルが高いし、日本人選手は優秀」 

1: 2020/04/27(月) 08:58:29.03
「日本のサッカーとこの国に順応できた」

今シーズン、鹿島アントラーズからFC東京にレンタルで加入したのがレアンドロだ。来日4年目の迎えるブラジル人アタッカーが、母国メディア『ESPN BRASIL』のインタビューに応じ、Jリーグや日本での生活について語っている。

 4月26日に掲載された記事によると、まずコロナ禍における現在の生活について、レアンドロは「しばらくは、すべていつも通りでチームトレーニングを続けていたが、ここ数週間は自宅で隔離されている」と説明し、こう続けた。

「家族と一緒にいて、トレーニングをしたり、子どもと遊んだり、楽器を演奏したり、テレビゲームをしたりしている。この生活が終わるまで、ベスト方法で時間を使うようにしたい」

 新天地で好スタートを切っていただけに、中断となってしまったのは無念だろう。ブラジル代表歴もある26歳は、自身4年目に突入したJリーグのレベルについても言及している。

「ここは本当にとてもレベルが高い。クオリティーの高い日本人選手がたくさんいるし、ブラジル人や他の国の外国人選手も優れている。例えば、(アンドレス・)イニエスタ(ヴィッセル神戸)がいるし、フェルナンド・トーレスもプレーしていた。彼らはあらゆるものを勝ち取ってから日本に来たが、まだ高いレベルを維持しているんだ」

 そして、「ブラジル人では、ジョー、カブリエル・シャビエル(ともに名古屋グランパス)、レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)、セルジーニョ(松本山雅FC)、マルコス・ジュニオール、エジガル・ジュニオ、エリキ(以上横浜F・マリノス)、レオ・シルバ、ブエノ(ともに鹿島)、ダンクレー(神戸)などがプレーしている」と同胞のJ戦士を紹介した。
 

 鹿島での3シーズンについては、「1年目は本当に良かったけど、最後にJリーグのタイトルを失った」と切り出し、こう振り返った。

「残りの2年間は、重要なタイトル(ACL)を獲得し、クラブ・ワールドカップも戦った。だけど、僕は膝の怪我の問題にぶつかっていたんだ。なんとか回復し、新たな挑戦をして、素晴らしいシーズンを過ごす準備ができ、とてもいい気分だよ」

 最後に今後のキャリアについても語っている。

「鹿島で3年、FC東京で1年目、日本のサッカーとこの国にうまく順応できた。ここでずっと残りのキャリアを続けるかは分からない。予測は難しいけど、ここには僕がうまく適応できたサッカーと素晴らしい国がある。鹿島との契約がもう1年あり、年末までのレンタルなので、その後に何が起こるか見てみよう」

 日本のサッカーにも生活にもフィットしていることを明かしたレアンドロ。リーグ再開後の活躍に期待したい。

4/27(月) 7:13配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200427-00072334-sdigestw-socc

写真
no title

<鹿島アントラーズ>一斉発表!レアンドロがFC東京にレンタル、DFチョン・スンヒョンは蔚山現代に完全移籍 

20200103-43476523-gekisaka-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/03(金) 13:02:01.39 ID:1olClp4W9
 天皇杯で準優勝に終わり、2日にアントニオ・カルロス・ザーゴ新監督の就任が発表された鹿島アントラーズ。すでに8日から新シーズンに向けて始動することが決まっているが、3日に所属選手の去就について一斉発表している。

 まず、2017年にグレミオから加入したMFレアンドロ(26)がFC東京に期限付き移籍。今季はリーグ戦22試合で3ゴールを記録した。クラブ公式サイトを通じて「自分が望んでいた離れ方ではなく残念ですが、この3年間、チーム関係者、サポータ―の皆さんには応援及び支えていただきありがとうございました。在籍中は、怪我をしながらでもチームのために貢献出来るようにと、頑張ってプレーをしました。この先もアントラーズのことを応援しておりますし、また一緒にプレー出来ればと思っています」とコメントした。

 2018年7月に加入したDFチ〇ン・スンヒョン(25)は蔚山現代に完全移籍することが決まった。今季リーグ戦では13試合に出場。クラブを通じて「昨シーズン途中からチームに加わり、これまで調子が良い時も、悪い時もありましたが、常にアントラーズのために、戦うことができて幸せでした。素晴らしい選手たちとスタッフの皆さんには、感謝の気持ちを伝えたいです。そして、いつも最高の応援を送っていただいたサポーターの方々には、感謝の言葉を送りたいです。ありがとうございました。韓国に戻りますが、いつまでもアントラーズを応援していますし、私自身も今よりもっと成長し、アントラーズとの対戦を楽しみにしています。今まで本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

 2013年から鹿島でプレーしていたMF中村充孝(29)はモンテディオ山形へ完全移籍する。今季リーグ戦5試合1得点にとどまった中村は「7年間在籍した中で、サッカー選手、人間として、すごく成長させていただくことができました。今回、もっと成長するために移籍を決めました。今まで手助けしていただいたサポーター、チームスタッフ、チームメイト、地域の皆様、応援していただいた全ての方々、本当にありがとうございました」と挨拶している。

 2019年7月からサガン鳥栖に期限付き移籍していたFW金森健志(25)はそのまま完全移籍となる。クラブを通じて「鹿島アントラーズには2年半、選手として本当に学ぶことが多かった濃い時間でした。人生初のタイトルを取れたことはなんとも言えない嬉しさでした。アントラーズで学んだことを今後のサッカー人生に活かしていきます。本当にありがとうございました!」とコメントした。

 2018年に阪南大から加入したFW山口一真(23)は来季、期限付き移籍で水戸ホーリーホックで経験を積むことになる。「鹿島アントラーズでプレーしたこの2年間、自分がどこまでチームの勝利に貢献できたのか、思い返してみても不甲斐なさを感じます。今年は水戸ホーリーホックで必ず活躍し、アントラーズのサポーターの方々に成長した姿を見せたいと思います。引き続き応援のほど、よろしくお願いします!」とコメント。今季はリーグ戦7試合に出場した。

 そのほか、DF小田逸稀(21)はFC町田ゼルビアに期限付き移籍、GK川俣慎一郎(30)は東京都社会人サッカー連盟1部リーグの南葛SCに完全移籍、FW有馬幸太郎(19)は栃木SCに育成型期限付き移籍。シントトロイデンから期限付き移籍していたDF小池裕太(23)は移籍期間満了により退団する。

 また、トップチームの黒崎久志コーチ、羽田憲司コーチ、里内猛フィジカルコーチ、小杉光正テクニカルスタッフが退任。2020シーズンより黒崎コーチと里内コーチは鹿島アカデミースタッフに、羽田コーチは松本山雅FCのコーチ、小杉コーチはセレッソ大阪の分析兼コーチに就任する。

1/3(金) 12:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-43476523-gekisaka-socc

FC東京 鹿島・レアンドロ獲得濃厚 加入1年で11得点の技巧派アタッカー 22試合3得点  

20191228-00000036-spnannex-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/28(土) 08:21:38.83 ID:f5rzdqbI9
FC東京が鹿島の元ブラジル代表MFレアンドロ(26)を獲得することが27日までに濃厚となった。

今季はクラブ史上最高の2位となるも、リーグ7位の46得点と課題が浮き彫りになった。
関係者は「2列目の攻撃力がポイントになる」と話し、鹿島加入1年目に11得点を決めた技巧派アタッカーに白羽の矢を立てたもようだ。
レアンドロは自身のSNSで新天地での挑戦を認めるような発言をしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000036-spnannex-socc
12/28(土) 5:30配信

MFレアンドロ
フリガナレアンドロ
背番号11
身長/体重177cm/76kg
生年月日1993年5月12日
出身地ブラジル
血液型不明
所属チーム名グレミオFBPA/ブラジル-SEパルメイラス/ブラジル-サントスFC/ブラジル-コリチーバFC/ブラジル



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索