Samurai Goal

レアンドロ


スポンサード リンク





<鹿島アントラーズ>一斉発表!レアンドロがFC東京にレンタル、DFチョン・スンヒョンは蔚山現代に完全移籍 

20200103-43476523-gekisaka-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/03(金) 13:02:01.39 ID:1olClp4W9
 天皇杯で準優勝に終わり、2日にアントニオ・カルロス・ザーゴ新監督の就任が発表された鹿島アントラーズ。すでに8日から新シーズンに向けて始動することが決まっているが、3日に所属選手の去就について一斉発表している。

 まず、2017年にグレミオから加入したMFレアンドロ(26)がFC東京に期限付き移籍。今季はリーグ戦22試合で3ゴールを記録した。クラブ公式サイトを通じて「自分が望んでいた離れ方ではなく残念ですが、この3年間、チーム関係者、サポータ―の皆さんには応援及び支えていただきありがとうございました。在籍中は、怪我をしながらでもチームのために貢献出来るようにと、頑張ってプレーをしました。この先もアントラーズのことを応援しておりますし、また一緒にプレー出来ればと思っています」とコメントした。

 2018年7月に加入したDFチ〇ン・スンヒョン(25)は蔚山現代に完全移籍することが決まった。今季リーグ戦では13試合に出場。クラブを通じて「昨シーズン途中からチームに加わり、これまで調子が良い時も、悪い時もありましたが、常にアントラーズのために、戦うことができて幸せでした。素晴らしい選手たちとスタッフの皆さんには、感謝の気持ちを伝えたいです。そして、いつも最高の応援を送っていただいたサポーターの方々には、感謝の言葉を送りたいです。ありがとうございました。韓国に戻りますが、いつまでもアントラーズを応援していますし、私自身も今よりもっと成長し、アントラーズとの対戦を楽しみにしています。今まで本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

 2013年から鹿島でプレーしていたMF中村充孝(29)はモンテディオ山形へ完全移籍する。今季リーグ戦5試合1得点にとどまった中村は「7年間在籍した中で、サッカー選手、人間として、すごく成長させていただくことができました。今回、もっと成長するために移籍を決めました。今まで手助けしていただいたサポーター、チームスタッフ、チームメイト、地域の皆様、応援していただいた全ての方々、本当にありがとうございました」と挨拶している。

 2019年7月からサガン鳥栖に期限付き移籍していたFW金森健志(25)はそのまま完全移籍となる。クラブを通じて「鹿島アントラーズには2年半、選手として本当に学ぶことが多かった濃い時間でした。人生初のタイトルを取れたことはなんとも言えない嬉しさでした。アントラーズで学んだことを今後のサッカー人生に活かしていきます。本当にありがとうございました!」とコメントした。

 2018年に阪南大から加入したFW山口一真(23)は来季、期限付き移籍で水戸ホーリーホックで経験を積むことになる。「鹿島アントラーズでプレーしたこの2年間、自分がどこまでチームの勝利に貢献できたのか、思い返してみても不甲斐なさを感じます。今年は水戸ホーリーホックで必ず活躍し、アントラーズのサポーターの方々に成長した姿を見せたいと思います。引き続き応援のほど、よろしくお願いします!」とコメント。今季はリーグ戦7試合に出場した。

 そのほか、DF小田逸稀(21)はFC町田ゼルビアに期限付き移籍、GK川俣慎一郎(30)は東京都社会人サッカー連盟1部リーグの南葛SCに完全移籍、FW有馬幸太郎(19)は栃木SCに育成型期限付き移籍。シントトロイデンから期限付き移籍していたDF小池裕太(23)は移籍期間満了により退団する。

 また、トップチームの黒崎久志コーチ、羽田憲司コーチ、里内猛フィジカルコーチ、小杉光正テクニカルスタッフが退任。2020シーズンより黒崎コーチと里内コーチは鹿島アカデミースタッフに、羽田コーチは松本山雅FCのコーチ、小杉コーチはセレッソ大阪の分析兼コーチに就任する。

1/3(金) 12:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-43476523-gekisaka-socc

FC東京 鹿島・レアンドロ獲得濃厚 加入1年で11得点の技巧派アタッカー 22試合3得点  

20191228-00000036-spnannex-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/28(土) 08:21:38.83 ID:f5rzdqbI9
FC東京が鹿島の元ブラジル代表MFレアンドロ(26)を獲得することが27日までに濃厚となった。

今季はクラブ史上最高の2位となるも、リーグ7位の46得点と課題が浮き彫りになった。
関係者は「2列目の攻撃力がポイントになる」と話し、鹿島加入1年目に11得点を決めた技巧派アタッカーに白羽の矢を立てたもようだ。
レアンドロは自身のSNSで新天地での挑戦を認めるような発言をしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000036-spnannex-socc
12/28(土) 5:30配信

MFレアンドロ
フリガナレアンドロ
背番号11
身長/体重177cm/76kg
生年月日1993年5月12日
出身地ブラジル
血液型不明
所属チーム名グレミオFBPA/ブラジル-SEパルメイラス/ブラジル-サントスFC/ブラジル-コリチーバFC/ブラジル



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索