Samurai Goal

レアル・マドリード


スポンサード リンク





久保建英、レアル・マドリードに復帰できない場合の第1希望は・・・ 

1: 2020/05/31(日) 18:19:05.92
「マドリーに復帰できなかった場合は…」久保建英の来季去就は?「第1希望」を現地メディアが報じる!
5/31(日) 14:52
SOCCER DIGEST Web

第2希望は「素晴らしいアイデア」

「マドリーに復帰できなかった場合は…」久保建英の来季去就は?「第1希望」を現地メディアが報じる!

 連日のように現地メディアを賑わしているのが、久保建英の去就だ。レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の18歳は、ラ・リーガ1年目ながら、ここまで24試合に出場して3ゴール・2アシスト。昇格組でタレントの少ないチームで、違いを作り出している。


 3人しかない登録できない「EU圏外枠」の問題もあり、マドリーのトップチームへの即時復帰は難しいと見られるなか、マドリー専門メディア『Defensa Central』は先日、この日本代表MFの「来シーズンのオプション」として、4つのケースを伝えた。マジョルカでレンタル延長、レアル・ソシエダへのレンタル、ベティスへのレンタル、そしてパリ・サンジェルマンへの完全移籍だ。

 セリエAの名門ミランからの関心も伝えられるなか、同メディアが5月30日に続報を発信した。マドリーでのトップチーム入りが叶わなかった場合、久保の第一希望はマジョルカ残留だという。理由は、すでにチームでの地位を確立し、「ビセンテ・モレーノ監督のやり方を知っているから」と綴っている。

 ただし、チームが1部に残留することが絶対条件になるだろう。6月11日に再開することが決まったラ・リーガで、マジョルカは降格圏の18位に低迷している。
 
 そして、第2希望がソシエダへのレンタルのようだ。記事は、マドリーとソシエダの関係は良好であり、現在マドリーからソシエダにレンタル中のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴー入れ替わりで(ソシエダの本拠地)サン・セバスチャンに向かうのは、「素晴らしいアイデア」だと指摘。「ヨーロッパのコンペティションに出場できる可能性がある」とも伝えている。

 組織的な攻撃サッカーで躍進しているソシエダは、コロナによる中断前までチャンピオンズ・リーグ出場権が得られる4位につけている。

 ただ、あくまで目標はマドリーへの復帰だ。再開後の残りシーズンでの活躍次第では、もちろんありえない話ではないはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f80503cec87613a1ca9c25a43722251239585b6
no title

<久保建英>来季レアル・マドリードで居場所なし...地元紙報じる 

1: 2020/05/19(火) 19:52:06.52
今夏、新型コロナウイルスの影響で財政面で苦しんでいるレアル・マドリードとバルセロナの2クラブで、最大30人が退団する可能性があるという。

スペイン紙マルカによると、マジョルカへ期限付き移籍しているMF久保建英(18)は来季、Rマドリードでの居場所はないと伝えた。

Rマドリードは来季、久保ら期限付き移籍中の選手も含めるとトップチームに35人以上を抱える。そのため、選手を放出する人員整理が必要となる。

その中で期限付き移籍中の選手に目を向けると、現時点で来季のトップチーム復帰が確実なのはGKルニン(オビエド)のみであるという。その理由は第2GKのアレオラが期限付き移籍元のパリサンジェルマンに戻るためであると伝えた。

一方で、久保については、バジェホ(グラナダ)、マジョラル(レバンテ)、オスカル・ロドリゲス(レガネス)と同様に、来季のトップチームで居場所がないと伝えている。

その他では、アクラフ(ドルトムント)についてポテンシャルに疑問の余地はないが、レギュラーの座を確実に与えられないため、首脳陣は連れ戻すかを検討中という。また、セバージョス(アーセナル)はジダン監督と合わないため移籍の可能性があると伝えた。さらにレギロン(セビリア)はもう1年セビリアでプレーすることを望んでいる。オドリオソラ(バイエルン・ミュンヘン)の将来は不透明で、ヘイニエルは期限付き移籍が濃厚となっている。

トップチームではハメス・ロドリゲス、ベール、ブラヒム、マリアーノ、ヨヴィッチ、マルセロ、ルーカス・バスケスに移籍報道が出ている。

バルセロナではメッシ、ルイス・スアレス、グリーズマン、デヨング、ブスケツ、アルバ、ピケ、テアステーゲン以外の全選手が放出可能となっているという。

最近、トップチームではセルジ・ロベルト、ウムティティ、ジュニオル、ラキティッチ、ビダル、アルトゥール、セメド、デンベレ、さらには2月に獲得したばかりのブライスバイテに移籍報道が出ている。

そして期限付き移籍の選手ではコウチーニョ(Bミュンヘン)、ワゲ(ニース)、トディボ(シャルケ)、アレニャ(ベティス)、エメルソン(ベティス)、ラフィーニャ(セルタ)、オリオル・ブスケツ(トゥエンテ)に退団の可能性があると伝えた。

Rマドリードとバルセロナは現在、多数の選手の将来が不透明になっているため、今夏の移籍市場は非常に慌ただしいものになる可能性があるだろう。

5/19(火) 日刊スポーツ 18:53https://news.yahoo.co.jp/articles/2a398b196094a4585a54efdbc9a4fe5673b49e80

写真
no title

<レアル・マドリード>久保建英VSイスコ 来季ポジション争い激化 

1: 2020/04/14(火) 22:55:27.54
レアル・マドリードで来季、若手とベテランの間のポジション争いが激化すると、スペイン紙マルカが14日に報じている。

Rマドリードは近年、莫大(ばくだい)な資金を投資して将来有望な若手選手と契約する政策を採っており、欧州チャンピオンズリーグ3連覇後に世代交代が始まっている。
その流れは前監督のソラーリが、ヴィニシウスやレギロン(セビリア)を重宝した昨季からスタート。そして今季はメンディ、バルベルデ、ヴィニシウス、ロドリゴらが、マルセロ、モドリッチ、クロース、ベイルの座を脅かした。

クラブの政策が功を奏し、チームには現在、期限付き移籍中の選手を含め、ルニン(21)、アクラフ(21)、ミリトン(22)、メンディ(24)、バルベルデ(21)、
久保建英(18)、ウーデゴール(21)、ヘイニエル(18)、ヨヴィッチ(22)、ヴィニシウス(19)、ロドリゴ(19)という、今後長年クラブを支えられる平均年齢約20歳の魅惑的な11選手が所属している。

一方、クルトワ(27)、カルバハル(28)、セルヒオ・ラモス(34)、ナチョ(30)、マルセロ(31)、カゼミーロ(28)、クロース(30)、モドリッチ(34)、ベイル(30)、アザール(29)、ベンゼマ(32)、
ヴァラン(26)、イスコ(27)、長期負傷から復帰予定のアセンシオ(24)のような選手たちがチームに存在している。

このような状況の中、マルカ紙は来季起こり得る若手対ベテランのポジション争いを次のように挙げている。

ウーデゴール(21)対モドリッチ(34)

バルベルデ(20)対クロース(30)

ヴィニシウス(19)対アザール(29)

ロドリゴ(19)対ベイル(30)

カルバハル(28)対アクラフ(21)

マルセロ(31)対メンディ(24)

ルニン(21)対クルトワ(27)

ベンゼマ(32)対ヨヴィッチ(22)

セルヒオ・・ラモス(34)対ミリトン(22)

イスコ(27)対久保(18)

この中でイスコと久保について同紙は、「イスコはソラーリと対立し、忘れるべきシーズンとなった昨季、そしてポジションを失っていた今季序盤を経て、チームでの地位を下げていた。
その後、今回のリーグ戦中断期間前までにパフォーマンスを改善し、これまでチームの欧州での成功において重要な役割を果たしてきたが、その将来は100%確実なものにはなっていない。

一方、久保はエキサイティングな選手であり、遅かれ早かれレアル・マドリードの中で、居場所をかけて戦う、才能あふれる若手選手のひとりである」と伝えている。
Rマドリードには来季、これまで以上に激しいポジション争いが存在すると予想される。それは選手層の厚さを証明するものであり、チームの将来が明るいのは間違いない。(高橋智行通信員)

4/14(火) 19:29配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-24140649-nksports-socc

写真
no title

<レアル・マドリード>描く新たな大型補強計画!今季にハーランド、来季にムバッペ獲得へ... 

1: 2020/04/14(火) 05:29:53.31
レアル・マドリーが今夏と来夏にまたがる大型補強の計画を立てているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

レアル・マドリーが獲得を狙う選手は、ボルシア・ドルトムントFWアーリング・ハーランド、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペの2選手の模様。まずハーランドだが、レアル・マドリーはいまだに空いたままとなっている現ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋めのため、そしてFWカリム・ベンゼマのパートナー及び将来的な後継者として、ノルウェー代表FWに目をつけているとのことだ。

ハーランドの代理人であるミノ・ライオラ氏は、同選手が2021年までドルトムントに残り成長を続けることが得策と語っていたが、しかし19歳FWの精神的な成熟ぶりは目を見張るものがあり、そのため今夏にさらなるステップアップを果たす可能性があるという。『マルカ』によるとドルトムントは、ハーランドの契約解除金を7500万ユーロに設定している。

その一方でレアル・マドリーが常々獲得を目指してきたムバッペについては、来夏に引き入れることを目指す模様。ムバッペは新型コロナウイルスの感染拡大で欧州リーグが活動を停止している現状、中途半端な形でPSG退団を望んでおらず、また今夏にネイマールを放出する可能性があるPSGも二大スターを一度に手放すことに否定的であるという。

しかし2021年夏、レアル・マドリーが念願のムバッペ獲得を実現する可能性は十分にあるとのこと。『マルカ』はその理由として、レアル・マドリーとPSGは良好な関係を維持しており、またムバッペが2022年まで結ぶ契約を延長する意思がないことを挙げている。

ただしハーランドの獲得報道に対しては、ドイツ『ビルト』が反論。同紙は、ドルトムントとハーランドの契約に盛り込まれている契約解除条項が行使可能となるのは「早くとも2022年夏以降」と指摘。ドルトムントが2022年夏までは、ハーランドの現在の市場価値と見られる7200万ユーロを大きく超える金額を求める方針と伝えている。

4/13(月) 22:35配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00010031-goal-socc

写真
no title

<C・ロナウド>今夏レアル・マドリード復帰の可能性!伊紙報じる...移籍金は約72億円になると推測 

1: 2020/04/06(月) 19:41:03.83
ユベントス所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)が今夏、レアル・マドリードに復帰する可能性があると、イタリア紙コリエレ・デロ・スポルト電子版が5日に報じている。

Rマドリード復帰が可能な理由について、ロナウドが古巣を応援するため、3月1日に本拠地「サンティアゴ・ベルナベウ」で開催されたバルセロナとのクラシコ観戦に訪れた。これにRマドリード首脳陣は快く感じているためと伝えている。

また、ユベントスは契約が2年残るロナウドについて、新型コロナウイルスにより引き起こされた経済危機により売却を検討しているという。同選手が去った場合、年俸として支払っている3100万ユーロ(約37億2000万円)を削減できると報じた。

ロナウドを放出する場合、移籍金は2018年夏にRマドリードから獲得した時よりも4000万ユーロ(約48億円)安い6000万ユーロ(約72億円)になると推測している。

Rマドリードはロナウド退団以降、得点面で問題を抱えている。そのため、来シーズンに向けてセンターフォワード獲得が必須と見られており、これまでハーランド(ドルトムント)らの名前が浮上している。だが、ロナウドを再獲得する場合は年俸の値下げが不可欠となると伝えている。

4/6(月) 19:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-24060597-nksports-socc

写真no title

<19歳ハーランド>将来はレアル・マドリードでのプレーを希望!来季はドルトムント残留か... 


20200330-00368852-footballc-000-1-view




1: 2020/03/30(月) 19:01:51.11
ボルシア・ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドはレアル・マドリードでプレーする事を目標としているようだ

 29日付けの独紙『シュポルト・ビルト』はスペインメディア『ABC』の報道として、ハーランドはドルトムント幹部に対しいつかマドリーでプレーしたい意向を伝えたとしている。

 なおハーランドの父親も「息子にとって素晴らしいチームが揃うスペインリーグは合っている。でも、彼がスペインでプレー出来るかどうか今は分からない。今後の行方を見守ろう」と将来的にスペインでプレーしてくれることを望んでいるようだ。

 一方でハーランドの代理人を務めるミラ・ライオラ氏は「彼は長くドルトムントに留まるだろう。今夏にドルトムントを退団することはないと思っている」と語っている。

 1月の移籍市場でドルトムントの一員となった19歳は、リーグ戦9試合で9ゴールという驚異的なペースで得点を重ねている。大きなインパクトを残しているハーランドが、マドリーでプレーするという自身の目標を叶えるのはいつになるのだろうか。

3/30(月) 8:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200330-00368852-footballc-socc

【速報】サッカー レアル・マドリードのサンス元会長(76)死亡 新型コロナ感染 

20200322_Lorenzo-Sanz-Getty




1: 2020/03/22(日) 08:56:38.16
【速報】サッカー レアル・マドリードのサンス元会長(76)死亡 新型コロナ感染

<レアル・マドリード>ジダン監督は来季続投!久保建英復帰も...地元スペイン紙アス 

20200320-23200752-nksports-000-6-view




1: 2020/03/20(金) 20:11:29.29
レアルマドリードのジネディーヌ・ジダン監督(47)について、新型コロナウイルスの影響により今シーズンがどのような形で終わろうとも、来シーズンも続投すると、スペイン紙アスが20日に報じている。

クラブ首脳陣の当初のプランはこれまでのシーズン同様、今シーズン終了時の成績で判断するというものだった。現時点で最も近いタイトルであるリーグ戦に優勝した場合、2020年まで残る契約が継続される。一方でリーグ戦と欧州CLの両タイトルを逃した場合、現在無所属のポチェッティーノ氏を筆頭とする監督候補者への変更が検討されるとみられていた。

しかし、Rマドリードのバスケットボール選手トンプキンスが新型コロナウイルスで陽性を示したことに端を発し、メンバーは現在自宅待機中になっていることにより、来シーズンのプランが完全に再考された。ジダン監督は今シーズンどのような形で終えても、来シーズン続投することが決定しているという。

また、リーグ戦が再開された場合、残り11節でバルセロナとの勝ち点2差を挽回することに信頼を寄せられているだけでなく、バルセロナとの直接対決2試合の成績で上回っているアドバンテージ(※最終的に勝ち点で並んだ場合、Rマドリードが上の順位になる)も続投の大きな要素になっていると伝えた。

現時点で、今後のスケジュールは不透明だが、ジダン監督とコーチングスタッフはすでに来シーズンの計画に着手しているとのこと。今後、誰をメンバーから外し、期限付き移籍の選手の中から誰をチームに戻すかを決定することになる。

来季のメンバーから外れる可能性があるのはハメス・ロドリゲス、ブラヒム、ヨビッチ、マリアーノ、そしてベールの5人となっている。一方、期限付き移籍から戻ってくる可能性があるのは、オドリオソラ(Bミュンヘン)、ルニン(オビエド)、アクラフ(ドルトムント)、レギロン(セビリア)、オスカル・ロドリゲス(レガネス)、ウーデゴール(レアル・ソシエダード)、ダニ・セバージョス(アーセナル)、マジョラル(レバンテ)、そしてマジョルカでプレーする久保建英だと報じた。

ジダン監督は新型コロナウイルスの影響で日程が延期されていることにより、焦らずに来シーズンに向けたプランニングを行うことができるようになっている。

3/20(金) 19:31配信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-23200752-nksports-socc

<久保建英>来季レアル・マドリード残留のため東京五輪不出場も?スペイン紙が見通し示す... 

1: 2020/03/11(水) 23:06:54.36
現在マジョルカでプレーしているMF久保建英は、来季に向けてレアル・マドリードに残留するために必要だとすれば東京五輪出場を断念する可能性もあるのかもしれない。スペイン『アス』紙が見通しを示している。

 久保は昨夏のプレシーズンをマドリーで過ごしたあと、リーガ1部でのプレー経験を積むためマジョルカへレンタル。ベンチスタートが続いた時期もあったが、ここ数試合の活躍により再び評価を高めている。

 来季の見通しについても様々な予想が伝えられているが、『アス』紙は「現時点では何も決まっていない」と報道。MFルカ・モドリッチの去就や、レアル・ソシエダにレンタルされているMFマルティン・ウーデゴーの復帰、またその他の選手の出入りなど様々な要因次第だとしている。

 それでも現時点で「最も論理的な選択肢」は、久保が再び他クラブへレンタルされることだという見方も示した。マジョルカよりも久保のスタイルに適合し、できれば欧州の大会で戦うスペイン1部のチームがレンタル先として想定されている。

 一方で、来季に向けたプレシーズンツアーでマドリーのジネディーヌ・ジダン監督から必要とされ、残留に向けたアピールを求められたとすれば、U-23日本代表としての東京五輪出場を断念する可能性もあるとスペイン紙は予想。久保自身は五輪出場を望んでいるが、「その考えを変えられるのはジダンからの要請だけ」だと述べている。

 いずれにしても、今季の残り期間でのプレーぶりや移籍市場での各クラブの動き、そして新型コロナウイルス感染拡大による影響などが大きく状況を変えることになるかもしれない。現時点では久保の未来は不確定要素に満ちているようだ。

3/11(水) 22:04 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200311-00366486-footballc-socc

写真
no title

<マジョルカ・久保建英>レアル・マドリード復帰の可能性も スペイン紙報じる!4段階評価の最高点 

no title




1: 2020/03/09(月) 07:11:41.79
スペイン紙アス電子版は8日、前日のエイバル戦で今季3点目を決めたマジョルカの日本代表MF久保建英(18)について「プレーセンスがよかった」と4段階評価の最高点を与えた。

1-0の後半33分に利き足とは違う右足でゴール。前半42分にはドリブルを仕掛け、先制点につながるFKを獲得した。

 最近3戦で2発の久保に対し、同紙はレアル・マドリード復帰の可能性を報じた。ブラジル代表FWビニシウスがスペイン国籍を取得すれば、EU圏外選手枠が空くため来季にも復帰できるという。

3/9(月) 7:00配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索