Samurai Goal

レアル・マドリー


スポンサード リンク





レアル・マドリー、セルヒオ・ラモス退団を受け入れへ…新たなオファーを出す意思はなし 

スクリーンショット 2021-02-10 15.57.57

「レアル・マドリーの選手に値しない」クラブOBが“敵前逃亡”ウーデゴールへ苦言 

スクリーンショット 2021-01-27 17.52.40

レアル・マドリーFWベンゼマ、首位での決勝T進出に満足も「目標はもっと先」「どの試合も決勝戦だ」 

1: 2020/12/10(木) 14:02:45.04 _USER9
レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出に喜びを語った。UEFA公式サイトが伝えている。

レアル・マドリーは9日、CLグループステージ第6節でボルシア・メンヒェングラートバッハと対戦。試合はベンゼマの2ゴールで勝利し、首位で決勝トーナメント進出を決めている。勝利の立役者となったベンゼマは「僕らにとって良い試合になった」と振り返った。

「どのチームも強いから、どの試合も決勝戦だ。マドリーでの試合はすべてのチームに力を与え、守備も厚くしてくる」

「タフな試合だった。最初から勝ちたいと思っていたし、自分たちの良さを見せたいと思っていたし、チーム一丸となって試合に勝とうとしていた。ピッチ上で自分たちのすべてを出し切れば、それがわかると思うし、本当はもっとゴールを奪えたかもしれない」

さらに、ベンゼマは「決勝に進むためには、最高の相手と戦わなければならない。グループのトップに立つことは素晴らしいことだが、目標はもっと先にある」と先を見据えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a5653f85c8869e7d9bbca52a0fd0dfe7829c08c2
no title

ジダンの“帝国レアル・マドリー”CL3連覇後「ゆっくり腐っていった美酒」 

スクリーンショット 2020-12-08 8.40.52

レアル・マドリー、ジダン退任の場合…最有力候補はポチェッティーノ?すでに連絡済みか 

1: 2020/12/04(金) 12:16:18.07 _USER9
レアル・マドリーは、指揮官交代を考慮し始めているのかもしれない。スペイン『スポルト』が伝えた。

昨季はラ・リーガ王座奪還に成功したレアル・マドリー。しかし今シーズンは、ここまで不安定な戦いが続いている。1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第5節では、シャフタール・ドネツクに0-2と敗戦。最終節を前に、初のグループリーグ敗退危機に追い込まれた。

今季の公式戦成績は7勝3分け5敗、勝率は5割を切っている。この状況に『マルカ』などは、ジダン監督が上層部の信頼を失っていると指摘。解任の可能性もゼロではないと報じていた。

そして『スポルト』は、5日のラ・リーガ第12節セビージャ戦から続くボルシアMG、アトレティコ・マドリーとのビッグマッチ3連戦で結果が伴わなければ、「最後の一撃になるかもしれない」と分析。そしてジダン監督が去る場合、急遽新たな指揮官を招へいすることは望まず。そのため、現在フリーのマウリシオ・ポチェッティーノ氏とすでにコンタクトを取っていると伝えた。

同メディアによると、クラブ上層部はチームからの反応を期待しており、セビージャ戦でのパフォーマンスを取り戻すことを願っているという。しかし状況は「非常に複雑」であるようだ。ポチェッティーノ氏には「彼らが探しているプロフィールがある」とし、最有力候補であるアルゼンチン人指揮官は「喜んで引き受けるだろう」と綴った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/96249e1c5047d22a5339572245f21b7952e66e26
no title

レアル・マドリー、久保建英に絶対的信頼を置く…西紙「最も才能ある若手と考えている」 

1: 2020/11/24(火) 07:31:43.33 _USER9
レアル・マドリーは、今季ビジャレアルにレンタル移籍しているMF久保建英に対して、絶対的な信頼を置いているようだ。スペイン『マルカ』がレポートしている。

21日のラ・リーガ第10節、レアル・マドリーは現在久保が所属するビジャレアルとアウェーで対戦。この試合に赴いたフロレンティーノ・ペレス会長をはじめとした同クラブ首脳陣は、チームの勝利を見届けるほか(結果は1-1ドロー)、久保のプレーを楽しむことを目的としていたという。だがベンチスタートだった久保の出場時間は、89分からの数分間にとどまり、失望を覚えることになったようだ。ペレス会長らは、久保が満足な出場機会を与えられていないことへの不満を募らせている様子だ。

『マルカ』曰くレアル・マドリーの首脳陣は、現在レンタル中の若手選手たちの中で久保に最も期待をかけており、そのためにビジャレアルでの現状には納得がいかないようだ。同紙は、次のように記している。

「日本人は現在、マドリーが獲得してきたすべての若手選手たち、今季ジネディーヌ・ジダン率いるチームで居場所がなかったすべての若手選手たちの中で、最も信頼を置くプロジェクトだ。首脳陣は彼がフットボール的な才能を誰よりも持ち、伸び代も大きいとの考えを貫いている。今後どういった存在になれるのかという点で、絶大な信頼を置いている」

「レアル・マドリーにおいて、久保は多くの人間から寵愛されている。元バルセロナのこの選手が、違いを生み出せる存在になることを見据えているのだ」

ペレス会長率いる首脳陣はビジャレアル戦後、久保本人に対して、そうした信頼の気持ちをしっかりと伝えた模様。レアル・マドリーはビジャレアルが久保により多くの出場機会を与えることを願いつつ、同選手と定期的に連絡を取りながら、その歩みを見守り続けていくとのことだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/92edb86d4272f637d0c6909857b8c3d33cbb1bb9
no title

クロースが明かすレアル・マドリーとバイエルンの違い「バイエルンではCLの試合後に必ず…」 

スクリーンショット 2020-10-29 23.53.16

欧州CL鳴動 リバプール、バイエルン、レアル・マドリー、チェルシー…「大型補強と継続」に見る「CLの掟」 

スクリーンショット 2020-10-28 21.56.25

レアル・マドリー、ボルシアMGに大苦戦でCLグループ突破に暗雲…土壇場の同点劇も勝ち点1で最下位 

スクリーンショット 2020-10-28 9.26.17

16歳中井卓大がレアル・マドリーのトップチームで初練習…スペイン紙も注目 

1: 2020/10/13(火) 08:17:35.90 _USER9
レアル・マドリーの下部組織であるフベニールBに在籍するMF中井卓大が、トップチームの練習に参加した。

現在はインターナショナルウィーク中で、マルセロやカリム・ベンゼマ、ルカ・モドリッチら多くの主力選手を欠いているマドリー。そのため、ジネディーヌ・ジダン監督はユースから選手を呼び寄せており、16歳の中井もその一人となった。今季からフベニールBに籍を置く中井にとっては異例の昇格となる。

今回の練習参加を受け、スペイン紙『アス』も注目。「ジダンが参加させた日本人のピピとは誰?」と見出しを打ち、特集記事を掲載している。

なお先日には、中井は英有力メディア『ガーディアン』によって、「2003年生まれの有望選手」に選出。今後、注目を集める若手の一人として成長していくこととなりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/52f1d5c449dd6afdbd0693a3166610eb30ad701b
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索