Samurai Goal

レアル・マドリー


スポンサード リンク





アザールのクラシコ欠場が確定…骨に亀裂で全治最大6週間とも  

20191205-00365584-usoccer-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/05(木) 23:31:47.90 ID:ozpAEX079
レアル・マドリーは5日、ベルギー代表FWエデン・アザールのケガについて公式サイトで報告した。

先月26日に行われてチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦で、相手選手との交錯で負傷したアザール。その後のクラブの発表によると、右足首外側の打撲で離脱期間は10日前後と予想されていた。

ところが最新の情報で足首の骨に小さな亀裂が入っていたことが判明し、離脱期間は大幅に伸びることになった。クラブは「保留中」としているが、スペイン『アス』によると、4週間から6週間の離脱になる見込みで、18日に延期されていたラ・リーガ第10節、バルセロナとのエル・クラシコは欠場濃厚となった。

今夏にチェルシーから加入したアザールは、ハムストリングのケガで開幕は出遅れたものの、徐々に調子を上げ、10月頭のリーグ第8節のグラナダ戦で初ゴールを記録。ここまで公式戦13試合に出場し、1ゴール4アシストの成績を残している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00365584-usoccer-socc

「バルセロナは久保建英を逃すべきではなかった」。久保を“発見”した元下部組織監督  

1: 豆次郎 ★ 2019/12/05(木) 12:46:20.92 ID:/xRyRq5Y9
フットボールチャンネル
12/5(木) 11:31配信
「バルセロナは久保建英を逃すべきではなかった」。久保を“発見”した元下部組織監督

 かつてFCバルセロナスクールで久保建英を“発見”したというオスカル・エルナンデス氏は、バルサのトップチームが久保の再獲得のチャンスを逃したことを悔やんでいる。スペイン『コペ』のインタビューに語った。

 久保は少年時代に日本で参加したバルセロナスクールのキャンプで見いだされ、その後同クラブの下部組織に入団。クラブが未成年選手の国際移籍に関する違反のため受けた処分の影響で帰国したあと、Jリーグでプロデビューを飾った。

 今年6月に18歳の誕生日を迎えた久保は、バルサへの復帰が既定路線とみられていたが、FC東京から移籍したのは古巣の宿敵レアル・マドリーだった。現在はそのマドリーからレンタルされたマジョルカでプレーし、リーガ1部での経験を積んでいる。

「間違いなく、逃すわけにはいかない選手だった」とオスカル氏は久保について語る。「現時点ですでに彼は多くのものを見せている。レアル・マドリーのプレシーズンでベスト選手の一人だった。素晴らしい選手たちに囲まれることでさらにポテンシャルを発揮できる」

 マドリーが久保の獲得に成功したのは、金銭面で魅力的なオファーに加えて、トップチーム入りに向けた明確なプランを提示できたことが大きかったという。「バルサはそういったプランの面で大きく劣っていた」とオスカル氏。同氏によれば久保には他に欧州の6クラブからオファーが届いており、金銭面ではマドリー以上の条件もあったが、すでにスペイン語を習得していることも選択に大きく影響したと述べている。

 今週末にはマジョルカがアウェイでバルセロナと対戦。久保はかつて目指していたトップチームの本拠地カンプ・ノウで初めてプレーすることが見込まれる。

「彼にとってカンプ・ノウでのプレーはさらなるモチベーションになるだろう。一度彼をスタジアムに連れて行った時のことを覚えているが、いつかそこでプレーしたいと言っていた。彼はそれを実現させた。私の望んでいた(バルサの)ユニフォームではないがね」とオスカル氏はバルサ下部組織時代の久保を振り返っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191205-00351339-footballc-socc
no title

スペイン人プロゴルファーがベイルを擁護「明け方まで飲んだくれる彼よりも...」  

20191118-00010003-sportes-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/18(月) 10:39:08.48 ID:FW9eLLm19
スペイン人プロゴルファーのセルヒオ・ガルシアはレアル・マドリー所属FWガレス・ベイルをフォローし、ゴルフを巡る友情に感謝している。

『Europa Press』のインタビュー応えたガルシアは、「僕は何度か彼とラウンドしたけれど、彼は本当にゴルフが好きなんだ。とても上手いよ」

「私にとって明け方まで飲んだくれるベイルよりもゴルフで18ホール回る彼の方がマシだ。ゴルフは健康的なスポーツで、ベイルがそれを好むことは素晴らしいと思う。僕らは友達さ」とベイルを擁護している。

10月にセルヒオ・ガルシアとガレス・ベイルはスペインオープンで顔を合わせている。またお互いSNSで頻繁にメッセージを交わし合い、互いの幸運を祈っている。

先日もベイルはゴルフの素晴らしさを訴え、サッカー界よりもゴルフ界に友人が多いと公言したばかりだ。

ウェールズにあるベイルの邸宅には世界の有名なゴルフ場を模した計3ホールの施設がある。彼は休暇があると真っ先に帰国し、ゴルフをするのが何よりものリラックスとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00010003-sportes-socc

久保建英。レアル復帰条件は年間10ゴール10アシスト“射程圏”も「スターにならないと難しいだろう」 

1: Egg ★ 2019/11/11(月) 22:54:34.17 ID:q1Tnbj189
no title


“日本の至宝”がついに覚醒した。スペイン1部マジョルカのMF久保建英(18)が移籍後初ゴールを決め、欧州4大リーグの日本人最年少ゴール記録を18歳5か月6日に更新。今後のスタメン定着を確実にし、世界屈指の名門レアル・マドリードへの復帰条件とされている年間10ゴール10アシストも“射程圏”に入ったが、ピッチ外でも大きな課題が突き付けられている。

 ようやく真価を見せた。3―1で勝利したビリャレアル戦(10日)で先発した久保が、初ゴールを含め全得点に絡む活躍で勝ち点3獲得に貢献。FW森本貴幸がイタリア1部カターニャ時代の2007年にマークした欧州4大リーグ(スペイン、イタリア、イングランド、ドイツ)の日本人最年少得点記録(18歳8か月21日)を更新した。

 久保は「一つの大きな夢がかなったが、これを続けないといけない。ボールを受けたときはシュートを打つと決めていた。この入った感覚を維持していければいい」と喜びを交えてコメントし、自身のプレーについては「10点満点と言いたいですが、いくつかミスもあったので9点」と笑顔だった。

 バルセロナの下部組織出身でJ1FC東京を経て18歳でRマドリード入団という異例の経歴。今夏にレンタルでマジョルカに加入後は、先発で出られずにモヤモヤした日々を過ごしてきた。それでも今回の活躍でレギュラーへの“昇格”は確実。出場時間増でさらなる躍進は間違いない。特に来季のRマドリード復帰に向けて「10ゴール10アシスト」が絶対条件とされる(本紙既報)中で、チーム内での地位を確立し目標を達成するための準備を整えたと言える。

 その一方で、公認資格を持つ選手代理人で元日本代表のカズことFW三浦知良(52=J2横浜FC)をサポートした田路雅朗氏(64)は、世界的ビッグクラブへの再加入は簡単ではないという。

「仮に久保が10ゴール取ったとしても、スターにならないと復帰は難しいだろう。あのクラブはマーケティング面もしっかりやっているから、プレーが良くても人気がないとダメじゃないか。もともと日本人は評価が低いし、外国人枠もあるんだから、ピッチ外でもチームに貢献できると判断されないと…」

 久保は7月の南米選手権で注目されたものの、まだ世界的に高い知名度があるとは言えない状況。国際舞台を戦う日本代表でも活躍できずにいる。それだけにRマドリードでプレーするには、実力とともにレプリカユニホームの販売力やスポンサー獲得につながる世界規模の人気が欠かせないのだ。

 もちろん、久保がシーズンを通してマジョルカで結果を出した上で来夏の東京五輪に出場、好パフォーマンスを披露して日本の金メダル獲得に貢献すれば、世界中から熱視線が注がれるのは間違いない。知名度が上がれば、来季から“白い巨人”に復帰することも十分に可能だろう。

 久保は帰国して東京五輪に向けたU―22日本代表に合流し、17日のU―22コロンビア戦(広島)に臨む。再びゴールを決めて日本を勝利に導けるか。

2019年11月11日 16時30分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17364228/

【サッカー】<久保建英>リーガ初GOAL!鮮やかなミドルシュートを沈める..圧巻の“タケ劇場”に海外メディアも驚愕「主役となった」★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573432643/


【サッカー】<久保建英>PK奪取に初ゴールと大活躍!「10点満点と言いたいですが9点に.」マジョルカ、ビジャレアルに快勝 ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573398153/

久保建英、来季レアル復帰は困難? 「このままでは再び他クラブにレンタル」  

20191109-00346873-footballc-000-5-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/09(土) 14:41:01.33 ID:39bVQ35P9
レアル・マドリーからマジョルカへレンタルされている日本代表MF久保建英だが、現状では来季マドリーに復帰するのは厳しいかもしれない。スペインメディア『ドン・バロン』などが見通しを伝えている。

今夏にマドリーに加入した久保は、リーガエスパニョーラ1部で出場機会を得て経験を積むためマジョルカへのレンタルを選択。
だが先発メンバーに定着することはできておらず、出場してもゴールや勝利に繋がる結果を出すことはできない状況が続いている。

『ドン・バロン』はマドリーの来季に向けたチーム作りのプランとして、レンタルからの復帰により“ノーコスト”で即戦力となり得る存在としてMFマルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダ)、MFダニ・セバージョス(アーセナル)、DFアクラフ・ハキミ(ボルシア・ドルトムント)の3人を挙げた。いずれもレンタル先のクラブで活躍をみせ、マドリーでもプレーできる力を証明しているとの見方だ。

 だが「久保建英はこのリストに含まれない」と同メディアは述べる。「まだマジョルカで不動のレギュラーに定着していない」として、「再びレンタルされる可能性がある」と来季の見通しを示している。

 スペイン『フィチャへス.net』も同様に、久保の苦しい現状について8日付で伝えた。
「期待されたような違いを生む存在にはなれていない」「今後数ヶ月で目的を果たせなければ、来季マドリーに居場所を見つけるのは非常に難しくなる。リーガであれ他国であれ、本当にレギュラーとして継続的な出場機会を得てアピールできるようなクラブへのレンタルを模索する必要があるかもしれない」と述べている。

 オサスナ戦で移籍後初の不出場に終わったあと、前節バジャドリー戦では先発復帰を果たしたが不完全燃焼に終わった久保。10日に行われるビジャレアル戦では結果を出すことができるだろうか。

11/9(土) 13:24 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00346873-footballc-socc

「ゴミ箱送り」「ベンチ要員」…地元メディアが久保建英の現状を憂う「現時点ではマーケティング要員」  

no title





1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/03(日) 05:37:57.22 ID:8zdR1AdD9
今夏、FC東京からレアル・マドリードに完全移籍、さらに1部リーグで経験を積むためマジョルカに期限付き移籍した久保建英。
期待の大きさの半面、マジョルカではいまだビセンテ・モレノ監督から完全な信頼を得られておらず、
10月31日のラ・リーガ第11節オサスナ戦はベンチ入りしながら出番なしに終わった。
そんな久保の現状について、地元スペインの複数のメディアが伝えている。

「マジョルカが久保をゴミ箱送り」

レアル・マドリードとバルセロナの情報を伝えるWEBメディア『Madrid-Barcelona.com』は
「風船はしぼんだのか? マジョルカが久保をゴミ箱送り」という見出しを打ち、
久保への期待を風船に例えてこのように報じた。

「久保への期待はマドリードで大きく膨らんだ。彼らは“メッシの再来”を手に入れたという確信を得たいと考えているが、現状でそれは達成できていない」

さらに「指揮官は彼を戦力とみなし、時間を与えたが、レアルが期待したような形には進んでいない」とし、
「非常に悪い方向に進んでいると言わざるを得ない」とまで論じている。

「現時点ではマーケティング要員」とも

また、『SPORT』の電子版は「久保、レアル・マドリードのスター契約選手からマジョルカのベンチ要員へ」という見出しの記事の中で、
レアルのプレシーズンキャンプで注目を集めたことや、1部リーグでの経験を積むためマジョルカに期限付き移籍したこと、
メスタージャでのバレンシア戦でデビューしたこと、アスレティック・ビルバオ戦でPKを獲得したことなどを紹介。

「(久保は)ゆっくり前進しなければならない」というモレノ監督のコメントを紹介する一方で、
「現時点で彼はスポーツ面よりも日本でのマーケティング拡大やビジネスの側面でマジョルカに貢献している」としている。

 10月下旬には来シーズンのレアル復帰の可能性が現地で報じられたが、実現のためには現状を打破する必要があるだろう。

https://news.livedoor.com/article/detail/17324847/
2019年11月2日 18時4分 SOCCER KING

“久保のライバル”18歳ロドリゴ、レアル加入後3戦2発!「すべてに満足している」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/31(木) 09:41:10.99 ID:7xFh6m+a9
[10.30 リーガ・エスパニョーラ第11節 R・マドリー5-0レガネス]

トップチーム3試合目の出場で早くも2ゴール目。レアル・マドリーFWロドリゴ・ゴエスがリーガ・エスパニョーラ第11節レガネス戦の試合後、自身の現状への喜びを語っている。

今夏サントスから加わったロドリゴは、レガネス戦でトップチーム初先発。前半7分、左からのクロスをFWカリム・ベンゼマが折り返したボールに反応すると、左足を必死で伸ばし、ダイレクトシュートを押し込んだ。

第6節のデビュー戦で決めた初ゴール以来、これが今季2得点目。加入当初はレアル・マドリー・カスティージャでプレーする予定となっており、MF久保建英(現マジョルカ)と立場を争う時期もあったが、一足先にトップチームの一員として立派な実績を残している。

「起こっていること全てに非常に満足しているし、全てが非常に速いスピードで進んでいる。思っていたとおりというわけじゃないけど、すごく幸せ」。ここまでの活躍は想定していなかったようだが、着実な手応えを感じているという。

またFWエデン・アザールとサイドを入れ替えながらのプレーにも「サイドに好みはない。左でも右でも楽しめるはず」と前向き。ベンゼマとの関係も「彼はとても卓越した選手で、チームにたくさんの自信と落ち着きをもたらしてくれる。彼の近くでプレーすると全てが簡単になる」と述べ、スター選手たちとのプレーを楽しんでいるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-43473369-gekisaka-socc
10/31(木) 9:33配信

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=z0L_cO_DtlE


ベンゼマが1ゴール2アシスト! レアル、18歳FWらの得点により5-0でレガネス下す

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077750
試合スコア

ベイル「首相が誰か知らない。ゴルフの情報を追っているので」  

20191029-00010010-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/29(火) 15:18:07.20 ID:ppiUGwja9
レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、首相を誰が務めているか「知らない」と答えた。イギリス『テレグラフ』が報じた。

サッカー界屈指のゴルフ好きとして知られるベイル。今夏のプレシーズン中には、病欠でアウディカップのメンバー外となった際、ゴルフを楽しんでいたことで騒動に。さらに、昨季終了後にジネディーヌ・ジダン監督の構想外とされたことを受け、「(飼い殺しになれば)僕はゴルフをするまで」と語ったとされるコメントも話題になった。

そのベイルがこの度、イギリス『テレグラフ』で引退後について尋ねられると、「ゴルフコースにいるだろうね」と口にし、首相については「知らない」と話した。

「引退についてはまだそれほど考えていないよ。でも30歳になったからね。気にしなければならない時期だね」

「(イギリスのEU離脱は)投資や資金において自分に影響を与えるものだから、そういう財政的な観点で気にしている。物事は変化していくものだけど、ナンセンスなものは読んでいない」

「実際、僕はブレグジット(イギリスのEU離脱)について99%のことを知らない。首相が誰なのかも知らないよ。見当すらつかないね。興味がないから、何かを言うことはできない。ゴルフをフォローしているんだ。ゴルフで誰が世界ナンバー1選手かは教えることができるよ?」

なお『マルカ』によれば、今夏に移籍の可能性を模索していたベイルは、10月1日に行われたチャンピオンズリーグ、クラブ・ブルージュ戦で招集外となったことをきっかけにして、再びレアル・マドリー退団に向けて代理人のジョナサン・バーネット氏に冬の移籍先を探すよう求めたとのことだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00010010-goal-socc

画像
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00010010-goal-socc.view-000

<久保建英>来季レアル・マドリード復帰へ!スペインメディア「会長はレンタル組5選手を復帰させる考え」  

1: Egg ★ 2019/10/26(土) 20:37:21.33 ID:TmUhT5SN9
エンバペ獲得のため、レンタル組の復帰に期待?
写真
no title


26日付のスペイン『アス』は、レアル・マドリーが来夏にマジョルカMF久保建英ら、レンタル組5選手を復帰させることを1面で報じた。

同紙曰く、レアル・マドリーは来夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンFWキリアン・エンバペの獲得を目指しており、同選手に多額の金銭を投じるたさめに残りの補強はレンタルに出ている若手5選手で済ます考えであるという。

その5選手とは久保、セビージャDFセルヒオ・レギロン、レアル・ソシエダMFマルティン・ウーデゴー、アーセナルMFダニ・セバージョス、ボルシア・ドルトムントDFアクラフ・ハキミ。『アス』は、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が「彼らが現在の成果を維持し続けるならば、(来夏に)復帰させる考えだ」と記している。

また同紙は、以上の5選手の現状についても記載。久保については「18歳の彼は少しずつ進んでいる」と、ほか4選手と比べてマジョルカで足取りがゆっくりしているとの見解を示しながらも、「今季すでに3試合で先発を務め、1アシストを記録している」と少しずつ成果を手にしていることも強調した。

10/26(土) 20:30配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00010028-goal-socc

“賭けに勝った”ジダン、長友とマッチアップした18歳ロドリゴを称賛 

20191023-43473041-gekisaka-000-3-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索