Samurai Goal

レアル・マドリー


スポンサード リンク





<マヨルカ久保>レアル・マドリー戦出場の可能性!今秋行われた日本代表戦では4分間しか出場せず。  

1: Egg ★ 2019/10/17(木) 08:59:22.91 ID:NOIZKATf9
RCDマヨルカへの期限付き移籍後、現在までほとんど出場のチャンスを得ていない久保だが、出場した6試合において目覚ましい活躍を見せた。

3試合ぶり先発落ちの久保 前節に続き激しいチャージを受けるも守備で勝利に貢献


マジョルカの監督ビセンテ・モレノは、19日(土)のレアル・マドリード戦で久保を起用しようとしている。


18歳の久保は「日本のメッシ」との呼び声も高いが、今秋行われた日本代表戦ではわずか4分間しか出場していない。自国代表戦ではほとんど見せ場のなかった久保であるが、この度のレアル・マドリード戦ではその雄姿が見れる可能性がある。


久保はマジョルカにとってまるで新鮮な空気のような存在であり、アスレティック・ビルバオ戦ではペナルティを誘発し、ヘタフェ戦ではアシストを成功させるなど、その才能の片鱗を見せてきた。前回のエスパニョール戦で監督が久保をスタメンに起用しなかったのが意外である。


マジョルカのプレースタイルに完璧に馴染んだとは言えないが、久保がボールを捉えれば何かが起きることは確実だ。


無敗の状態でカンプノウでのFCバルセロナ戦に挑む意欲のマドリーに対し、マジョルカは全力で対抗するつもりである。


日本代表の遠征で多くの時間を移動に費やし、合同練習を休んでいた久保がスタメン起用される可能性は低いが、マドリー戦では彼が出場する可能性は高い

10/17(木) 8:50配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00010004-sportes-socc

写真no title

レアル・マドリード、カンテ獲得へ!チェルシーに約120億円+ハメス・ロドリゲスのビッグオファーを検討か?  

1: Egg ★ 2019/10/16(水) 19:08:17.20 ID:3MDRBgy+9
リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーは、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得に金銭プラスMFハメス・ロドリゲスのオファーを提示する準備を進めているようだ。スペイン『エル・デスマルケ』が現地時間の15日に報じた。

 レアルにはマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバやトッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン獲得の噂が報じられている。そんな中レアルは、ジネディーヌ・ジダン監督が以前から獲得を望んでいるカンテの獲得に動くようだ。

 同メディアによると、レアルはチェルシーに対して1億ユーロ(約120億円)+ハメスのオファーを提示する可能性があるという。また、カンテ自身もレアルへの移籍を夢見ているとも報じられている。

 ハメスは今夏、ナポリへの移籍が噂されるも本人の強い意志もあり残留となった。果たして、このビッグオファーは成立するのだろうか。

10/16(水) 19:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00343193-footballc-socc

写真
no title

ガレス・ベイル、CL招集外でついに我慢の限界か…来夏にレアル・マドリー退団との報道  

1: Egg ★ 2019/10/08(火) 09:49:54.05 ID:dRIkwqyV9
スペイン『アス』は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルが来夏の移籍市場で、レアル・マドリーを退団することを希望していると報じた。

昨季終了間際にレアル・マドリーで戦力外扱いとなり、今夏の移籍市場では中国のクラブ移籍に近づきながらも、紆余曲折あって残留していたベイル。選手本人は戦力外扱いとなり、移籍話が進んでいたときにも、レアル・マドリーでプレーし続けることを希望し続けていたとされるが、ついに考えを変えた様子だ。

今季は負傷もなく、好パフォーマンスも見せているベイルだが、今月1日に行われたチャンピオンズリーグのクラブ・ブリュージュ戦(2-2)では招集外に。ジネディーヌ・ジダン監督と、決して親密とは言えないながらもプロフェッショナルな関係を保ち続けていたと考えていたベイルは、その決定に大きな失望を覚えて、ついに我慢の限界を迎えたという。

ベイルはジダン監督のほか、クラブ首脳陣からも、もはや支持されていないと感じている様子。その例として『アス』は、現ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの脱税問題でレアル・マドリーが擁護の姿勢を取ったにもかかわらず、ベイルに対して批判の矛先が向いても何も行動を起こしていないことを挙げている。

ベイルはジダン監督やクラブ首脳陣への不満、サポーターとメディアの執拗な批判などへの嫌気により、これまで自分の選択肢にはなかった退団の道を歩もうとしているという。ただし、退団を予定しているのは来夏の移籍市場ということで、ここからまた状況が一転する可能性もあるかもしれないが、果たして……。

10/8(火) 9:14 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00010007-goal-socc

写真
no title

首位レアル・マドリー、2位グラナダとの直接対決に勝利…ベンゼマ、アザール、モドリッチ、ハメスがゴール!  

1: 豆次郎 ★ 2019/10/06(日) 00:57:51.37 ID:DAgstZeG9
10/6(日) 0:55配信
首位レアル・マドリー、2位グラナダとの直接対決に勝利…ベンゼマ、アザール、モドリッチ、ハメスがゴール!

5日のリーガ・エスパニ5日のリーガ・エスパニョーラ第8節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのグラナダ戦を4-2で制した。

スター勢揃いのCL…もし監督ならどの11人を選ぶ? 福田正博氏、“一人ドラフト”でMyベストイレブン選出

ミッドウィークにクラブ・ブルージュと2-2で引き分け、再び疑惑の渦の中に巻き込まれたレアル・マドリー。次にベルナベウに迎えたのは、自分たちより得点数が1多く、失点数が同じという今季リーガのサプライズチーム、2位グラナダだ。

ジダン監督は胃腸炎を患ったクルトワの代わりにアレオラ、またマルセロ、メンディ、ナチョが負傷する左サイドバックにカルバハル、そして右サイドにオドリオソラを起用。GKアレオラ、DFオドリオソラ、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ、MFバルベルデ、カセミロ、クロース、FWベイル、ベンゼマ、アザールをスタメンとしている。

ミドルゾーンで強烈なプレッシングを仕掛けて鋭い速攻を繰り出すグラナダは、一筋縄ではいかないチームのはずだった。が、レアル・マドリーは戦術的要素が絡み合うはずだった試合を、キックオフからわずか2分後に並外れた個の力で打開してしまう。主役となったのはブルージュ戦を欠場したベイルだ。右サイドのウェールズ代表MFが左足アウトサイドでパスを出すと、急カーブするグラウンダーのボールがペナルティーエリア内に走り込んだベンゼマの足元にぴたりと合う。背番号9がしっかりとボールを押し込み、先制に成功した。

スペイン語でアブリール・ラ・ラタ(缶詰を開ける)とも言われる最も困難なミッション、先制点獲得を容易に成し遂げたレアル・マドリーは、優位に試合を進めることが可能に。落ち着いてパスを回しながら、または速攻を仕掛けながら、追加点を目指した。ただ34分にはクロースが負傷してしまい、交代でモドリッチが投入される。

レアル・マドリーが追加点を奪ったのは、前半終了間際のことだった。得点者は同クラブ加入後、負傷や不調の影響もあり、ここまでどんな結果も残せていなかったアザールだ。ベルギー代表FWは前線でボールを奪取したバルベルデのスルーパスからエリア内に入り混むと、GKルイ・シルバの眼前で右足首を使ってボールを浮かし、ネットを揺らした。

後半、レアル・マドリーは61分にモドリッチが追加点を獲得。前半から精度抜群のサイドチェンジ、フィードを見せていたクロアチア代表MFは、ペナルティーエリア手前から右足を一閃すると、強烈なボールが枠内に突き刺さった。

ここまで順風満帆そのものだったレアル・マドリーから、ここからいつもの暗雲が漂う……。67分にはアレオラが不用意なミスからPKを献上してしまい、これをマチスに決められると、77分にはCKからドミンゴス・ドゥアルテにヘディングシュートを決められてスコアは1点差に。再び、集中力の欠如、守備の脆弱さを露呈しまった。

1失点目の直後にアザールとの交代でイスコを投入していたジダン監督は、82分にベイルとの交代でハメスを入れて交代枠を使い切る。そこからはグラナダのさらなる攻勢を許すことなく、相手陣地に押し入って追加点を目指し続け、後半アディショナルタイムには右サイドのグラウンダーのクロスをハメスが押し込んでこの試合4点目。食い下がったグラナダに引導を渡している。レアル・マドリーは2試合ぶりの勝利で勝ち点を18として、今節も首位をキープした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00010002-goal-socc
no title

レアルで輝けないアザールに、ジダンは「選手時代の私も最初はそうだった。が、うまくいくと確信していた」 

20190930-00010036-goal-000-2-view[1]

15歳・中井卓大、ダブルタッチ&左足ミドル弾をスペイン紙激賞!「マドリーの新たな希望だ」「衝撃を与える」  

1: Egg ★ 2019/09/30(月) 08:35:17.72 ID:cT5AJU1T9
マーカー2人を立て続けにかわして左足を一閃

no title


この夏にレアル・マドリーのカデーテA(U-16チーム)からフベニールC(フベニールは17~19歳がプレー。マドリーのCチームは基本的に17歳以下の選手で構成)に昇格した“ピピ”こと中井卓大の一撃が話題を集めている。

【動画】見事なドリブルから左足でゴラッソ!中井卓大が投稿した鮮烈ミドル弾はこちら!https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=64760


 18チームが戦うリーグ戦に参戦しているフベニールCは、9月28日にその第3節を戦い、アルバカのフベニールCに6-1の大勝を飾った。

 その6発のうち、とりわけ鮮烈なゴールを決めたのが、日本の15歳だった。
 
 3‐0で迎えた39分、ペナルティーエリアの外側のやや右寄りでこぼれ球を拾うと、ダブルタッチで敵のプレスを颯爽とかわし、中央へドリブル。マーカー2人を立て続けにかわしてシュートコースを作ると、左足を振り抜き、見事なミドルシュートを突き刺してみせた。

 スペインの全国スポーツ紙『AS』は、この中井の昇格後初ゴールとなったゴラッソを動画付きで紹介。「バルデベバス(マドリーの練習場)は衝撃を受ける。マドリーの新たな希望、ピピのゴールだ」と見出しを打ち、「“ピピ”タクヒロ・ナカイは、マドリーのフベニールCのスターのひとりだ。彼は15歳で、週末にこのゴールをマークした」と綴った。

 ひとつ上のカテゴリーでも特大のインパクトを残した15歳から、今後も目が離せない。

9/30(月) 6:28 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00064760-sdigestw-socc

<久保建英>レアル・マドリード復帰の“ノルマ”は?現地サポーターが見解!「今のクラブ状況だったら…」  

1: Egg ★ 2019/09/24(火) 20:22:22.97 ID:3N/C9SAE9
マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間22日、リーガ・エスパニョーラ第5節のヘタフェ戦で途中出場し、スペイン上陸後初アシストを記録した。チームは2-4で敗れ、リーグ戦4試合勝ち星のない苦しい状況が続いているものの、久保にとってはようやく新たな一歩を踏み出す瞬間となった。


「日本人でしょ? タケを見に来たの?」

 試合前、青一色に染まるバックスタンドの最前列に腰を落とし、一息ついた際、隣に座っていたヘタフェサポーターが声を掛けてきた。「イエス」と返答すると、「心配しないで、僕はヘタフェサポーターだけど、レアル・マドリードサポーターでもあるんだ。だから、タケのことは応援しているし、ファミリーだと思っているよ」と笑顔で親指を立てた。

 久保が来季レアルに帰還する可能性について尋ねてみると、「今のクラブ状況だったら、可能性がないわけではないね。セントラルの高齢化が厳しい。若返りが必要な時期に突入している」と、34歳のクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、29歳のドイツ代表MFトニ・クロースを筆頭とした中盤選手の後釜を見据える時期に差し掛かっていることを訴えていた。

 一方、レアルで通用するか否かについては「実際にクラブの要求するレベルは厳しいよ。グッドプレーヤーでは必要とされない。グレートプレーヤーにならなくては。タケはまだグッドの範疇だね」と、現状では厳しい立場にあることを指摘。隣の友人に「お前はどう思う?」と尋ねると「タケがレアルだろ? 無理じゃないかな」と率直に答えていた。

レアル復帰の“ノルマ”に言及 「最低でも10ゴールに絡むこと」

それでも、「個人的に思うのは、レアルは分かりやすいノルマを達成したら、トップチームでもチャンスを与えるチームだとは思う」とも語った。そのノルマについて尋ねると、「決まりなんてものはないと思うけど、これまでの傾向を踏まえると、シーズンで最低でも10ゴールに絡むことじゃないかな? 例えば、5ゴール5アシストとか」と見解を示している。

 その後、試合がキックオフを迎え、久保は前半19分に投入された。そして後半25分に右サイドのカットインから左足の鋭いクロスを供給し、FWアンテ・ブディミルのヘディング弾を演出した瞬間、隣席のサポーターは「くそったれ!」と叫びながら頭を抱えていたが、しばらく経つと、「早速1アシストを獲得したじゃないか。残りのミッションは『9』になったな」と肩を叩いてきた。

 まずはマジョルカで主力に定着することからの挑戦となるが、ヘタフェ兼レアルサポーターの掲げた「5ゴール5アシスト」のノルマは、久保に適した指標となるかもしれない。ヘタフェ戦でスペイン上陸後初の目に見える結果を残したことで、そのための一歩を踏み出すこととなった。

9/24(火) 10:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00219304-soccermzw-socc

写真
no title

レアル・マドリーの15歳中井卓大が久保建英を現地で応援! 「バモス、クボ」のエールに“先輩”も反応 

20190923-00010025-goal-000-4-view[1]

ジダン解任も騒がれるレアル・マドリー、過去4試合敗戦のピスフアンで起死回生の勝利!リーガ首位浮上  

1: 豆次郎 ★ 2019/09/23(月) 05:55:30.40 ID:F3LEEMaG9
9/23(月) 5:52配信
22日のリーガ・エスパニョーラ第5節、レアル・マドリーは敵地サンチェス・ピスフアンでのセビージャ戦を1-0で制した。

ミッドウィーク、エムバペ&ネイマール抜きのパリ・サンジェルマンに0-3敗戦を喫してジダン監督解任も騒がれるクライシスに突入したレアル・マドリー。次の試合の舞台は、ここ4シーズン連続で土をつけられ、21世紀では6勝1分け11敗と最も苦手としているスタジアム、サンチェス・ピスフアンだ。さらにセビージャは昨季にレアル・マドリー指揮官の座を追われたロペテギ監督とともに、今季優勝争いに加わろうかという勢いを見せている。

レアル・マドリーにとっては分が悪い、しかし勝利すれば希望も灯りそうな試合。ジダン監督はGKクルトワ、DFカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、メンディ、MFカセミロ、クロース、ハメス、FWベイル、アザール、ベンゼマをスタメンとして起用した。

前半はとにかく手堅く、手堅い内容に。互いに守備でリスクを負うことを回避して慎重に攻撃を展開していったが、その分攻撃の深みは取れず、決定機がほぼ生まれないまま時間だけが経過していった。興奮より緊張感が勝る中で、ゴールに近づける術はより高い位置でボールを奪うことしかなく、レアル・マドリーがそうした形で2回チャンスを迎える。

ジダン監督率いるチームはまず35分、敵陣でのボール奪取から、ベンゼマのスルーパスに反応したアザールがシュートまで持ち込むも、これはGKヴァツリークのセーブに遭う。また、その3分後にはハメスのスルーパスから今度はカルバハルが最終ラインを突破したが、このシュートもセビージャ守護神に防がれている。試合は、スコアレスのまま折り返した。

後半も緊張の糸が張り詰める状況は変わらない。ロペテギ監督は52分、フランコ・バスケスの代わりにオリベルをピッチに立たせてよりボール保持の意識を高め、レアル・マドリー陣地でプレーすることを試みる。が、レアル・マドリーはカセミロのツボを心得た守備もあってセビージャの決定機を許さず、そして64分にピスフアンの観客を沈黙させる先制点を記録した。右サイドのカルバハルが大外のベイルとのワン・ツーからエリア内右の深くまで侵入。折り返されたボールからベンゼマがヘディングシュートでネットを揺らしている。

先制に成功したジダン監督は、75分に守備にも奔走するなどチームのために尽力したハメスをピッチから下げ、負傷明けのバルベルデを投入。セビージャの反撃を抑えることを目的に中盤の守備力を引き上げた。終盤には途中出場のチチャリートにネットを揺らされる場面があったが、これは明らかなオフサイドでゴールと認められず。レアル・マドリーはそれ以外の場面では集中した守備によってセビージャのシュートを許すことなく、1点リードを維持したまま試合終了のホイッスルを迎えている。

リーガでは2連勝のレアル・マドリーは、勝ち点を11としてアスレティック・ビルバオに並び首位に立った。呪われた地ピスフアンの攻略は、チームにとって起死回生の一撃となったのかもしれない。

■試合結果
セビージャ 0-1 レアル・マドリー

■得点者
レアル・マドリー:ベンゼマ(64分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00010002-goal-socc
no title

「世界最高GKのはずだった…」「カネの無駄」マドリーで不振に喘ぐクルトワに非難殺到! 

20190920-00010001-sdigestw-000-1-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索