Samurai Goal

レアル・マドリー


スポンサード リンク





16歳中井卓大がレアル・マドリーのトップチームで初練習…スペイン紙も注目 

1: 2020/10/13(火) 08:17:35.90 _USER9
レアル・マドリーの下部組織であるフベニールBに在籍するMF中井卓大が、トップチームの練習に参加した。

現在はインターナショナルウィーク中で、マルセロやカリム・ベンゼマ、ルカ・モドリッチら多くの主力選手を欠いているマドリー。そのため、ジネディーヌ・ジダン監督はユースから選手を呼び寄せており、16歳の中井もその一人となった。今季からフベニールBに籍を置く中井にとっては異例の昇格となる。

今回の練習参加を受け、スペイン紙『アス』も注目。「ジダンが参加させた日本人のピピとは誰?」と見出しを打ち、特集記事を掲載している。

なお先日には、中井は英有力メディア『ガーディアン』によって、「2003年生まれの有望選手」に選出。今後、注目を集める若手の一人として成長していくこととなりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/52f1d5c449dd6afdbd0693a3166610eb30ad701b
no title

久保建英の現状をレアル・マドリーが憂慮…ビジャレアルへのレンタル打ち切りの可能性も 

スクリーンショット 2020-10-08 10.48.47

<久保建英>出場時間を与えない監督に批判殺到。マドリーがレンタルを打ち切る可能性に現地言及 

1: 2020/09/29(火) 20:32:09.18 _USER9
開幕3試合はいずれも試合終盤の投入

現地時間9月27日に開催されたラ・リーガ第3節で、久保建英が所属するビジャレアルは、ロナルド・クーマン監督の公式戦初陣となるバルセロナと対戦。前半だけで4ゴールを決められ、0-4の大敗を喫した
「前半が悪かったのはわたしの責任だ。ファンの皆さんにお詫びしたい」と試合後に謝罪したビジャレアルのウナイ・エメリ監督が批判を浴びているのは、この結果に対してだけでない。スペイン紙『AS』が伝えたところによれば、
ツイッター上では「なぜ久保をもっと使わないのか」という声が殺到したという。

それもそのはずだ。『AS』紙が「彼は数分間で、試合全体を通してビジャレアルの最も明確なチャンスを2度創出した」と称えたように、74分に久保が出場してからアウェーチームの攻撃は明らかに活性化していた。
エメリ監督は「タケはとても上手くやっていると思う」とそのパフォーマンスを称えたものの、開幕3試合でピッチに送り込んだのは、77分、85分、そして74分といずれも試合終盤だ。
 
経験を積ませるためにレンタルに出したレアル・マドリー側にとっても、「こんなはずではなかった」はずだが、マドリーの専門メディア『Defensa Central』によれば、この状況を落ち着いてみているようだ。
その理由は、マジョルカでプレーした昨シーズンも序盤は出番が少なかったが、最終的にチームに不可欠な存在になったからだという。「クボがスターターになるのを信じている」ため、現時点でレンタル契約の解消などは考えていないという。

まだ3試合が終わっただけ。久保の才能があれば、ビジャレアルでもレギュラーの座を勝ち取れると見ているようだ。中2日で行なわれる次節のアラベス戦は、あるいは初先発の機会が巡ってくるかもしれない。
そこで指揮官を満足させられるか。格好のアピールの場となるはずだ。

9/29(火) 11:40配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/eadd35109cb1eeaa85e61dcbe492752e2e3a063d

写真
no title

レアル・マドリー復帰でいきなり先発のウーデゴール「勝てなかったから満足はしていない」 

スクリーンショット 2020-09-21 11.05.32

レアル・マドリー6発完勝もベイルとアザールがチームに反発 

スクリーンショット 2020-09-17 9.13.20

ベイルを売却したいレアル・マドリー、給与を半分負担で放出か 

スクリーンショット 2020-09-13 3.16.31




1: 2020/09/12(土) 19:26:42.50 _USER9
『The Telegraph』によると、レアル・マドリーはこの夏、ガレス・ベイルが新しいクラブを見つけられるようにするために、給料の半分を負担し、フリーで放出する用意があるようだ。


その契約は2022年までとなっているが、現在の移籍市場では、彼の高額な給与がネックとなり、関心を示すクラブはほぼいないという。

マドリーは国外の移籍が決まれば、残り2シーズンの契約期間中にベイルの給料の半分を負担することができるという。ベイルは、プレーヤー・オブ・ザ・シーズンに選ばれたことのあるプレミアリーグへの移籍を希望しているようだ。

現在、トッテナムとマンチェスター・ユナイテッドがベイルに興味を持っていると言われている。モウリーニョは、以前ユナイテッドを率いていた時に獲得したいとほのめかしていた。

構想外のベイルは昨シーズン、わずか1260分(14試合分)しか出場していない。しかし、9月に行われたUEFAネーションズリーグでは2試合に先発出場している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c722eff65f430474e892fecc902de6a0e3864cb

<ウーゴ・サンチェス氏が指摘!>メッシ残留の要因になったのは「父親や法律事務所の悪いアドバイス」 

messi_15lgc854mb9de1cijxtw7vsot5




1: 2020/09/06(日) 19:46:03.45 _USER9
レアル・マドリーのレジェンドである元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏が、バルセロナFWリオネル・メッシについて語った。『ESPN』が伝えている。

【独占/全文】メッシが明かすバルセロナ残留の真相、思い、確執
https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/lionelmessi-barcelona-interview-20200905/1i3xqolymnm451uqo98u3pepb7

バルセロナの象徴として下部組織時代から同クラブで過ごし、数々のタイトルをもたらしてきたメッシ。しかし、2019-20シーズン終了後にブロファックス(スペインの内容証明郵便)を送り、退団の意思を明確にした。

一方、クラブ側は同選手の契約解除金7億ユーロが支払われなければ放出を認めないという姿勢を貫いており、同選手がシーズン終了後のタイミングで発動できる「無条件での退団」についての契約も6月10日が期限であることを強調。
ラ・リーガも同様の見解を示し、泥沼化の様相を呈していた。

そんな中、世界中を騒がせたメッシはGoalの独占インタビューで残留を表明。退団のためには裁判を起こす必要があり、自身のホームであるクラブと不和が生まれることには耐えられなかったと吐露している。
これらの騒動について、ウーゴ・サンチェス氏はメッシの契約について交渉を担当する人々の不手際が退団を阻害したと述べた。

「あのタイミングを逸したブロファックスは、バルセロナ会長の印象を良くしてメッシの決断の弱みになった。父親や法律事務所の悪いアドバイスのせいで、メッシはバルセロナに残留するしかなくなったんだ」

「メッシと父親がすでにバルセロナを去る決断をしていたのなら、待つべきではなかった。契約によって合意が得られていた期間が終わる前に、シーズン終了時にフリーで解除金なしに退団したいと伝えなければならなかったんだ。
計画を立てていたのなら、そういった形をとるべきだった」

また、もし期限を過ぎてから退団希望を通告するのであれば、新天地を確保してからにすべきだったとウーゴ・サンチェス氏は主張している。
「メッシ側の2つ目の問題は、7億ユーロを支払う保証のあるチームなしにブロファックスを送ったことだ。このパンデミックのせいでそんな金額を投資できるチームは世界のどこにもない」

9/6(日) 18:31配信 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e592dcc2b92c06f00d93ebf7a29672b205a9910

レアル・マドリー、年俸21億円ベイルの契約解除を検討 

スクリーンショット 2020-09-06 16.51.33

ウーデゴールが帰還したレアル・マドリー、ブラヒムのレンタル移籍は必須か 

スクリーンショット 2020-08-15 23.43.42

レアル・マドリー「ジダン続投」と「大型補強の現実」「今季“上出来”の3選手」 

スクリーンショット 2020-08-12 21.34.09


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索