Samurai Goal

レアルマドリード


スポンサード リンク





ロナウド“金銭トラブル!?”レアル退団は年俸に不満だった? 

cristiano-ron

26日のチャンピオンズリーグ決勝リヴァプール戦(3−1)後にレアル・マドリー退団を示唆したFWクリスティアーノ・ロナウドだが、先にはクラブから提示された新契約のオファーをはねつけていたという。スペイン『アス』が報じている。

【続き】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000029-goal-socc

【喝】張本氏「関心がない!」“レアル3連覇・イニエスタ移籍”に一切触れず 

キャプチャ
1   2018/05/27(日) 10:49:55.92 _USER9
 野球評論家の張本勲氏が27日、TBS系「サンデーモーニング」に出演。欧州チャンピオンズリーグでレアル・マドリード(スペイン)が3連覇を達成したニュースに無関心を貫いた。

 歓喜に沸く選手の映像を見終わり、「ああ、そう…」と興味なさげ。野球評論家の黒木知宏氏の「あっぱれ」にかぶり気味で話し始め、「それくらいしか関心がない。果てしない遠い国のスポーツは関心ないから」と正直に語った。

 J1神戸に加入したイニエスタの話題も「そう。へえ…」と、何も語らなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000045-dal-socc

“ロナウドがレアル退団示唆”『三木谷動け!!』の声が続出! 

1   2018/05/27(日) 07:41:40.11 _USER9
レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが史上初のチャンピオンズリーグ3連覇後に退団を示唆している。『BEINスポーツ』が報じた。

レアルは26日にチャンピオンズリーグ決勝でリヴァプールと対戦。途中出場のガレス・ベイルが2ゴールを挙げる活躍を見せ、3-1で勝利して優勝を決めている。
ロナウドは「これは僕らが期待していたものだ。難しいことはわかっていたけど、リヴァプールよりも優れていることはわかっていたし、僕らは勝利に値していた」と話す。

ロナウドは準々決勝での2試合でもノーゴールに終わり、決勝でも主役の座はベイルへと明け渡した。しかし、チームとして優勝できたことが重要だと語る。

「(ベイルの活躍は)問題じゃないよ。重要なのは勝利できたことだ」
「今はこの瞬間を楽しみたい。マドリーにいられたことは素晴らしかった。これから数日の間に、いつもそばにいてくれたファンに一つの返答をしたい」

自身の去就にも触れたロナウドだが、あくまでもチームが勝ち取った栄誉を強調した。
「僕らは歴史を作り、それは求めていたものだ。誰の将来も重要ではないし、重要なのは歴史を作ったことだよ」

サッカーダイジェスト 5/27(日) 6:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000029-goal-socc

写真
no title

【速報】CL決勝 歴史に残る激闘を制したのは『レアルマドリード』 

reau

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝は26日(日本時間27日未明)、ウクライナのキエフで決勝が行われ、史上初の3大会連続13度目の優勝を狙うレアル・マドリード(スペイン)と13季ぶり6度目の頂点を目指すリバプール(イングランド)が対戦、レアルが3―1で快勝し頂点に立った。

 前半を0―0で折り返した試合は後半6分、リバプールGKがペナルティーエリアで投げたボールが、足を出したレアルFWベンゼマに当たり、そのままゴールとなり先制。13分にはリバプールFWマネが同点ゴールを挙げたが、19分には途中出場のレアルFWベイルのオーバーヘッド弾で勝ち越し、38分にも再びベイルの強烈なシュートをGKが捕れず決定的な3点目が入った。

 試合はこのまま終了、レアルが大会の名称が変更された92~93年以降で初となる歴史的偉業を達成した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000070-spnannex-socc

【速報】レアル・ベイル“ゴラッソ”バイシクル弾炸裂!!! 

GettyImages-918457646-800x533

【CL決勝】ベッカムがジダンに直訴!「頼む!!リバプールを倒してくれ!!」 

1   2018/05/26(土) 15:10:16.26 _USER9
5月26日、レアル・マドリーとリバプールのチャンピオンズ・リーグ(CL)が決勝戦を行なわれる。王者がタイトルを守るのか、リバプールが13年ぶりに欧州王者の称号を手にするか、注目の大一番だ。

 この一戦は、現役戦士にとっても重要だが、クラブOBにとっても思いのつのる試合だ。とりわけ、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカムにとっては、特に気持ちが入るものとなるだろう。

 というのも、ベッカムにとってマドリーは2003年から4年に渡って、「銀河系軍団」の一員としてプレーした古巣ということもあって、かなりの気合が入っているようだ。

 英紙『Daily Mail』によると、ベッカムは、マドリー時代のチームメイトでもあった“盟友”ジダンとの対談で、「選手として成功し、今は監督としても成功。素晴らしいボスだ。信じられないよ」と賛辞を寄せ、「CLファイナルでジズーの、ボスの、会長の、そしてクラブの幸運を祈っている」と古巣の欧州制覇にエールを送った。
 

 さらに対戦相手がリバプールであることも、ベッカムにとってより一層の“モチベーション”になっている。かつてのマンチェスター・ユナイテッドのレジェンドは、その最大のライバルが欧州を制覇するのを見たくないようだ。

 サッカー界きっての“貴公子”は、かつての仲間に、「頼むからリバプールを倒してくれ。お願いだよ」と、宿敵相手に勝つようにリクエスト。これに対してジダンも力強く反応している。

「ファイナルにたどり着くために、我々はたくさんの仕事を、苦しみに耐えてきた。全員が大変な犠牲を払い、たくさん仕事をしてきたんだ。監督になることを決めてから、私は不可能なことはないと考えてきた。マドリーの指揮官になることで、素晴らしいことを成し遂げられるはずだと分かっていたんだ」

 前人未到のCL3連覇が実現すれば、ジダンの言う通り、「素晴らしいこと」になるのは間違いない。はたして、マドリーはベッカムの望みどおり、リバプールを倒してCLに新たな歴史を刻むことができるだろうか。

サッカーダイジェスト 5/26(土) 14:24
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180526-00040932-sdigestw-socc

写真no title

【驚愕】190億円オファー!!900億円解除金!!レアル・アセンシオにオファーしたのはどこだ!? 

GettyImages-832958270-800x533

レアル・マドリーがMFマルコ・アセンシオに対する1億5000万ユーロ(約190億円)の獲得オファーに応じなかったことが選手の代理人により明らかになった。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00010014-goal-socc

「ネイマールは来ない」ロナウドが“レアル移籍説”を一蹴!! 

1   2018/05/23(水) 12:27:31.08 _USER9
5/23(水) 12:20配信
CR7 ネイマールのレアル加入説を一蹴

レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドは、マドリーがパリ・サンジェルマン(PSG)からネイマールを獲得する可能性に懐疑的である。
23日(水)に放送予定の『El Chiringuito de Jugones』のインタビューに応えたロナウドは、ここ数週間噂されているネイマールのマドリー移籍を一蹴している。


ジャーナリストの「来シーズンは、ロナウドとネイマールというコンビを組みたいか。」という質問に対して、ロナウド本人は、「いつも50人の選手達の加入が囁かれているが、最終的には誰もこない」と笑いながらもきっぱりと述べている。

また、「9月までに多くの選手が加入しても、最終的にファイナルに残っているのはいつも同じ選手達だ。」と語ったロナウドは、これ以外にも多くのニュースをインタビューで残してくれているだろう。

なおロナウドは、ネイマールがマドリーに加入した場合、マドリーが強くなるのに加え、FCバルセロナにとってもモラル的に大きな打撃になることも理解している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00010005-sportes-socc
no title

ネイマール「レアル移籍」の為にPSGはクッション代わり!? 

1   2018/05/22(火) 20:14:57.76 _USER9
ブラジル代表FWネイマールは所属するパリ・サンジェルマンに対して、レアル・マドリーへの移籍を志願したことが『Goal』の取材で明らかになった。

ネイマールは史上最高額の移籍金2億2000万ユーロ(約230億円)で昨夏にバルセロナより加入。2022年まで契約を結んでいるものの、今季途中からスペイン復帰のうわさが絶えず報じられている。

国内3冠を達成したPSGはエース放出に消極的な姿勢を見せており、ナセル・アル・ケライフィ会長や退任したウナイ・エメリ前監督は移籍を否定する発言をしていた。

しかしネイマールの代理人であるピニ・ザハビ氏は13日、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長と面会し、その翌日にはネイマールの弁護士および父とも接触したことが明らかになった。

去就に注目の集まるブラジル代表エースだが、ワールドカップが終了までに移籍が決まる可能性は低く、正式に決定するのは7月15日以降であると見られている。

GOAL 5/22(火) 16:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000018-goal-socc

写真
no title

【画像】ネイマール、“変な服”着てご立腹ww「移籍の質問ウザい!!」 

1   2018/05/14(月) 19:57:50.39 _USER9
マドリーかマンUかを問われたネイマールの答は?

移籍騒動の渦中にあるセレソンの至宝が注目発言だ。

 現地時間5月13日にフランス・プロサッカー選手協会が選ぶ今シーズンのリーグ・アン最優秀選手賞が発表され、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWのネイマールが受賞した

 昨夏にバルセロナからパリSGへ史上最高額の2億2200万ユーロ(約284億円)という移籍金でやってきたネイマールは、2月25日のマルセイユ戦(リーグ・アン27節)で右足の第五中足骨を骨折し、シーズンのラスト3か月は離脱を余儀なくされたものの、リーグ戦20試合に出場して19ゴール・13アシストという好成績を残していた。

 受賞に際して、「とても光栄なことだ。でも、スタッフやチームメイトの助けなしでは獲得できなかった」と謙虚に語ったネイマールだが、シーズンが終わった現在は、今夏の去就を巡る移籍騒動の渦中にある。

 スペイン紙『AS』は、父親がパリSGに対してネイマールの退団意志を伝えたと報じ、一部ではレアル・マドリーが、移籍金2億6000万ユーロ(約338億円)を用意しているとも言われている。

 また、英紙『Mirror』は、マンチェスター・ユナイテッドが移籍金2億2700万ユーロ(約295億円)と高額年俸を用意しているとも報じていた。

 そんな一連の去就報道に対して、ネイマールはうんざりした様子で次のように口を開いている。英国メディア『Sky Sports』が伝えた。

「マドリーかユナイテッドかって? 僕がここに何をしに来たのか、どういう目標を抱えているのかは、だれもが知っているはずだ。移籍市場のオープンが近づくと毎回こういう話が出てくる。もう何も話したくない。今の目標はW杯に出ることだし、正直言ってうっとうしいよ」

 過熱する自身の去就報道に苦言を呈したネイマール。いまはロシアでピッチに返り咲くため、外野の喧騒にかまっている暇はない、といったところだろうか。

サッカーダイジェスト 5/14(月) 19:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180514-00040377-sdigestw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索