Samurai Goal

レアルマドリード


スポンサード リンク





【動画】レアルのピピこと中井卓大がゴラッソ!!成長っぷりをアピール 

1 2018/09/17(月) 06:37:34.80 _USER9
no title


 レアル・マドリーの下部組織に所属する“ピピ”ことMF中井卓大(14)は16日、プレシーズンマッチでゴールを決めた。

 レアルの下部組織はプレシーズンマッチでモラタラスと対戦。前半8分、10分に得点を挙げると、14歳の日本人MFが3点目を決める。中井は同17分、後方からのパスをワンタッチで落とし、再びPA手前でパスを受け取る。PA内に進入すると、相手DFのスライディングタックルを冷静にかわし、右足シュートをゴールに叩き込んだ。試合は7-0でレアルが勝利している。

 クラブ史上初の日本人選手である中井は9歳のころからレアルの下部組織に在籍。泣き虫ということで付けられた愛称“ピピ”はスペイン紙『アス』で「マドリーの宝」と報じられるなど、日本のサッカーファンだけでなく、世界のサッカー関係者が注目している。

 昨季までカデーテB(U-15)に所属していたが、今季からカデーテA(U-16)に昇格。トップチームまではユース年代のフベニルA、B、C、そしてレアルのBチームであるカスティージャといった道のりを進んでいかないといけない

9/17(月) 6:08配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-01900377-gekisaka-socc

PSGがレアルに“忠告!?”ネイマール移籍説に会長が言及! 

キャプチャ

“ロナウドの影響?”ディバラにレアル移籍の可能性が浮上!! 

img_5e6b0eb0e09
1 2018/09/13(木) 18:34:16.35 _USER9
パレルモの会長マウリツィオ・ザンパリーニは、『RMC Sport』のインタビューに答え、今冬の移籍マーケットでのパウロ・ディバラの移籍先がスペインの可能性について語っている。

元ユーベ監督「アッレグリは ディバラを飼殺している」

ディバラがユヴェントスに加入する前にプレーしていたパレルモの会長ザンパリーニは、
「ユヴェントスも1億2,000万ユーロ(約156億円)が欲しいだろうし、ディバラは、1月に移籍するだろう。
そして、私は彼がスペインに行くと思う。彼には、スペインとイングランドからオファーが届いている。
ユヴェントスには優れた選手達がいるが、ディバラがベンチに座っている姿を見ると泣きそうになるよ」と語っている。

さらに会長ザンパリーニは、「彼がベンチにいるのは、監督アッレグリが原因だ。2年前、私はディバラにメッセージを送り、
スペインに行くようにアドバイスした」と述べ、ユヴェントスの監督についても批難している。

実際にディバラは、複数のクラブと接触している。過去には、FCバルセロナも興味を示していた。そして、クリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍してからは、
ディバラがレアル・マドリーのユニフォームを近いうちに着るのはないかという噂も浮上している。

また、マンチェスター・ユナイテッドもディバラとポール・ポグバをトレードするオファーも検討しているということである。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00010006-sportes-socc
9/13(木) 10:36配信

【衝撃】マルセロ“脱税”で懲役4か月!!罰金は約9700万円! 

1 2018/09/12(水) 09:12:27.65 _USER9
レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが脱税を認め、4か月間の懲役刑を受け入れたという。

英『BBC』によると、スペイン税務当局に対して49万ユーロ(約6340万円)の脱税を認めた模様。75万ユーロ(約9700万円)の罰金と懲役4か月が科された。
なお、スペインの法律では、初犯の場合、2年以内の刑罰であれば刑務所に入ることはない。

スペインでは、これまでFWリオネル・メッシ、FWネイマール、FWクリスティアーノ・ロナウドら多くのサッカー選手が脱税容疑で起訴されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-01837067-gekisaka-socc
9/12(水) 8:57配信

no title

S.ラモス「サラー、ロナウドよりモドリッチ」FIFAザ・ベスト賞にモドリッチを推す!! 

キャプチャ
スペイン代表所属DFセルヒオ・ラモスがFIFAザ・ベスト賞候補に選ばれたルカ・モドリッチについて次のようにコメントした。

 「他の選手はよりマーケティングの力があると思うが、モドリッチはこの賞を受賞するだけの実力がある」

モドリッチはC.ロナウドやモハメド・サラーに続く3人目の候補者である。ザ・ベスト賞授賞式は来る9月24日にロンドンで開催される。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00010005-sportes-socc

モドリッチを獲得できなかった...マンC幹部が明かす痛恨の失敗とは!? 

27027_ext_04_0
1 2018/09/09(日) 01:44:49.96 _USER9
■ 「シティにとっては最悪のタイミングだった」

いまや世界有数の金満クラブとなったマンチェスター・シティ。移籍市場では狙った獲物は逃がさないとばかりに、アブダビ資金を前面に押し出してチーム強化を進めてきた。
 
 そんなシティが、ほんの10年前に超が付く大物の獲得に失敗していたという。英紙『The Sun』が伝えている。レアル・マドリー所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチで、なんと交渉決裂の理由は“資金難”だったのだから驚きだ。
 
 2008年夏、22歳ながらディナモ・ザグレブで不動の司令塔として活躍し、クロアチア代表での地位も確立させていたモドリッチ。EURO2008を控えた直前、いよいよ国外のビッグクラブへの移籍に機が熟し、相談相手としたのが大親友のDFヴェドラン・チョルルカだった。彼はシティに籍を置いており、モドリッチにマンチェスター行きを薦めたのである。クラブ幹部だったベルナルド・ハルフォード氏がこう振り返る。
 
「ヴェドランはモドリッチの実力に太鼓判を押していたし、世界最高のMFになるとも言っていた。値段を聞けば1000万ポンド(約15億円)。支払えない額ではなかったが、あの頃のシティにとってはタイミングが最悪だったんだ」

 当時のオーナーはタイの元首相タクシン・チナワット氏で、資金の不正流用などの咎でタイ政府から資産を凍結されていた。その数週間後にタクシン氏は辞任し、経営権を現在のアブダビ資本会社に売却、シェイク・マンスールが新たに代表の座に就いたのだ。
現在もクラブで要職を務めるハルフォード氏は「わずかなタッチの差でモドリッチを取り逃がした。あのとき彼を獲得していたらまた異なるシティの歴史が築かれていたかもしれないね」と回顧する。
 
 シティ行きが破談となったモドリッチは、直後にトッテナム・ホットスパーへの入団を決意する(その数週間後にはチョルルカも加入)。なんと移籍金は当時のクラブレコードである2000万ポンド(約30億円)に跳ね上がっていた。逃がした鯉は、やはり大きかったのだ。
 
 それからの10年でモドリッチはワールドクラスへの道を一気に駆け上がった。ロシア・ワールドカップでのハイパフォーマンスを受けて、2017-18シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞に輝き、バロンドールの有力候補のひとりにも挙げられている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180908-00046920-sdigestw-socc

ジダンへの不満をセバジョスが吐露!「控え選手の気持ちが分かっていない」 

5a3ba6ea699be47152000001
1 2018/09/09(日) 00:04:45.06 _USER9
レアル・マドリーMFダニ・セバジョスが、昨季まで同チームを率いたジネディーヌ・ジダン氏への不満を吐露している。

スペインの将来を担うと期待される現在22歳のセバジョスは、昨夏にベティスから鳴り物入りでレアル・マドリーに加入。だがジダン氏が同選手を起用することは、ほぼなかった。

スペイン『ラディオ・マルカ』とのインタビューに応じたセバジョスは、そんなジダン氏に対して不満を抱えていたことを明かしている。

「彼になぜ自分を起用しないのか聞いたことがある。すると、自分よりも評価している選手たちがいると返答されたよ。ただクロースとモドリッチが負傷しているとき、彼は僕ではなくほかの選手を使うためにシステムを変更した。それは心が傷むことだ」

「U-21EUROで活躍を見せたのに、その直後に日陰で過ごすことを強いられた……。自分は子供の頃、ずっと彼に注目していた。彼はどこでもスター選手だったし、おそらく控え選手の気持ちが理解できないんだろう。彼もここで犯したミスから学ぶことになるはず

9/8(土) 20:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000020-goal-socc

クルトワの発言に“批判殺到”した事に対し、チェルシーファンに理解を求める 

キャプチャ
 レアル・マドリードに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、自身への批判に対してコメントした。イギリス紙『スカイスポーツ』が8日に伝えている。

 現在26歳のクルトワは、2014年にチェルシーに加入。正守護神の座を勝ち取り、2015年、2017年にはプレミアリーグ優勝に貢献した。今夏、自身の夢でもあったレアル・マドリード移籍を実現させた。

 しかし、デビュー戦後に「レアル・マドリードのレベルはチェルシーよりも高い」と発言したことで、チェルシーファンから批判が集まっていた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00827610-soccerk-socc

「レアルの7番」アセンシオが拒否していた事が判明!!プレッシャーを感じ過ぎた!? 

20170819202420

モドリッチが告白!!「ロナウドから祝福された」二人の良好な関係を主張! 

キャプチャ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索