Samurai Goal

レアルマドリード


スポンサード リンク





【衝撃】ジダンもユベントスに!?ロナウドに引き続きオファーの可能性浮上! 

GettyImages-840744734-800x533
1 2018/07/18(水) 00:04:06.41 _USER9
▽レアル・マドリーの監督を退任したジネディーヌ・ジダン氏(46)がユベントスのフロントに入る可能性があるようだ。スペイン『Libertad Digital』が伝えている。

▽5月31日に約2年半務めたレアル・マドリーの監督を電撃退任したジダン氏に対し、ユベントスはアシスタント・スポーツ・ディレクターの職をオファーしているとのことだ。ただ、レアル・マドリーとの関係を考慮し、就任するとしても10月以降になるという。

▽現役時代にユベントスで2度スクデットを獲得するなど活躍し、レアル・マドリー指揮時にはチャンピオンズリーグ3度の優勝を含む9つのタイトルをもたらしたジダン氏の去就に関しては、カタール代表やフランス代表の監督就任が報じられていたが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと共にユベントス加入となるのか、今後の動向が注目される。

http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=321050

【朗報】ロナウド効果で“ユベントス株40%”上昇してしまう!!! 

1
1 2018/07/16(月) 20:23:04.13 _USER9
・レアル・マドリードのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドの移籍によって、ユベントスの株価が上昇している。

・移籍金1億ユーロ(約130億円)で合意間近と報じられた後から値が上がり始め、ロナウドの移籍が正式決定すると一気に40%近く上昇した。

イタリア・セリエAで7連覇中のサッカーチーム、ユベントスの株価が急上昇した。10日(現地時間)、レアル・マドリードのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドの移籍が1億ユーロで正式決定した後のことだ。

これに先駆け、スペインのニュースメディア「ラ・セクスタ(La Sexta)」はロナウドの契約が近くまとまりそうだと報じ、スカイニュース(Sky News)はユベントスのアンドレア・アニェッリ会長が、ロナウドが現在休暇を過ごしているギリシャへ飛び、話し合いを持ったと伝えていた。その後、ユベントスがロナウドの移籍を正式に認めた。

2009年に加入して以来、ロナウドは451ゴールを決め、レアル・マドリード史上最高の得点王として活躍してきた。バロンドールも5度受賞し、史上最高のサッカー選手と言えるだろう。

ロナウドの移籍が噂され始めた先週以降、ユベントスの株価は上昇し、移籍が正式決定すると一気に40%近く上がった。

[原文:Cristiano Ronaldo's 100 million euro move to Juventus sends shares rocketing almost 40%]

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00010003-binsider-peo

【驚愕】C・ロナウド、本命の移籍先はナポリだった!? 

0b5211026f3f7d42
1 2018/07/15(日) 18:06:55.26 _USER9
▽今夏にレアル・マドリーからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)。しかし、ユベントス移籍は希望したものではなかったのかもしれない。『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

▽C・ロナウドは10日、今夏のユベントス移籍が決定。移籍金1億1200万ユーロ(現在のレートで約147億円)が支払われ、年俸3000万ユーロ(約39億3000万円)の4年契約を締結したとみられる。

▽だが、今夏にカルロ・アンチェロッティ現ナポリ監督とクラブの接触をスクープした『TV Luna』のカルロ・アルヴィノ記者によれば、C・ロナウドにとってユベントス移籍は妥協案だったという。

▽カルロ・アルヴィノ記者は、「ナポリが移籍金を支払っていれば、クリスティアーノ・ロナウドは今ごろ、ナポリのジャージに袖を通していただろう」と語り、C・ロナウドの移籍舞台裏を激白した。

「ポルトガル人スターにとって、ユーベ行きは当初、プランBだった。代理人のジュルジュ・メンデスは、ナポリや会長のアウレリオ・デ・ラウレンティスと強い結びつきがある。だから、代理人はナポリに売り込みを図った。だが、彼らが支払いに難色を示したため、ユーベに移籍することになった」

[2018年7月15日(日)17:15]
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=320742

ベルギー“守護神”クルトワ、レアル移籍が現実的に!!ナバスと世代交代か 

news_160614_1
1 2018/07/15(日) 12:37:08.08 _USER9
チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、レアル・マドリードへの移籍に近づいているという。スペイン紙『マルカ』が14日付で伝えた。

 レアル・マドリードは、かねてからGKの補強が報じられており、クルトワの名前も継続して候補に挙がっている。一方、クルトワもチェルシー退団を示唆するコメントを残してきており、移籍の噂が絶えない。マドリードには妻と2人の娘が住んでおり、同選手は将来的なマドリード“帰還”の願望をこれまで口にしてきた。

 そして、同メディアによると、クルトワはレアル・マドリードと年俸1300万ユーロ(約17億円)での個人合意に近づいている。数日以内に移籍が発表されるかもしれないとのことだ。

 なお、クルトワと同胞のFWエデン・アザールも「僕の行きたい場所は知っているだろう」とコメントし、チェルシー退団をほのめかしている。アザールは以前からレアル・マドリードへの憧れを公言しており、チェルシーは攻守の中心選手2人を同時に失うおそれが高まった。

 ベルギー代表が2018 FIFAワールドカップ ロシアの活動を終えたことで、クルトワやアザールの移籍話が一気に加速していきそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00794095-soccerk-socc

ベルギー代表アザール“レアル移籍”実現か!自ら移籍について言及!! 

GettyImages-977902256-e1530521541587
1 2018/07/15(日) 06:05:46.82 _USER9
現地時間14日に行われたロシアワールドカップ3位決定戦でイングランドに勝利したあと、ベルギーのMFエデン・アザールがチェルシーからの移籍をほのめかした。英『デイリー・ミラー』が伝えている。

 ベルギーの10番を背負うアザールは、イングランド戦でも活躍し、国際サッカー連盟(FIFA)の選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 同選手は試合後、「チェルシーで6年間を過ごしたあと、違うものを見つけるときがきたのかもしれない」と語ったそうだ。

 アザールは以前からレアル・マドリーへの移籍が噂になっている。FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス行きが決まった今、その噂はさらに盛り上がっているところだ。

 アザールは「ワールドカップが終わって、僕は残るか移籍するかを決めることができる。最終的にはチェルシーが何を望むかだね。僕の望む行き先は知っているはずだよ」と話している。

 『ミラー』は、マンチェスター・シティもアザールの獲得に興味を持っているが、選手の希望はレアル・マドリーだとみている。また、チェルシーとしても国内のライバルに主力を譲ることはしないという見方だ。

 イングランド戦でも圧倒的な存在感を示したアザール。レアル・マドリーへの移籍が動き出すのだろうか。

フットボールチャンネル7/15(日) 3:40
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00281550-footballc-socc

“異例の公式声明”『ネイマールは取らない』レアルが噂を全否定!! 

1 2018/07/14(土) 08:29:48.53 _USER9
現地時間13日夜、レアル・マドリーがブラジル代表FWネイマールの移籍報道について一石を投じる驚きの声明を発表した。

その内容は次のとおり。

「パリSGのネイマールについて、レアル・マドリーが獲得するのではないかと頻繁に報じられているが、同選手に対し、我々はオファーを出す予定がないことを明らかにする」

「パリSGと我々の関係は素晴らしいものであり、レアル・マドリーがもしパリSGの選手の獲得を検討する時には、クラブに対して正式な獲得オファーを打診することになっている」

レアル・マドリーはクリスティアーノ・ロナウドの退団が決定。その穴埋め役としてネイマールやエデン・アザールへの関心がしきりに報じられ、世界中のメディアがその動向に注目する状況となっていた。

その一方、数ある報道の中には憶測の域を出ないものの、まるでネイマールのレアル・マドリー行きが決定しているかのような内容や、秘密裏に交渉がスタートしているとのニュースも散見された。

レアル・マドリーが他チームの所属選手について、明確に獲得のうわさを否定する声明を出したのは異例の出来事。ネイマールの移籍騒動が独り歩きした結果、レアル・マドリー側にとってパリSGとの関係悪化を招きかねない状況になっていたこともあり、クラブ側は公式声明を通してネイマール獲得のうわさを完全否定するという動きに至ったようだ。

ネイマールのレアル・マドリー行きは、これで事実上完全消滅したものと見られる。

7/14(土) 7:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000037-goal-socc

写真
no title

ロナウドに続いてベイルも移籍!?マンUは“レアル泥棒?” 

1 2018/07/13(金) 12:47:15.14 _USER9
7/13(金) 11:55配信
マドリーからまた離脱、ベイルがユナイテッド移籍に前進

レアル・マドリードの会長フロレンティーノ・ペレスは、ここ最近でジネディーヌ・ジダンとクリスティアーノ・ロナウドというチームにとって重要な二人を失っており、沈みかけているチームを立て直すために多くの仕事が必要になるだろう。

ジュレン・ロペテギを招聘したものの、デビューしたシーズンを含む3シーズンでチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げた前監督ジダンと同レベルの成果を求めるのは非常に酷だろう。
また、ロナウドのように優れたゴール記録を残す貪欲なストライカーを獲得するのはほぼ不可能だろう。

そして今、監督ジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドがマドリーから盗みを働こうとしている。モウリーニョが過去に率いていたマドリーからスター選手がいなくなることを意に介すことはないだろう。

今回、ユナイテッドが獲得を目論んでいるのは、2017/18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でMVPに輝いたガレス・ベイルである。
ユナイテッドは、ベイルをオールド・トラフォードに連れて来たいと考えている。

12日の英紙『Manchester Evening News』によれば、ベイルとの契約にユナイテッドが前進したということである。監督モウリーニョとCEOエド・ウッドワードは、ユナイテッドの攻撃を強化する完璧な補強になると考えており、先日、ユヴェントスに加入したロナウドよりも補強優先度を高めている。

さらに同メディアのジャーナリストであるジェームス・ロブソンは、この移籍は前進したが、最後にベイルが決断すると明かしている。
「ベイルは、監督ジダン政権時の自身の役割に不満を感じており、サンティアゴ・ベルナベウで不動のポジションを求めており、同様に、オールド・トラフォードでもそれを望んでいる。」

ユナイテッドの監督モウリーニョは、就任2年でチームのプレミアリーグにおける地位を安定させたものの、まだ攻撃面での輝きは欠けている。

(文:SPORT)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010005-sportes-socc
no title

『1分1枚』『サーバーダウン』早くもユベントスのロナウドグッズが大爆発!! 

no title
1 2018/07/12(木) 19:55:09.31 _USER9
オンラインショップはサーバーダウン!
世界中に衝撃を与えたクリスチアーノ・ロナウドのユベントス移籍に、ファンは熱狂している。

 移籍金1億1700万ユーロ(約153億円)、年俸3000万ユーロ(約39億円)と、33歳ながら超破格の高待遇で迎え入れられたC・ロナウド。9年前にマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに移籍した際の移籍金9400万ユーロ(約123億円※当時史上最高額)を上回ったのは流石である。

 そんな稀代のスーパースターの加入は、早くもユーベにポジティブな影響を与えているようだ。イタリア・メディア『Football Italia』が伝えたところでは、C・ロナウドのユニホームが販売開始とともに爆発的なセールスを記録しているという。
 

 同メディアによれば、ファン・ギジェルモ・クアドラードから背番号7を譲り受けたC・ロナウドのユニホームの売れ行きは、まさに絶好調! 地元トリノ市内にあるユーベのファンショップでは、午前10時の開店から「1分に1枚」という驚異的なペースで売れ続けていると報じている。

 また、地元紙『Corriere Torino』によれば、同クラブのオンラインショップは購入者が殺到したためにサーバーがダウン。さらに本拠地からほど近いオフィシャルのグッズショップには「ロナウド・マニア」が各国から押しかけ、すでに背番号と名前を印字するための素材が足りないという事態が発生し、スタッフが悲鳴を上げているという。

 一部では、C・ロナウドの移籍金と年俸に対して「高すぎる」「無駄遣い」という批判的な声も上がっているようだが、早くも大フィーバーを巻き起こしている彼は高い費用対効果を示しており、高額な支出に見合うだけのもの、あるいはそれ以上をユーベにもたらしそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180712-00043875-sdigestw-socc

ロナウド移籍に“大反対”巨額の移籍金について関連会社でストライキ!! 

GettyImages-960203330-1-800x566
1 2018/07/12(木) 00:34:09.04 _USER9
7/11(水) 23:52配信


 ユベントスは10日、レアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得することが合意に達したと発表した。だが、この大型補強に反発するフィアット社の労働者がストライキを決行する事態にも発展している。伊紙『コッリエーレ・デッラ・セーラ』などが伝えた。

 ユーベはC・ロナウド獲得の費用を公表しており、移籍金1億ユーロ(約130億円)がマドリーに支払われる。また、4年契約を交わしたC・ロナウドには年俸3000万ユーロ(約39億円)という世界トップレベルの報酬が支払われるという。

 この巨額取引の鍵を握るのは、クラブの最大株主であるアニェッリ家が保有するフィアット社であると報じられていた。実質的な親会社である同社がC・ロナウド獲得の資金をユーベに提供したとみられている。

 しかし、間接的にそのしわ寄せを受けることになる一般労働者の間には不満もあるようだ。フィアット社の労働組合はストライキを宣言し、座り込みや抗議活動を行っていると報じられている。

 工場に掲げられた横断幕には、「ロナウドには4億ユーロ、工員たちは蹴られるだけ…」「払っているのは我々だ」などの言葉が書かれているという。

「長年にわたって労働者たちに金銭面での多大な犠牲を要求し続ける一方で、同じ企業が一人のサッカー選手獲得に何億ユーロも費やす決定を下すのは受け入れがたい」と労働組合による声明が伝えられている。

旅立つロナウドへ“贈る言葉”ベイルらが「友よ、成功を祈っている」 

1 2018/07/11(水) 13:49:56.96 _USER9
7/11(水) 12:34配信
ユヴェントスへ旅立つC・ロナウドへ、ベイルらがはなむけ「友よ、成功を祈っている」

レアル・マドリーのギャレス・ベイルは、ユヴェントスへの移籍が決まったクリスティアーノ・ロナウドへ惜別のメッセージを送った。

10日、これまでに5度のバロンドールを受賞するなど世界最高の選手と名高いロナウドのユヴェントス移籍が発表された。2009年にレアル・マドリーに加入して以降、数々の記録を打ち立て、史上初のチャンピオンズリーグ3連覇にも大きく貢献した同選手の移籍はワールドカップ期間中ながら大々的に報じられた。

そんな中、2013年にレアル・マドリーに加入し、5シーズンの間ロナウドとともにプレーしたベイルは、自身のツイッターで旅立つエースにはなむけの言葉を送った。

「信じられないような選手で、一番の男だ。この5年間、君とともにプレーできたことは大きな喜びだった。僕の友人よ、将来の成功を祈っている」

また、カセミーロもツイッターで「君がいたことで、僕は学べたし、楽しめたし、そして勝つことができた。全てのことに感謝している」とロナウドと抱擁する写真とともにメッセージを投稿した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000011-goal-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索