Samurai Goal

レアル


スポンサード リンク





C・ロナウド退団の影響? レアル、1試合当たり1ゴール近く減っていることが判明 

20200526-00375177-usoccer-000-2-view

ウーデゴール来季3年半ぶりレアル復帰へ 地元紙 

20200524-25240570-nksports-000-10-view

久保建英、来季レアルから再レンタルへ。ソシエダとベティスが有力候補? 

20200524-00374899-footballc-000-1-view




1: 2020/05/24(日) 20:00:56.02
レアル・マドリードからのレンタルでマジョルカに在籍している日本代表MF久保建英は、来季はレアル・ソシエダあるいはベティスへレンタルされることが現時点では有力とみられている。スペイン紙『ラ・ラソン』が24日付で伝えた。

リーガ1部での出場機会を求めてレンタルされたマジョルカでのプレーで上々の評価を得ている久保。だが外国人枠などの問題もあって来季のマドリーでプレーするのは困難と予想され、再び他クラブへレンタルされることが濃厚視されている。

現時点で最も有力なレンタル先と現地紙が予想しているのはレアル・ソシエダ。マドリーは現在ソシエダにレンタルしているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールを呼び戻したいと考え、その交換条件として久保のレンタルを提案しているという。

ソシエダも久保を迎え入れることには乗り気だが、一方でウーデゴーをチームに残したいという考えも強いとみられる。ソシエダとの間で合意が得られない場合、ベティスが次の選択肢になるとの見通し。ベティスはすでにマドリーに久保獲得の打診を行っていると伝えられている。

また、他にも久保の獲得に関心を抱いているクラブとしてパリ・サンジェルマン(PSG)の名前も挙げられている。スペイン『デフェンサ・セントラル』は、移籍金2000~2500万ユーロ(約23~29億円)での完全移籍を希望するPSGと、
1部残留を果たした場合には再レンタルを希望すると予想されるマジョルカも含め、4クラブが久保の獲得を争うとの予測を伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200524-00374899-footballc-socc
5/24(日) 13:49配信

PSG、ハーランド争奪戦に参戦か レアルとの“バトル”勃発の可能性をスペイン紙報道 

20200521-00262851-soccermzw-000-1-view

レアル、リヴァプール、ユナイテッドでプレーしたオーウェンが選んだ最強のチームメート5人は? 

20200514-00010021-goal-000-1-view

「注目すべき1人」 レアル中井卓大を英紙が高評価「多くの興奮を引き起こしている」 

20200511-00261238-soccermzw-000-1-view

「クルトワ、黙ったらどうだ?」レアルGKの発言にスペイン紙が反論 

20200507-43480093-gekisaka-000-1-view

【訃報】サンス元会長に続き…レアル、スアレス元副会長が新型コロナウイルスで死去 

20200506-01066765-soccerk-000-3-view




1: 2020/05/06(水) 10:13:05.64
レアル・マドリードは5日、アマドール・スアレス元副会長が新型コロナウイルス感染症により亡くなったことを発表した。

 スアレス氏は2006年にクラブの取締役に就任し、2007年から2009年はラモン・カルデロン元会長のもとで副会長を務めた。その間、レアル・マドリードは2度のリーガ・エスパニョーラ優勝を果たした。

 スペイン紙『エル・コンフィデンシャル』によると、新型コロナウイルスに感染後、40日以上の闘病生活を送ったが、76歳で帰らぬ人となった。クラブは公式サイトを通じ、「レアル・マドリードは哀悼の意を表し、彼の家族や愛する人たちに愛と心からの敬意を送ります」とコメントした。

 なお、レアル・マドリードでは3月21日に、ロレンソ・サンス元会長も新型コロナウイルス感染症により76歳で亡くなっていた。

 それ以降、レアルでは訃報が続いており、4月2日にはレジェンドの元スペイン代表DFゴジョ・ベニート氏も73歳で死去。クラブは持病によるものと発表していたが、スペイン紙『エル・ムンド』によると、アルツハイマー病を患っており、新型コロナウイルスへの感染が原因で亡くなったと報じていた。5月2日には、クラブに29年間勤めた有名な職員のエドゥアルド・カサベジャ氏も76歳で亡くなった。カサベジャ氏の死因は発表されていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-01066765-soccerk-socc

久保建英はレアルに戻れない? Rソシエダード移籍浮上 

20200501-25010089-nksports-000-7-view




1: 2020/05/01(金) 14:32:21.87
スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英(18)にRソシエダード移籍の可能性が浮上している。スペイン紙ムンド・ディポルティボ電子版が30日、報じた。

久保は現在、レアル・マドリードからマジョルカへ期限付き移籍中。RマドリードはEU圏外枠の事情などで久保のほかノルウェー代表MFウーデゴール(Rソシエダード)や
スペイン代表DFレギロン(セビリア)ら13人を期限付き移籍させており、同紙は久保について「来季もこの状況は続くため、再び期限付き移籍で出ることになるだろう。
もしウーデゴールがRマドリードに戻る場合、久保はRソシエダードに期限付き移籍で行く可能性がある」とつづった。

そのウーデゴールについては「Rソシエダードでの期限付き移籍期間があと1年残るが、Rマドリードは今季終了後の復帰を検討している。しかし、その最終決定はモドリッチ次第になるだろう」と伝えた。

同紙は記事の中で、Rマドリードの考える期限付き移籍中の選手それぞれの来季プランについて解説。
モロッコ代表DFアクラフ(ドルトムント)については「欧州の多くのクラブが狙っているが、
ジダン監督はカルバハルの競争相手として彼に賭ける」。MFセバージョス(アーセナル)については「アーセナルが移籍金を支払う準備をしているが、
Rマドリードの求める5000万ユーロ(約60億円)に達していない。また古巣ベティスが期限付き移籍での獲得を望んでいるが、
彼をほとんど戦力に考えていないジダンがその将来を決定する」と予想している。(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a7d56a573c408be45cab2d8d012f64f7d9df72f
5/1(金) 9:56配信

レアルの青田買い“失敗例”を英紙紹介 退団後に才能開花の9人…宿敵バルサの元エースも 

20200419-00257725-soccermzw-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索