Samurai Goal

ルーニー


スポンサード リンク





元イングランド代表ルーニーが現役引退、監督就任へ 

スクリーンショット 2021-01-16 6.56.45




1: 2021/01/15(金) 23:29:09.17 _USER9 BE:439362949-PLT(40000)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500946716.gif
1/15(金) 23:25
日刊スポーツ

イングランド2部リーグで、ダービーに選手兼コーチで所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(35)が現役引退する。同クラブが15日、ルーニーの現役引退を発表。今後は同クラブの監督に就任する。

ルーニーはプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで主将として活躍。17年1月にはクラブの歴代通算最多250得点をマーク。イングランド代表としては国際Aマッチ120試合に出場、同国最多53ゴールを挙げている。ワールドカップには06年ドイツ、10年南アフリカ、14年ブラジル大会に出場した。昨年1月からダービーの選手権監督に就任。3月のFA杯では古巣マンチェスター・ユナイテッドと対戦。試合には3-0で敗れたものの、好プレーで健在ぶりを示していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3763b56ed473fdcee119ba1a882fa5734a74880a

「誇り高い日」ルーニーが歓喜。11歳の息子がマンU下部組織に加入 

スクリーンショット 2020-12-18 13.08.22

ルーニー、監督就任の打診あれば現役引退へ 

1: 2020/11/28(土) 20:10:43.72 _USER9
[27日 ロイター] - サッカーのイングランド2部ダービーに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、正式な監督への就任要請があれば現役引退の準備をする意向を示した。

不振が続いたダービーでは、フィリップ・コクー前監督の解任後、選手兼任コーチだったルーニーを含む4人が暫定的に舵を取っている。

こうした状況のなか、ルーニーは英スカイスポーツの取材で「監督にならないのなら、コーチングスタッフの一員としてプレーも続ける。しかし、もしフルタイムの監督就任の打診があれば、そのときはもちろん現役生活に終止符を打つことになるだろう」と述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d27531ac4fe41c599f49222177012fb60b895931
no title

スペイン行きを考えていたルーニー「理想はバルセロナ。メッシやシャビとプレーすることを想像した」 

スクリーンショット 2020-11-25 12.55.05

ルーニーが10年前のファーガソン采配を批判「ジダンも同じ考えだと思う」 

スクリーンショット 2020-08-04 6.45.48

ルーニー「クロップは間違っている。簡単な方法でリバプールの時代は築ける」 

20200621-43481178-gekisaka-000-1-view

400万円で植毛したルーニーの髪型が... 

1: 2020/06/05(金) 11:13:20.83
ダービー・カウンティFC(イングランド2部)の再開されたトレーニングに参加した元イングランド代表FWウェイン・ルーニーの髪型がイギリスで話題となっているようだ。

ふさふさのヒゲで練習に復帰したルーニーだったが、髪の毛はそれと反する姿だった。

イギリス紙『The Sun』によると、ルーニーはマンチェスター・ユナイテッド時代(2011年)に3万ポンド(400万円)を費やして、植毛に数年間挑戦していた。

過去には試合中にスプレー式の増毛剤を使用して誤魔化していたことも話題となっている。

それから、数年が経ち34歳となったルーニーは新たなスタイルで、再開されたサッカーに取り組んでいるようだ。

画像
no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/d3980742961a1cf47abfa1c339597406e6f6d3d4

“ファン・ハール解任は大間違い” ルーニーがユナイテッドの決断に苦言 

20200517-00010014-sportes-000-1-view

ルーニー「スターではない選手が最も重要」C・ロナウド同様に不可欠だった選手は? 

20200518-00010020-goal-000-1-view

<香川真司>幻の“マンU最強布陣”に英脚光!ルーニー、C・ロナウド、ギャレス・ベイルと攻撃形成 

1: 2020/05/11(月) 13:31:19.43
ファーガソン氏の「大胆な計画」、C・ロナウドとベイル獲得プランに英紙注目
no title


マンチェスター・ユナイテッドで27年間にわたって指揮したアレックス・ファーガソン氏は、2013年にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とウェールズ代表FWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)の獲得を目指していたと報じられている。そのなかで英紙「デイリー・メール」は、当時在籍していた日本代表MF香川真司(サラゴサ)を含めた“幻の最強布陣”を紹介している

 ファーガソン氏は1986年にユナイテッドの監督に就任。そこから27年間でリーグ優勝13回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇2回など、数々のタイトルを獲得し、2013年に監督業から引退した。

 記事では「2013年に退任する前、サー・アレックス・ファーガソンの思い通りになっていたら、状況は違ったものになっていたかもしれない」と指摘。その背景として、「(元フランス代表DF)パトリス・エブラは、ファーガソンがチャンピオンズリーグ優勝チームを作るため、2013年にクリスティアーノ・ロナウドと再契約し、ガレス・ベイルを獲得しようとしたことを明らかにした」と綴っている。

 結局、ファーガソン氏の補強プランは実現しなかったものの、「大胆な計画」と記して当時の在籍メンバーを基に“最強布陣”を紹介。2012-13シーズンにユナイテッドへ加入し、ファーガソン氏の下で1年間プレーした香川もスタメンに組み込まれている。

幻の最強布陣は4-3-3を採用、香川はルーニーとコンビ…強力3トップは?

システムは4-3-3が採用されており、守護神にはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが君臨。4バックは左から、エブラ、元イングランド代表DFフィル・ジョーンズ、元イングランド代表DFクリス・スモーリング(ローマ)、元ブラジル代表DFラファエル(リヨン)が並んだ。

 中盤3枚の底に元イングランド代表MFマイケル・キャリックが入り、インサイドハーフで元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(ダービー・カウンティ)と香川がコンビを形成。そして3トップ中央に元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー、左にベイル、右にロナウドという夢の攻撃陣となった。

 香川とルーニーがタクトを振るう超攻撃的布陣は幻に終わったが、英紙も「もしファーガソンが主力選手を獲得していたとしたら、ユナイテッドはどうなっていただろうか」と思いを馳せていた。

5/11(月) 7:15配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200511-00261264-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索