Samurai Goal

ルイス・スアレス


スポンサード リンク





バルサFWスアレス(32)のMLS移籍は「時間の問題」 ウルグアイ代表の同僚告白「彼は来る」9試合6得点  

20191109-00227935-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/09(土) 06:23:37.77 ID:Hd9hl91K9
シアトル・サウンダーズMFロデイロ、代表で共闘するスアレスの移籍について言及

米メジャーリーグサッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズに所属するウルグアイ代表MFニコロ・ロデイロは、
MLSに興味があると伝えられているウルグアイ代表FWルイス・スアレス(バルセロナ)に言及し、移籍は「時間の問題」と主張した。
MLS公式サイト「MLSsoccer.com」が報じている。

14年にリバプールからバルセロナに移籍して以降、137ゴールを奪ってきたスアレスは、最近バルセロナからの移籍を考えているとされ、特にMLSでのプレーに興味があると伝えられている。

そんななか、ウルグアイ代表のチームメイトであるシアトル・サウンダーズのロデイロは、「彼の夢はバルセロナでプレーすることだった。
彼は素晴らしい場所でプレーしていて、快適に感じている」と語ったうえで、スアレスのMLS移籍が時間の問題との見解を示した。

「遅かれ早かれ、彼はMLSに来るだろう。まぁ、上手くいけばね。彼はこのリーグが好きだ。彼はいつもそのことについて僕に尋ねてくる。
彼がシアトル・サウンダーズでプレーすることを願っているよ。それはかなり難しいタスクを背負うかもしれない。
だけど、僕が思うに彼がここに来るのは時間の問題だと思うよ」

16年にロデイロがシアトル・サウンダーズに移籍する際、チームのゼネラルマネージャーを務めるガルス・ラガウェイ氏とロデイロの間を取り持ったとされるスアレス。
両者との関係性を考えれば、近いうちにスアレスのMLS移籍が実現する可能性はあると言えるだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00227935-soccermzw-socc
11/9(土) 6:20配信

ゴール取り消しにPK戦で失敗…号泣のスアレス「キックの瞬間、日本戦を思い出した」 

20190630-00010013-goal-000-2-view[1]

スアレスは若き日本代表への敬意語る「チリ戦が本来の姿ではないと…」  

news_277553_1[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/06/21(金) 13:58:14.84 ID:ClUcjM6P9
 コパ・アメリカグループリーグ第2節で日本代表はウルグアイ代表と2-2で引き分けた。32分に同点PK弾を沈め、フル出場したFWルイス・スアレス(バルセロナ)は若き日本代表への敬意を語っている。スペイン『アス』が伝えた。

 試合後、スアレスは「ほろ苦い結果になったが、我々は良い試合をしたし、より多くのチャンスを作った」と振り返った。
FIFAランキング8位のウルグアイに対して、日本は28位と格下だった。さらに今大会は東京五輪世代を中心に組んだ若いチームとあって、初戦はチリ代表に0-4の完敗を喫していた。

 しかし、スアレスは「我々はチリ戦の日本が本来の姿ではないことを知っていた。彼らは素早く、プレーの質も高い。日本はプレッシャーをかけ、我々に思うようにプレーさせなかった」とリスペクトを口にした。

 とはいえ、優勝候補のウルグアイはエクアドルを4-0で下す好スタートを切っていただけに、引き分けという結果は想定外だったはずだ。
それでもスアレスは「日本は困難な状況にも適応できるチームだった。チリ戦では力を欠いていたが、このゲームは別物だった」と日本の戦いぶりを称えた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?277553-277553-fl
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/278000/277553/news_277553_1.jpg

ウルグアイがコパ・アメリカに挑む23名を発表…GS第2戦で日本と対戦  

20190531-00942904-soccerk-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/31(金) 07:19:15.53 ID:KOCbGn879
ウルグアイサッカー協会は30日、コパ・アメリカ2019に挑むウルグアイ代表メンバーを発表した。

ウルグアイはグループCに所属し、6月17日にエクアドル代表、同21日に日本代表、同25日にチリ代表と対戦する。

選出されたメンバー23名は以下の通り。

▼GK
フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ)
マルティン・シルバ(リベルタ/パラグアイ)
マルティン・カンパーニャ(インディペンディエンテ/アルゼンチン)

▼DF
ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリード/スペイン)
セバスティアン・コアテス(スポルティング/ポルトガル)
マルティン・カセレス(ユヴェントス/イタリア)
ジオバンニ・ゴンサレス(ペニャロール)
ディエゴ・ラクサール(ミラン/イタリア)
マルセロ・サラッチ(ライプツィヒ/ドイツ)

▼MF
ルーカス・トレイラ(アーセナル/イングランド)
マティアス・ベシーノ(インテル/イタリア)
ロドリゴ・ベンタンクール(ユヴェントス/イタリア)
ナイタン・ナンデス(ボカ・ジュニオルス/アルゼンチン)
フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード/スペイン)
ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダース/アメリカ)
ジオルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル)
ガストン・ペレイロ(PSV/オランダ)

▼FW
エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)
クリスティアン・ストゥアニ(ジローナ/スペイン)
マキシミリアーノ・ゴメス(セルタ/スペイン)
ジョナタン・ロドリゲス(クルス・アスル/メキシコ)
ルイス・スアレス(バルセロナ/スペイン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00942904-soccerk-socc
5/31(金) 7:12配信

バルサがスアレス退団を容認か…CLの出来や手術のタイミングが原因? 

20190528-00941809-soccerk-000-2-view[2]

古巣から先制弾のスアレスにリバプール・ファンから非難殺到!「あんなに喜ぶなんて!」 

20190502-00057978-sdigestw-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/05/02(木) 09:16:34.10 ID:mk6jKwsl9
 現地時間5月1日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝・第1レグは、ホームのバルセロナがリバプールに3-0で快勝した。

 この大一番で重要な先制ゴールを奪ったのが、ルイス・スアレスだ。26分、鋭い動き出しでジョルディ・アルバのスルーパスに反応し、ワンタッチシュートで巧みにネットを揺らした。

 2011年冬から3年半に渡ってプレーした古巣に強烈な恩返しをした格好のウルグアイ代表FWは、両手を広げて喜びを爆発させた。

 ただ、このゴールセレブーションは、レッズ・ファンの反感を買ったようだ。リバプールの公式ツイッターには、次のようなコメントが寄せられている。

「あんなに喜ぶなんて!」
「古巣へのリスペクトに欠けている!」
「もうレジェンドじゃない」
「リパプールがお前を一人前にしてやったのに」
「こういう選手だから売却したんだ」
 
 13-14シーズンには31ゴールを挙げてプレミアリーグの得点王に輝くなど、絶対的エースとして活躍し、リバプール・サポーターからも愛されていたスアレス。だが、このゴールパフォーマンスにより、“幸せな関係”は崩れてしまったのかもしれない。

 7日(現地時間)に行なわれる第2レグで、かつての本拠地アンフィールドに乗り込むスアレスに、コップ(熱狂的なリパブール・ファン)たちは、どんな出迎え方をするのだろうか――。

5/2(木) 7:00 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00057978-sdigestw-socc

写真https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/57978_ext_04_0_1556748059.webp?v=1556748515

バルセロナ、ラッシュフォード獲得へ146億円超を準備 スアレスの後継者確保を視野か 

20190416-00183370-soccermzw-000-2-view[2]

サッカー史上最高のセンターフォワードって間違いなくルイス・スアレスだよな  

GettyImages-1054771418-800x533




1: 風吹けば名無し 2019/04/08(月) 07:49:13.30 ID:eUPGqgwk0
得点力、アシスト能力、ポストワーク、動き出し、全てが完璧やろ

総合的にロナウドやクリロナ以上やわ

バルセロナ、連覇見えた!ジエゴ退場10人のアトレティコに苦戦も…終盤のL・スアレス&メッシ弾で勝利 

20190407-00010005-goal-000-3-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/04/07(日) 10:42:37.49 ID:VTU9vDYy9
6日のリーガ・エスパニョーラ第31節、カンプ・ノウでのバルセロナ対アトレティコ・マドリーは2-0でバルセロナの勝利に終わった。

ルセロナが最後の直線を前にアトレティコを視界から振り切って一度笑みを浮かべるのか、アトレティコが持ち前の血と汗と根性で距離を縮めるのか……リーガのタイトルレースの行方を決める大一番である。

試合は予想通り、バルセロナがボールを保持して、アトレティコが堅守速攻をベースに応戦する展開。バルセロナはボール保持時よりもアトレティコが攻めに出て、ショートカウンターを仕掛けるときにチャンスを構築していく。ホームチームはまず14分、メッシのフィードからジョルディ・アルバが最終ラインを突破。GKオブラクを眼前にループシュートを放ったが、これは右ポストに当たる。また28分には、今度はコウチーニョが決定機を手にするも、このシュートはGKオブラクの常人離れした超反応のセーブに阻まれた。

そしてオブラクの超セーブの直後、試合の行方を左右する出来事が生まれる……。ヒル・マンサーノ主審が抗議のために詰め寄ってきたジエゴ・コスタに何か侮辱的な言葉を吐かれたのか、同選手を一発退場とした。数的不利に陥ったアトレティコのシメオネ監督はアリアスに代えてアンヘル・コレアを投入。ボランチだったトーマスをアリアスの代わりに右サイドバックとし、コケをサイドハーフからボランチにずらし、A・コレアをサイドハーフとした。

ここから試合はバルセロナの一方的ペースに。引き分けでもリーガをあきらめざるを得ないシメオネ監督は流れを変えるべく、58分にフィリペとの交代でモラタを投入して、本職中盤の選手であるサウール、トーマスをそれぞれ左サイドバック、右サイドバックとする布陣でゴールを狙った。その後アトレティコは攻められるときには攻めに出て行ったが、やはりバルセロナのカウンターの餌食となってしまう。62分にはメッシのスルーパスからL・スアレスに絶好のシュートを打たれたが、守護神オブラクが片足で弾き事なきを得ている。

その後もゴール前まで詰め寄るのはバルセロナの方だったが、何度も、何度もオブラクが立ちはだかる。メッシのゴール正面からのシュートも、マルコムの勢いあるボレーシュートも、すべてはこのスロベニア代表GKに止められ、スコアは一向に動かなかった。

しかしながら試合終盤に入り、ついにバルセロナがオブラクの壁を破ることに成功。ゴールを決めたのは、L・スアレスだった。85分、ペナルティーエリア手前でパスを受けたウルグアイ代表FWは、右足を一閃。勢いよく地を這うボールが、オブラクの横っ飛びもむなしく枠内右に収まった。先制したバルセロナはその2分後、メッシがドリブルからペナルティーエリア内に入り込んで、反転してからシュートを突き刺して加点。1人少ないながら追いすがり続けたアトレティコに引導を渡している。

この結果、首位バルセロナと2位アトレティコの勝ち点差は11に。バルセロナは後方を走るアトレティコを追いつけぬほど引き離して、2連覇へ向けた最後の直線に入った。

■試合結果
バルセロナ 2-0 アトレティコ・マドリー

■得点者
バルセロナ:ルイス・スアレス(85分)、メッシ(86分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00010005-goal-socc

メッシが選ぶ世界トップ5選手…C・ロナウドを選外にした粋な理由  

20190330-43465313-gekisaka-000-7-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/03/30(土) 11:30:24.84 ID:r8RHANMw9
メッシが選ぶ世界トップ5選手…“イラついたこともある”C・ロナウドを選外にした粋な理由

バルセロナのFWリオネル・メッシが母国アルゼンチンのラジオ番組に出演し、自分以外で優秀だと思う5選手を明かした。スペイン『マルカ』などが報じている。

 メッシが挙げたのは、パリSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペとブラジル代表FWネイマール、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレス、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの5選手だ。

 そこにユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名前はなかった。スペイン『フットボール・エスパーニャ』によると、メッシは過去10年にわたってバロンドールを争った元レアル・マドリーのエースを選外とした理由について、次のように語っている。

「私はそのリストにクリスティアーノ・ロナウドを含めなかった。なぜなら、彼が私と同じレベルにいると考えているからだ。彼は(レアル時代に)私を苦しませたが、対戦するのは楽しかった。レアル・マドリーがトロフィーを掲げるのを見てイラついたこともあったけどね」

 また、ライバルの現状については「まだスペインにいてほしいと思ったが、ユベントスをリスペクトしている。彼らは優秀な選手たちによる非常に強いチームで、クリスティアーノの存在によってさらに強くなっている」と言及した。

 バルセロナとユベントスは今季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でベスト8に勝ち残っており、互いに決勝へ進出した場合のみ、メッシとC・ロナウドの対戦が実現することになっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-43465313-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索