Samurai Goal

ルイス・エンリケ


スポンサード リンク





クロップ監督に““大反論””スペイン代表指揮官エンリケ「ネーションズリーグは魅力的」 

23166_ext_04_0

バルセロナのルイス・エンリケ監督、公式戦126試合で100勝達成!!! 

1: 名無しさん 2016/08/30(火) 07:34:05.32 ID:CAP_USER9
バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督が、同クラブの指揮官として公式戦通算100勝を達成した。

 バルセロナは28日、リーガ・エスパニョーラ第2節でビルバオと対戦。敵地で苦戦を強いられたが、前半21分のMFイバン・ラキティッチのゴールで逃げ切り、1-0で開幕2連勝を飾った。クラブ公式サイトによると、この勝利でエンリケ監督はバルセロナを率いて通算100勝目となったとのこと。戦績は126試合で100勝13敗13分となっている。

 現役時代は宿敵レアル・マドリーから96年にバルセロナに加入したエンリケ監督。04年8月に現役引退後、08年6月にバルセロナBの指揮官に就任し、指導者としてのキャリアをスタートさせると、ローマ、セルタを経て、14年8月に古巣に復帰した。約2年で100勝を達成したエンリケ監督は、ここまでリーガ2回、チャンピオンズリーグ1回、クラブW杯1回優勝するなど、多くのタイトルをバルセロナにもたらしている。

 以下、エンリケ監督の年度別勝利数

2014-15:50勝
2015-16:46勝
2016-17:4勝
通算:100勝13分13敗

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-01630776-gekisaka-socc
no title

バルセロナのエンリケ監督がエイバルMF乾貴士を高評価「乾は好きだよ!ウィングとしてトップクオリティの選手」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 16:51:35.82 ID:???*.net
 バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督が、25日に行われるリーガ・エスパニョーラ第9節の
エイバル戦に向けた前日会見に応じ、MF乾貴士について語った。クラブ公式サイトが24日に伝えている。

 乾は8月にドイツのフランクフルトからエイバルに移籍。9月23日に行われたリーグ戦第5節の
レバンテ戦で先発出場し、日本人選手として史上8人目のリーガデビューを果たした。
それ以来、4試合連続でスタメン入りし、今節のバルセロナ戦でも先発出場が予想されている。

 同会見で日本人記者から乾の印象について問われたエンリケ監督は、「エイバルは乾だけではなく
15人を獲得し、監督も代えた。まだ数試合だが良いパフォーマンスを見せている」と前置きし、
「特に乾は好きだよ。彼はハードワークができるし、ウィングとしてトップクオリティの選手だ。
エイバルは良い選手を獲得したと思う。彼は良いスタートを切っているよ」と評価していることを明かした。

 なお、試合はバルセロナのホームであるカンプ・ノウで開催され、日本時間26日深夜2時15分キックオフ予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00363296-soccerk-socc
no title

バルセロナのルイス・エンリケ監督、CR7の代わりに「ネイマールがUEFA最優秀候補に残るべき」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 13:57:00.55 ID:???*.net
バルセロナの指揮官ルイス・エンリケ監督は、UEFA欧州最優秀選手賞の最終候補にネイマールが残るべきだと考えているようだ。13日、スペイン紙『アス』が報じている。

 現地時間の12日に発表されたUEFA欧州最優秀選手賞の最終候補はリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、クリスティアーノ・ロナウドの3名だった。ネイマールは5位となっており、最終候補には残っていない。

 エンリケ監督は「投票した人に聞いてくれ。私はMSN(メッシ、スアレス、ネイマール)の3人が選ばれるべきだと思う」と語っている。

 昨季メッシとスアレスとともに強力な攻撃ユニットを形成したネイマール。自身も51試合に出場し39ゴール11アシストを記録している。

それでも、C・ロナウドは54試合出場、61ゴール22アシストという大記録を打ち立てた。立ち向かうには少し酷な相手といえるかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150814-00010012-footballc-socc
no title

メッシを処分しようとしたバルサのルイス・エンリケ監督、主将たちが必死の説得で止める! 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 16:45:10.36 ID:???0.net
バルセロナは新年早々、FWリオネル・メッシとルイス・エンリケ監督の確執報道に揺れている。
スペイン『スポルト』は、メッシに懲戒処分を科そうとする指揮官を、チームのキャプテンたちが止めていたと伝えた。

4日に行われたリーガエスパニョーラ第17節、敵地アノエタでのRソシエダード戦で、メッシはベンチスタートを命じられた。
このことでL・エンリケ監督と口論があったと報じられている。

その翌日、チームは毎年恒例の公開練習を行ったが、メッシの姿はなかった。
クラブは胃腸炎と発表したが、指揮官は真実ではないと考えており、怒りにまかせて懲戒処分を科そうとしたそうだ。

しかし、チームの第3キャプテンまでがこれに反対したという。

MFシャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、セルジ・ブスケッツの3人は、メッシにペナルティーを科せば、
クラブおよび周囲の雰囲気は対処できないものになると監督を説得した模様だ。

ただし、『スポルト』はバルセロナにこの件を確認したところ、否定されたことも記している。
また、メッシはチームの練習が休みだった6日に練習場を訪れ、メディカルスタッフによる検査を受けた。

L・エンリケ監督が本当にメッシを疑っているのかは分からない。だが、バルセロナは過去にロナウジーニョが夜遊びで練習を欠席した際にも
「胃腸炎を患った」と公表していた。

さらに、メッシはジョゼップ・グアルディオラ現バイエルン監督体制のときも、代表ウィーク明けに行われたアノエタでのソシエダ戦で先発を外れ、
翌日の練習を欠席した過去がある。グアルディオラ監督はそれ以降、メッシを可能な限り先発で起用していた。

いずれにしても、メッシはシャビ、イニエスタ、ブスケッツの3人と7日に話し合うと見られている。
事態は収束に向かうのだろうか。

2015.1.7 11:47
http://www.sanspo.com/soccer/news/20150107/spa15010711470002-n1.html
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索