Samurai Goal

リーグ・アン


スポンサード リンク





「身体能力がえげつない」 マルセイユ酒井宏樹が痛感、フランスで日本人が苦戦する理由 

20190905-00215129-soccermzw-000-9-view[2]

マドリー移籍か、パリSGへの暗黙の要求か――エムバペの「爆弾発言」が波紋を広げる!【現地発】 

20190520-00058836-sdigestw-000-7-view[2]

【大活躍】酒井宏樹が1ゴール1アシスト!昌子源との日本人対決を制す  

20190519-00938534-soccerk-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/05/19(日) 12:42:23.54 ID:w/IQ5Chj9
リーグ・アン第37節が18日に行われ、DF酒井宏樹が所属するマルセイユはDF昌子源が所属するトゥールーズと対戦し、5-2で勝利を収めた。酒井と昌子は共にフル出場を果たした。

 1-1で迎えた50分、ルーカス・オカンポスの落としに反応した酒井が左足を振り抜き、勝ち越しゴールを記録。同選手にとってこれがリーグ・アン初ゴールとなった。さらに、2-2で迎えた61分には、右サイドからグラウンダークロスを入れると、クリントン・エンジがワンタッチでゴールへと流し込み、再び勝ち越しに成功した。その後も追加点を挙げたマルセイユは、1ゴール1アシストを記録した酒井の活躍もあり、敵地でトゥールーズに勝利した。

 最終節となる次節は24日、トゥールーズは敵地でディジョンと、マルセイユはホームでモンペリエと対戦する。

【スコア】
トゥールーズ 2-5 マルセイユ

【得点者】
1-0 26分 アーロン・レヤ・イセカ(トゥールーズ)
1-1 29分 モルガン・サンソン(マルセイユ)
1-2 50分 酒井宏樹(マルセイユ)
2-2 61分 マックス・グラデル(トゥールーズ)
2-3 76分 クリントン・エンジ(マルセイユ)
2-4 90分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
2-5 90+1分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00938534-soccerk-socc

PSGがリーグ・アン2連覇! 2位リールがドロー、モナコ戦前に優勝決定  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 00:25:03.67 ID:sCvjYeqY9
パリ・サンジェルマン(PSG)が、2018-19シーズンのリーグ・アンを制した。

PSGは21日の21時(日本時間22日の4時)に行われるリーグ・アン第33節でモナコと対戦する。
PSGはこの一戦で勝利すれば優勝が決まる状況だったが、4時間前にキックオフを迎えた2位・リールとトゥールーズの一戦が0-0の引き分けで終了。この結果、PSGはモナコ戦を待つことなく優勝が決定した。

今シーズン、PSGはヨーロッパ5大リーグの記録となる開幕14連勝を達成し、爆発的なスタートダッシュに成功した。
その後もブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニら強力な攻撃陣が躍動。第32節終了時点で26勝3分3敗、勝ち点「81」で首位を独走していた。

第31節には2位・リールとの直接対決が実現した。引き分け以上で優勝を決められる一戦だったが、1-5でまさかの大敗。
第32節のナント戦にも敗れ、優勝を目前としながらも足踏みが続いていた。

PSGは2012-13シーズンからリーグ・アン4連覇を達成。2016-17シーズンはモナコに覇権を譲ったが、昨シーズンは圧倒的な強さを見せつけてリーグ・アンを制覇した。今シーズンも6試合を残しての優勝となっている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00930376-soccerk-socc
4/22(月) 0:00配信

no title


https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング

サッカーのリーガ・エスパニョーラが世界一のリーグという風潮  

1534381593




1: 風吹けば名無し 2019/03/05(火) 18:55:54.16 ID:IdCGvvj80
三強+セビージャあたりが強いのは事実

でも下位クラブは明らかにプレミアの方が上だろ

つまりリーグ全体でいうとプレミアの方がレベル高い

香川真司にフランスの名門ボルドー行きが急浮上!クラブ間は既に半年レンタルで合意か 

1: 2019/01/13(日) 21:24:59.48
1/13(日) 21:02配信
香川真司にフランスの名門ボルドー行きが急浮上!クラブ間は既に半年レンタルで合意か

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、今シーズン後半戦をフランスのボルドーで過ごすことになるかもしれない。フランス『beIN Sport』の記者が伝えている。

ルシアン・ファーヴル監督の下で出場機会を得られず、ドルトムントからの移籍を希望する香川だが、ここにきてレンタルでリーグ・アンの名門ボルドーに加わる可能性が浮上。『beIN Sport』のエリック・バレール氏によると、クラブ間では6カ月間の期限付き移籍で基本合意に至っているという。

ボルドーはリーグアン第18節消化時点で勝ち点22を獲得して13位に位置。経験豊富な攻撃的MFを探しているとみられる同クラブだが、香川本人とはまだ合意に達していないとのこと。今冬でのスペイン移籍の意思を度々口にしてきた同選手は以前、セビージャからの関心が伝えられていたが、この話は具体的に進んでいないとみられる。

ボルドーへのレンタルが実現すれば、マルセイユのDF酒井宏樹、ストラスブールのGK川島永嗣、そして先日トゥールーズに加わったDF昌子源に続いて、同リーグでプレーする4人目の日本人選手となる。香川の選択に注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00010030-goal-socc
no title

カバーニ不満爆発!!フランスW杯優勝もリーグ・アンの評価低く 

20140613_770810


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索