Samurai Goal

リヴァプール


スポンサード リンク





元リヴァプールGKカリウス、またも失点につながる大失態…ベシクタシュも黒星スタート 

20190920-00010008-goal-000-2-view[2]

ロベルト・フィルミーノ:スアレスの幻影を消し去ったリヴァプール最高の選手 

20190913-00010024-goal-000-1-view[3]

リヴァプールのオランダ代表DFファン・ダイクがUEFA欧州最優秀選手賞を受賞! DFとして初の快挙  

20190830-00010001-goal-000-5-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/30(金) 02:31:25.91 ID:SNqYlFkl9
リヴァプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが2018-19シーズンのUEFA(欧州サッカー連盟)欧州最優秀選手賞に輝いた。ファン・ダイクは初受賞。2011年の現行体制となってからDFの受賞は初となる。

2018年1月にサウサンプトンからリヴァプール入りしたファン・ダイクは昨シーズン、同クラブの14年ぶり欧州制覇に貢献。プレミアリーグでも、マンチェスター・シティに一歩及ばなかったが、2位に入ったチームの守備の要として活躍した。

スポーツジャーナリストの投票によって決定されるUEFA最優秀選手賞の最終候補には、バルセロナでリーグ2連覇などに貢献したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、ポルトガル代表としてUEFAネーションズリーグ優勝を経験し、ユヴェントスでセリエAの8連覇に貢献したC・ロナウドが残っていた。

そのほか、2019-20シーズンの各ポジションの最優秀選手賞も発表。GKはリヴァプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカー、DFはファン・ダイク、MFは今夏にアヤックスからバルセロナに移籍したオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、FWはメッシがそれぞれ選出されている。また、UEFA女子最優秀選手賞には、リヨンで女子CLを制したイングランド代表DFルーシー・ブロンズが選ばれている。

【過去のUEFA欧州最優秀選手賞】※所属は受賞当時
2010-11シーズン:リオネル・メッシ(バルセロナ)
2011-12シーズン:アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
2012-13シーズン:フランク・リベリ(バイエルン・ミュンヘン)
2013-14シーズン:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
2014-15シーズン:リオネル・メッシ(バルセロナ)
2015-16シーズン:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
2016-17シーズン:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
2017-18シーズン:ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)
2018-19シーズン:ヴィルヒル・ファン・ダイク(リヴァプール)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010001-goal-socc

サラーが2得点の躍動…リヴァプール、アーセナルに快勝で開幕3連勝!  

1: 豆次郎 ★ 2019/08/25(日) 03:34:14.02 ID:l1JwIQwq9
8/25(日) 3:23配信
サラーが2得点の躍動…リヴァプール、アーセナルに快勝で開幕3連勝!

 プレミアリーグ第3節が24日に行われ、リヴァプールとアーセナルが対戦した。

 開幕2連勝スタートを切った両チームによる注目の一戦。アウェイのアーセナルは11分にピエール・エメリク・オーバメヤンが、飛び出したGKアドリアンのクリアボールを拾ってループシュートで狙うが、これは枠を捉えず。リヴァプールは21分、エリア内でボールをカットしたサディオ・マネが右足を振り抜くが、これはGKベルント・レノにセーブされた。

 アーセナルはニコラ・ぺぺが31分にエリア手前から左足ミドル、34分にはドリブル突破から左足シュートを放ったが、どちらも得点には結びつかず。リヴァプールは39分にモハメド・サラーがエリア右から右足で狙ったが、シュートは枠の左に外れる。それでも41分、トレント・アレクサンダー・アーノルドの右CKをジョエル・マティプが頭で叩き込んで、リヴァプールが先制に成功した。

 1点リードで折り返したリヴァプールは48分、サラーがエリア内でダヴィド・ルイスにユニフォームを引っ張っれてPKを獲得。49分、サラーがゴール左上に突き刺してリードを2点に広げた。さらに59分、ファビーニョの絶妙な縦パスを受けたサラーが、D・ルイスをかわして右サイドを突破すると、エリア右から左足シュートを流し込み、決定的な3点目を奪った。

 3点を追うアーセナルは85分、ルーカス・トレイラがエリア中央でオーバメヤンの折り返しを受け、右足シュートを突き刺して1点を返した。しかし試合はこのままタイムアップを迎え、リヴァプールが快勝でプレミアリーグ唯一の開幕3連勝。アーセナルは今シーズン初黒星となった。

 次節、リヴァプールは8月31日にアウェイでバーンリーと対戦。アーセナルは9月1日にホームでトッテナムとのノース・ロンドン・ダービーに臨む。

【スコア】
リヴァプール 3-1 アーセナル

【得点者】
1-0 41分 ジョエル・マティプ(リヴァプール)
2-0 49分 モハメド・サラー(PK)(リヴァプール)
3-0 59分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3-1 85分 ルーカス・トレイラ(アーセナル)

【スターティングメンバー】
リヴァプール(4-3-3)
アドリアン;A・アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン;ヘンダーソン、ファビーニョ、ワイナルドゥム(69分 ミルナー);サラー、フィルミーノ(86分 ララーナ)、マネ(77分 チェンバレン)

アーセナル(4-3-1-2)
レノ;メイトランド・ナイルズ、ソクラティス、D・ルイス、モンレアル;ゲンドゥージ(86分 ムヒタリアン)、ジャカ、ウィロック(81分 ラカゼット);セバージョス(61分 トレイラ);ぺぺ、オーバメヤン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00972073-soccerk-socc
no title

CL王者リヴァプール、4度目のUEFAスーパー杯制覇!…PK戦でチェルシーとの激闘制す  

1: Egg ★ 2019/08/15(木) 07:09:32.87 ID:G94AnePA9
UEFAスーパーカップが14日に行われ、リヴァプールとチェルシーが対戦した。

 昨シーズンのチャンピオンズリーグ王者リヴァプールとヨーロッパリーグ王者チェルシーが激突。大会史上初のプレミアリーグ勢対決は36分に動いた。敵陣中央でボールを持ったクリスティアン・プリシッチがドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア左へラストパス。抜け出したオリヴィエ・ジルーが左足ダイレクトで流し込んで、チェルシーが先制した。

 1点ビハインドで折り返したリヴァプールは、アレックス・オックスレイド・チェンバレンを下げてロベルト・フィルミーノを投入して後半を迎えた。すると立ち上がりの48分、エリア手前のファビーニョがダイレクトで浮き球パスをエリア内へ送ると、反応したフィルミーノがGKの目の前でジャンピングパス。これをサディオ・マネが押し込んで同点に追いついた。

 75分、リヴァプールにビッグチャンス。右CKの流れでエリア左のモハメド・サラーが左足を振り抜くと、シュートは相手選手に当たってコースが代わるが、GKケパ・アリサバラガに防がれる。さらに、こぼれ球にフィルジル・ファン・ダイクが合わせたが、これもGKケパの好セーブに阻まれた。

 83分、チェルシーはメイソン・マウントが抜け出して左足シュートでネットを揺らすが、オフサイドの判定で得点は認められなかった。リヴァプールも86分、サラーのスルーパスでマネがエリア右に抜け出したが、シュートは枠を捉えなかった。

 試合は1-1のまま90分が終了し、延長戦に突入。95分、フィルミーノがエリア左へ侵入してマイナスに折り返すと、マネが右足ダイレクトで叩き込み、リヴァプールが逆転に成功した。だが99分、GKアリソンがエリア内でタミー・アブラハムを倒してPKを献上。チェルシーは101分、このPKをジョルジーニョがゴール右に沈めて、すぐさま同点に追いついた。

 2-2のまま120分も終了し、決着はPKへ。先攻のリヴァプールが5人全員決めたのに対して、後攻のチェルシーは5人目のアブラハムがGKアドリアンに止められて勝負あり。リヴァプールがPK戦を制して、14年ぶり4度目のUEFAスーパーカップ制覇を果たした。

【スコア】
リヴァプール 2-2(PK戦:5-4) チェルシー

【得点者】
0-1 36分 オリヴィエ・ジルー(チェルシー)
1-1 48分 サディオ・マネ(リヴァプール)
2-1 95分 サディオ・マネ(リヴァプール)
2-2 101分 ジョルジーニョ(PK)(チェルシー)

【PK戦】
先攻:リヴァプール/上
後攻:チェルシー/下

▼1人目
フィルミーノ:◯
ジョルジーニョ:◯

▼2人目
ファビーニョ:◯
バークリー:◯

▼3人目
オリジ:◯
マウント:◯

▼4人目
A・アーノルド:◯
エメルソン:◯

▼5人目
サラー:◯
アブラハム:●/GKストップ

【スターティングメンバー】
リヴァプール(4-3-3)
アドリアン;ゴメス、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン(91分 A・アーノルド);ヘンダーソン、ファビーニョ、ミルナー(64分 ワイナルドゥム);サラー、マネ(103分 オリジ)、チェンバレン(46分 フィルミーノ)

チェルシー(4-3-3)
ケパ;アスピリクエタ、クリステンセン(85分 トモリ)、ズマ、エメルソン;カンテ、ジョルジーニョ、コヴァチッチ(101分 バークリー);ペドロ、ジルー(74分 アブラハム)、プリシッチ(74分 マウント)

8/15(木) 6:45配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00968244-soccerk-socc

写真no title

【補強診断:70点】現有戦力に自信のクロップ、“総力戦”で王者シティを上回れるか~リヴァプール~ 

20190807-00010011-goal-000-1-view[1]

マネはリヴァプールを離れてレアル・マドリーに行くべき?セネガルFA会長が“世界最高のクラブ”挑戦を望む  

20190714-00010026-goal-000-1-view[1]




1: 数の子 ★ 2019/07/14(日) 17:44:52.09 ID:om8bxetb9
サディオ・マネはリヴァプールを離れて“世界最高のクラブ”であるレアル・マドリーに加入すべきだと、セネガルサッカー協会のサイー・セック会長が主張した。

昨シーズン、マンチェスター・シティとの壮絶なタイトルレースに惜しくも敗れてプレミアリーグ優勝には手が届かなかったものの、14年ぶりのチャンピオンズリーグ制覇を手にしたリヴァプールで活躍したマネ。チームメイトのモハメド・サラーらとともにプレミアリーグの得点王にも輝いた27歳の同選手に対して、レアル・マドリーが興味を示していることが以前から報じられている。

ユルゲン・クロップ監督の下で大きなインパクトを残すマネはリヴァプールからの退団を否定しているが、母国セネガルのFA会長はイギリス『ミラー』でジネディーヌ・ジダン監督率いる世界一のクラブであるレアル・マドリーでの挑戦を求めた。

「世界中の誰もが知っているようにマネは世界でトップ10に入るフットボーラーだ。昨シーズンにはリヴァプールで大きな成功を手にした。彼はモー・サラーと(ロベルト)フィルミーノとともに驚異的だ」

「昨シーズンにチャンピオンズリーグを制した彼にはレアル・マドリー行きのチャンスがある。これがフットボールだ。私としては、レアル・マドリーが世界で最高のクラブだ。確かに私はバルセロナのファンだが、レアルが1番だと考えているし、マネも真剣に彼らからのオファーを検討すべきだ」

「フットボーラーのキャリアはとても短いし、多くのチャンスを得られない時だってある。ジダンだって彼のことを好んでいるはずだ。サウサンプトンでプレーして、リヴァプール行きを手にした。イングランドで本当によくやっている。だから、彼は他の国で、他の挑戦をするべきだと思う」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00010026-goal-socc

レアル、FWマネ獲得を画策…MFアセンシオとの大型トレード実現か 

20190630-00953387-soccerk-000-1-view[1]

CL王者のリヴァプール、コウチーニョの獲得を検討 

20190623-00010010-sportes-000-2-view[1]

なぜ久保建英を獲得しなかった?欧州王者に英メディア「逃したのはミスだ」  

1: Egg ★ 2019/06/17(月) 08:08:45.16 ID:WwsSZCQ19
バルセロナのカンテラで成長してきた日本代表MF久保建英がレアル・マドリードへ移籍する。この話題は日本だけでなく、世界的に大きな注目を集めることになった。バルセロナではなくライバルのレアルへ向かったことが大きなポイントとなっているのだが、それとは別のところからこの移籍を見ているメディアもある。

英『HITC』は、なぜリヴァプールが久保の獲得へ本腰を入れなかったのかと嘆いているのだ。久保は以前、最も面白いサッカーをしていると思うチームはリヴァプールと答えていた。チャンピオンズリーグも制したユルゲン・クロップ率いるリヴァプールの戦いは世界のサッカーファンを魅了しており、今のリヴァプールに惚れ込んでいるサッカーファンも多いはず。

同メディアは、「リヴァプールは市場で多くのミスをするクラブではないが、元バルセロナのワンダーキッドを逃したのはミスの1つだ。なぜリヴァプールは世界で最もスリリングなFWになり得るポテンシャルを持つ選手を諦めたのか」と伝えており、久保の欧州王者入りを望んでいたようだ。

レアルもリヴァプールも前線には優れたタレントが揃っており、割って入るのは簡単ではない。レアルはヴィニシウス・ジュニオールや、今夏合流予定のロドリゴ・ゴエスなど久保と同世代の怪物アタッカーを抱えているため、このバトルに勝つのは難しい。それでも久保がレアルのトップチームでポジションを勝ち取った時、リヴァプールサポーターは本当の意味で後悔することになるのだろう。

2019年6月16日 21時30分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16629157/

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索