Samurai Goal

リバプール


スポンサード リンク





リバプール・南野 2発でもまだ遠いスタメンへの道 

スクリーンショット 2020-09-26 20.47.14

南野拓実が圧巻2G1A! 発快勝劇を呼び込む大活躍にリバプール・ファンも驚嘆!「今季のタキは違う!」 

1: 2020/09/25(金) 06:33:52.00 _USER9
随所で存在感を示したサムライ戦士

現地時間9月24日に開催されたカラバオカップ3回戦で、南野拓実の所属するリバプールは、敵地に乗り込んでリンカーン(イングランド3部)と対戦した。

【動画】南野拓実の豪快ミドル炸裂! 今季2ゴール目のハイライトはこちら
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=79657

3日前にチェルシー戦(プレミアリーグ第2節)を戦っていたリバプールは大幅にスタメンを変更。
ジョーンズやN・ウィリアムス、R・ウィリアムスら下部組織上がりの若手に加え、オリギやシャキリ、さらにグルイッチなど控え組を多用した。なお、注目の南野は、4-3-3の3トップの中央でスタメン出場した。

試合はプレミア王者がキックオフ直後から一方的に推し進めるなかで、あっさりと均衡を破る。8分、敵エリア手前で得たFKのチャンスで、シャキリが縦に落ちる鋭いシュートをゴール右上隅へ決めたのだ。

その後もリバプールがワンサイドゲームを展開するなかで、あの男にも見せ場がやってくる。18分、相手DFがはじいてこぼれたルーズボールを敵エリア手前で受けた南野が右足一閃。ゴール右上へと豪快なミドルシュートをねじ込んだのである。

クラブの公式ツイッターに「なんてシュートだ」「今シーズンのタキは違う」といったファンのコメントが殺到した南野の8月30日のアーセナル戦(コミュニティーシールド)以来となる今シーズンの公式戦2ゴール目で勢いに乗ったリバプールは、
32分と36分に若手有望株のジョーンズが連続ゴールを決めてリンカーンを圧倒。危なげない試合運びで4-0としてハーフタイムを迎えた。

 迎えた後半、リバプールは早々に試合の趨勢を定める一発を決める。46分、相手GKが弾いたこぼれ球をエリア内でフリーとなっていた南野が押し込んだのだ。

移籍後初となる2得点を決め、チームにさらなる勢いを呼び込んだサムライ戦士は、得点シーン以外にも的確なポストプレーで攻撃の起点となるなど、存在感を示し続けた。
その後、60分に速攻から失点を喫したものの、65分にグルイッチのゴールで再び突き放したレッズは、66分にCKから2点目をもぎ取られたが、89分に南野のラストパスに反応したオリギがダメ押して7-2で大勝。大味な展開となった試合をモノにした。

格下が相手だったとはいえ、久々の公式戦でフル出場を果たし、多彩なフィニッシュワークを見せつけ、目に見える結果も残した南野。それだけに現地時間9月28日に開催されるプレミアリーグ第3節のアーセナル戦での起用法に注目だ。

9/25(金) 5:34配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b2f9b22720d6a21de15887ae28068c5ef551b2b

写真
no title

南野にまた強力ライバル…リバプール、セネガル代表の快足FWサル獲得で基本合意 

スクリーンショット 2020-09-24 15.51.44




1: 2020/09/24(木) 14:48:01.83 _USER9
日本代表MF南野拓実(25)の所属するイングランド・プレミアリーグのリバプールが、イングランド2部ワトフォードからセネガル代表FWイスマイラ・サル(22)を獲得することで基本合意に達したと、
22日付の専門誌フランスフットボール(電子版)が報じた。移籍金は3500万ユーロ(約43億円)から4000万ユーロ(約49億円)という。

プレミアリーグで連覇を狙うリバプールは、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョタ(23)の獲得を19日に発表したばかり。
サルの加入が正式決定すれば、南野にとって強力なライバルがさらに増えることになる。

リバプールは2月29日に昨季プレミアリーグ第29節でワトフォードに0―3で敗れており、
ユルゲン・クロップ監督(53)はこの試合で2得点1アシストと全得点に絡む活躍をみせたサルのプレーを高く評価していたという。

 セネガル出身のサルは、2016年にフランス1部メスと契約してプロデビュー。2017年に同レンヌに移籍し、2019年には移籍金3000万ポンド(約41億円)でワトフォードに加入した。
右FWを主戦場としながら3トップならどこでもこなす快足ストライカーで、昨季プレミアリーグ28試合で5ゴール6アシストをマーク。
セネガル代表として2018年W杯ロシア大会に出場しており、1次リーグの日本戦(2―2)でフル出場した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4bfe7fe6f1f0c908d13eac53c3128e6aea63b4ce

「もう一度言う。彼がプレミアで最高だ」…セスクが絶賛するリバプールの選手 

スクリーンショット 2020-09-22 9.46.56

リバプール、23歳ポルトガル代表MF獲得へ…南野拓実のチーム内直接ライバル出現か 

スクリーンショット 2020-09-19 21.57.05

<リバプール>バイエルンのチアゴ・アルカンタラを4年契約!総額約31億円で“クロップの恋人”を射止める 

スクリーンショット 2020-09-19 15.20.24




1: 2020/09/19(土) 00:42:08.36 _USER9
現地時間9月18日、リバプールはバイエルン・ミュンヘンからスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを完全移籍で獲得したと発表した。

英公共放送『BBC』などによれば、移籍金は2000万ポンド(約25億円)で、500万ポンド(約6億2500万円)のボーナス付き。契約期間は2024年6月30日までの4年間となっている。背番号はバイエルン時代と同じ6番を背負う。

現在29歳のチアゴはバルセロナのカンテラ(下部組織)出身。2013年に当時のジュゼッペ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)に乞われてバイエルンに移籍。7年連続のリーグタイトル獲得や昨シーズンのチャンピオン・リーグ制覇に貢献した。

そのドイツの絶対王者でも主力を担っていたが、契約が残り1年となった今夏に、新しいチャレンジを志願。かねてより獲得を熱望していたユルゲン・クロップ監督が率いるリバプールの一員となった。

卓越したテクニックとプレービジョンで攻撃を操る司令塔の加入は、どちらかといえば武闘派揃いだったレッズの中盤に、小さくないプラスをもたらすのは間違いない。

ここまで新戦力はオリンピアコスから獲得したギリシャ代表SBのコスタス・ツィミカスのみと、静かな動きに終始していたプレミア王者に、頼もしいニューカマーが加わった。

9/19(土) 0:10配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/57ed7fc7d6ef3af3f593f413fac9213e615258b1

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggnonEUQewZKIEFgbXo6893g---x640-y483-q90-exp3h-pril/amd/20200919-00079312-sdigestw-000-7-view.jpg

<バイエルンMFチアゴ・アルカンタラ>リバプール移籍が秒読みに!南野拓実の起用法に影響も 

1: 2020/09/17(木) 22:06:09.73 _USER9
停滞していた移籍交渉が一気に動き出したようだ。

9月17日、英公共放送『BBC』をはじめとする英国メディアが、バイエルン・ミュンヘンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラのリバプール移籍が秒読みになったと伝えた。
現在29歳で、契約満了まで残り1年となったチアゴは、新しいチャレンジを望み、リバプールとは相思相愛だと報じられてきた。

しかし、3000万ポンド(約42億円)の支払いを要求するバイエルンとの交渉が難航。2700万ポンド(約37億8000万円)まで減額されたものの、
バルセロナが獲得を狙っているMFジョルジニオ・ヴァイナルダムを売却して資金を捻出するという手段も検討され、しばらく交渉が進展しなかった。
 
そんななか、チアゴ本人が「バイエルンを退団したいとは言っていない」と発言。残留も取り沙汰されたが、ついにリバプールが2700万ポンドを支払う決断を下したという。
バイエルンを欧州制覇に導いた司令塔の加入は、トップ下での起用が検討されている南野拓実にも影響を与えるかもしれない。

9/17(木) 18:50配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e4995263dfa7be792ae5ec29d0862369c1eae14

写真
no title

サラーが開幕戦でハットトリック! 昨季王者リバプール、リーズに苦戦も4-3で下す。南野拓実は出場なし 

20180321_mohamed-salah3937




1: 2020/09/13(日) 03:33:03.81 _USER9
【リバプール 4-3 リーズ プレミアリーグ第1節】
 
 プレミアリーグ第1節、リバプール対リーズ・ユナイテッドの試合が現地時間12日に行われた。リバプールが4-3の勝利をおさめている。



 リーズは2019/20シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で優勝を果たしプレミアリーグ昇格を決めたクラブ。そのリーズとの開幕戦で、リバプールはモハメド・サラーやサディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノなどを先発起用した。リバプールに所属する南野拓実はベンチ入りを果たしている。

 4分、ペナルティーエリア内でサラーが放ったシュートがリーズのロビン・コッホの手に当たりPKを獲得。サラーがPKを決めてリバプールに先制点が入った。しかし12分、リーズのジャック・ハリソンにドリブルで突破されて同点ゴールを決められてしまう。

 それでも20分、コーナーキックからヴィルギル・ファン・ダイクがヘディングシュートを決めて再び勝ち越しに成功。だが30分、ファン・ダイクがクリアしたボールをパトリック・バンフォードに拾われてゴールを決められ、またも同点に。

 直後の33分、サラーが強烈なシュートを叩き込んで再びリードを奪う。66分には、カウンターからリーズのマテウシュ・クリッチにゴールを決められ再び追いつかれた。88分、サラーがPKを決めてハットトリック達成。リバプールが4-3の勝利をおさめている。ベンチ入りした南野の出場はなかった。

【得点者】
4分 1-0 サラー(リバプール)
12分 1-1 ハリソン(リーズ)
20分 2-1 ファン・ダイク(リバプール)
30分 2-2 バンフォード(リーズ)
33分 3-2 サラー(リバプール)
66分 3-3 クリッチ(リーズ)
88分 4-3 サラー(リバプール)

【了】
https://www.footballchannel.jp/2020/09/13/post388506/

<リバプール南野拓実>4-2-3-1新システムで開幕戦“トップ下先発”か?現地メディアが予想 

1: 2020/09/12(土) 20:16:01.93 _USER9
プレシーズンで印象的なパフォーマンスを披露した南野、リーズ戦で先発抜擢の可能性

リバプールは現地時間12日、2020-21シーズンのプレミアリーグ開幕戦でリーズ・ユナイテッドとの対戦を控えている。
連覇に向けての第一歩となるが、現地メディアは日本代表MF南野拓実のトップ下での先発出場を予想している。

昨季30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプールは、約2週間の短期休暇を経て、オーストリアでキャンプイン。
初のプレシーズンに臨む南野は、現地時間8月29日に行われたコミュニティー・シールドのアーセナル戦で移籍後初ゴールをマークすると、9月4日のブラックプール戦では1ゴール1アシストを記録した。

いよいよ新シーズンの開幕を迎えるが、英メディア「THE BOOT ROOM」は、これまで採用してきた4-3-3システムではなく、
今夏のプレシーズンで取り組んできた4-2-3-1システムを開幕戦のリーズ戦で採用すると予想しており、トップ下で南野の抜擢を主張している。

昨季はノーゴールノーアシストに終わったものの、今夏のプレシーズンでは印象的なパフォーマンスを披露した南野について、
「ブラックプール戦では90分フル出場し、No.10のポジションで納得させた。ケイタと同様、今季のアタッカー陣における重要人物」と太鼓判を押している。

主将のイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが負傷明けであることから、記事では代役としてギニア代表MFナビ・ケイタの起用を予想し、
セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、エジプト代表FWモハメド・サラーが並び、かじ取り役として南野も配置されていた。

ライバルチームが積極的な大型補強を敢行するなか、リバプールは今夏の移籍市場で静観の姿勢を示している。それだけに、南野の重要性は高まることになりそうだ。

9/12(土) 20:06配信 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/228ff834af6e2c07e302e0486b1d63f7c232129b

写真
no title


実況板 サッカーch
https://rio2016.5ch.net/livefoot/

今季リバプールの“エース”は南野? 地元メディア「10番タイプ」「全く別人だ」 

スクリーンショット 2020-09-08 11.45.02


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索