Samurai Goal

リバプール


スポンサード リンク





リバプールに所属するオランダ代表MFワイナルドゥム、人種差別受ければ「決勝でもピッチ去る」  

20191127-00000034-reut-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/12/06(金) 22:33:45.08 ID:cqu6PfiL9
サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールに所属するオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムは、人種差別を受けた場合は欧州主要大会の決勝戦であってもピッチから去ると語った。

欧州サッカー界では、ブレシャ(イタリア)のFWマリオ・バロテリが今月ファンから人種差別的行為を受けてフィールドを離れようとし、シャフタル・ドネツク(ウクライナ)のFWタイソンが観衆からの人種差別的発言に反応して退場処分を受けるなど、最近でも問題が続いている。

そういった状況を受け、ワイナルドゥムはCNNのインタビューで「なぜそんな状況でプレーしなければならないのか。私は誰もがそうすべき(ピッチを去ること)だと思う」と自身の見解を示した。

そして「それが他の人をサポートする方法だと思うし、なぜ続けないといけないのか。プレーを続ければ、そういったことは決して終わらない」と語り、人種差別を受けたら欧州チャンピオンズリーグ(CL)や欧州選手権の決勝であってもピッチから出ていくとした。

また、ピッチから退場するのをチームメートが思いとどまらせようとする行為も好きではないとし、バロテリのケースに触れて「それは初めての出来事ではなかった。なぜ彼を支え、一緒にピッチから出ていかないのか。人種差別を受ける人の痛みがわからないんだ」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000034-reut-spo

リバプールサポーターが赤っ恥 「ヘンク」と「ヘント」を勘違いでCL現地観戦できず  

1: 久太郎 ★ 2019/10/25(金) 13:53:33.48 ID:ADhDL4309
ヘントは勘違いしてやってきた2人をELの試合に招待する粋な計らい
 リバプールは現地時間23日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節で日本代表MF伊東純也の所属するヘンクと敵地で対戦し、4-1で勝利を収めた。チームは快勝で歓喜した一方、とあるリバプールサポーターたちがベルギーで思わぬ赤っ恥をかいたとベルギー地元メディア「スポルザ」が報じている。

 この試合はヘンクの本拠地であるクリスタル・アレナで開催された。しかし、チケットを持っていた2人のリバプールサポーターはスタジアムで観戦することができなかった。その理由は、試合開催地の間違いだった。

 記事によれば、2人はヘンク(Genk)ではなく、150kmほど離れたヘント(Gent)へ行ってしまったという。車で2時間ほどの距離だったが、2人がこの勘違いに気づいたのは試合開始の約30分前。スタジアムでの観戦は諦め、地元のカフェで時間を過ごすことになったようだ。

 ヘントとヘンク。名前がよく似ていることが、思わぬ悲劇を呼ぶ結果となってしまった。ヘンクを本拠地とし、今回リバプールと対戦したベルギー王者ヘンクは現在、日本代表MF伊東が所属。過去には元日本代表FW鈴木隆行氏もプレーしていた。一方、ヘントを本拠地とするヘントはFW久保裕也が所属している。

 なおヘントは、勘違いしてヘントにやってきた2人のリバプールサポーターを24日のUEFAヨーロッパリーグ第3節ヴォルフスブルク戦に招待する粋な計らいを見せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191025-00225346-soccermzw-socc

リバプール、南野拓実獲得でアジア市場へのアピール強化も? 地元紙が憶測  

20191019-00343655-footballc-000-1-view[1]




1: 2019/10/19(土) 19:44:51.85 ID:uVLJ8MH49
リバプールは、ユニフォーム販売などに向けたアジア市場へのアピールを強めるため、レッドブル・ザルツブルクの日本代表FW南野拓実の獲得を試みる可能性もあるかもしれない。英紙『リバプール・エコー』が19日付で伝えている。

 南野は今月2日に行われたチャンピオンズリーグのリバプール戦で、1ゴール1アシストを記録するなど欧州王者を苦しめる活躍をみせた。それ以来、リバプールが南野の獲得を検討しているという噂が一部メディアで報じられてきた。

 地元紙は、リバプールの南野獲得に向けた新たな「ヒント」が生じたと伝えた。ユニフォームサプライヤーのニューバランス社から訴えられたリバプールは、法廷での答弁の中で、ナイキ社との新たな契約により極東市場への進出に向けた動きを強めることに意欲を示したという。

「マイケル・エドワーズ(スポーツディレクター)とユルゲン・クロップ(監督)が極東でのユニフォーム販売のために選手を獲得することは想像できない」と『エコー』紙は、この話を直接的に南野の獲得に繋げることは無理があると認めながらも、日本人選手獲得に向けた「小さなヒント」にはなり得ると述べている。

 現時点では憶測の域を出ないとしても、南野がリバプールの新戦力候補として引き続き地元メディアから意識されていることは確かなようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191019-00343655-footballc-socc

「Minamino 2020」 南野、リバプール専門メディアが特集、来季加入に太鼓判「クロップは愛する」  

20191017-00223903-soccermzw-000-5-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/10/17(木) 08:08:16.92 ID:M8OABBKR9
代表とクラブで爆発中の南野 ユーティリティ性も評価「クロップは多様性を重視する」

ザルツブルクの日本代表MF南野拓実は現地時間15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第3戦のタジキスタン戦に先発出場し、2ゴールを奪う活躍で3-0の勝利に貢献した。
代表、クラブともに好調を維持する南野に対し、リバプール専門メディアは「Takumi Minamino 2020」と見出しを打って報じ、来夏の移籍市場で獲得に乗り出す可能性を取り上げている。

前半はタジキスタンに決定機を演出され、苦戦を強いられるも、0-0で迎えた後半8分、左サイドからMF中島翔哉(ポルト)がクロスを放り込むと、抜け出した南野がヘディングで叩き込み、先制点を奪う。
さらに直後の同11分、右サイドを突破したDF酒井宏樹(マルセイユ)が鋭いグラウンダーのクロスを供給すると、走り込んだ南野が巧みなバックヒールで合わせ、ゴール左隅へと流し込んだ。

日本を勝利に導く殊勲の2ゴールを決めた南野に対し、リバプール専門メディア「リバプール・コム」が特集を組んでいる。
2日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のリバプール戦(3-4)でピッチに立った南野について「驚くべきパフォーマンスだった」と綴り、
要塞アンフィールドで欧州王者を相手に1ゴール1アシストと結果を残したことで、一気に補強リストへと名を連ねたことを主張している。

また、「南野はリバプール戦でどこでもプレーできることを示した。右ウイングでスタートし、その後、センターに入ると、
背番号10番の役割に落ち着いた」と、ユーティリティー性が際立っていたとし、「クロップは多様性を重視する。南野のように、新しい役割を担うことができ、
多くのポジションで一貫したレベルを示すことができる選手を、彼は愛する」と、ユルゲン・クロップ監督のお眼鏡に叶う可能性も指摘している。

これまでクロップ監督はドルトムント時代の日本代表MF香川真司(現サラゴサ)を筆頭に数多くの逸材をトッププレーヤーへと飛躍させてきた。南野はザルツブルクで今季公式戦11試合6ゴールを記録しており、
代表でもW杯予選3試合連続ゴールと破竹の勢いを見せている。24歳と脂の乗った年齢でもあるなか、果たして来夏にリバプール加入が実現するのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191017-00223903-soccermzw-socc

リバプールが南野拓実の獲得に関心? CLでの対戦で1G1Aの大活躍 

20191006-00341451-footballc-000-1-view[1]

クロップ監督、ザルツブルク“ハーフタイム鼓舞動画”に持論 「公開されたらクラブを去る」 

20191005-00221625-soccermzw-000-1-view[1]

南野拓実、アンフィールドで1ゴール1アシスト!昨季王者リバプール相手の大活躍でCL“今節のベスト11”に選出  

1: Egg ★ 2019/10/03(木) 22:45:26.04 ID:ZS4q4UlE9
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は2日、グループリーグ第2節2日目を行った。E組のリバプール(イングランド)は本拠地アンフィールドでFW南野拓実とMF奥川雅也の所属するザルツブルク(オーストリア)と対戦。3点差を追いつかれる苦しい展開となったが、4-3で今大会初勝利を挙げた。なお、先発フル出場の南野は1ゴール1アシストを記録。ベンチスタートの奥川は後半26分から途中出場している。

 ナポリとの開幕戦を0-2で落としたリバプールは、9月28日のプレミアリーグ第7節シェフィールド・ユナイテッド戦から1人を変更。DFジョエル・マティプに代えてDFジョー・ゴメスがセンターバックに入った。一方、今季公式戦無敗のザルツブルクは、南野を4-4-2の右MFで先発起用。奥川やゲンク戦でハットトリックを達成した19歳FWアーリング・ブラウト・ホーランドはベンチスタートとなった。

 ザルツブルクは前半3分にPA左手前から南野が鋭い右足シュートを放つなど、立ち上がりは前からプレスをかけ、勢いよく試合に入った。しかし、王者リバプールがしたたかに先手を取る。9分、左サイドの敵陣中央でDFアンドリュー・ロバートソンのパスを受けたFWサディオ・マネが縦に仕掛け、緩急をつけたドリブルで中に切れ込み、PA左に進入。FWロベルト・フィルミーノとのワンツーから右足ダイレクトで流し込み、先制のゴールネットを揺らした。

 古巣対決のマネのゴールで先手を取ったリバプールが、徐々にボール支配率を高めていくと、前半25分に追加点。左SBのロバートソンがドリブルで運んでMFジョーダン・ヘンダーソンに預けてゴール前へ。ヘンダーソンがFWモハメド・サラーとのワンツーから右サイドに大きく展開し、右SBトレント・アレクサンダー・アーノルドがグラウンダーのクロスを入れ、ロバートソンが左足で合わせて2-0とした。

 さらにリバプールは前半30分、ハーフェーライン付近からMFファビーニョが背後のスペースへ浮き球パスを送り、裏を取ったサラーが左足シュートを放つが、わずかにゴール左に外れる。ザルツブルクは中盤の並びをダイヤモンド型に変え、南野をトップ下に置くと、31分にMFドミニク・ソボスライのスルーパスから抜け出した南野がPA左から左足シュート。これはGKアドリアンに止められたが、日本代表FWが果敢にゴールに迫った。

 攻撃の手を緩めないリバプールは前半36分、左サイドからマネがクロスを入れ、ニアに走り込んだフィルミーノがヘディングシュート。GKチチャン・スタンコビッチが弾いたボールをサラーが左足でねじ込み、リードを広げる。だが、オーストリア王者も意地をみせる。39分、左サイドでヘンダーソンからボールを奪い、MFエノック・ムウェプのパスを受けたFWファン・ヒチャンが鋭い切り返しでDFフィルヒル・ファン・ダイクをかわし、PA左から右足シュートを決め、1点を返した。

 前半は3-1で終了。後半も前線からプレスをかけるザルツブルクは、11分に素早いリスタート。ヒチャンが左サイドから上げたクロスをフリーで待っていた南野が右足ボレーシュートを放つ。しっかり叩きつけたシュートがゴール左に吸い込まれ、1点差に詰め寄る。さらに15分、MFエノック・ムウェプのパス受けた南野がPA右から中央へ折り返すと、ファン・ダイクの股を抜けたボールを途中出場のホーランドが左足で合わせ、ついに同点に追いついた。

 まさかの展開にリバプールは立て続けに交代カードを切る。後半17分にヘンダーソンを下げてMFジェームス・ミルナー、19分にはMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代えてFWディボック・オリギを投入した。すると、24分に勝ち越しに成功する。PA手前でファビーニョが相手のクリアをカットし、浮き球をフィルミーノが頭でつないでサラーがPA中央から左足シュートを沈め、4-3とした。

 リバプールは後半アディショナルタイムにサラーを下げてMFナビ・ケイタを入れ、4-3のままタイムアップ。ザルツブルクに苦戦を強いられたが、なんとか勝利をおさめ、今大会初勝利を挙げた。

 なお、第3節は今月23日に行われ、リバプールは敵地でゲンク(ベルギー)、ザルツブルクはホームでナポリ(イタリア)と対戦する。

10/3(木) 5:50配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-43472305-gekisaka-socc

写真
no title


1 Egg ★ 2019/10/03(木) 06:07:40.99
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570050460/

「リバプールサポーターが獲得を要求」 大活躍の南野、“1月の補強注文“に英紙注目  

20191003-00221246-soccermzw-000-10-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/10/03(木) 21:57:50.31 ID:akq77pGB9
ザルツブルクが欧州王者リバプールに3-4と惜敗 南野は1ゴール1アシストの活躍

ザルツブルクは現地時間2日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節で昨季王者リバプールと対戦し、敵地で3-4と惜敗した。
1ゴール1アシストの活躍を見せた日本代表MF南野拓実に対し、リバプールファンから獲得を望む声が沸き起こっていると、英メディアが報じている。

 欧州王者リバプールの本拠地に乗り込んだザルツブルクだが、前半9分、25分、36分と立て続けに失点を喫する厳しい展開に。しかし、前半39分に1点を返して迎えた後半11分、
左サイドからのクロスを南野が鮮やかなダイレクトボレーでゴール左に叩き込むと、直後の同15分には右サイドを突破した南野がFWエルリング・ブラウト・ホランドの同点弾をアシストした。

 0-3から追いついたものの、最終的にはエジプト代表FWモハメド・サラーに決勝点を奪われ、3-4で敗れた。しかし、難攻不落の要塞として知られるアンフィールドで、
ホームチームをあと一歩のところまで追い詰め、1ゴール1アシストの結果を残した南野は、やはり大きなインパクトを与えたようだ。

英紙「デイリー・ミラー」は、「リバプールサポーターがクラブに南野の獲得を要求」と見出しを打って報じ、「現在日本代表をけん引する南野に対し、
ファンは1月の獲得を注文している」と、この日の活躍を受け、リバプールサポーターから南野の獲得を望む声が沸き起こっていることを説明している。

 2015年からザルツブルクでプレーする南野は、今季で6シーズン目を迎えているが、CLで見せた好パフォーマンスにより、ステップアップの機会をつかみ取ることも決して夢物語ではなさそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191003-00221246-soccermzw-socc

南野拓実、アンフィールドで1ゴール1アシスト躍動!王者リバプール、3点差追いつかれるも今大会初勝利  

1: Egg ★ 2019/10/03(木) 06:07:40.99 ID:ZS4q4UlE9
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は2日、グループリーグ第2節2日目を行った。E組のリバプール(イングランド)は本拠地アンフィールドでFW南野拓実とMF奥川雅也の所属するザルツブルク(オーストリア)と対戦。3点差を追いつかれる苦しい展開となったが、4-3で今大会初勝利を挙げた。なお、先発フル出場の南野は1ゴール1アシストを記録。ベンチスタートの奥川は後半26分から途中出場している。

 ナポリとの開幕戦を0-2で落としたリバプールは、9月28日のプレミアリーグ第7節シェフィールド・ユナイテッド戦から1人を変更。DFジョエル・マティプに代えてDFジョー・ゴメスがセンターバックに入った。一方、今季公式戦無敗のザルツブルクは、南野を4-4-2の右MFで先発起用。奥川やゲンク戦でハットトリックを達成した19歳FWアーリング・ブラウト・ホーランドはベンチスタートとなった。

 ザルツブルクは前半3分にPA左手前から南野が鋭い右足シュートを放つなど、立ち上がりは前からプレスをかけ、勢いよく試合に入った。しかし、王者リバプールがしたたかに先手を取る。9分、左サイドの敵陣中央でDFアンドリュー・ロバートソンのパスを受けたFWサディオ・マネが縦に仕掛け、緩急をつけたドリブルで中に切れ込み、PA左に進入。FWロベルト・フィルミーノとのワンツーから右足ダイレクトで流し込み、先制のゴールネットを揺らした。

 古巣対決のマネのゴールで先手を取ったリバプールが、徐々にボール支配率を高めていくと、前半25分に追加点。左SBのロバートソンがドリブルで運んでMFジョーダン・ヘンダーソンに預けてゴール前へ。ヘンダーソンがFWモハメド・サラーとのワンツーから右サイドに大きく展開し、右SBトレント・アレクサンダー・アーノルドがグラウンダーのクロスを入れ、ロバートソンが左足で合わせて2-0とした。

 さらにリバプールは前半30分、ハーフェーライン付近からMFファビーニョが背後のスペースへ浮き球パスを送り、裏を取ったサラーが左足シュートを放つが、わずかにゴール左に外れる。ザルツブルクは中盤の並びをダイヤモンド型に変え、南野をトップ下に置くと、31分にMFドミニク・ソボスライのスルーパスから抜け出した南野がPA左から左足シュート。これはGKアドリアンに止められたが、日本代表FWが果敢にゴールに迫った。

 攻撃の手を緩めないリバプールは前半36分、左サイドからマネがクロスを入れ、ニアに走り込んだフィルミーノがヘディングシュート。GKチチャン・スタンコビッチが弾いたボールをサラーが左足でねじ込み、リードを広げる。だが、オーストリア王者も意地をみせる。39分、左サイドでヘンダーソンからボールを奪い、MFエノック・ムウェプのパスを受けたFWファン・ヒチャンが鋭い切り返しでDFフィルヒル・ファン・ダイクをかわし、PA左から右足シュートを決め、1点を返した。

 前半は3-1で終了。後半も前線からプレスをかけるザルツブルクは、11分に素早いリスタート。ヒチャンが左サイドから上げたクロスをフリーで待っていた南野が右足ボレーシュートを放つ。しっかり叩きつけたシュートがゴール左に吸い込まれ、1点差に詰め寄る。さらに15分、MFエノック・ムウェプのパス受けた南野がPA右から中央へ折り返すと、ファン・ダイクの股を抜けたボールを途中出場のホーランドが左足で合わせ、ついに同点に追いついた。

 まさかの展開にリバプールは立て続けに交代カードを切る。後半17分にヘンダーソンを下げてMFジェームス・ミルナー、19分にはMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代えてFWディボック・オリギを投入した。すると、24分に勝ち越しに成功する。PA手前でファビーニョが相手のクリアをカットし、浮き球をフィルミーノが頭でつないでサラーがPA中央から左足シュートを沈め、4-3とした。

 リバプールは後半アディショナルタイムにサラーを下げてMFナビ・ケイタを入れ、4-3のままタイムアップ。ザルツブルクに苦戦を強いられたが、なんとか勝利をおさめ、今大会初勝利を挙げた。

 なお、第3節は今月23日に行われ、リバプールは敵地でゲンク(ベルギー)、ザルツブルクはホームでナポリ(イタリア)と対戦する。

10/3(木) 5:50配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-43472305-gekisaka-socc

写真no title

リバプールの天才少年が衝撃先発デビュー!16歳FWエリオット2度バーに当てた!!クロップ監督も絶賛  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/27(金) 07:36:32.59 ID:HC99V3og9
【ロンドン原田公樹】
天才少年が衝撃デビューを飾った。イングランド・リーグカップ3回戦で25日、リバプールのFWハービー・エリオットが敵地でのミルトンキーンズ(3部リーグ)戦に先発し、
16歳174日でクラブ史上最年少先発出場記録を更新した。若手中心のメンバーで臨んだリバプール。
エリオットは2度もシュートがバーに弾かれ、ゴールを決められなかったが、好プレーを連発してフル出場。
試合は2―0で勝ち、4回戦へ勝ち上がった。

クロップ監督はエリオットについて「すばらしい少年だ。的確に状況を把握し、学ぼうという意欲がある」と褒めた。
ただ、「守備と動きがね。これらを会得するのは簡単じゃないが」と注文をつけることも忘れなかった。
エリオットは昨季、フラムで今年5月に16歳30日でリーグ戦のウルブズ戦に途中出場。プレミアリーグの最年少出場記録を持っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00010028-chuspo-socc
9/26(木) 21:51配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/256000/255255/news_255255_1.jpg
http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/62282_ext_04_0_L.jpg
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索