Samurai Goal

リバプール


スポンサード リンク





<リバプール>来シーズンからナイキとサプライヤー契約! 英国史上最高額の契約か?年約114億円)に上ると報道.. 

20200107-00367806-usoccer-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/07(火) 22:56:50.25 ID:vm2zg7B09
リバプールは7日、2020-21シーズンよりナイキとの公式キットサプライヤー契約を締結したことを発表した。契約期間は複数年となる。

今回の契約絵は、ユニフォームのほか、トレーニングウェア、移動着の製造と供給の契約となるとのこと。トップチームだけでなく、女子チーム、アカデミー、コーチングスタッフ、リバプール財団の全てをカバーするとのことだ。

また、リバプールは現在の練習場であるメルウッドから2020年夏にアカデミーがトレーニングを行うカークビーへと移転予定。ナイキとの契約はこのプロジェクトにも寄与し、地域社会のスポーツ施設への投資も含まれているとのことだ。

クラブのマネージングディレクター兼最高商業責任者のビリー・ホーガン氏は「象徴的なキットは、我々の歴史とアイデンティティの重要な部分だ。新しい公式キットサプライヤーとしてナイキをリバプールファミリーに迎え入れ、ファンベースを拡大し続けることで、国内外のクラブの素晴らしいパートナーとなることを期待している」とコメントしている。

また、「ブランドとして、ナイキは成長への野望を反映しており、彼らと協力してファンに新しい刺激的な製品を提供することを楽しみにしている」と、ナイキとのコラボによる様々な商品展開にも期待しているようだ。

リバプールは、2015年からニューバランスとのサプライヤー契約を結んでいたが、その契約は2019-20シーズン終了後に終了。「過去数年間のニューバランスのサポートに感謝し、彼らの将来の活躍を祈っている」とホーガン氏は語っている。

なお、契約金については明かされていないものの、イギリス『デイリー・メール』は年間8000万ポンド(約114億円)に上ると報道。マンチェスター・ユナイテッドとアディダスが契約を結んでいる年間7500万ポンド(約107億円)を超え、イギリス史上最高額の契約になるとしている。

1/7(火) 19:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00367806-usoccer-socc

<リバプールのレジェンドOB>南野拓実の適応に太鼓判!「100パーセント、フィットする」 

20200106-00068537-sdigestw-000-3-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/06(月) 18:56:12.40 ID:Cm470L/s9
「クロップが望んで獲ったなら間違いない」

リバプールに移籍した南野拓実は1月5日のFAカップ3回戦、エバートンとのマージーサイド・ダービーでデビューを果たした。試合後、ユルゲン・クロップ監督は「まさに求めていた選手」と、南野に賛辞を寄せている。

【ハイライト動画】マージ―サイド・ダービーでの南野のデビュー戦を振り返る!

 同クラブのレジェンド、ジョン・バーンズは、南野が出場するか分からなかった試合前から、指揮官にぴったりの選手だと確信していたようだ。英メディア『FourFourTwo』のインタビューで「クロップが獲得する選手はみんな、彼を反映している。彼は自分が望む選手のタイプを分かっているんだ」と話した。

「多くの人がミナミノの名前を聞いたことがなかっただろうし、キリアン・エムバペやリオネル・メッシ、クリスチアーノ・ロナウドのようなビッグネームの補強ではない。だが、リバプールのファンはクロップを信頼している。彼が獲得するのは、彼が望む選手と知っているんだ。クロップが選手を獲る時、たとえ時間がかかっても、その選手はクロップが望むことに100%フィットする」

 クラブ悲願のプレミアリーグ制覇に向け、首位を独走しているリバプール。なかには、複数タイトルを目指して、リーグ戦よりカップ戦に注力する可能性を指摘する声もある。リバプールが国内で2冠を達成したのは、リーグ戦とFAカップを制した1985-86シーズンしかない。

 だが、クロップはエバートン戦で主力の大半を温存している。バーンズも、試合前から「2冠のことなど話してはいけない」と、プレミアリーグでの集中を切らしてはいけないと警鐘を鳴らしていた。

「2冠など考えていたら、次の試合に勝つことを忘れてしまう。クロップはトロフィーを見たりしていないと思うよ。彼は試合のことを考えている。優勝する最善の道は、次の試合に勝つことなんだ」

 当然、南野がプレミアリーグで出場機会を得るには、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、モハメド・サラーとポジションを競わなければいけないということだ。だが、エバートン戦で指揮官から称賛された南野だけに、今後が大きく期待される。

1/6(月) 16:28配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200106-00068537-sdigestw-socc

【悲報】サッカー王者リバプールが人種差別で評価が爆下がり、実力がある日本人にパスを出さないと話題 

no title




1: 風吹けば名無し 2020/01/06(月) 12:50:25.19 ID:JiMQgQWE0
る な@1u_na

「ぽっと出の日本人だからか、リバポ二軍は南野にパスを全く出してなかった!!
特にオリギなんか、南野が交代してから縦に出すようになった!ありえない!!!」


カズ@PoeRr47UXl2cTUE

オリギが、パス出してたら、南野が決めてただろうって瞬間が3回は、有った…


オザ・デ・べーク@yancharu_debe

ソンと違って南野は二重だから差別されない説を提唱したい・・・


龍瑠@konnatokominna

リバプールの公式に南野にもっとパスだぜって言ってる外国の方沢山いてすごく嬉しいんだけど
オリギめちゃくちゃ叩いてて笑った。

南野&久保にも影響? レアル、リバプールFWマネの代理人に接触と海外メディア報道 

20200102-00238244-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/02(木) 11:12:41.43 ID:F1YRkm369
レアルはベイルの“代役”として検討か

日本代表MF南野拓実が加入して日本での注目が上がってるリバプール。南野がポジション争いを挑むのは、“看板”の強力3トップだ。
その一角で、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)において日本代表が対戦したのはセネガル代表FWサディオ・マネだが、レアル・マドリードが代理人と接触を図ったと報じていられている。

レアルを重点的に扱うスペイン紙「AS」、リバプールのおひざ元である地元紙「リバプール・エコー」が、ともにフランスメディア「Le 10 Sport」の情報として取り上げている。

記事によると、リバプールで結果を残しているマネはヨーロッパの各国メガクラブが注目する存在となっているが、そのなかでも特に素早い動きを見せているのがレアル。
契約するためにすでに動いており、マネの代理人と接触しているのだという。

マネとリバプールは2023年夏までの契約が残り、違約金が高くなることが想定されるが、レアルとしてはある選手の“代役”として適任としているようだ。それはウェールズ代表FWギャレス・ベイル。
サポーターとの関係性が今ひとつのベイルが“白い巨人”を離れた場合、的確な代替になると「AS」は表現している。

もしもレアルの興味が本格的に増すとなれば、リバプールに所属する南野だけでなく、レアルが保有権を持つ日本代表FW久保建英(マジョルカにレンタル移籍中)にも何らかの影響を及ぼす可能性も否定できない。
今後、マネの去就にも注目が集まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200102-00238244-soccermzw-socc
1/2(木) 10:10配信

英メディアは南野のデビュー戦を絶賛「監督が傑出したと評価」「将来性が詰まっていた」「プレス能力が通用」 

20200106-00010001-wordleafs-000-6-view[1]

南野拓実がリバプール白星デビュー、本拠アンフィールドで積極的プレー披露…エバートンに1-0で勝利 

20200106-01060026-sph-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2020/01/06(月) 02:57:58.91 ID:yzDwTXIu9
スポーツ報知
1/6(月) 2:52配信
南野拓実がリバプール白星デビュー、本拠アンフィールドで積極的プレー披露…エバートンに1-0で勝利

◆FA杯3回戦 リバプール1―0エバートン(5日、アンフィールド)

 【リバプール(英国)5日=森昌利】イングランド1部リバプールに加入した日本代表MF南野拓実(24)が、FA杯3回戦のエバートン戦でデビューを果たした。本拠アンフィールドで行われた地元のライバルとのマージーサイド・ダービーで、3トップの中央で先発。前線から激しいプレッシングを見せるなど、積極的なプレーを披露した。

 堂々のデビューだった。南野は自身のキックオフでスタートすると、最前線から持ち味の激しいプレッシングを披露。前半34分には左サイドからのクロスを頭で合わせようとしたが、ジャストミートせず。好機を逃したが、ゴールを脅かした。試合は0-0だった。

 今冬にオーストリア1部ザルツブルクからリバプールに移籍。契約期間は4年半で、背番号は18を与えられた。「リバプールでプレーするのを心から楽しみにしている」とデビューを心待ちにしていた。ザルツブルク時代の昨年10月2日に欧州CL1次リーグでリバプールと対戦。敵地で1得点1アシストと活躍したことで、欧州王者への移籍をつかんだ。クロップ監督(52)は、ドイツ1部ドルトムントの監督時代にも南野に獲得オファーを出すなど以前から高く評価。12月31日に合流したばかりにもかかわらず、スタメンで送り出した。リバプール南野が、力強くスタートを切った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-01060026-sph-socc

<リバプールの敏腕記者>南野拓実のエバートン戦でのデビューを予想!「先発でやれる」「おそらく中盤」 

1: Egg ★ 2020/01/05(日) 07:15:48.75 ID:T/54s1xX9
地元紙は「規模な変更を加える可能性がある」と予測

写真
no title


南野拓実のレッズ・デビューの日が近づいている。

 昨年12月にリバプールと契約を交わし、1月1日から正式に世界王者の一員となった南野は、現地時間1月5日に本拠地アンフィールドで開催されるFAカップ3回戦のエバートン戦でデビューする可能性があると見られている。

 このマージーサイド・ダービーに向けた会見でユルゲン・クロップ監督は、「彼は日本に帰って、良い状態でここにやって来たからね。まぁ様子を見てみようじゃないか」と含みを残した。では、デビューとなった場合、南野はどのポジションで起用されるのだろうか。

 かつて地元紙『Liverpool Echo』で、リバプールの番記者を務め、現在もアメリカのウェブスポーツメディア『The Athletic』でレッズを追い続けている敏腕記者のジェームス・ピアースは同メディアで、「エバートンは主力を並べ、全力で来る可能性が高い」としたうえで、こう語っている。

「おそらくリバプールはいつも通りの4-3-3の布陣になる。3トップはジョーンズ、エリオット、オリギだ。そして、私が唯一心配している中盤は、おそらくララーナをアンカーにして、ミルナー、そしてミナミノが並ぶだろう。ミナミノに関しては先発でもやれる。彼はすでにフィットしているし、十分な練習をこなしている」

 一方で『Liverpool Echo』は、「今シーズンのリバプールは、正直言って、FAカップよりも大きな“獲物”を釣り上げる必要がある。だが、エバートンにだけは易々と降伏はできない」と今回の対戦の重要性を説いたうえで、南野の出場の可能性について綴った。

「今のリバプールにとってFAカップは気晴らしのような大会だが、『降伏』の二文字はクロップの選択肢にはない。しかし、疲労が蓄積して、怪我人が出始めたスカッド状況をよく知る指揮官は、ラインナップに大規模な変更を加える可能性がある。もしも、消耗しきったメンバーを変えるとなれば、それはミナミノにとっても大きな挑戦となる。

 クロップがサラー、フィルミーノ、マネの全員をテコ入れするかは未知数だが、ミナミノにはおそらくチャンスが回る。彼の閃きと創造性は、エバートンを打ち破り、4回戦へと駒を進めるためのレッズの希望の鍵だ」

 激闘必至のダービーでのデビューを予想する声が強まっている南野。はたして出番は回ってくるのだろうか。

1/5(日) 6:10配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200105-00010000-sdigestw-socc

<南野がサラーとじゃれ合い>リバプールでの“交流”に英紙注目!「気が合ったのは明らか」 

1: Egg ★ 2020/01/04(土) 19:03:07.61 ID:BZFqTKK79
チームに合流した南野、初練習でエースと交流「仲の良い様子を見せた」

リバプールは現地時間2日、プレミアリーグ第21節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦し、2-0で勝利を収めた。1日に正式加入した日本代表MF南野拓実はスタンドから試合を見守っていたが、英紙は「南野がサラーとじゃれ合い」と見出しを打ち、初練習でエースのエジプト代表FWモハメド・サラーと気が合った様子を伝えている。

【写真】リバプール加入の日本代表MF南野、同僚FWサラーと仲睦まじく交流する様子
no title


 今季プレミアを独走するリバプールはシェフィールド戦の勝利で、昨年1月3日のマンチェスター・シティ戦(1-2)を最後に、37試合無敗を維持。丸々1年間負けなしとなった。1試合多く残し、2位レスターに勝ち点14差をつけている。

 南野は1月1日に正式加入となったが、12月31日にチームに合流し、初練習に臨んでいた。そんななか、英紙「デイリー・エクスプレス」は「南野が初練習でサラーとじゃれ合い」と見出しを打ち、「リバプールのニューフェイス、南野は早くも新たなチームメートと打ち解けた」と取り上げている。

「彼がサラーと気が合ったのは明らかだった。このペアはメルウッドで仲の良い様子を見せ、常に2人とも笑顔で交流していた」と伝えている。2年連続で得点王に輝いているサラーは、今やプレミア屈指のスーパースターだが、南野とは馬が合うのかもしれない。

1/4(土) 7:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00238682-soccermzw-socc

写真no title

<南野拓実>デビュー戦 先発なるか!?クロップ監督はメンバー入れ替え示唆「フレッシュな選手を入れる」 

1: Egg ★ 2020/01/03(金) 23:21:05.68 ID:1olClp4W9
リバプールに加入した日本代表MF南野拓実は、5日に行われるFAカップ3回戦のエバートン戦で新天地デビューを飾ることが見込まれている。ユルゲン・クロップ監督はこの試合に向けて先発メンバーを入れ替えて臨むことを示唆している

 1月の移籍市場でザルツブルクからリバプールに完全移籍した南野は12月31日からチームに合流。2日に行われたプレミアリーグ第21節のシェフィールド・ユナイテッド戦では登録の都合上まだ出場はできなかったが、本拠地アンフィールドでベンチ裏スタンドから試合を見守った。

 南野は中2日で行われるカップ戦の“マージーサイドダービー”での初出場が見込まれる。先発に起用されるのか交代出場なのかは不確定だが、クロップ監督はある程度先発メンバーを変更することを考えているようだ。英紙『ミラー』などがシェフィールド・ユナイテッド戦後のコメントを伝えた。

「(エバートン監督の)カルロ・アンチェロッティに教えるわけにはいかないが、自分にとって正しいと思う選択をする」とクロップ監督。「自分で決める部分もあるし、メディカル部門からの助言もあるだろう。先発がどうなるかは分からないが、現時点でのベストなメンバーになる」と語った。

 中3日での試合となるエバートンは大きくメンバーを変えることなくダービーマッチ勝利を狙ってくるとクロップ監督は予想。だが中2日となる自らのチームについては「フレッシュな選手を入れることになる。彼ら(エバートン)は昨日試合をしたが、我々は今日試合をした」と話している。

 南野は12月10日に行われたチャンピオンズリーグの試合でリバプールと対戦したあと、同14日に行われたザルツブルクの年内リーグ最終戦は欠場しており、約3週間のオフを過ごした形となる。まさに“フレッシュ”な選手だが、大一番での先発デビューを飾るチャンスもあるのだろうか。

1/3(金) 16:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200103-00356155-footballc-socc

写真
no title

南野&久保にも影響? レアル、リバプールFWマネの代理人に接触と海外メディア報道 

20200102-00238244-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/02(木) 11:12:41.43 ID:F1YRkm369
レアルはベイルの“代役”として検討か

日本代表MF南野拓実が加入して日本での注目が上がってるリバプール。南野がポジション争いを挑むのは、“看板”の強力3トップだ。
その一角で、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)において日本代表が対戦したのはセネガル代表FWサディオ・マネだが、レアル・マドリードが代理人と接触を図ったと報じていられている。

レアルを重点的に扱うスペイン紙「AS」、リバプールのおひざ元である地元紙「リバプール・エコー」が、ともにフランスメディア「Le 10 Sport」の情報として取り上げている。

記事によると、リバプールで結果を残しているマネはヨーロッパの各国メガクラブが注目する存在となっているが、そのなかでも特に素早い動きを見せているのがレアル。
契約するためにすでに動いており、マネの代理人と接触しているのだという。

マネとリバプールは2023年夏までの契約が残り、違約金が高くなることが想定されるが、レアルとしてはある選手の“代役”として適任としているようだ。それはウェールズ代表FWギャレス・ベイル。
サポーターとの関係性が今ひとつのベイルが“白い巨人”を離れた場合、的確な代替になると「AS」は表現している。

もしもレアルの興味が本格的に増すとなれば、リバプールに所属する南野だけでなく、レアルが保有権を持つ日本代表FW久保建英(マジョルカにレンタル移籍中)にも何らかの影響を及ぼす可能性も否定できない。
今後、マネの去就にも注目が集まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200102-00238244-soccermzw-socc
1/2(木) 10:10配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索