Samurai Goal

ラツィオ


スポンサード リンク





ダビド・シルバがラツィオと交渉中 一時は日本行きが報じられるも… 

スクリーンショット 2020-07-29 12.27.14




1: 2020/07/29(水) 11:24:18.62 _USER9
ダビド・シルバがラツィオと交渉しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。

2010年に加入し、数々の栄光とともにクラブの急成長を支えたシルバは、今夏に10シーズンを過ごしたマンチェスター・Cから退団する。8月から再開されるチャンピオンズリーグにチームの一員としてプレーする同選手だが、それ以降の新天地は依然として不透明だ。

スペイン代表としても活躍した34歳の司令塔をフリーで獲得できることを受け、以前には日本行きなども報じられていたが、その他にもアメリカや中東行きの可能性が浮上する。しかし、ここに来て、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得に近づくラツィオがシルバとの契約を画策するようだ。

同メディアによると、チームを指揮するシモーネ・インザーギ監督がシルバの加入を強く望むラツィオは、選手側との交渉をすでに行い、双方が合意に達する望みがあるようだ。さらに、同選手は今後数日中にこのオファーを受け入れることを決断し、来シーズンも“青”のユニフォームを纏う可能性がある。

なお、シルバに対してはアラブ首長国連邦のアル・アハリ・ドバイやアル・ナスル・ドバイもオファーを送ったと伝えられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b2ae44c3071b7b0be71156cbcf1581bb84001dd3

ラッツィオ インモービレが有名英国医師に激怒! 大規模封鎖を「昼寝の口実」と揶揄 26試合27得点 

20200314-00371726-usoccer-000-2-view




1: 2020/03/14(土) 23:58:16.90
ラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレが新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大で苦闘が続く母国を侮辱したイギリス人医師に激怒している。『フットボール・イタリア』が伝えている。

現在、イタリア国内では北部のロンバルディア州を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。イタリア当局の発表によると、今月13日時点で感染者数は1万7000人以上、死者は1200人以上と、発生源とされる中国に次ぐ甚大な被害に見舞われている。

そのイタリアの窮状について物議を醸すコメントをしたのが、イギリスの有名医師のクリスチャン・ジェッセン氏だ。

同医師はイギリス『FUBAR Radio』の番組内で、大規模な封鎖を行ったイタリアの新型コロナウイルス封じ込め対策を批判。

「この発言は少し人種差別主義者と思われるかもしれないし、謝罪を求められるかもしれない。だが、ちょっとした言い訳のように感じないか?」

「イタリア人は昔からよく言い訳をする。すべての問題に蓋をすることで、少しの間、仕事を止めて長いシエスタ(昼寝)をするんじゃないか」

今回の大規模封鎖を「昼寝の口実」かのように揶揄したジェッセン医師の発言はイタリア国内で多くの批判を受けることになった。

そして、インモービレは自身の公式インスタグラムを通じて、「(新型コロナウイルスで)亡くなった人や感染に苦しむ人の家族や病院で懸命に戦っている人たちのまでそんなこと言えんのか! このバカ野郎! 心の底からあんたにこの言葉を伝えるよ。消え失せろ!」と、怒りをぶちまけた。

3/14(土) 21:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00371726-usoccer-socc

セリエA インモービレが止まらない! 今季27得点目で61年ぶりの大記録に並ぶ 25試合27得点 

1: 2020/02/24(月) 10:52:59.57
ラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレが、23日に行われたセリエA第25節ジェノア戦(3-2)で、リーグのとある記録に並んだようだ。同日、イギリスメディア『BBC』が報じた。

インモービレは同試合の51分、ゴール前でこぼれ球を拾うと、右足を振り抜いて正確にゴール右下隅へ流し込む流石のフィニッシュを披露。
リーグ戦2試合連続の得点で、今季セリエAでの得点数を「27」に伸ばした。

セリエAで最後に25試合で27得点を挙げたのは、1958-59シーズンのアントニオ・アンへリージョ氏(インテル)だ。
同氏は同シーズンで最終的に、33試合の出場で33得点を挙げて得点王に輝いた。

なお、セリエAにおける1シーズンの最多得点数は、2015-16シーズンにゴンサロ・イグアイン(当時ナポリ)が記録した36得点(35試合)となっている。
それでも、61年ぶりの大記録に並ぶ驚異的なペースで得点を積み重ねるインモービレなら、こちらの記録更新にも期待できそうだ。

2連勝となったラツィオは現在、勝ち点「59」の2位。29日に行われる予定のセリエA第26節では、DF冨安健洋が所属するボローニャと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-01039406-soccerk-socc
2/24(月) 10:12配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング

no title

no title

セリエA新記録に期待!? 21試合で25得点。“欧州最高のストライカー”との呼び声も FWチーロ・インモービレ 

20200204-00360813-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/04(火) 16:39:54.42 ID:NcICuxAr9
ラツィオに所属する29歳のイタリア代表FWチーロ・インモービレがセリエA記録を破るかもしれない。
同選手の代理人が活躍を称賛していると、3日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

2016年7月からラツィオに在籍するインモービレは、今季のリーグ戦21試合で25得点を記録。
得点ランキングでは、2位のクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)に6点差つけている状況だ。
2015/16シーズンにゴンサロ・イグアインがリーグ戦で36得点を決め、セリエAにおける1シーズンの最多得点記録を更新していたが、それを上回るかもしれない。

インモービレの代理人は「彼は言うまでもなく、イタリアのみならず、現在ヨーロッパで最高のストライカーだと思う」と語り、同選手を称賛している。
果たして、このままのペースを維持してセリエA記録を塗り替えることになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200204-00360813-footballc-socc
2/4(火) 14:00配信

SBで奮闘する冨安健洋、7試合連続のフル出場。ボローニャは指揮官の復帰戦を白星で飾れず  

20191007-00341484-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/07(月) 01:40:34.30 ID:s4yfVZuf9
【ボローニャ 2-2 ラツィオ セリエA第7節】

イタリア・セリエA第7節、ボローニャ対ラツィオが現地時間6日に行われた。
試合は2-2のドローに終わった。

日本代表DF冨安健洋はこの日も右サイドバックで先発し、開幕から7試合連続のフル出場となった。
また、白血病治療中のボローニャを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督は5試合ぶりにベンチ入りしてチームを指揮することになった。

先制したのはボローニャだった。21分、右サイドでオルソリーニが中央にクロスを供給。これをクレイチーがヘディングで合わせた。
先制に成功したボローニャだったが、直後の23分にインモービレのゴールで同点に追いつかれてしまった。

31分、ボローニャが勝ち越しに成功する。左サイドからボールを受けたスバンベリがシュート。
これは右ポストに直撃するも、こぼれ球にパラシオが反応し、ゴールに押し込んだ。リードした喜びもつかの間、
インモービレの2点目でボローニャは、またも同点に追いつかれた。

60分、ラツィオのルーカス・レイバが悪質なファールでこの日2枚目のイエローカード。
レイバは退場処分となり、ラツィオは1人少ない状態で残りの時間を戦うことになった。
だが、ボローニャもメデルが一発レッドで退場処分。両チーム共10人で戦うことになる。

ラツィオは終盤にPKを獲得するも、コレアが外してしまい、逆転の機会を逃してしまう。
結局、試合はこのまま終了し、2-2のドローに終わった。

【得点者】
21分 1-0クレイチー(ボローニャ)
23分 1-1 インモービレ(ラツィオ)
31分 2-1 パラシオ(ボローニャ)
39分 2-2 インモービレ(ラツィオ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00341484-footballc-socc
10/7(月) 0:04配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081165
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング

ラツィオ過激サポーター集団のリーダー、射殺される 

20190808-00000023-jij_afp-000-4-view[1]

<DF冨安健洋(20=シントトロイデン)>ボローニャに続きラツィオも参戦!伊地元紙報道  

1: Egg ★ 2019/06/25(火) 18:30:35.96 ID:pnOOGWUK9
セリエAの古豪ボローニャが獲得に動いている日本代表DF冨安健洋(20=シントトロイデン)に関し、25日付のボローニャ地元紙「イル・レスト・デル・カルリーノ」は、同じセリエAの強豪ラツィオも争奪戦に参戦したと報じた。同紙によれば、ラツィオは昨冬から冨安の動向を注視していたようで、ここ来てシントトロイデン側と再びコンタクトを取り始めたという。

 また同紙はボローニャの新シーズンへ向けた補強状況を改めて報道。「現時点での優先順位はDF」との見出しで、冨安の日本代表でプレーする写真を掲載するとともに、ボローニャが冨安の獲得を熱望しているした。ボローニャは昨季セリエA残留に貢献したDFリャンコがレンタル元のトリノ復帰。そのことでセンターバックの補強は急務となり日本代表でも成長著しい冨安に白羽の矢を立てた。

 同紙によれば、シントトロイデンは21日にボローニャの移籍金600万ユーロ(約8億9000万円)の正式オファーを拒否。それを受けボローニャは新たな作戦で再び冨安獲得に向けて動く予定という。

スポニチ6/25(火) 17:16
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000162-spnannex-socc

写真
no title

ユーベ“1強”のセリエA、会長はプレーオフ導入案を否定 「残留争いなら考えるが…」 

20190404-00180751-soccermzw-000-2-view[2]

神戸、元バルサ・現役ウルグアイ代表カセレス獲り“ラストピース”CBも大物助っ人 

20190125-00000034-dal-000-3-view

“悪評高い”セリエA・ラツィオのサポーターが要求!!「神聖な場所」を女人禁制に! 

1 2018/08/20(月) 17:03:45.86 _USER9
https://www.bbc.com/japanese/45243356

女性は「神聖な場所」立入禁止に 伊サッカー・ラツィオのサポーター要求
2018/08/20 1時間前

サッカーのイタリア1部リーグ、セリエAのラツィオを応援する過激なファンの一団が、同チームの本拠地であるローマのオリンピック・スタジアム北側ゴール裏スタンド、通称「クルバ・ノルド」の一部から女性は締め出されるべきだとする手紙を配布している。

ラツィオファンの一部は暴力、人種差別、反ユダヤ主義で悪評を得てきた。

18日にあったセリエA2018-19シーズンの開幕戦前、クルバ・ノルドは「神聖な場所」であり、女性の立入は許されていないとするチーム非公認のビラが配られた。

このビラは、「女性、妻、彼女」にスタンド最前10列に座らないよう求め、女性はスタジアム内の別の場所へ行くべきだとしている。

ビラには「気楽でロマンティックな日を過ごす場所として、ビラ・ボルゲーゼ(ローマの歴史的な邸宅と庭が改修されて出来た公園)の代わりにスタジアムを選んでいる奴らは、別の場所に行くべきだ」と書かれていた。

ビラには「ディレッッティーボ・ディアボリク・プルート」の署名がある。この人物はラツィオのファングループ「イリドゥチビリ」のリーダーの1人。

ラツィオは昨シーズン、ライバルチームであるASローマのユニフォームを着たホロコースト犠牲者のアンネ・フランクを描いた、反ユダヤ的なシールをラツィオサポーターが掲げたとして罰金を受けた。

(英語記事 Serie A: Lazio fans call for women to be banned from 'sacred place')

ラツィオの過激なファングループは、暴力、人種差別、反ユダヤ主義で悪名高い
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索