Samurai Goal

ラウール・ゴンザレス


スポンサード リンク





<久保建英>近未来への影響は?スペイン紙がマドリーの新指揮官候補3名をリストアップ! 

1: Egg ★ 2019/09/21(土) 06:22:02.01 ID:s9qW4mQS9
もはやジネディーヌ・ジダン政権は風前の灯か。スペイン全国紙『MARCA』がレアル・マドリーの次期監督候補をリストアップした。

 4節を終えたラ・リーガは2勝2分けと黒星こそないものの内容は低調で、水曜日のチャンピオンズ・リーグ開幕戦では、ネイマールやキリアン・エムバペらを欠いたパリ・サンジェルマンに0-3の完敗を喫した。主力に怪我人が相次ぐ不運に見舞われたとはいえ、ジダン監督の手腕に疑いの目が向けられているのだ。

 そこで『MARCA』紙は現実味のある後任候補として、3人のビッグネームをピックアップ。ともに現在フリーのジョゼ・モウリーニョとマッシミリアーノ・アッレーグリ、そして今季からレアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)を率いているラウール・ゴンサレスだ。次のように説明している。

「モウリーニョの帰還はマドリーに特大のショックをもたらすだろう。クラブを熟知している自分こそが、革命が必要なマドリーにもっとも役立つ存在だと信じているはずだ。アッレーグリは2018年夏にもジダン後任の有力候補となり、その際はユベントスでの栄誉を優先した。今回も間違いなく候補者名簿に名を連ねている。ここ最近はジダンとサンティアゴ・ソラーリがカスティージャから緊急昇格してトップを指揮した。ラウールはまだ経験が浅いが、十分に就任の可能性はあるだろう」

 ただモウリーニョ自身は英メディアの取材に応え、「マドリーに行く気はないよ。いまは監督がいるわけで、波風を立てるのは敬意を欠く。いまの体制で上手く事が進み、問題が解決されると考えている」と語っている。

 はたしてモウリーニョの本心、そしてフロレンティーノ・ペレス会長の胸中やいかに──。『MARCA』紙が挙げた3候補は若手選手の育成・起用についてまるで異なる考えを持っており、1年後にマジョルカでのレンタル期間が終了する久保建英の処遇にも小さくない影響を及ぼすだろう。同紙は読者に向けて、「3人のうち誰が適任か?」の投票を募っている。

9/21(土) 5:56配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190921-00010000-sdigestw-socc

写真
no title

「ラウールは頭を抱えている」久保建英のマジョルカ移籍にカスティージャ指揮官の本音は… 

20190823-00010003-sdigestw-000-2-view[1]

レアル久保建英、移籍報道から一転残留?スペイン紙指摘「ローン移籍させる緊急性はない」  

1: Egg ★ 2019/08/13(火) 19:13:25.72 ID:aTbQZUHx9
レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は開幕を直前に控えたなかで、ローン移籍の可能性が浮上するなど去就が注目されている。スペイン紙「AS」は、久保を「ローン移籍させる緊急性はない」とし、U-20ブラジル代表FWロドリゴとともに今季はカスティージャ(Bチーム)とトップチームを行き来しながら経験を積ませるだろうと予想している。

 レアル加入後、今季はカスティージャでプレーすると発表されていた久保だが、加入直後からジネディーヌ・ジダン監督率いるトップチームに同行。インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でデビューを果たし、途中出場の限られた出番の中でインパクトを残した。ロドリゴやFWヴィニシウス・ジュニオールらともに期待の若手として注目を浴びた。

 トップチームのEU外選手枠(3人まで)の問題もあり、フベニールA(U-19)での選手登録となった久保は、現地時間7日のアルコルコン戦、ラウール・ゴンサレス監督率いるカスティージャでデビューを果たした。現在はトップとBチームを行き来する状況で、新たにスペイン1部バジャドリードなどへの期限付き移籍の可能性も浮上。トップの練習に引き続き参加しているが、様々な憶測がメディアを賑わせている。

 そうしたなか、スペイン紙「AS」では、今夏の新戦力である久保とロドリゴの立場について取り上げている。「クボとロドリゴは残念なプレシーズンの中で現れた新たな息吹」と称されているように、2人はテストマッチでジダン監督への猛アピールに成功していた。

 そして、11日のローマ戦に向けたトップチームの練習には参加していた2人だが、試合の遠征メンバーからは外れていた。10日のカスティージャの試合も欠場となったが、「クラブにとって、彼らに経験を積ませるためにローン移籍させる緊急性はない。彼らはクボとロドリゴがカスティージャに残りながら、ファーストチームでのトレーニングを続けていけると信じている」と記された。

 久保は複数クラブが獲得を目指していると報じられていたが、武者修行のための移籍はないとの見方が強まっているようだ。

8/13(火) 17:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190813-00210306-soccermzw-socc

写真
no title

久保建英、レアルBデビューにラウール監督&会長も拍手と現地報道「印象を残した」  

1: Egg ★ 2019/08/09(金) 01:31:45.95 ID:vMHsvKxL9
アルコルコン戦に右MFとして出場 力強いドリブルが飛び出した一方、パスミスも散見
 
日本代表MF久保建英はレアル・マドリードのBチームにあたるカスティージャに合流し、現地時間7日のスペイン2部アルコルコンとのプレシーズンマッチに先発出場。
右MFに入って後半25分までプレーしたなか、スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版は、久保が観衆、ラウール・ゴンザレス監督、フロレンティーノ・ペレス会長から拍手を受けたと伝えている。

北米遠征とアウディカップでトップチームに帯同した久保は、その間に5試合中4試合で途中出場。トップチームのオーストリア遠征から外れてカスティージャに合流し、ラウール監督の下でデビューを飾った。

同じくトップチームに帯同していたブラジル人FWロドリゴ・ゴエスらとともに先発メンバーに名を連ね、4-4-2システムの右MFに入った久保。
前半7分にショートカウンターで相手選手を弾き飛ばす力強いドリブルを見せ、要所で顔を出してつなぎ役としてプレーするも、高い位置でプレーする機会は限られる。

一方でチームは前半39分、相手守備陣のミスを突いてボールを奪い、久保と同じくトップチーム昇格を狙うFWロドリゴが流し込んでカスティージャが先制した。

カスティージャは後半3分に追加点を奪い、久保はロドリゴとともに後半25分に交代。同37分にチームはダメ押しの3点目を奪い、3-0で快勝した。
スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版は、「レアル・マドリード:ロドリゴと久保がカスティージャで勝利」と見出しを打ち、トップチームの遠征に帯同していた18歳コンビについて触れた。

「久保は3得点のいずれにも関与しなかったが、左利きとしての能力と素晴らしいビジョンで、味方の好機を作り出し、印象を残した。彼ら(ロドリゴと久保)は交代する時、
小さな観衆、ラウール監督、フロレンティーノ(・ペレス)会長から拍手を受けた。エージェントたちは特にロドリゴと“日本のメッシ”である久保を見ようとしていた」

実際、レアル公式YouTubeチャンネルが公開しているフルハイライトの映像でも、観衆から拍手が起こり、ラウール監督もベンチに向かう久保の頭を後ろからなでて労っている。
スペイン1部バジャドリードへの期限付き移籍の噂も熱を帯びるなか、カスティージャ初陣でも地に足のついたプレーを見せた。

8/8(木) 20:50配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190808-00209420-soccermzw-socc

写真
no title


【サッカー】<レアル久保建英>カスティージャで初先発!練習試合に出場も..1部バジャドリード期限付き移籍へ!「まもなく実現する」★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1565257119/

久保建英のコスパがもっとも高い!? バジャドリーがマドリー若手4人衆、いずれかのレンタル獲得を画策中 

20190804-00010004-sdigestw-000-6-view[1]

“レアルのメッシ”久保建英を伊紙が特集「1年目は簡単ではないが…」ジダンに注文も 

20190701-00010017-goal-000-1-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索