Samurai Goal

ライバル


スポンサード リンク





実はライバルのファンだった? 意外なクラブを応援していた有名選手たち 

スクリーンショット 2021-01-23 18.30.42

久保建英のライバルら4人が出場不能! ビジャレアル「因縁ダービー」予想スタメン 

スクリーンショット 2020-10-17 6.13.32

「得点1」と「パス0本」――南野拓実「アーセナル戦でわかった」ライバルFWとの序列 

スクリーンショット 2020-09-30 5.58.56

ビジャレアル久保建英は3戦音なしで「スタメン奪取は難しい」の声…同世代ライバルが続々成長 

スクリーンショット 2020-09-28 22.11.23

南野にまた強力ライバル…リバプール、セネガル代表の快足FWサル獲得で基本合意 

スクリーンショット 2020-09-24 15.51.44




1: 2020/09/24(木) 14:48:01.83 _USER9
日本代表MF南野拓実(25)の所属するイングランド・プレミアリーグのリバプールが、イングランド2部ワトフォードからセネガル代表FWイスマイラ・サル(22)を獲得することで基本合意に達したと、
22日付の専門誌フランスフットボール(電子版)が報じた。移籍金は3500万ユーロ(約43億円)から4000万ユーロ(約49億円)という。

プレミアリーグで連覇を狙うリバプールは、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョタ(23)の獲得を19日に発表したばかり。
サルの加入が正式決定すれば、南野にとって強力なライバルがさらに増えることになる。

リバプールは2月29日に昨季プレミアリーグ第29節でワトフォードに0―3で敗れており、
ユルゲン・クロップ監督(53)はこの試合で2得点1アシストと全得点に絡む活躍をみせたサルのプレーを高く評価していたという。

 セネガル出身のサルは、2016年にフランス1部メスと契約してプロデビュー。2017年に同レンヌに移籍し、2019年には移籍金3000万ポンド(約41億円)でワトフォードに加入した。
右FWを主戦場としながら3トップならどこでもこなす快足ストライカーで、昨季プレミアリーグ28試合で5ゴール6アシストをマーク。
セネガル代表として2018年W杯ロシア大会に出場しており、1次リーグの日本戦(2―2)でフル出場した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4bfe7fe6f1f0c908d13eac53c3128e6aea63b4ce

本田圭佑に強力ライバル出現…ボタフォゴにコロンビア人大型ボランチ加入 

1: 2020/09/04(金) 20:21:51.83 _USER9
9/4(金) 19:39
スポーツ報知

本田圭佑に強力ライバル出現…ボタフォゴにコロンビア人大型ボランチ加入
本田圭佑(ロイター)
 元日本代表MF本田圭佑(34)が所属するブラジル1部ボタフォゴが3日、コロンビア人MFカルロス・レンテリア(25)の入団を発表した。契約期間は2年。

 レンテリアは代表歴こそないが、身長188センチと大柄で、身体能力が高く、対人守備が強いボランチ。現在、ボランチとして起用されている本田にとって、強力な競争相手となりそうだ。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/1cfcae9f8e989e46bf3230f37df397052aa018e6

フランクフルト、トップ下・鎌田大地のライバルを放出…ホッフェンハイムとトレードが成立 

スクリーンショット 2020-08-05 18.24.40

リバプール、南野拓実とライバルの決定的な違い。70分間でシュート1本、苦戦で明らかになった必要な存在 

20200706-00010001-footballc-000-1-view

スペイン紙「誰もが言葉を失った」久保建英のライバル19歳FW、隔離生活明けの大変身に周囲が驚き 

20200523-43480448-gekisaka-000-3-view

「僕はPKを譲っていた」 英雄アンリ、マンU“ライバルFW”との熾烈な得点王争いに言及 

20200503-00259903-soccermzw-000-1-view




1: 2020/05/03(日) 11:50:49.89
アンリがファン・ニステルローイとのライバル関係について回答
 ストライカーにとって最高の栄誉とも言えるのが、リーグ得点王の個人タイトルだろう。2000年代前半にプレミアリーグ得点王の座を巡り、熾烈な争いを繰り広げたのがアーセナルの元フランス代表FWティエリー・アンリと、マンチェスター・ユナイテッドの元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイだ。

【動画】「まるでサーカス」 アーセナルの英雄アンリ、華麗な“曲芸リフティングドリブル”

 ともにプレミアリーグに在籍した2001-02シーズンからの5年間で、アンリがリーグ得点王を4度獲得したのに対し、ファン・ニステルローイもUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で3回得点王に輝くなど、両者は他を圧倒するペースでゴールを量産し続けた。そのハイレベルな争いは、あれから10年以上の月日が経過した今もなお語り草になっている。

 この2人が、互いに相手を意識していたことは想像に難くない。実際、ファン・ニステルローイのかつての同僚である元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドは、英紙「マンチェスター・イブニングニュース」の取材に応じた際、ファン・ニステルローイはたとえユナイテッドが快勝したとしても、同日にアンリが自分より多くゴールを決めていたら不機嫌になっていたというエピソードを明かしている。少なくともファン・ニステルローイにとっては、アンリの存在が大きなモチベーションになっていたようだ。

 しかし、もう一方の当事者であるアンリは、ファン・ニステルローイに対してライバル意識を持っていなかったという。アンリはイングランド女子代表FWニキータ・パリスとのインスタグラムでのライブ配信で、ファン・ニステルローイとの関係性についての話題になると、「一つの物語にはなるかもしれないよね。毎シーズン、僕か彼がそのタイトルを取っていたから」とコメントしたが、「でも、当時僕はペナルティーキックは味方に譲っていたんだ。(元ブラジル代表MF)エドゥのアーセナルでのラストゲームの時、僕はファン・ニステルローイとゴールデンブーツを争っていたけど、その時もペナルティーキックはエドゥに譲っている」とも付け加え、自身の得点を最優先に考えていたわけではなかったことを強調した。

「僕が記録したアシストの数も見てほしい」
「僕が記録したアシストの数も見てほしい。ゴールの正面にいた時でもパスを選択したことも時々あったんだ。それが、この話題に対する僕の答えだよ」と最後に語って話を切り上げたアンリ。チームの勝利こそが最も大事なことであり、個人タイトルは二の次という考えで当時はプレーしていたようだ。

 恵まれた体躯を生かした豪快なシュートが印象的だったファン・ニステルローイに対して、スピードを生かしたドリブル突破と冷静にコースを狙ったシュートで得点を重ねたアンリ。プレースタイルだけでなく、ライバルの捉え方も全く正反対だったようで、それが分かると両者の関係性はより一層興味深いものに見えてくる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200503-00259903-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索