Samurai Goal

ライアン・ギグス


スポンサード リンク





長年秘密にしていたギグス“最大の敵”脱毛症を告白「雨の日は試合に出たくなかった」 

1: 久太郎 ★ 2020/01/20(月) 20:22:59.96 ID:o8Gs/o669
ライアン・ギグスが自身のスポーツキャリアを通じて直面した最悪のライバルの1つは脱毛症であろう。
『The Sun』が報じたMRHヘアクリニックによるユナイテッドのレジェンドの記事から、少なくともそう感じ得る文章が公開されている。

【ギグスのレーザー治療の様子を公開】
no title


その記事の中で現ウェールズ代表監督は、23年間のプロキャリアにおいて、終わりの10年間で彼のイメージの一つとなった脱毛症と戦うために受けた、あらゆる種類の治療について、詳しく説明している。

「2003年にアンフィールドで試合をした後に初めて気付いた。2つのゴールを決め、チームメイトとパブへ行った時、“よくやった!”と迎えられると期待していた。だが最初に聞いた言葉は、“カールした髪の毛がなくなってきてるぞ”だった」

そのエピソードはギグスにとってトラウマとなった。
「特に雨が降るとの予報が出ている日に試合の中継がある時は、被害妄想にとりつかれていた。雨が降っていたら、“今日は試合に出たくないな”と思った時もあるよ。それから髪を少しずつ短くしてくことに決めたんだ。髪が短ければ短くなるほど、外見も醜くなっていく気がした」

ギグスは誠実な発言の中で、この問題はサッカーエリートとして評された過度なストレスが原因だと述べている。
「サッカーは非常にストレスが多い。常にプレッシャーにさらされているんだ。試合結果に影響される。勝てば常に脚光を浴び、負ければ批判にさらされる」

ギグスは当時の自分の髪の毛について、周囲からからかわれたと明かしてる。
「私はかなり控えめな人間であり、自分自身の胸に封じて置きたかった。私はそれについて話したくなかった。だが、周囲の人々が私に言うんだ。“何かしたのかい?髪の移植とか?”とね」

2009年増毛手術や2011年にはレーザー治療、育毛シャンプーやマッサージ治療など、薄毛治療に約400万円を費やしたギグスは、最終的に2017年に大掛かりな髪の移植を行うことを決定した。

その手術は今まで彼の秘密として守られてきた。
「その手術は簡単なもので、約半日で終わった。当時人々からはそれまで以上にジロジロ見られたよ。事実、私は誰にもこのことを知らせなかったんだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00010013-sportes-socc

ライア・ギグス、12位に低迷するマンUが復活するためには「あと4、5人の補強が必要」  

1: Egg ★ 2019/10/07(月) 23:19:58.21 ID:0TufN/se9
 6日に行われたプレミアリーグ第8節でニューカッスルと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは0-1の完封負けを喫した。同クラブのレジェンドであるライアン・ギグス氏は、2勝3分3敗の勝ち点9で12位に低迷するクラブが復活するためには「4、5人の補強が必要」と主張した。英紙『サン』が伝えている。

 マンチェスター・Uは今夏、FWロメル・ルカクやFWアレクシス・サンチェスを放出し、DFハリー・マグワイアやDFアーロン・ワン・ビサカ、FWダニエル・ジェームズを獲得したが、上昇気流に乗れずにいる。

 現役時代は、現在チームを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督とともにプレーしたギグス氏は、「オーレは3人の選手を獲得したが、おそらく7人か8人の新しい選手が必要だ。だから、彼にはさらに4、5人の選手が必要なんだ」と補強の必要性を説いている。

「一度の移籍市場で7、8人を補強することは簡単ではない。そのため、時間がかかるかもしれないが我慢しなければならない」

10/7(月) 22:55配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-43472542-gekisaka-socc

写真
no title


【サッカー】<大不振のマンチェスター・ユナイテッド>最大の問題は?8試合を終え2勝3分3敗、勝ち点「9」直近29年間で最悪のスタート
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570439861/

ギグス、現役時代の宿敵アーセナル嫌いを告白!「ヴィエラ、プティ、ベルカンプ、ピレスが嫌いだった」  

12121




1: Egg ★ 2019/03/24(日) 09:08:00.90 ID:5VCV+Ij09
元マンチェスター・ユナイテッドで、現在ウェールズ代表を指揮するライアン・ギグス監督は、現役時代のアーセナル嫌いを告白した。

1990年代後半から激しいライバル関係にあるマンチェスター・Uとアーセナル。直接対決を迎える度に繰り広げられるアレックス・ファーガソン元監督とアーセン・ヴェンゲル元監督のタッチライン上でのいがみ合いはその関係性の象徴的なものだった。

マンチェスター・Uがトレブルを達成した1998-99シーズン、FAカップ準決勝のアーセナル戦で伝説的なゴールを決めたギグス監督は、イギリス『デイリー・メール』で当時のアーセナル嫌いを明かすとともに、4選手を特に嫌っていたと認めた。

「アーセナルが好きではなかった。(パトリック)ヴィエラが嫌いだった。なぜなら彼は汚く、人を殺しても罰を免れていた。髪が長かったから(エマニュエル)プティが嫌いだった。(デニス)ベルカンプも嫌いだった。今の(ロベール)ピレスは良い男だけれど、当時は嫌いだった。彼らを見るのも嫌だったし、彼らのことを知ろうとも思わなかった。ベルカンプ?彼がエリック・カントナに及ぶわけはないと自分自身に言い聞かせていた」

「もちろん、これは本当の自分の姿ではなかった。でも、激しい敵意を持つ必要があった。モチベーションのためだ。本心では彼らがトッププレーヤーだとわかっていた。それでも、ライバル心は僕たちにとっての全てで、当時はリヴァプールとの関係よりも激しいものだった」

3/24(日) 7:40配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00010004-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索