Samurai Goal

ヨーロッパリーグ


スポンサード リンク





<UEFA>延期のチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)、「ファイナルフォー方式」の導入を検討! 

cl-595x334




1: 2020/03/15(日) 22:56:38.65
スペイン『アス』は15日、欧州サッカー連盟(UEFA)が「ファイナルフォー方式」の導入を検討していると報じた。

中国での流行を発端に世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルス。各国が対策を講じ続けているが、一向に終息が見通せず、フットボール界も延期が相次ぎ、
UEFAも13日、今週ミッドウィークに予定したチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグの開催中止を決定した。

そのUEFAはCLとELの今季残るスケジュールを消化する策として、それぞれ準々決勝まで従来のホーム&アウェイ方式を継続しつつ、準決勝以降の運営方法変更を思案。
各大会の決勝開催地にそれぞれの準決勝進出チームを集め、開催期間4日の一発勝負制により、王者を決する案の運用を検討している模様だ。

そうした新方式の本格採用は17日に予定している加盟55カ国の代表者によるビデオカンファレンスにて、投票で決められる見込み。
この案が決議された場合、準決勝以降はそれぞれの決勝開催地として前もって決まっているインスタンブール(CL/トルコ)、グダニスク(EL/ポーランド)で開催されるとみられる。

なお、両大会ともにラウンド16の全日程を消化途中で、CLは計4試合の2ndレグが未消化。ELも2試合の1stレグと全8試合の2ndレグが残っている状況であり、
それを鑑みると、準々決勝の戦いから中立地、あるいはどちらかにホームアドバンテージを与えての1試合制になる可能性もあるという。

3/15(日) 21:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00371767-usoccer-socc

<UEFA>延期のチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)、「ファイナルフォー方式」の導入を検討! 

20200315-00371767-usoccer-000-3-view




1: 2020/03/15(日) 22:56:38.65
スペイン『アス』は15日、欧州サッカー連盟(UEFA)が「ファイナルフォー方式」の導入を検討していると報じた。

中国での流行を発端に世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルス。各国が対策を講じ続けているが、一向に終息が見通せず、フットボール界も延期が相次ぎ、
UEFAも13日、今週ミッドウィークに予定したチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグの開催中止を決定した。

そのUEFAはCLとELの今季残るスケジュールを消化する策として、それぞれ準々決勝まで従来のホーム&アウェイ方式を継続しつつ、準決勝以降の運営方法変更を思案。
各大会の決勝開催地にそれぞれの準決勝進出チームを集め、開催期間4日の一発勝負制により、王者を決する案の運用を検討している模様だ。

そうした新方式の本格採用は17日に予定している加盟55カ国の代表者によるビデオカンファレンスにて、投票で決められる見込み。
この案が決議された場合、準決勝以降はそれぞれの決勝開催地として前もって決まっているインスタンブール(CL/トルコ)、グダニスク(EL/ポーランド)で開催されるとみられる。

なお、両大会ともにラウンド16の全日程を消化途中で、CLは計4試合の2ndレグが未消化。ELも2試合の1stレグと全8試合の2ndレグが残っている状況であり、
それを鑑みると、準々決勝の戦いから中立地、あるいはどちらかにホームアドバンテージを与えての1試合制になる可能性もあるという。

3/15(日) 21:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00371767-usoccer-socc

【速報】サッカーUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ、来週から延期 新型肺炎蔓延で 13日 

cl-595x334




1: 2020/03/13(金) 19:13:23.90
【速報】サッカーUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ、来週から延期 新型肺炎蔓延で 13日

2020/03/13
https://twitter.com/skynewsbreak/status/1238407222549450754?s=21

All matches in the Champions League and Europa League next week have been postponed amid COVID-19 outbreak
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

EL決勝T1回戦第2戦 鎌田大地、価値ある同点弾の起点に。フランクフルトがベスト16進出 

20200229-00364882-footballc-000-1-view




1: 2020/02/29(土) 10:10:25.54
【ザルツブルク 2-2(3-6) フランクフルト EL決勝トーナメント1回戦2ndレグ】

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグのザルツブルク対フランクフルトが現地時間28日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わり、2試合合計6-3でフランクフルトの勝ち上がりが決まっている。フランクフルトの鎌田大地は先発出場。同点弾の起点となるパスを出すなど存在感を示して73分までプレーした。同じフランクフルトの長谷部誠と、ザルツブルクの奥川雅也は出場機会がなかった。

 鎌田がハットトリックの大活躍を見せてホームでのファーストレグを4-1で先勝していたフランクフルト。敵地でのセカンドレグは開始10分に先制を許すスタートとなった。

 それでも30分、同点弾が生まれる。敵陣の低い位置でパスを受けた鎌田がスルーパスを通すと、ゴールライン際で追いついたコスティッチが左足でクロス。これをアンドレ・シウバがヘディングで合わせて1-1とした。

 これでリードを再び3点としたフランクフルトは、後半に1点を奪われたものの、83分にアンドレ・シウバがこの日2点目を決めて勝負あり。2試合合計6-3でフランクフルトが勝ち上がりを決めた。

 フランクフルトは決勝トーナメント2回戦でスイスのバーゼルと対戦する。

【得点者】
10分 1-0 ウルマー(ザルツブルク)
30分 1-1 アンドレ・シウバ(フランクフルト)
72分 2-1 オンゲレ(ザルツブルク)
83分 2-2 アンドレ・シウバ(フランクフルト)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200229-00364882-footballc-socc

ELラウンド16の組み合わせが決定! インテルはヘタフェと、マンUはLASKと激突! 

258744-1024x538




1: 2020/02/28(金) 22:08:28.43
 ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が、28日に行われた。

 ラウンド32で昨シーズンのファイナリストであるアーセナルを撃破したオリンピアコスは、エスパニョールを破ったウルヴァーハンプトンと激突。またしてもイングランド勢との対決が決まった。

 優勝候補の一角であるインテルは、アヤックスを下して勝ち上がったヘタフェとの対戦が決定。またラウンド32で2戦合計6-1の大勝を収めたマンチェスター・Uは、オーストリアのLASKと対戦することになった。

 なお、奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)と、長谷部誠、鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)の一戦は、嵐の影響で日本時間2月29日2時へキックオフが延期に。そのため、現在16チームは出揃っていない状況となっている。

 ラウンド16の組み合わせは以下の通り。(※正式な日程は未定)

イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ) vs コペンハーゲン(デンマーク)
オリンピアコス(ギリシャ) vs ウルヴァーハンプトン(イングランド)
レンジャーズ(スコットランド) vs レヴァークーゼン(ドイツ)
ヴォルフスブルク(ドイツ) vs シャフタール(ウクライナ)
インテル(イタリア) vs ヘタフェ(スペイン)
セビージャ(スペイン) vs ローマ(イタリア)
<ザルツブルクvsフランクフルトの勝者> vs バーゼル(スイス)
LASK(オーストリア) vs マンチェスター・U(イングランド)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-01041208-soccerk-socc

<EL決勝トーナメント1回戦>アーセナルやアヤックスがまさかの敗退…マンU、インテルは16強進出 

258744-1024x538




1: 2020/02/28(金) 13:07:24.68
ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグの15試合が、26日から27日にかけて行われた。なお、奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)と長谷部誠、鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)の一戦は、嵐の影響で日本時間2月28日26時(29日2時)キックオフに延期となった。

 昨季のファイナリスト・アーセナル(イングランド)は、ホームでオリンピアコス(ギリシャ)と対戦した。オリンピアコスが53分に合計スコアを1-1にすると、試合は延長戦に突入。アーセナルは113分に一時リードを広げたが、試合終了間際の120分に失点。アウェイゴール差でオリンピアコスの16強進出が決まった。

 昨季のチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝まで進出したアヤックス(オランダ)は、ホームでヘタフェ(スペイン)と対戦。2-1の勝利となったが、敵地でのファーストレグでアウェイゴールを奪えなかったツケが回って合計スコアは2-3となり、ベスト32で姿を消すことになってしまった。

 クラブ・ブルージュ(ベルギー)と対戦したマンチェスター・U(イングランド)は、今冬新加入のオディオン・イガロの加入後初得点などで5発大勝。合計スコアを6-1として、順当に決勝トーナメント2回戦へ駒を進めた。

 新型コロナウイルス流行の影響で無観客の中で行われたインテル(イタリア)対ルドゴレツ(ブルガリア)の一戦は、インテルがロメル・ルカクの得点などで2-1で勝利。合計スコア4-1で勝ち上がった。

 ポルト(ポルトガル)のMF中島翔哉は、ホームのレヴァークーゼン戦に29分から出場。チームは1-3で敗戦し、合計スコア2-5で敗退した。また、ポルトガル勢はベンフィカとスポルティング、ブラガも揃って敗退。ポルトガル勢がCL・ELともに16強を前に姿を消したのは、現行のフォーマットとなった2003-04シーズン以降では初のこととなった。

 AZ(オランダ)のDF菅原由勢の出場はなく、チームはLASKリンツ(オーストリア)に0-2(合計スコア1-3)で敗れ敗退が決まった。

 決勝T1回戦セカンドレグの結果と合計スコアは以下の通り。決勝T2回戦の組み合わせ抽選会は、日本時間28日の21時から行われる。

■26日
ブラガ 0-1(合計スコア2-4) レンジャーズ

■27日
アヤックス 2-1(合計スコア2-3) ヘタフェ
セルティック 1-3(合計スコア2-4) コペンハーゲン
セビージャ 0-0 クルージュ(合計スコア1-1)
 ※アウェイゴール差でセビージャが突破
アーセナル 1-2(合計スコア2-2) オリンピアコス
 ※アウェイゴール差でオリンピアコスが突破
マンチェスター・U 5-0(合計スコア6-1) クラブ・ブルージュ
インテル 2-1(合計スコア4-1) ルドゴレツ
ベンフィカ 3-3(合計スコア4-5) シャフタール
エスパニョール 3-2(合計スコア3-6) ウルヴァーハンプトン
イスタンブール・バシャクシェヒル 4-1(合計スコア5-4) スポルティン
ポルト 1-3(合計スコア2-5) レヴァークーゼン
バーゼル 1-0(合計スコア4-0) APOEL
LASK 2-0(合計スコア3-1) AZ
マルメ 0-1(合計スコア1-5) ヴォルフスブルクグ
ヘント 0-1(合計スコア1-2) ローマ

■28日開催
ザルツブルク vs フランクフルト(合計スコア2-4)

2/28(金) 9:57配信サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-01040989-soccerk-socc

<日本人対決のザルツブルク対フランクフルト戦>暴風予報のため延期決定!【欧州EL】 

20200227-00364711-footballc-000-1-view




1: 2020/02/28(金) 00:01:55.07
欧州サッカー連盟(UEFA)は、現地時間27日に開催が予定されていたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのザルツブルク対フランクフルト戦を暴風の見通しのため延期することが決定したとして発表を行った。

【組み合わせ・対戦表】UEFAヨーロッパリーグ ラウンド32

 試合は27日の現地時間21時(日本時間28日午前5時)キックオフが予定されていた。だが開催地周辺では強い風を伴う悪天候が予想されており、UEFA、両クラブ、現地警備当局が協議の上で試合の延期を決定したとのことだ。現時点で代替開催日は未定であり、決定次第UEFAから発表が行われることが見込まれる。

「本日のザルツブルク周辺では極端に強い風が予想されており、観客に対しても関係者に対してもスタジアムにおける安全な滞在や安全な退出を保証することができない」とザルツブルクは中止理由について述べている。

 ザルツブルクにはMF奥川雅也、フランクフルトにはMF長谷部誠とFW鎌田大地が所属しており、日本人対決となるこのカード。先週フランクフルトのホームで行われた1stレグでは、鎌田のハットトリックなどでフランクフルトが4-1の勝利を収めていた。

2/27(木) 23:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200227-00364711-footballc-socc

鎌田が日本人2人目のELハット! 大会6点目で得点ランク暫定トップタイ! ザルツブルクを撃破 

20200221-43478382-gekisaka-000-2-view[1]




1: 2020/02/21(金) 04:59:21.70
【スコア】
フランクフルト 4-1 ザルツブルク

【得点者】
1-0 12分 鎌田大地(フランクフルト)
2-0 43分 鎌田大地(フランクフルト)
3-0 53分 鎌田大地(フランクフルト)
4-0 56分 フィリップ・コスティッチ(フランクフルト)
4-1 85分 ファン・ヒチャン(PK/ザルツブルク)

[2.20 EL決勝T1回戦第1戦 フランクフルト4-1ザルツブルク]

 ヨーロッパリーグ(EL)は20日に決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、FW鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはホームでMF奥川雅也が所属するザルツブルクと対戦。鎌田が3得点を挙げ、フランクフルトが4-1で勝利を収めた。第2戦は27日に行われる。

 グループリーグを2位で通過したフランクフルトは4-3-3の布陣を敷く。鎌田は1日のブンデスリーガ第20節・デュッセルドルフ戦以来の先発出場に、長谷部は4日のDFBポカール3回戦・ライプツィヒ戦以来の先発になった。鎌田は右FW、長谷部は3センターのアンカーで起用されている。

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でグループリーグ敗退となったザルツブルクはELへ。FWアーリング・ホーランドやFW南野拓実が海外移籍したが、公式戦2試合連続で得点を決めている奥川がトップ下で起用されている。

 試合は序盤からフランクフルト攻勢。前半12分、PA右角のDFアルマミ・トゥーレからパスを受けた鎌田が、相手GKの股間を通すシュートで先制に成功する。さらに同43分に追加点。長谷部が自陣でボールを収め、中盤に縦パスを送る。受けたMFジブリル・ソウがさらに最前線にスルーパスを送ると鎌田が反応。相手DFに追いつかれるが右足の切り返しで華麗に翻弄し、相手GKの構えも左足チップキックでかわしてゴールに流し込んだ。

 鎌田の2得点でフランクフルトは2-0で前半を折り返す。追いかけたいザルツブルクは後半から2枚のカードを切り、奥川は前半45分間で途中交代となった。

 後半に入ってもフランクフルトの勢いは留まらず。後半8分、PA手前からのMFフィリップ・コスティッチのキックは相手のブロックに遭うが、ボールはPA左ラインのDFエバン・エンディカへが拾う。すかさずPA中央に柔らかいクロスで折り返すと、最後は鎌田が頭でゴールに叩き込み、ハットトリックを達成した。

 データサイト『opta』によると、鎌田はクラブ初のELでのハットトリックを達成した選手となった。日本人選手としては2人目のELハットトリック。2018年11月8日に当時ザルツブルク所属の南野が記録して以来の偉業となった。

 また、鎌田は今大会6得点目を記録。レンジャーズ(スコットランド)のFWアルフレッド・モレロスと並び、得点ランク暫定トップタイとなった。

 フランクフルトはその4分後にダメ押し弾。中盤の鎌田が縦パスを送り、FWアンドレ・シウバが前線に運ぶ。PA左でコスティッチがラストパスを受け取ると、チーム4点目を冷静に決めた。

 4-0と点差を広げたフランクフルトだが、守備に手を抜くことはない。後半32分には自陣への進入を許すも、冷静に相手の動きを読んだ長谷部がブロック。36歳のベテラン日本人選手が貫禄の動きを見せた。

 フランクフルトは後半36分に鎌田を途中交代させると、同40分にはザルツブルクFWファン・ヒチャンにPKで失点を喫する。しかしその後はスコアが動くことなく、フランクフルトが1回戦第1戦を4-1で制した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-43478382-gekisaka-socc

鎌田ハットの大活躍! ホームのフランクフルトが奥川先発のザルツブルクに快勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-01037965-soccerk-socc
「何て男だ!」「言葉が出ないよ…」鎌田大地がELで“史上初”のハットトリック達成、ザルツブルクを撃破!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200221-00069962-sdigestw-socc

中島翔哉、まさかのEL遠征メンバー外に。嘔吐ともなう体調不良で大一番を欠場へ  

20191127-00350166-footballc-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/27(水) 19:14:17.40 ID:PJcnlqIU9
 ポルトは27日、翌日アウェイで行われるヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第5節・ヤングボーイズ戦に向けた遠征メンバーを発表した。その中に日本代表MF中島翔哉の名前はなかった。

 ポルトを率いるセルジオ・コンセイソン監督は、決勝トーナメント進出に向けて勝利が必要な大一番に向けて22選手を招集した。ELのアウェイ遠征にはベンチ入りできる18人を超えて余裕を持ったメンバー編成をする指揮官だが、中島を選択肢に含めることはできなかった。

 ポルトガル紙『レコード』によれば、中島は嘔吐を伴う体調不良で遠征に参加できなかったという。クラブ公式サイトに掲載された26日の練習レポートではMFロマーリオ・バロ、DFぺぺ、FWゼ・ルイスの3選手が負傷により別メニュー調整だったことが伝えられていたが、中島の体調不良に関する記述はなかった。

 なお、11月7日のELレンジャーズ戦で左太ももを負傷していたぺぺは、まだ全体練習に部分合流した段階だがヤングボーイズ戦の招集メンバーに入った。負傷当初の予定通りであれば、28日の試合で復帰できると見られており、負けが許されない一戦に向けて守備の要の調整がどこまで進むか注目される。

 コンセイソン監督が選んだヤングボーイズ戦の遠征メンバーは以下の通り。

GK:マルチェシン、ジオゴ・コスタ、エムバイエ
DF:ムベンバ、ぺぺ、マルカノ、ジオゴ・レイチ、サラビア、マナファ、アレックス・テレス
MF:ダニーロ・ペレイラ、ウリベ、ルーム、ルイス・ディアス、コロナ、オターヴィオ、セルジオ・オリヴェイラ、ブルーノ・コスタ
FW:マレガ、ファビオ・シルバ、チキーニョ・ソアレス、アブバカル

フットボールチャンネル編集部 11/27(水) 19:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191127-00350166-footballc-socc

<鎌田大地>英メディアがMOM選出!「輝かしいダブル」独メディア「2発でアーセナルを粉砕」  

1: Egg ★ 2019/11/29(金) 09:01:06.35 ID:FRY04Oml9
日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)の2ゴールがイングランドの名門アーセナルを沈めた。UEFA公式サイトに談話を掲載したジェームズ・ソログッド記者は「鎌田の素晴らしいブレース(2得点)のおかげで、彼らのヨーロッパリーグの運命が彼らの手中にあることを決定づけた」と称賛している。

 28日にエミレーツ・スタジアムで行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第5節、先発出場した鎌田は0-1で迎えた後半10分、DFダニー・ダ・コスタのパスを受けてDFソクラティス・パパスタソプロスと正対。素早いフェイントでかわして左足を振り抜くと、鋭いシュートをゴール左隅に突き刺した。

 鎌田にとって、これが欧州カップ戦初ゴール。さらに後半19分にも魅せた。右コーナーキックのこぼれ球をペナルティアーク付近で拾うと、今度は対面のDFダビド・ルイスのプレッシャーに惑わされず右足を一閃。グラウンダーのシュートをまたもゴール左隅に叩き込み、たった一人で逆転劇を演出した。

 鎌田の2ゴールで勝利したフランクフルトは、グループFの単独2位に浮上。首位のアーセナルを勝ち点1差で追い、最終節で最下位のギマランエス(ドイツ)に勝利すれば、自力でのグループリーグ突破を決められるという優位な状況に立った。

 試合後、クラブのスポーティング・ダイレクターを務めるフレディ・ボビッチ氏は「前半は良くなかったし、アーセナルも優れていたわけではなかった。(ハーフタイムの)監督の言葉が選手のリアクションを引き出した。彼らはとても活発になったし、勝ちに値していた。よく連係していたし、2つのゴールは格調高かった」と鎌田を称えた。

 またアーセナルの敗戦を報じたイギリスメディアも鎌田のゴールに称賛を送った。メイン写真に喜びを示す鎌田を載せた『BBC』は「鎌田大地の輝かしいダブル」と表現。『スカイ』は鎌田をマンオブザマッチに選出し、選手採点では両チーム最高点の『8』をつけた。

11/29(金) 8:48 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-43474519-gekisaka-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索