Samurai Goal

ユヴェントス


スポンサード リンク





ユベントス、来夏日本ツアー企画!Jリーグとの親善試合可能性...C・ロナウド来日も  

751df244-03c1-d659-c6eb-0c2e472ab2e1




1: 2018/12/17(月) 05:54:52.28 _USER9
イタリアの名門ユベントスが、来夏に日本ツアーを企画していることが16日までに分かった。複数の関係者によれば、来年7月22~28日にJリーグが設定した「インターナショナルウイーク」を利用し、Jの強豪と対戦する可能性があるという。セリエA7連覇中のチームには今季、Rマドリードからポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウド(33)が加入。実現すれば大きな話題を呼びそうだ。

ビアンコネロ(白と黒)のC・ロナウドが日本で見られるかもしれない。複数の関係者によれば、ユベントスが来夏の日本ツアーを企画。J1クラブと親善マッチを行う可能性が浮上しているという。

 ユベントスといえば、言わずと知れたイタリアの名門だ。リーグは7連覇中で、今季も15勝1分け無敗で2位に大差をつけ首位を独走。もはや国内敵なし状態だ。布陣も18年W杯ロシア大会で準優勝を飾ったクロアチア代表FWマンジュキッチ、アルゼンチン代表FWディバラ、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFピャニッチらスターがズラリ。その中でもひときわ異彩を放っているのが、今夏1億ユーロ(約128億円)の移籍金でRマドリードから電撃移籍したC・ロナウドだ。

 C・ロナウドはもはや誰もがその名を知る世界的スター。バロンドールは過去5回受賞するなど、輝かしいキャリアを誇る。最も適応が難しいと言われるセリエAでも、1年目から真価を発揮。15日のトリノとのダービーで、得点王争いでトップに並ぶ今季11点目となるPKを決め、チームを勝利に導いた。一昨年はスポンサーイベントなどで来日したC・ロナウドだが、試合となれば鹿島を破ってクラブW杯を制したRマドリード所属時代の16年以来。ユベントスの一員としてはもちろん初となる。

 ユベントスは昨夏に、主にゲームの企画・開発を行う日本企業「Cygames(サイゲームス)」と3年契約を締結。日本ツアーの企画は、この契約も背景にあるとみられる。日本にはCロナマニアだけでなくユベンティーニ(ユベントスファン)も多いだけに、実現すれば大きな話題を呼ぶことは間違いない。

 【過去のCロナin日本】

 ☆05年7月 マンチェスターU在籍3年目に20歳で初来日。親善試合鹿島戦は先発し、同浦和戦は後半から出場した。

 ☆07年7月 22歳でマンチェスターUの一員として浦和と親善試合にフル出場。高速ドリブルから日本での初得点を決めてマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。

 ☆08年12月 23歳でマンチェスターUの一員としてクラブW杯初出場。準決勝G大阪戦は頭で得点。決勝のLDUキト(エクアドル)戦はFWルーニーの決勝点をアシストして初優勝に貢献した。

 ☆16年12月 31歳でRマドリードの絶対エースとしてクラブW杯に出場。準決勝アメリカ(メキシコ)戦で1得点し、クラブ公式戦500得点を記録。決勝鹿島戦はハットトリックをマークしてチームを2年ぶり2度目の頂点に導き、大会MVPに輝いた。

2018年12月17日 05:30スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/17/kiji/20181216s00002019344000c.html

絶好調C・ロナウド、13試合で9ゴールは50年ぶり…アッレグリも「マエストロ」と大絶賛 

20181125-00000005-goal-000-4-view

PK失敗&退場処分で激怒したイグアイン…C・ロナウド「気持ちはわかる」 

20181112-05033968-gekisaka-000-1-view

メッシの名前はなく…?C・ロナウドが2018年バロンドールのライバル5選手を列挙 

20181031-00010000-goal-000-1-view

アッレグリが2GのC・ロナウドを絶賛…決勝点について「魔法の瞬間だった」 

20181028-00000000-goal-000-2-view

C・ロナウド怒涛2発!!3戦連続弾で得点ランクも2位に浮上!ユーベは先制許すも逆転勝利 

20181028-03733942-gekisaka-000-1-view

「史上初の日本人に」伊メディア、本田や長友の事例を挙げユーヴェの堂安律獲得に期待 

20181027-00000001-goal-000-3-view

完敗認めるモウリーニョ、絶賛したユーヴェ2選手とは?「驚異的だった」 

445d9a66-4bf0-41c3-b64c-133f6de76348

C・ロナウドのレイプ疑惑に新展開…ドイツ誌が女性との合意文書を公開 

DlDQ4CoWwAADw_N-800x450

C・ロナウド全3ゴールに絡む! ユベントスは宿敵ナポリに逆転勝利で全勝をキープ!  

1: 2018/09/30(日) 06:08:24.50 _USER9
自身の得点機はことごとく逸したが…

9月29日、セリエA第7節が行なわれ、ユベントスは3-1でナポリを下した。
 
 勝点3差で迎えた首位攻防戦。試合は、ここまで全勝を維持しているユベントスのホームに乗り込んだ2位ナポリが、最初に主導権を握る。
 
 テンポ良くパスを繋ぐアウェーチームは、開始5分でジエリンスキが右ポストを叩くシュートでユベントスDF陣に冷や汗をかかせると、10分、ボヌッチのパスをカットしたアランからスルーパスを受けたカジェホンが、ゴール前でファーサイドに折り返し、これをフリーのメルテンスが押し込んで先制ゴールを挙げた。
 
 リードされたユベントスだったが、流れをC・ロナウドが変える。9分にピャニッチのパスを受け、エリア外からファーストシュートを放った背番号7は、14分にも浮き球をコントロールしながら2本目の惜しいミドル。ここから、ホームチームが攻勢に立った。
 
 ボールポゼッションを上げ、敵陣深くでボールを回せるようになったユベントスは26分、C・ロナウドが左サイドでヒサイをフェイントでかわしてクロス。これをマンジュキッチが跳躍しながら頭で合わせ、試合を振り出しに戻した。
 
 勢いに乗ったユベントスはさらに29分、C・ロナウドが倒されて得たエリア左角のFKを彼自身が蹴り、GKオスピナにゴールライン上でセーブされるも、こぼれ球を拾ってキエッリーニらが好機を得る。その直後にも、CKからジャンが惜しいシュートを放った。
 
 高い位置でナポリにプレッシャーをかけ、相手ゴールに近い位置でボールを奪取するユベントスは分厚い攻撃を次々に仕掛け、カンセロ、ディバラがフィニッシュに持ち込んでいく。
 
 一方、劣勢となったナポリは43分、久々にチャンスを作り、左SBのM・ルイがカットインからシュートを放つが、枠をわずかに外れてこれを活かせなかった。
 
 後半、ファーストチャンスをモノにしたのはユベントスだった。49分、エリア左外でディバラからボールを受けたC・ロナウドがすかさずゴール左隅へシュート。オスピナは何とか触れるも、ボールはポストにはね返ってファーサイドに飛び、これを走り込んだマンジュキッチがダイレクトで詰めて逆転に成功した。
 
 ここからナポリは反撃に転じ、幾度も相手ゴール近くまでボールを運び、ピンチに結びつきそうな場面も作ったが、59分にM・ルイがディバラの足を踏みつけて2度目の警告を受けてしまい、追い風ムードに水を差してしまう。
 
 ユベントスがややペースを落としたことで、その後も数的不利のナポリは敵陣で長くプレーを続けるが、要所は抑えられ続ける。72分、カジェホンがスルーパスを受けてようやく決定機を迎えるも、切り返してのシュートはGKシュチェスニーの好守に遭ってゴールネットを揺らせない。
 
 76分、ユベントスは久々の攻撃で、左サイドのC・ロナウドが中央へ。これを受けたピャニッチのシュートは相手DFに当たるも、これで得たCKをC・ロナウドが頭で軌道を変えて後方に流すと、ボヌッチがスライディングで詰めて3点目のゴールを挙げた。
 
 全ゴールに絡んだC・ロナウドは直後、自身に得点機が訪れるもオスピナに防がれ、83分にもマンジュキッチのスルーパスで完全に抜け出してシュートしたが、ボールが突き刺さったのはサイドネットの外側。アディショナルタイムのベルナルデスキのクロスを受けてのヘッドも、枠を捉えられなかった。
 
 ユベントスは先制されるも、終わってみれば王者の貫禄を見せ、スクデット争いの最大のライバルになるであろう相手に快勝を収めて、開幕から続く連勝を7に伸ばした。

9/30(日) 3:17 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00047964-sdigestw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索