Samurai Goal

ユヴェントス


スポンサード リンク





ユヴェントス、モラタ復帰を発表!買取OP付き12億円の期限付き移籍、4年ぶりにセリエAへ 

スクリーンショット 2020-09-23 10.26.00

ユヴェントスのスアレス獲得は消滅…クラブSD「もう不可能だ」と撤退理由を明かす 

1: 2020/09/21(月) 19:36:26.91 _USER9
ユヴェントスのスポーティングディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏は、ルイス・スアレス獲得が実現しないことを認めた。

今夏の移籍市場でその去就に大きな注目が集まるスアレス。ロナルド・クーマン監督に戦力外を通告された同選手は、今夏に6シーズンを過ごしたバルセロナから離れることが濃厚とされ、その新天地の有力候補にユヴェントスが浮上していた。

以前の『Goal』の取材では、イタリア王者とウルグアイ代表FWが年俸1000万ユーロ(約12億円)の3年契約で合意に達したことが判明。さらに、外国人枠に空きのない同クラブでプレーするためにはイタリアパスポートの取得を義務付けられ、先日に語学試験のためにペルージャに渡っていたこともわかっていた。

しかし、チャンピオンズリーグのメンバー登録期限までにスアレスへのイタリアパスポート発給が間に合わない可能性が高く、今回の移籍市場で同選手獲得から手を引くことをパラティチ氏が『スカイスポーツ・イタリア』で明かした。

「スアレスはリストから除外されることになる。パスポート発給までの時間が移籍市場のデッドラインやチャンピオンズリーグの登録リストの提出期限よりも長くかかることが理由だ。我々はスアレスとのオプションを検討してきた。彼はイタリア市民権を取得する過程の中にいて、我々は期間内に彼を登録できる可能性について考えてきた。しかし、もう不可能だ」

また、パラティチ氏はエディン・ジェコをはじめとしたストライカーの補強についても言及。「ユヴェントスはセンターフォワードを必要としている。現状、我々は1人のストライカーだけのことを考えている。2人ではない。まだ15日残っていて、焦る必要はない。それに、ジェコ以外にもオプションはある」と言及した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3ed8b37f1fe34b4ca1db80916aa63c698b37df54
no title

https://www.goal.com/jp/%E3%AA%E3%B9%E3%88/seriea-transfer/q8kjfhsykhjd127hdvpkz5tos#83nenpncfl9y130bj6s0pyoy0

<ユヴェントス>34歳FWジェコの獲得で合意!スアレスの加入は消滅へ 

1: 2020/09/18(金) 21:29:00.35 _USER9
イタリア国内では、クリスティアーノ・ロナウドやパウロ・ディバラと並んで前線を完成させるために
ローマのFWエディン・ジェコがユヴェントスに選ばれたと伝えられている。

よって、FCバルセロナのFWルイス・スアレスの今夏でのユヴェントス加入は閉ざされることなるだろう。

元バルサ10番がクーマンに警告「彼は敬意を欠いた。スアレスには留まる権利がある」

『Tuttosport』は18日、『ジェコはユヴェントスのプレーヤー』と報じた。
同情報によると、ジェコはすでにユヴェントスと合意している。しかし、加入までには、ナポリのFWアルガディウシュ・ミリクがローマと合意する必要があるようだ。

複雑な契約の最後の詳細は、ジェコは21日(月)にもメディカルチェックを受けにトリノに到着するよう交渉は大詰めを迎えている。
ボスニア人ストライカーは来週火曜日からアンドレア・ピルロの指揮下に入り、27日の“古巣”となるローマ戦でビアンコネロのフォワードとしてデビューする可能性が高い。

すべてがうまくいけば、エディン・ジェコは移籍金1600万ユーロ(約19億8000万円)の2年契約を結ぶことになる。
34歳の選手にとって高額とも言えるこの金額を、ユーヴェは数回に分けてローマに支払うようだ。

昨日、ルイス・スアレスはイタリア国籍を取得するためにペルージャでイタリア語の試験に合格した。

重要な一歩ではあったが、チャンピオンズリーグの出場登録リストの提出期限(10月6日)までに同国籍の取得が間に合わない可能性が高いことからユヴェントスへの移籍オペレーションは保留されていた。
そして今回、ジェコのユヴェントス行きが決定的になったことからウルグアイ人のイタリア上陸は事実上消滅となるだろう。

ロナルド・クーマンは、一度は構想外を伝えた“エル・ピストレロ”をチームに加えることになるかもしれない。

9/18(金) 21:03配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/c47d7330fbc62b5660a64fe0f8319808b4351de5

写真
no title

ルイス・スアレスがイタリア語の試験に合格...ユヴェントス移籍が加速か 

スクリーンショット 2020-09-18 18.09.15




1: 2020/09/18(金) 09:26:33.56 _USER9
ユヴェントスへの移籍説が報じられるFCバルセロナのウルグアイ人ストライカー、ルイス・スアレスは17日、イタリア・ペルージャで、ユヴェントスへの入団に必要な書類の一つであるイタリア語のテストに合格した。

同日の朝にバルサのトレーニングを終えたスアレスは、プライベートジェットでペルージャに移動した。

地元メディアによると、ウルグアイ人は試験に合格し、イタリアのパスポートを取得するために必要なイタリア語の証明書「B1」を取得した。

試験場となった大学の外では、一部のユヴェントスファンに歓迎されたスアレス。彼は口頭試問と筆記試験を受けた。

33歳のバルセロナのストライカーは、アンドレア・ピルロ監督の期待に応えるべくにユヴェントスの加入が強まっている。

しかし、スアレスが実際にパスポートを取得するまでには数週間待つ必要があるため、10月6日までとなる欧州チャンピオンズリーグの出場登録リストの提出期限までに間に合わない可能性があり、移籍オペレーションが実行されるかはまだ不透明と言える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d3de7e90315d188f773d7aad6586dec4b4d22259

スアレスのユヴェントス移籍が間近に…年俸13億円で合意、バルセロナとの交渉続く 

スクリーンショット 2020-09-07 18.03.09

メッシ獲得を狙うのは3クラブ? C・ロナウドとの共演の可能性は... 

1: 2020/08/23(日) 00:28:42.51 _USER9


SPORTのジャーナリスト、ジャーマン・ボナ氏は、メッシ獲得は簡単にはいかないものの、上記のクラブによる獲得の可能性を指摘している。

■パリ・サンジェルマン
PSGは、過去にFFPの規制に苦しんでいるが、新型コロナウイルスによるパンデミックの影響で規則は緩和されたとみられており、ナーセル・アル=ヘライフィー会長はメッシとネイマール、エムバペの共演を望んでいる模様。

■インテル
インテルはメッシとの契約に最大の関心を示しているクラブのようだ。一方バルサはインテルのストライカー、ラウタロ・マルティネスの獲得に熱心である。

■ユヴェントス
ユヴェントスはロナウドとメッシの共演を狙っているかもしれない。しかし、ロナウドが年俸3100万ユーロ(約38億円)を手にしているため、メッシ獲得は簡単ではないようだ。

■プレミアリーグ
世界最高の選手の獲得について、3クラブ以外にもイングランド勢の名前も挙がっている。

マンチェスター・シティはバルサでメッシと共に黄金時代を築いたペップ・グアルディオラ監督のアドバンテージがあり、マンチェスター・ユナイテッドも資金は潤沢にある。チェルシーの名前も常にあるが、大きな後押しはないようだ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ed01d464af395a6aaeddeee253aeda16e165613
no title


関連
【サッカー】<メッシ>バルセロナ退団秒読みか!?インテルは4年総額約322億円のオファーを用意 マンC、パリSGも移籍先候補に [Egg★]
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598069426/

ユヴェントス、C・ロナウド2発も逆転突破叶わず…アウェーゴール差でリヨンがベスト8進出 

スクリーンショット 2020-08-08 13.40.43

9連覇ユヴェントスの徹底採点。C・ロナウドは10点満点、期待外れとなったのは? 

スクリーンショット 2020-08-05 0.47.57

<吉田麻也(サンプドリア)>ユヴェントス相手に奮闘!伊メディアが絶賛!高評価ち「常にクリーンで読みが正確」 

1: 2020/07/27(月) 21:09:54.50 _USER9
26日のユヴェントス戦にフル出場したサンプドリアDF吉田麻也について、『ユーロスポーツ』イタリア版などが評価を下した。

サンプドリアは26日、セリエA第36節において首位ユヴェントスと敵地アリアンツ・スタジアムで対戦。前半アディショナルタイムにFWクリスティアーノ・ロナウドに先制点を決められると、67分にはFWフェデリコ・ベルナルデスキによる追加点を許した。サンプドリアは0-2で敗れると、王者ユヴェントスのセリエA9連覇の瞬間を見守った。

吉田は8試合連続で先発してフル出場。試合終盤のCKの場面においては、DFレオナルド・ボヌッチのシュートをライン際で見事にかきだすなど印象的な活躍を見せた。

『ユーロスポーツ』は吉田のパフォーマンスについて、DFロレンツォ・トネッリらと並びチーム内最高点となる「6.5」の評価を下した。寸評においては、「素晴らしい、素晴らしい守備的な戦いだった。少なくとも2回、決定的なクリアを見せた。常にクリーンで読みが正確だった」とコメント。日本代表DFの守備を絶賛した。なおチーム内最低評価はGKエミル・アウデーロの「5.5」だった。

『トゥット・メルカート・ウェブ』も同様に「6.5」と採点。「最高とは言えない状態の守備陣を支えた。本当に素晴らしく確かな存在だ」と綴り、守備陣のリーダーとして信頼できる選手であるとの見解を示した。

さらに地元紙『ジェノヴァトゥデイ』は、吉田をチーム内のMVPに選出。「6.5」と採点し、「ボヌッチの確実な一撃をギリギリのところで救った。もう一度見て見直したくなるプレー。このほかについても守備陣の中で最も素晴らしかった」と綴った。また『スカイスポーツ』や『メディアセット』も同様に「6.5」と高く評価している。

7/27(月) 17:43 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ad9ca0cebfedeead46b25ca82d4929e1f44f1cb

写真
no title

ユヴェントス、まさかの逆転負けで優勝はお預け…ウディネーゼが残留に向け劇的勝利 

スクリーンショット 2020-07-24 9.41.49のコピー


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索