Samurai Goal

ユベントス


スポンサード リンク





ロナウドに忖度か!?ロナウドの為に“ポグバ&マルセロ”獲得案浮上!! 

キャプチャ

ロナウド“ナルシスト”エピソードを暴露!!『あぁ、なんて僕は美しいんだ!』 

20161213115952
ストーク・シティに所属する元イングランド代表FWピーター・クラウチが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに関するエピソードを明かした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

最近、自伝本を出版したというクラウチ。その本の一部が公開されており、クラウチはいくつかC・ロナウドのエピソードを入れているようだ。その中の一つに、イングランド代表で同僚だったリオ・ファーディナンド氏から聞いた、C・ロナウドの“ナルシスト”なエピソードが以下のように伝えられている。ファーディナンド氏は、C・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドに所属していた2003年から2009年までチームメイトとして共闘していた。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000004-goal-socc

ロナウド“ウンザリ”自身のネガティブな報道に不満を抱く!! 

キャプチャ

“ノーゴール”ロナウドのスロースタートはいつもお決まり!? 

df1b19a282caf6947913a408ed6c3513_1536228302_1

異常事態!?ユベントス「高額ベンチ」に疑問の声!! 

GettyImages-639674494-800x600
1 2018/09/06(木) 11:53:14.91 _USER9
2試合連続ベンチスタートのディバラは年俸9億円

イタリア王者ユベントスは、盤石の選手層でリーグ開幕3連勝のスタートを切ったが、前線の組み合わせは試行錯誤が続いている。
イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、ベンチメンバーの年俸総額が1400万ユーロ(約18億円)の異常事態と報じている。

ユベントスはキエーボとの開幕戦(3-2)をポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラのコンビに託したが、機能性は高くなかった。
ディバラに代えてクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを投入した後の時間帯の方が攻撃が機能したこともあり、
第2節と第3節はロナウドとマンジュキッチがスタメン出場し、ディバラはベンチスタートとなっている。

一方で、ディバラはイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が公開したセリエAの年俸ランキングでリーグ第3位、
ユベントスでは3100万ユーロ(約40億円)のロナウドに次ぐチーム2位となる700万ユーロ(約9億円)の年俸を受け取っている。
さらに今季新加入で3戦連続ベンチスタートのMFエムレ・ジャンも、リーグ全体で8位の年俸500万ユーロ(約6億5000万円)を受け取る選手だけに、
この二人だけでも1200万ユーロ(約15億5000万円)を費やしていることになる。

ジャンが交代出場する際には、年俸650万ユーロ(約8億5000万円)のMFミラレム・ピャニッチと入れ替えるパターンになっている。
さらには、同じく年俸650万ユーロのブラジル代表MFドウグラス・コスタがベンチスタートになることもある。

イタリア国内では頭一つ抜けた資金力を誇るだけに、世界的なスター選手を獲得、
あるいはスペインやイングランドのビッグクラブの誘いから有力選手をプロテクトできるのがユベントスの強みだ。
ベンチメンバーにかけている超高額コストは、絶対王者を支えている一つの要素と言えそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180906-00133673-soccermzw-socc&pos=1
9/6(木) 7:50配信

ロナウドが生んだ“年俸格差”約40億円でセリエA断トツに!! 

img_b35550911ce2c6529b84f4388ffa8d66166742
1 2018/09/04(火) 22:47:13.01 _USER9
9/4(火) 20:58配信 フットボールチャンネル

今季ユベントスに加入したFWクリスティアーノ・ロナウドの年俸は、セリエAで2番目の選手の3倍以上、クラブ内では2番目の選手の4倍以上という圧倒的な金額となっている。4日付伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が年俸ランキングを公開した。

 同紙によれば、C・ロナウドの年俸は税込み6000万ユーロ(約77億2000万円)、手取りでは3100万ユーロ(約39億9000万円)。当然ながらセリエAで最高の高給取りとなっている。

 2位はユーベからミランへ移籍したFWゴンサロ・イグアインだが、その手取り額は950万ユーロ(約12億2000万円)。C・ロナウドとは実に3倍以上の差がある。3位にはユーベのFWパウロ・ディバラが700万ユーロ(約9億円)で続いている。

 4位以降はユーベのMFミラレム・ピャニッチ、同FWドウグラス・コスタ、ミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマ、ユーベのDFレオナルド・ボヌッチ、同MFエムレ・ジャン、ナポリのFWロレンツォ・インシーニェ、インテルのFWマウロ・イカルディ。年俸トップ10のうち6人がユーベの選手で占められている。

 今季のセリエAの年俸総額は税込み11億2900万ユーロ(約1450億円)。「C・ロナウド効果」もあってリーグ史上最高額を更新したとのことだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180904-00288137-footballc-socc

マルキージオ“Jリーグ入りならず”新天地はロシアに決定! 

1 2018/09/04(火) 06:19:24.19 _USER9
ゼニトが元ユヴェントスのMFクラウディオ・マルキージオと契約したことを発表した。

幼少期から25年もの間ユヴェントスに在籍し、セリエA7連覇を含む数々のタイトル獲得に貢献したマルキージオ。しかし、近年は故障に泣かされ、十分な出場機会を得られず。さらに今夏にはエムレ・ジャンが加入するなど、チーム内での序列を下げた32歳の同選手は、8月に双方の合意による契約解除により退団する。

イタリア代表としても55キャップを誇るマルキージオの移籍先としてパリ・サンジェルマンやポルトといった強豪に加え、リーガ・エスパニョーラやメジャーリーグ・サッカー、Jリーグのクラブが関心。しかし、各リーグのシーズンが開幕する中、同選手の新天地は依然として不透明な状態が続いた。

そして3日、ロシア・プレミアリーグに所属するゼニトがマルキージオとの契約を発表。契約期間は定かにはなっていないものの、32歳のベテランMFは背番号10を背負って新天地でプレーすることになるようだ。

ロシアに活躍の場を移すマルキージオは、2015年を最後にリーグ制覇から遠ざかるゼニトのタイトル奪還への貢献が期待されている。

9/4(火) 6:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000026-goal-socc

no title

クロアチア代表監督がロナウドを痛烈批判!!「エゴイスト。私のチームにいらない」 

20180711-00088960-roupeiro-000-4-view
1 2018/09/03(月) 20:15:39.11 _USER9
サッカーイタリア1部・ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナウド(33)について、クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督(51)が「彼はエゴイスト。私のチームにはいらない」などと批判した。

 3日までにクロアチアのメディア「Sportske Novosti」が報じた。それによると同監督は先日、クロアチア代表のR・マドリードMFモドリッチが2017-18年のUEFA最優秀選手賞に選ばれた際に、ユーベ関係者に不満をもらしていた。
同監督は「ロナウドは“もし試合に負けたとしても、私にとって唯一、重要なのは自分が得点を挙げたかどうかだけだ”と考えるタイプの選手だ」と嫌悪感をあらわにした。ロナウドはセリエA第3節終了時点でまだゴールを決めていない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00000095-dal-socc

不調のロナウドに対し、息子が4得点を記録!!ユベントスの“7番”を見せつけた 

キャプチャ

ロナウド“計画通り”ポルトガル代表に選出されず!!ユベントスに専念! 

キャプチャ
1 2018/09/02(日) 09:34:38.14 _USER9
9/2(日) 9:30配信
日刊スポーツ

ロナウド、ポルトガル代表に選出されず
クリスティアノ・ロナウド(2018年6月30日撮影=PNP)
ポルトガル代表メンバーが発表され、ユベントスFWロナウドはクラブでのプレーに集中することを考慮され、選ばれなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00317750-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索