Samurai Goal

ユベントス


スポンサード リンク





ロナウド、移籍当時の気持ちを吐露「正直不安もあった」 

1 2018/09/17(月) 14:00:02.01 _USER9
サッスオーロ戦でユヴェントス移籍後初得点を記録したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、
インタビューに応えた様子をイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが16日に伝えている。

ロナウドは、「レアル・マドリードから移籍して、人々から大きな期待を受けた。正直不安もあったよ。
チームメイトの助けがあって適応できたと思う。そして得点も奪えて幸せだ」とコメントしている。

また、試合後に自身の公式SNS を更新し、「ユヴェントスのユニフォームを着て、初めての2ゴールに非常に満足しているよ。
そして何よりチームの勝利に貢献することができて良かった」と喜びを綴った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00832384-soccerk-socc
9/17(月) 11:48配信

no title

【動画】ロナウドがセリエAで本領発揮!2ゴールを決めユベントス4連勝に貢献 

no title

1 2018/09/17(月) 00:04:05.44 _USER9
C・ロナウド、本領発揮。CR7のセリエA初ゴールを含む2発でサッスオーロを撃破したユヴェントスが開幕4連勝/セリエA第4節

ユヴェントスは16日、セリエA第4節でサッスオーロをホームに迎えた。

開幕3連勝のユヴェントスが、2勝1分けの好スタートを切ったサッスオーロと対戦した。ユヴェントスは、2-1で勝利した前節のパルマ戦から4点を変更。アッレグリ監督はキエッリーニ、ピャニッチ、クアドラード、ベルナルデスキに代えてカンセロ、ベナティア、エムレ・ジャン、ディバラを起用した。

試合は立ち上がりからユヴェントスがボールを保持し、能動的に仕掛けていく。C・ロナウドとマンジュキッチの周囲でディバラがアクセントを付けるユヴェントスは、サイドバックのカンセロとアレックス・サンドロも積極的に攻撃参加。しかし、規律よい守備を形成するサッスオーロを崩すことができない。

ハーフタイムにかけても、ユヴェントスが主導権を掌握する。だが、ピャニッチがベンチスタートのユヴェントスは攻撃のアイデアを欠いたうえ、クアドラード、ベルナルデスキ、ドグラス・コスタといったドリブルで局面を打開できる選手も少ないため、なかなか決定的なシーンをつくれない。

ゴールレスで後半を迎えたユヴェントス。得点が欲しい中、ついにC・ロナウドが決めた。50分、CKから正面のレオナルド・ボヌッチがバイシクルシュート。枠に飛ばなかったが、クリアを試みた相手DFフェラーリの処理によりボールがポストに当たると、跳ね返りをC・ロナウドが押し込んだ。

さらにC・ロナウドはこれでプレッシャーから解放されたか、続く65分にもネットを揺らす。中央のエムレ・ジャンからボールを受けると、ボックス左で左足を振る。これがゴール右に決まり、C・ロナウドが2ゴール目を奪った。

その後、ユヴェントスは試合をコントロールしながら時間を消費。アディショナルタイムにはババカルにゴールを奪われ、試合終了間際にドグラス・コスタが退場となったものの、そのまま逃げ切った。ユヴェントスはC・ロナウドの本領発揮もあり、これで開幕4連勝を飾っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00010016-goal-socc

ロナウド“ユニフォーム”売れすぎ!!僅か2か月で昨季越え…人気の衰え知らず 

1 2018/09/16(日) 20:45:37.44 _USER9
今夏ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)の人気は新天地でも不変のようだ。

レアル・マドリーからユベントスに電撃移籍したC・ロナウド。ここまでセリエAで全3試合に出場してノーゴールだが、抜群の存在感を誇っている。

スペイン『マルカ』によると、販売開始からわずか1日で52万枚も売れたC・ロナウドのユニフォームがその後も売れ続けているおかげで、
すでにユベントス全体のユニフォームの売り上げが昨季を上回ったという。

もちろん、C・ロナウドのユニフォームはイタリアでトップの売り上げを誇っており、スペインやイングランドでは全体の7番目の人気となっているようだ

no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-01894195-gekisaka-socc
9/16(日) 19:51配信

no title
 

ディバラはスペインに移籍するべき!!古巣パレルモの会長の嘆き「泣きたくなるよ」 

news_213674_1

“ロナウドの影響?”ディバラにレアル移籍の可能性が浮上!! 

img_5e6b0eb0e09
1 2018/09/13(木) 18:34:16.35 _USER9
パレルモの会長マウリツィオ・ザンパリーニは、『RMC Sport』のインタビューに答え、今冬の移籍マーケットでのパウロ・ディバラの移籍先がスペインの可能性について語っている。

元ユーベ監督「アッレグリは ディバラを飼殺している」

ディバラがユヴェントスに加入する前にプレーしていたパレルモの会長ザンパリーニは、
「ユヴェントスも1億2,000万ユーロ(約156億円)が欲しいだろうし、ディバラは、1月に移籍するだろう。
そして、私は彼がスペインに行くと思う。彼には、スペインとイングランドからオファーが届いている。
ユヴェントスには優れた選手達がいるが、ディバラがベンチに座っている姿を見ると泣きそうになるよ」と語っている。

さらに会長ザンパリーニは、「彼がベンチにいるのは、監督アッレグリが原因だ。2年前、私はディバラにメッセージを送り、
スペインに行くようにアドバイスした」と述べ、ユヴェントスの監督についても批難している。

実際にディバラは、複数のクラブと接触している。過去には、FCバルセロナも興味を示していた。そして、クリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍してからは、
ディバラがレアル・マドリーのユニフォームを近いうちに着るのはないかという噂も浮上している。

また、マンチェスター・ユナイテッドもディバラとポール・ポグバをトレードするオファーも検討しているということである。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00010006-sportes-socc
9/13(木) 10:36配信

ロナウドに忖度か!?ロナウドの為に“ポグバ&マルセロ”獲得案浮上!! 

キャプチャ

ロナウド“ナルシスト”エピソードを暴露!!『あぁ、なんて僕は美しいんだ!』 

20161213115952
ストーク・シティに所属する元イングランド代表FWピーター・クラウチが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに関するエピソードを明かした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

最近、自伝本を出版したというクラウチ。その本の一部が公開されており、クラウチはいくつかC・ロナウドのエピソードを入れているようだ。その中の一つに、イングランド代表で同僚だったリオ・ファーディナンド氏から聞いた、C・ロナウドの“ナルシスト”なエピソードが以下のように伝えられている。ファーディナンド氏は、C・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドに所属していた2003年から2009年までチームメイトとして共闘していた。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000004-goal-socc

ロナウド“ウンザリ”自身のネガティブな報道に不満を抱く!! 

キャプチャ

“ノーゴール”ロナウドのスロースタートはいつもお決まり!? 

df1b19a282caf6947913a408ed6c3513_1536228302_1

異常事態!?ユベントス「高額ベンチ」に疑問の声!! 

GettyImages-639674494-800x600
1 2018/09/06(木) 11:53:14.91 _USER9
2試合連続ベンチスタートのディバラは年俸9億円

イタリア王者ユベントスは、盤石の選手層でリーグ開幕3連勝のスタートを切ったが、前線の組み合わせは試行錯誤が続いている。
イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、ベンチメンバーの年俸総額が1400万ユーロ(約18億円)の異常事態と報じている。

ユベントスはキエーボとの開幕戦(3-2)をポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラのコンビに託したが、機能性は高くなかった。
ディバラに代えてクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを投入した後の時間帯の方が攻撃が機能したこともあり、
第2節と第3節はロナウドとマンジュキッチがスタメン出場し、ディバラはベンチスタートとなっている。

一方で、ディバラはイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が公開したセリエAの年俸ランキングでリーグ第3位、
ユベントスでは3100万ユーロ(約40億円)のロナウドに次ぐチーム2位となる700万ユーロ(約9億円)の年俸を受け取っている。
さらに今季新加入で3戦連続ベンチスタートのMFエムレ・ジャンも、リーグ全体で8位の年俸500万ユーロ(約6億5000万円)を受け取る選手だけに、
この二人だけでも1200万ユーロ(約15億5000万円)を費やしていることになる。

ジャンが交代出場する際には、年俸650万ユーロ(約8億5000万円)のMFミラレム・ピャニッチと入れ替えるパターンになっている。
さらには、同じく年俸650万ユーロのブラジル代表MFドウグラス・コスタがベンチスタートになることもある。

イタリア国内では頭一つ抜けた資金力を誇るだけに、世界的なスター選手を獲得、
あるいはスペインやイングランドのビッグクラブの誘いから有力選手をプロテクトできるのがユベントスの強みだ。
ベンチメンバーにかけている超高額コストは、絶対王者を支えている一つの要素と言えそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180906-00133673-soccermzw-socc&pos=1
9/6(木) 7:50配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索