Samurai Goal

ユベントス


スポンサード リンク





実は大赤字、ユべントスの財務のゆくえは?  

20191011-10101024-nksports-000-9-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/11(金) 10:18:54.99 ID:LZazKhIe9
この数回はスペインサッカー界を長年にわたって支えてきたと言っても過言ではないレアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリードといったクラブの財政状況を見てまいりました。その中でもレアルは欧州チャンピオンズリーグ(CL)3連覇の立役者でもあるポルトガルのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドの売却を機になかなか立て直すことができておらず、そしてバルセロナもメッシを欠いた試合は落とすなど、好不調の波が大きくなりつつあり、アトレティコは150億円とも言われている大きな投資を行い、いよいよ2強時代から3強時代への変遷を感じさせる今シーズンとなっております。

その中でC・ロナウドが活躍の場を移したイタリア・セリエA、ユベントス。その昔プラティニを擁してヨーロッパを制覇し、来日したことも記憶にある方々もいらっしゃるかもしれません。今回はそのユベントスの収支状況をのぞきつつ、C・ロナウドに始まり大きなお金を生みだすことができている裏側に迫りたいと思います。

ユベントス自体は4億3000万ユーロ(約516億円)ほどの売り上げを計上しており、レアルやバルセロナとピッチ上では互角の戦いをすることができる戦力を誇っていますが、ファイナンス面をみると約半分ほどの規模になります。支出(コスト面)を見てみると、5億9000万ユーロ(約7億円)で、マイナス計上されています。しかもこれは昨シーズンだけでなく、この2シーズンにわたってマイナス計上されておりますから、新スタジアムに変わり、C・ロナウドを獲得し、という華やかで一見成功への道をたどっているかに見える裏側では実はお金がないということになります。この要因がどこにあるかを見てみると、インタンジブル・アモチゼイション(無形の減価償却費)がこの2シーズンにわたって1億ユーロ(約120億円)を超えており、この数字が圧迫しているように感じます。フットボール界の財務諸表を見るにあたり、この“無形の減価償却費"が示すものを考えなければなりませんが、これは選手の契約金である場合がほとんどです。過去、レアルが苦しんだのもこの無形の減価償却費、つまり分割払いによる選手の獲得金になります。スペインでは下部組織から上がった選手の契約金はここに含まれないことが多く、このカラクリを見抜くことがポイントになります。

話をユベントスに戻しましょう。ここでポイントになるのが、どのようにしてこのマイナス計上を解消するのかということになりますが、基本的には選手売却によるキャピタル・ゲインをベースに考えます。つまり、5~10億円で取ってきた選手を30~50億円で売った場合の売却益を得るということ。おそらくですが、本来であれば本年度はその清算時期であったことは間違いありません。アレグリ体制でどうしても達成したかったCL制覇。なぜならば、過去数回にわかってリポートしてきましたが、それによって得られる収入は数十億円単位になり、これがあれば一気に解消され、選手を無理に売却する必要はなくなるからです。

しかしながらチームのとった路線は監督交代、という荒療治。現戦力をベースに補強が必要になるというチームの向かいたい方向性とは真逆のベクトルです。この状況を打破するのはまさに過剰戦力の売却、もしくはビッグタイトルの獲得のどちらか。むしろ両方をバランスよく行う必要があります。

とはいえピッチ上は絶対が存在しない世界。どんどん年を取っていく選手たち。そのような中でC・ロナウドの引退説(今夏母国メディアに「引退するのは来年かもしれないし、40歳、41歳まで続けるかもしれないし」と語った)。150億円近く費やし、さらにその選手が引退されてしまうという痛手をどのように解消していくのか、私はピッチ外のユベントスの経営手腕・かじきりがどのようなものになるのか、注目しています。年末から1月の選手移籍市場においてどのような動きを見せるのか、そしてFIFAファイナンシャルフェアプレーを回避するための策をどのように考えるのか、見てみましょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-10101024-nksports-socc
10/11(金) 10:01配信

<C・ロナウド>メッシとのバロンドール“賞レース”に言及! 「自分が歴代ナンバーワン」  

1: Egg ★ 2019/09/19(木) 18:44:37.05 ID:Lf9g3kjW9
ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、サッカー界で最大のライバルであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシよりも多くのバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を得るにふさわしいと述べている。英公共放送「BBC」が報じた。

 メッシとロナウドは、10年以上にわたって第一線で戦い続けてきた。メッシはバルセロナの下部組織で育ち、17歳の時にトップデビュー。チームとして数々のタイトルを獲得してきたが、個人としても5回のバロンドール受賞をはじめ、多くの賞を手にしてきた。

 一方のロナウドは18歳で母国の名門スポルティングCPからマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、その後はレアル・マドリードでUEFAチャンピオンズリーグを4度制覇するなど栄華を極めた。バロンドールはメッシと並んで5回受賞し、昨夏にはイタリアの名門ユベントスに移籍し、新たな舞台でもリーグ優勝を果たしている。

 英テレビ「ITV」の番組「Good Morning Britain」で、ピアーズ・モーガン氏がパーソナリティーを務めるドキュメンタリーに出演したロナウドは、「メッシはサッカー史の一部だ」としたうえで、こう語っている。

「私は自分が彼よりも6、7、8個は多く得るべきだ。これまでの自分のやってきたこと、今やっていることを考えれば、私もきっとサッカー史の一部であろうし、史上最高の選手の1人だ。私にとっては、自分が歴代ナンバーワン。他のファンにとっては、別の選手がナンバーワンで私が2番かもしれないけど、それでも関係ない。自分がサッカー史の一部であり、史上最高の1人であることを分かっている」

 誰が“世界一”の象徴であるバロンドールを、今年受賞するのか。2019年もロナウドやメッシら有力候補を中心に、その行方が世界中のサッカーファンの注目を集めそうだ。

9/19(木) 17:50フットボールマガジンゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00218602-soccermzw-socc

写真no title

ロナウドが幼少期の恩人「マックの女性従業員」探し 

20190919-09190082-nksports-000-12-view[1]

ユベントスに北朝鮮代表FWが完全移籍で加入! クラブ史上初のアジア人選手に  

20190903-00336783-footballc-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/03(火) 07:28:04.74 ID:QYnrTqdo9
ユベントスが2日、カリアリに所属する20歳の北朝鮮代表FWハン・グァンソンを獲得したと発表。

クラブの発表によると、2023年6月までの完全移籍でチームに加入したという。
ベントスにとって、クラブ史上初のアジア選手だ。まずはトップチームではなく、ユベントスのリザーブチーム(U-23)でプレーする見通しとなっている。

ユベントスは2018年1月からグァンソンに注目していた。同年夏にも獲得に動いていたが契約は成立せず。
それでも交渉は続けられていたようで、ようやく今回、ユベントスがグァンソンの獲得に成功している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190903-00336783-footballc-socc
9/3(火) 7:22配信

ネイマール争奪戦にユベントスも参戦!? ディバラ狙うPSGにトレード提案か  

20190820-00335081-footballc-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/20(火) 21:46:41.16 ID:jh48+CLu9
パリ・サンジェルマン(PSG)からの移籍の可能性が高まり、古巣バルセロナやレアル・マドリーからの関心が盛んに噂されるブラジル代表FWネイマールだが、ユベントスも移籍先候補に浮上しているという。ブラジル『グローボエスポルチ』が19日に伝えた。

 負傷の影響もあって今季のPSGでまだ試合に出場しておらず、クラブやファンとの関係悪化も伝えられるネイマール。スペイン復帰に向けた動きが報じられ続けているが実現には至らず、移籍市場の残り期間は2週間を切っている。

 PSGは代役となるFWを確保しない限りはネイマールの放出に応じない構えだとされており、その新戦力候補としてユーベのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラにも関心を示しているとみられる。PSGとユーベはすでにディバラの移籍に関して話し合いを行っていたが、その取引にネイマールも含める形が持ち上がってきたとブラジルメディアは伝えている。

 バルサやマドリーとの交渉が停滞していることもあり、ユーベは強力な対抗馬になる可能性があるとの見方も伝えられている。もしユーベへ移籍したとすれば、ネイマールはキャリアで初めてFWクリスティアーノ・ロナウドと共演することになる。

 しかし、実現はそう簡単ではないかもしれない。昨夏にC・ロナウド、今夏にDFマタイス・デリフトを獲得するなどすでに大きな投資を行っているユーベがネイマールを獲得するのは金銭面で非常に困難だという見方を伊紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』は伝え、「ポールポジションは依然としてレアル・マドリー」だと述べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190820-00335081-footballc-socc

<関連スレッド>
【サッカー】バルサ、ネイマール獲得へ期限付きでオファー決断
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566293203/

ロナウド欠場に怒りの韓国ファン、スウェーデンまで追いかけ直接抗議 

20190816-00000016-jij_afp-000-3-view[1]

韓国のC・ロナウド訴訟騒ぎへの反応。イタリアでは「W杯の誤審を忘れない」 

20190803-00208392-soccermzw-000-2-view[1]




1: 荒波φ ★ 2019/08/07(水) 09:15:30.81 ID:CAP_USER
契約不履行? 損害賠償? 一体、何の?

クリスティアーノ・ロナウドとユベントスへの損害賠償訴訟騒ぎについて、イタリアは驚くほど冷淡だ。

極東アジアでの喧騒がまったく嘘のように、近所のバールでも記者同士の軽口でもまったく話題に上らない。歯牙にもかけない、とはこのことだろう。

「信じがたい。彼らは本気でこんなことをやっているのか?」

トリノの同業者に、韓国の弁護士事務所が4カ国語でクリロナとユーベを糾弾する動画メッセージを見せたところ、彼は心底呆れかえっていた。

Kリーグ選抜との親善試合が行われてから1週間強が過ぎた。セリエA開幕を控えるC・ロナウドとユベントスにとって、アジアツアーはもう完全に過去の話なのである。

■トレード交渉ネタ一色。
 
先月26日にソウルで行われたKリーグ選抜との親善試合翌日こそ、イタリアの新聞各紙は結果とマッチレポート、サッリ監督のコメントを掲載したものの、それ以降に韓国で沸き起こった抗議と謝罪と損害賠償を求める動きについて報じる動きは皆無に等しいと言っていい。

新聞でもTVでも、スポーツ枠でのユベントス関連情報はまずトップ扱いだが、この週末の話題はFWディバラとFWルカク(マンチェスター・U)のトレード交渉ネタ一色だった。

ユーベがアジアツアーを終えて帰国した27日以降、若手有望株だったFWケアンのエバートン放出や8月10日に控えるA・マドリーとのテストマッチに向けた動向など現地メディアには無視できないネタやイベントが目白押しだった。

29日にマドリードに飛び『マルカ』紙の表彰を受けたC・ロナウドが「CL制覇に足りないものはない」と新シーズンへの抱負を語れば、8月に入ってDF J・カンセロとDFダニーロ(マンチェスター・C)とのトレード交渉が過熱する、といった按配で息つく暇もない。

■誰も興味すら持っていない。
 
6月のW杯で活躍したユベントス女子部門のMFボナンセアが契約延長したというニュースですら、4×10cm大の小さな囲み記事になったというのに、ソウルで主催者が観客への釈明に追われ、Kリーグ会長がユベントスに抗議の書簡を出し、警察が詐欺容疑の告訴状を受け取っても、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』ではたった1行にもならなかった。

誇張でも何でもなく、イタリアでは韓国での騒動に誰も興味すら持っていないし、報道のニーズもないのだ。

ただし、各メディアとも紙幅に制限のないネット版では(もちろん移籍市場動向といった優先ネタよりずっと細々とした扱いだが)、この騒動をフォローしている。

内容はソウル発の報道をほぼなぞったものだから特筆しないが、それらの記事に寄せられたコメントには、異口同音ながら必ず共通したコメントがあった。

■「主審モレノ」と「誤審」。

「2002年を忘れるものか」

17年前の夏以来、「韓国」と聞いて日韓ワールドカップを思い出さないイタリア人はいない。理不尽で忌々しい屈辱的敗戦の記憶は「主審モレノ」、「誤審」という呪詛の言葉とともに、今も決して治らない古傷のように心のひだにこびりついている。

あのときの無念と悔しさは忘れようがない。

今回の親善試合でKリーグ選抜の3点目を決めたオーストラリア人FWアダム・タガート(水原三星)が「ユベントスとやるよりKリーグでやる方が正直きつい。ここじゃボールをもったらすぐ3人から囲まれるからね」と“韓国アゲ”発言をしたところ、やはりイタリアのファンは辛辣な反応を示した。

「この暑い時期に、テストマッチでユーベが真剣に走るわけないだろ」

「こいつ一体何様だ? 韓国でプレーしている時点でレベルは知れてるがな」

「若手主体のユーベにも勝ちきれなかったのに何言ってやがる」

2019/08/06 17:30
https://number.bunshun.jp/articles/-/840240
https://number.bunshun.jp/articles/-/840240?page=2
https://number.bunshun.jp/articles/-/840240?page=3
https://number.bunshun.jp/articles/-/840240?page=4

C・ロナウド欠場騒動、関係者1人が出国禁止 警察発表「韓国連盟の関係者2人も調査」 

20190805-00208719-soccermzw-000-6-view[1]

C・ロナウドSNS炎上 “上半身露出”お茶目投稿も…韓国集中砲火「謝れ」「怒り収まらない」 

20190803-00208392-soccermzw-000-2-view[1]

C・ロナウド、SNSで韓国人の非難コメント削除か…韓国側は「怒りは収まらない」と糾弾 

20190802-43470030-gekisaka-000-1-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索