Samurai Goal

モントリーボ


スポンサード リンク





元イタリア代表MFモントリーボ、古巣ミランへの憤りと共に34歳で現役引退!  

20191113-00364400-usoccer-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/13(水) 20:56:17.47 ID:aVfuEiUf9
元イタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(34)が現役引退を発表した。同選手が13日、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューで明かした。

昨シーズン終了後にミランを退団した中、フリーの状態が続いていたモントリーボだったが、『コリエレ・デッロ・スポルト』の独占インタビューを通じて現役引退を認めた。

「今すぐプレーをやめる」

「家族と共に今後もミラノに住み続けることになると思う。だけど、今後自分が何をやっていくかはまだわからないよ。それには少し時間が必要だ」

また、今回のインタビューでは自身最後の所属クラブとなったミランへの憤りを語っている。

「(自身最後の指揮官となったジェンノーロ・ガットゥーゾ監督について)彼は僕を干した理由について何も説明しなかったよ。今はもう気にすることではないけど、移籍を拒否することもしていなかった。問題は自分自身にないことは明らかだったし、自分の求める質問は一度も返ってこなかった」

「(カピターノ剥奪について)ボヌッチの加入以降、モンテッラやミラベッリに彼へ腕章を譲るべきだと言われたよ。ただ、個人的には自分を含めボナヴェントゥーラのようなプレーヤーのサポートもあってその必要はないと返答した。だけど、当時の会長ヨンホン・リーの決断によって決まった」

「(2018年プレシーズンツアー招集外について)説明はなかったよ。ミラン・ラボで記録したフィジカルテストの数字は良かったけど、それは何の考慮もされなかった。決定は出発前日にチームマネージャーからテキストメッセージで送られたよ」

「それ(ミラン)が自分を引退に追い込んだと言ってもいいんじゃないかな。7年間も在籍していたにも関わらず、ファンにお別れの挨拶をする機会さえも与えられなかった」

イタリア屈指の育成の名門、アタランタでプロキャリアをスタートしたモントリーボは、繊細なボールコントロール、キック精度、パスセンスを武器に新時代のトレクァルティスタとして台頭。その後、2005年にフィオレンティーナに完全移籍を果たすと、徐々にポジションを下げてレジスタやインクルソーレの役割を担い、2010年からはヴィオラのカピターノにも就任した。

そして、2012年にはミランへのステップアップを果たし、その翌年にはロッソネロのカピターノに就任。負傷を除き2015-16シーズンまでは中盤の主力として活躍も、その後は混迷を極める名門の中で出場機会を失い、2017-18シーズンにはイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(現ユベントス)に腕章を譲ることに。

昨シーズンはケガの影響もあったものの、屈辱の出場機会0に終わり、契約満了に伴い今夏にミランを退団していた。

アタランタ、フィオレンティーナ、ミランの3クラブでのプレーを通じてセリエA通算380試合に出場し28ゴールを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では通算25試合に出場。ただ、キャリアを通じてはミラン時代の2016年に獲得したスーペル・コッパが自身唯一のタイトルとなった。

また、世代別チームからイタリア代表の常連だったモントリーボは、U-23代表の一員として北京オリンピックに参加したほか、2007年10月にデビューを果たしたアズーリでは通算66試合に出場し2ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)と、ユーロ2012の2つの大舞台を経験していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00364400-usoccer-socc

ACミランMFモントリーボが全オファーを拒否!その理由が話題に...!!! 

Montolivo
1 2018/08/16(木) 09:52:36.67 _USER9
ミランに所属する33歳のイタリア代表MFリッカルド・モントリーボが移籍を拒否した。15日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 ジェノアMFディエゴ・ラクサールとビジャレアルMFサムエル・カスティジェホの獲得が間近に迫るミラン。積極的な補強を進める一方で、選手の売却も進めなければならない。同メディアによると、放出候補のモントリーボが全てのオファーを拒否し、移籍しない意思を示したとのこと。妻が妊娠中であり、街を離れたくないのが理由だという。

 2012年からミランに所属するモントリーボは、昨季公式戦26試合に出場し3得点2アシストを記録。2019年6月まで契約を残しているが、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督のもとで戦力外となっている。

https://article.auone.jp/detail/1/6/11/94_11_r_20180816_1534375242900192

ACミランがシーズンへ向けて始動!ポゼッションサッカー志向か?モントリーヴォ「とてもポジティブなものだったよ」 

1: 名無しさん 2016/07/10(日) 18:05:25.40 ID:CAP_USER9
新指揮官の印象が良いと語る

2016-17シーズンへ向けて始動したミランは、
新指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラのコンセプトを取り入れようとトレーニングを開始している。

近年のミランはクラブの名にふさわしい成績を残せていないだけに、
フィオレンティーナなどで結果を出してきたモンテッラの下で欧州カップ戦出場権を獲得できるところまでは復帰したいところだ。

チームも上手く集中できているようで、伊『Milan TV』によるとMFリカルド・モントリーヴォはモンテッラの第一印象が非常に良かったとコメントし、
同指揮官のコンセプトを吸収しようとチームが良い形でトレーニングに入れていることをアピールした。

「モンテッラの第一印象はとてもポジティブなものだったよ。チームは彼のコンセプトを理解しようとしているんだ。
プレシーズンのトレーニングはタフになるだろうけど、チームは監督のリクエストによく応えている。

モンテッラは常に選手のベストを引き出し、良いプレイをするチームを作ってきた。
彼のゲームプランはクリアなものだと思う。選手個々の役割にかかわらず、ポゼッションを高め、相手がボールを持った場合はチェイスするんだ。
今の目的はチームスピリットを作ることだ。昨季は一貫性に欠けていたと思っているからね」

モンテッラはフィオレンティーナでもポゼッション率を高めるスタイルで戦っており、ミランでも変わらないだろう。

それは2015-16シーズンのミランには見られなかった形で、選手たちは全く違うチャレンジをしていくことになる。
チームの大黒柱であるモントリーヴォの第一印象はよかったようだが、モンテッラの下でチームは変われるか。

theWORLD(ザ・ワールド) 7月10日(日)12時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160710-00010004-theworld-socc

写真
no title


ミランのモンテッラ新監督、「本田はファンタスティック」 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000016-ism-socc

「本田の持ち味は際立っており、ファンタスティックな選手。
日々様子を見てポテンシャルを評価し、決断を下したい」と述べた。

◆ACミラン公式HP
http://www.acmilan.com/it

モントリーボ、イタリア杯決勝の惜敗に負け惜しみ!「これがボクシングの試合ならポイントで勝っていた」©2ch.net  

1: 名無しさん 2016/05/22(日) 23:59:03.64 ID:CAP_USER9
■死力を尽くすも絶対王者に一歩及ばず

 ACミランは21日、ユベントスと対戦したイタリア杯決勝で延長末に0-1で惜敗し、2010-11年シーズンのリーグ優勝以来となるタイトルを手にすることはできなかった。試合後、主将のイタリア代表MFリッカルド・モントリーボは「ボクシングの試合ならミランが勝っていた」と語り、負けを惜しんだ。

 モントリーボは4-3-3システムの中盤の底で先発。セリエA5連覇の絶対王者相手に体を張った。延長後半4分にMFホセ・マウリと途中交代するまで必死のプレーを見せた。

 イタリア国営放送「RAI」のインタビューに応じたキャプテンは、負け惜しみのような言葉を口にした。

「残念だ。これがボクシングの試合ならポイントで勝っていた。不運な事に最終局面での決定機が必要だった。それが欠けていたが、ユベントスは決定的だった」

 ミランの方が試合を優勢に進め、ボクシングの世界なら判定勝ちを収めたかもしれないと主張した。

■終盤の失速を悔やむ主将

 今季終盤戦に主将はふがいないパフォーマンスが続き、批判を受けた。リーグ戦は7位に終わり、格下のサッスオーロに抜かれる体たらくとなった。欧州リーグの来季出場権もサッスオーロの手に渡ったが、最後の最後でチームは魂を込めたプレーを見せた。

「もしも、こんな試合をシーズンを通して見せることができれば、全く違ったシーズンになっただろう。我々はすべてを出し切ったと思う」

 死力を尽くしたキャプテンは、負のスパイラルに陥ったリーグ戦の失速を嘆いていた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160522-00010021-soccermzw-socc
no title


【サッカー】<ACミランMF本田圭佑>ガゼッタ・デッロ・スポルト紙、フル出場の本田に及第点「6」「ポグバを最終ラインに押しやった」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1463895020/

【サッカー】<本田圭佑>移籍か残留か?必要不可欠な先発メンバーとしての立場を確立も・・・現地メディア「クラブの状況次第」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1463914355/

ミランサポがフェイスブックで「モントリーヴォの契約延長にノー」 

1: 名無しさん 2016/04/28(木) 13:58:00.88 ID:CAP_USER9.net
ミランサポーターの怒りは、キャプテンにも向けられている。クラブに契約を延長しないように求める動きも始まった。イタリアメディアが報じている。

シニシャ・ミハイロビッチ前監督の解任と、トップチームでの指揮経験がないクリスティアン・ブロッキ監督の就任、そして格下相手に2試合白星がなく、最下位には逆転負け…。暗い話題ばかりが続くミランのファンは、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長に怒りをあらわにしている。

だが、怒りの矛先が向けられたのは経営陣だけではない。もちろん、ピッチで戦う選手たちも批判の標的となっている。その筆頭が、キャプテンのMFリッカルド・モントリーヴォだ。

2012年にミランに加入し、翌年からキャプテンを務めているモントリーヴォだが、かつての輝きを見せることが少なくなり、たびたび批判されている。そのため、クラブは今季で満了となる契約の延長に向かっているとされるが、一部ファンはこれに納得がいかないようだ。

そういったファンにより、『フェイスブック』で「モントリーヴォの契約延長にノー」というイベントが作成された。日付はもちろん、契約満了となる今年6月30日だ。イベントには1万人以上のユーザーが「興味あり」とし、1万人近いユーザーが「参加予定」としている。

コッパ・イタリア決勝でユヴェントスを下し、優勝トロフィーを掲げれば、モントリーヴォは信頼を取り戻すことができるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00000012-goal-socc
no title

【画像・動画】逆転弾を浴びたFKで壁に入ったモントリーボが華麗にボールをスルーwww 

246: 名無しさん 2016/04/26(火) 02:09:31.13 ID:S9gAyCuI0.net
ACミランキャプテン様の勇姿
no title

ミラン”強制合宿”で口論勃発! モントリーボが激白「長い時間の対立があった」 

1: 名無しさん 2016/04/07(木) 14:46:06.34 ID:CAP_USER*.net
モントリーボが明かす 「誰もこの状況に満足していない」
 
日本代表FW本田圭佑の所属するACミランは、リーグ戦4試合白星なしという不振により、シニシャ・ミハイロビッチ監督が強制合宿を指令。
選手たちは9日の王者ユベントス戦まで監禁生活を余儀なくされているが、主将を務めるイタリア代表MFリッカルド・モントリーボは、
合宿中に選手同士の内輪揉めが勃発したことを告白している。ミラン公式テレビ番組「ミラン・チャンネル」が報じている。

「我々にはとても長い時間の対立があった。声も荒げていた。誰もこの状況に満足していない。
4試合で勝ち点2という結果は、我々のようなチームにとっては十分ではない」

右足の負傷でユベントス戦の出場が危ぶまれているキャプテンが、ミランの危機的状況を明らかにしている。
現在リーグ6位ながら、5位インテルとの勝ち点差は6に開いており、後ろを振り返れば7位の格下サッスオーロに勝ち点差1と猛追されている。

優勝すれば来季のUEFAヨーロッパリーグ出場権が手に入るイタリア杯で、リーグ首位ユベントスとの決勝に進出しているものの、
欧州カップ戦出場権を3年連続で失う可能性は残されている。そうした危機と隣り合わせのなかで口論が勃発しており、チーム状況は最悪と言っていい。

王者ユベントスに敗れれば監督解任も…

「合宿が解決法とは思わないけれど、これが役に立つと考えている。なぜならチームには、この瞬間に対する責任がある。
自分自身を見つめ直す。もっと何をすることでチームに貢献できるか理解する必要がある。土曜のフィールドでそれを見せたい」

絶対王者ユベントスは、ここリーグ戦21試合で20勝と圧倒的な強さを示している。
負ければミハイロビッチ監督が解任とも報じられている崖っぷちのミランが、意地を見せることができるだろうか。

Soccer Magazine ZONE web 4月7日(木)14時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160407-00010008-soccermzw-socc

写真
no title

ミラン本田圭佑への賛辞が続々!モントリーヴォ「絶対的なタレントはないかもしれないが、彼がチームにいることを、僕はうれしく思っている」 

1: 名無しさん 2016/02/15(月) 11:08:09.99 ID:CAP_USER*.net
今季初ゴールはチームに勝ち点3をもたらす決勝点となった。
ミランの背番号10に、クラブの上層部からも大きな賛辞が寄せられている。

アドリアーノ・ガッリアーニCEOも、先日亡くなったエルネスト・ブロンゼッティ代理人の名前を出しつつ、本田についてこのように述べた。

「本田は長いことゴールを決めていなかったね。ブロンゼッティは本田獲得のためにすごく頑張ってくれた。
この非常に優れた選手をここに連れてくるうえで、ブロンゼッティが決定的な存在だったんだ。本田はとても見事に中盤にバランスを与えてくれる。
このフォーメーションで、彼とジャック(ジャコモ・ボナヴェントゥーラ)がいれば、我々はバランスが取れるんだ」

ミハイロビッチ監督から本田とともに称賛されたキャプテンのMFリッカルド・モントリーヴォも、本田の活躍を喜んでいる。

「本田は信頼できる選手の一人だ。ボールが外に出ない限り、彼は信じるんだよ。絶対的なタレントはないかもしれない。
でも、こういう選手がいれば、チームの目標を達成できるんだ。彼がチームにいることを、僕はうれしく思っている」

GOAL 2月15日(月)8時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00000045-goal-socc

写真
no title

no title


【サッカー】ミランMF本田圭佑、イタリアメディアが絶賛!チーム最高の「7.5」マン・オブ・ザ・マッチに選出「サムライの日だった」 
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1455462737/

モントリーヴォ「ケイスケ(本田)は、僕らの観客から愛されないかもしれないが素晴らしい選手!!」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 11:38:18.91 ID:CAP_USER*.net
ミランMF本田圭佑は17日、セリエA第20節フィオレンティーナ戦でフル出場した。キャプテンの
MFリッカルド・モントリーヴォは、背番号10が「重要な選手」だと述べている。

公式戦5試合連続で先発出場した本田は、ゴールやアシストこそなかったが、献身的な守備でチームに貢献。
後半には自ら惜しいシュートを放った。ミラン専門サイト『milannews.it』は、本田に及第点の「6」をつけている。

モントリーヴォはイタリア『メディアセット』で、本田について次のように述べている。『milannews.it』が伝えた。

「ケイスケは、僕らの観客から愛されないかもしれない。でも、プレーへの注意力や戦術面で、
彼は素晴らしい選手なんだ。僕らにとって重要な選手だよ。まるでDFのようなカバーリングをしてくれるんだ」

一方で、これまで批判にさらされてきたモントリーヴォには、スタンドから拍手も送られた。『milannews.it』で
「6.5」と評価されたキャプテンは、喜びを表している。

「うれしいよ。いつだって拍手はうれしいものだ。僕はピッチで常に全力を尽くしている。
カルピ戦(コッパ・イタリア準々決勝)でも良かったと思うんだ。観客が違う反応をするのも普通のことで、
結果次第ということが多い。僕らはしばらく前からうまくやれず、少し難しい状況だったからね」

今季のリーグ戦で常に得点を挙げていたフィオレンティーナをシャットアウトしたミランは、
FWカルロス・バッカとMFケヴィン=プリンス・ボアテングのゴールで2-0と勝利。6位に浮上している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000000-goal-socc
no title

ACミランMFリッカルド・モントリーヴォが契約延長へ!減俸も受け入れ大筋合意か・・・ミランで引退することを希望 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 04:16:36.04 ID:CAP_USER*.net
日本代表FW本田圭佑の所属するミランの主将を務めるイタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォが、
同クラブとの契約を延長する意向にあることが明らかになった。7日、イタリアメディア『calciomercato.com』が報じている。

現在30歳のモントリーヴォは、今季終了とともにミランと契約満了を迎える模様。
同メディアによると、ミランで引退することを希望しているため、現在の年俸350万ユーロ(約4億7000万円)からの減俸を受け入れ、
2019年までの契約延長ですでに大筋合意に達しているという。

同選手は昨季、負傷に悩まされてわずか10試合の出場に留まり、シーズン終了後にはユヴェントスへの移籍も噂されていた。
しかし、今季は第3節のインテル戦で昨年2月以来のフル出場を遂げると、以降に行われた全13試合に先発出場している。

SOCCER KING 12月8日(火)3時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-00377833-soccerk-socc

no title


プロフィール ACミラン公式
http://www.acmilan.com/jp/teams/roster_player/2916



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索