Samurai Goal

モラタ


スポンサード リンク





C・ロナウド不在のユベントス、モラタ2発でCL白星スタート! 欧州デビューのピルロが“師弟対決”制す 

1: 2020/10/21(水) 07:34:37.22 _USER9
[10.20 欧州CL第1節 ディナモ・キエフ0-2ユベントス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第1節が20日に各地で開催された。グループGではユベントス(イタリア)が敵地でディナモ・キエフ(ウクライナ)と対戦。FWアルバロ・モラタが2ゴールを決め、2-0の勝利を収めた。第2節は28日に行われ、ユベントスはホームでバルセロナ(スペイン)、ディナモ・キエフはアウェーでフェレンツバーロシ(ハンガリー)と顔を合わせる。

 今季からユベントスを率いるアンドレア・ピルロ監督は指揮官としての欧州CLデビュー戦。ディナモ・キエフを指揮するミルチェア・ルチェスク監督はブレシアやインテルで選手時代のピルロ氏を指導しており、師弟対決としても注目された。

 ユベントスは13日にポルトガルサッカー連盟(FPF)から新型コロナウイルスの陽性反応が発表されたFWクリスティアーノ・ロナウドを欠く中での一戦。3-4-1-2の布陣で臨み、前線ではトップ下にMFアーロン・ラムジー、2トップにFWデヤン・クルセフスキと4年ぶりのユベントス復帰となるモラタが配置された。

 前半をスコアレスで終えたユベントスはハーフタイム明け直後に先制する。後半1分、左サイド深くで仕掛けたMFフェデリコ・キエーザが折り返し、ラムジーのヒールパスからクルセフスキが左足でシュート。GKに弾かれるが、こぼれ球をモラタが左足で蹴り込んだ。

 後半39分には右サイドで幅を取ってボールを受けたMFファン・クアドラードが右足で高精度のクロス。PA内中央のモラタがヘディングで叩き込み、2-0とリードを広げる。そのまま逃げ切ったユベントスが敵地で白星スタートに成功。師弟対決はピルロ監督に軍配が上がった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7284c111a7cd7e326220f2ed075a85d68538b856
no title

ユヴェントス、モラタ復帰を発表!買取OP付き12億円の期限付き移籍、4年ぶりにセリエAへ 

スクリーンショット 2020-09-23 10.26.00

<バルセロナ>給料支払い約695億円!..1番価値のある選手はネイマールで約283億円、エムバペが約266億円  

20180908_neymar666




1: 2019/01/16(水) 20:40:57.03
『KPMG』の報告によると、FCバルセロナは最初に500億円使ったクラブと言われている。

メッシの巨大な愛犬が再びSNSの主役に

リーガ首位を走るFCバルセロナは500億円を給料として使ったと言われており、『KPMG』の『Football Benchmark』の調査で明らかになったように、ヨーロッパの上位8つの各リーグのチャンピオンを調べた結果、2017年の数字から42%上昇している。

バルサは2018年の1月に、フィリペ・コウチーニョを獲得し、約160億円を使っている。

そしてまた8月に加入したウスマン・デンベレやレオ・メッシを含む多くのプレイヤーの契約を更新した。

バルサは年間約695億円を給料として支払っている。
『KPMG』の調査によると、PSGが2位で、約410億5,000万円の給料を支払った。これは前年比で20%の増加となる。マンチェスター・シティは膨大な資金力を持っているチームだが、前年比より5%下がっている。

一番価値のある選手はPSG所属のネイマールで約283億円、続けて同じくPSG所属のキリアン・エムバペが約266億円、3位につけるのがバルサのレオ・メッシで約251億円になる。

バルサは現在更なる選手獲得を狙っており、アルバロ・モラタの名も挙がっている。また指揮官バルベルデはオリヴィエ・ジルーの獲得を熱望している。今後の動きに注目が集まる。

1/16(水) 19:39配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00010010-sportes-socc

レアルFwモラタが注目するドルトムント選手とは? 対戦前に意外な名前を口に… 

1: 名無しさん 2016/09/22(木) 18:45:51.95 ID:CAP_USER9
レアル・マドリーは27日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節、敵地でボルシア・ドルトムントと対戦する。その一戦に向けて、FWアルバロ・モラタは相手チームのなかで最も注目している選手として、意外な名前を挙げた。

今夏ユヴェントスからレアルに復帰したモラタは、14日のCL開幕節スポルティング・リスボン戦のアディショナルタイムに劇的逆転弾をマーク。モラタの得点で勝利を得たレアルは、同日にレギア・ワルシャワを6-0で粉砕したドルトムントと勝ち点で並び同グループのトップに並んだ。

首位決戦ともなり得る重要な一戦を前に、モラタはすでに相手をチェックしたようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』のインタビューでドルトムントの選手について聞かれると、注目しているのはこの夏にドルトムントに加わった若手だと明かしている。

「僕はエムレ・モルに魅了されているんだ。ドルトムントは本当に最高の買い物をしたね。彼がどれほどスピーディーで、どれほど上手くボールを扱えるのか。ヨーロッパのベストプレーヤーの1人になり得る」

モラタが口にしたのは、意外にも昨季のチーム得点王FWピエール=エメリク・オーバメヤンやフランスからやってきた注目株のFWウスマン・デンベレではなく、まだドルトムントでは公式戦で合計75分しかプレーしていない19歳のタレントだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000010-goal-socc
no title

レアル・マドリード、ベンゼマの状況を考慮して来夏にストライカーを2選手獲得か!? 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/15(日) 22:07:09.88 ID:???*.net
レアル・マドリーは来夏の移籍市場で、ストライカーを2選手獲得することを考慮しているようだ。
スペイン『マルカ』が報じた。

今季、純粋なストライカーがFWカリム・ベンゼマのみとなっているマドリー。
今季終了後にセンターフォワード獲得に動くのは既定路線とされているが、2選手を
引き入れる可能性があるようだ。その理由は、ベンゼマがMFマテュー・ヴァルブエナの脅迫に
関与した疑いがあるためという。マドリーは現在こそフランス代表FWを支持しているが、
最悪の事態も想定している模様だ。

『マルカ』曰く、マドリーがストライカーの獲得候補に挙げているのは、買戻しオプションを有している
ユヴェントスFWアルバロ・モラタ、そしてバイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキとされる。
レヴァンドフスキに関して、マドリーは3度にわたってコンタクトを取ったことがあり、
現在もすべての試合をチェックしているようだ。

レヴァンドフスキの代理人チェザリ・クチャルスキ氏は、以前に「白いチームからの興味は隠せない事実」と話し
マドリーが同選手の獲得を狙い続けていることを認めていた。ポーランド代表FWの去就は、
不仲が噂されているバイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督が、同クラブと契約を延長するかにも
左右すると見られている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00000020-goal-socc
no title

【動画】練習中、レアルFWモラタくんに襲いかかるセルヒオ・ラモスの魔の手www 

1: 名無しのSamurai
Intento de caño de Ramos a Morata y ¡menudo cachondeo! | Real Madrid 2013-14
http://youtu.be/LqlCHnfgW14



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索