Samurai Goal

モウリーニョ


スポンサード リンク





モウリーニョ、今季中の現場復帰なし「仕事ない状況にも幸せ感じる!」 

1: 名無しさん 2016/02/25(木) 07:00:25.48 ID:CAP_USER*.net
ジョゼ・モウリーニョ氏が、今季中の現場復帰はないと明言した。
現在シンガポールで休暇を過ごしているモウリーニョ氏は、新たなチームを率いるのは2016-17シーズンからになるとの考えを示している。

今季途中にチェルシー監督の座を追われたモウリーニョ氏。
最近では、ルイス・ファン・ハール監督の後任としてマンチェスターUを指揮することが噂されている。

今はポストが空くのを待っている状況だが、モウリーニョ氏は焦っていない様子だ。
滞在先のシンガポールでのコメントを、スペイン複数メディアが伝えている。

「明日現場に戻らなければいけないのであれば、そうする。だが、忍耐を持ってきちんと待つことが常にベターの選択肢だと私は考えている。
新しいプロジェクト、新しいクラブで来季から始めるのが私にとってベストだろう」

「いろいろ読んだよ。中国に行くとか、イタリアに戻るとかね。ミラノを訪問すれば、私はインテルミラノに復帰すると言われるだろう。
そして今日のようにシンガポールにいれば、おそらくシンガポールの代表監督になると言われる。
だが、実際には仕事がない。私は仕事のない状況にも幸せを感じているよ」(Goal.com)

http://www.sanspo.com/soccer/news/20160224/sci16022423420032-n1.html
2016.2.24 23:42

no title

モウリーニョがインテル再就任の可能性!!英紙報じる 

1: 名無しさん 2016/02/19(金) 21:09:20.71 ID:CAP_USER*.net
マンチェスターUがすぐにジョゼ・モウリーニョ氏(53)の獲得に動かない場合、モウリーニョ氏が
インテルミラノの監督に就任する可能性があると、19日付の英紙サンが報じた。

マンチェスターUを指揮しているファンハール監督はサポーターから「つまらないサッカー」と批判され、
成績も残せていないことから解任報道が過熱。
モウリーニョ監督が昨年12月にチェルシーの監督を解任した時点から、マンチェスターUの次期監督候補に挙がり続けている。

 だが、モウリーニョ監督はマンチェスターUの上層部が動きだすのを待ちきれなくなっているという。
モウリーニョ氏は、Rマドリードとローマからのオファーを断ったと言われているが、
2010年にトレブル(リーグ、イタリア杯、欧州チャンピオンズリーグの3冠)を達成した
インテルミラノからのオファーも検討するようだ。

 またモウリーニョ氏は、共同オーナーの1人モラッティ氏から20日のインテルミラノ対サンプドリアの観戦に招待されている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160219-00000115-nksports-socc
no title

マンU、来季モウリーニョ政権誕生へ!ファン・ハール劇場が今季限りで終焉! 

1: 名無しさん 2016/02/05(金) 12:18:52.56 ID:CAP_USER*.net
2017年6月契約満了も、1年前倒しに
不振にあえぐマンチェスター・ユナイテッドの来季指揮官に、ジョゼ・モウリーニョ氏が就任することが決定的になった。
衛星放送局「スカイ・イタリア」が報じたもので、ルイス・ファン・ハール監督は今季限りで解任となる見込みだ。

スペシャル・ワンの異名で知られるモウリーニョ氏は昨季チェルシーでプレミアリーグとリーグカップの二冠に導きながら、
今季は一時2部降格圏に転落する失速ぶりで昨年12月に解任されていた。

 一方、就任2年目で460億円の補強費を投入しながらもファン・ハール監督の下、クラブのワースト記録を次々に
更新してきたユナイテッドは後釜としてモウリーニョ招聘が度々報じられてきた。そして、現実のものに近づいているという。

 同局の報道によると、ユナイテッドの首脳陣からモウリーニョ氏への打診は、チェルシー解任直後から
スタートしていたという。この交渉の結果、オランダ人指揮官が6月のシーズン終了と共に解任されることが決定的になり、
後任として来季からスペシャル・ワンがベンチに座ることがほぼ決定したという。
.

来季はペップとプレミアで競演か

 次回交渉では正式契約にまで至る可能性があると報じている。同じマンチェスターを本拠地とする
マンチェスター・シティの来季指揮官に、バイエルン・ミュンヘンを率いる名将ペップ・グアルディオラ氏が
就任することが正式に発表された。

 モウリーニョ氏はレアル・マドリード監督時代の11年、クラシコで大乱闘に発展。当時バルセロナを率いていた
ジョゼップ・グアルディオラ監督のアシスタントを務めていた故ティト・ビラノバ氏に目潰しを仕掛けるなど、
とんでもない敵対関係にあった。

 物議を醸したファン・ハール劇場が終焉を迎える一方で、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督との
犬猿の仲復活に加え、宿敵ペップとのダービーなど、来季のプレミアリーグは今季以上に見所満載になりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160204-00010015-soccermzw-socc
no title

チェルシーのモウリーニョ監督解任!!!!!!! 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 23:52:37.84 ID:CAP_USER*.net
Jose Mourinho sacked by Chelsea

http://m.bbc.com/sport/live/34413864

no title

降格圏まであと1ポイント!モウリーニョの凋落は何が原因!? 

107: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 07:08:08.88 ID:biINznTa0.net
モウリーニョの凋落は何が原因なの?

no title

チェルシーを率いるモウリーニョが来シーズンにマンUを指揮することで基本合意! 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/12(木) 00:01:51.69 ID:???*.net
▽イタリア『TUTTO mercato WEB』は11日、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督(52)が
来シーズンにマンチェスター・ユナイテッドを指揮することで同クラブと基本合意に達したと報じた。

▽モウリーニョ監督率いるチェルシーは今季、すでにリーグ戦で7敗を喫するなど極度の不振に陥っている。
解任報道が過熱する中、ユナイテッドが来シーズンからモウリーニョ監督を指揮官に招へいする構えだという。

モウリーニョ監督も、新たな挑戦をするためにユナイテッドへ行くことを前向きに考えているようだ。

▽ユナイテッドでは昨シーズンからルイス・ファン・ハール監督が指揮を執っている。

昨シーズンにチャンピオンズリーグの出場権(プレーオフ)を獲得し、
今季もここまでリーグ戦で首位から勝ち点2差の4位と一定の結果を残しているものの、
リスクを冒さない守備的なスタイルについて現地のサポーターから不満の声が上がっているところだ。

▽なお、ユナイテッドはファン・ハール監督と来シーズン終了時までの契約を交わしている。
そのため、モウリーニョ監督を招へいすることになれば、ファン・ハール監督との契約を解除する必要がある。

超ワールドサッカー / 2015年11月11日 23時38分
http://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_222215/
no title

モウリーニョ監督、冬に“腐ったリンゴ”をチームから追放!? 関係者明かす 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/10(火) 13:04:32.97 ID:???*.net
チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、チームに合わない選手が混じっていると考えており、冬の移籍市場で放出することを示唆しているようだ。英紙『ザ・サン』が報じている。

現地時間7日に行われたストーク・シティ戦で敗れたことでチェルシーはリーグ戦3連敗となった。順位は16位と低迷しており、昨季プレミアリーグで優勝した面影はどこにもない。

ストーク戦では、先月24日のウェスト・ハム戦で審判へ執拗に抗議したことでスタジアムの入場禁止となっており、
アシスタントコーチのルイ・ファリア氏らが暫定で指揮を執ったが、モウリーニョ監督がチェルシーの監督に就任して以降、リーグ3連敗は初のことである。

そのような中、モウリーニョ監督はチームを“腐らせる”選手がいると感じているようだ。チーム関係者が明かしている。

「ジョゼはチーム内に“良くないリンゴ”が混じっていると考えている。それらに該当する選手を1月の移籍市場で放出しようと考えているようだ」

チェルシーが低迷していることから、モウリーニョ監督が解任される可能性が浮上しているが、
今夏に2019年まで契約延長をしたこともあり、クラブ側は同監督を支持することを表明している。

冬の移籍市場までチェルシーの監督を続けることとなれば、“腐ったリンゴ”に該当する選手が放出される可能性もありそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151110-00010014-footballc-socc
フットボールチャンネル 11月10日(火)12時50分配信

no title

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151110-00010014-footballc-socc.view-000
チェルシーのジョゼ・モウリーニョ

チェルシーのある選手「モウリーニョのために勝つなら負けた方がマシ!!」 ~ある選手って…? 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/03(火) 21:44:03.71 ID:???*.net
31日に行われたプレミアリーグ第11節でリバプールに1-3の逆転負けを喫したチェルシーは、
早くも今季6敗目を喫した。勝ち点わずか「11」の15位と開幕から超低空飛行が続いている。

 現地ではジョゼ・モウリーニョ監督の解任報道が過熱しており、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると
、後任候補としてフース・ヒディンクやカルロ・アンチェロッティとともに、元イングランド代表監督の
ファビオ・カペッロの名前も挙がっており、カペッロはシーズン途中での就任に前向きだと伝えられている。

 また『BBC 5 live』のギャリー・リチャードソン記者は番組内で、チェルシーのある選手が
「モウリーニョ監督と多くの選手の関係は最悪」と語ったことを伝え、さらにある選手は
「監督のために勝つならば負けた方がマシだ」と話したようだ。

 当然のように各メディアは、“ある選手”が誰なのかを追跡。明確にこそなっていないが、
モウリーニョとの関係が悪化しているFWエデン・アザールの名前が挙がっており、
チーム内の雰囲気の悪さが報じられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151103-01299016-gekisaka-socc
no title

モウリーニョはまさかのモイーズ以下!? 当時のマンUを下回る成績に 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/28(水) 16:39:12.47 ID:???*.net
スペシャル・ワンはこの現実から立ち直れるか

今季リーグ戦10試合で3勝2分5敗と苦しむチェルシーの成績は、デイビッド・モイーズが率いた
2013-14シーズンのマンチェスター・ユナイテッドを下回ることが分かった。

英紙『メトロ』はジョゼ・モウリーニョはモイーズよりも成績が下だと厳しい指摘をしている。
モイーズに率いられたマンUは2013-14シーズンに開幕10試合で5勝2分3敗という成績を残しており、
引き分け数は同じだが、勝敗は入れ替わってしまっている。当時のマンUはリヴァプール、
マンチェスター・シティ、WBAに敗れ、チェルシーとサウサンプトンに引き分けている。
序盤戦からなかなかに難しい日程となっており、今季のチェルシーよりも 立ち上がりのスケジュールは過酷だ。

また、得失点でもモウリーニョは負けている。モイーズのマンUは10試合で17得点13失点だが、
現在のチェルシーは15得点19失点だ。モイーズのチームも終盤は批判され続けていたが、
今季のチェルシーはそれを上回る悪さだ。マンUはこのシーズンを7位でフィニッシュしており、
今季のチェルシーがトップ4に返り咲くのは難しいように思える。

モイーズのマンUはどんどん下降線を辿り、後半戦はチームのバランスを大きく崩していた。
モウリーニョが今のチェルシーを後半戦へ向けて挽回させられるかは分からないが、
モイーズの時と同様に下降線を辿ればトップ10でのフィニッシュも難しいかもしれない。
もちろんそうなる前にオーナーのロマン・アブラモビッチ氏が手を打つはずだが、
自身をスペシャル・ワンと呼ぶ指揮官が当時のモイーズ以下というのはプライドが許さないだろう。
モウリーニョはこのままモイーズ以下で終わるのか、今季は彼のキャリアに大きな傷を残すシーズンとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151028-00010002-theworld-socc
no title

チェルシー、モウリーニョ監督解任か!?成績低迷…英紙報じる 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 19:47:41.66 ID:???*.net
 チェルシーがジョゼ・モウリーニョ監督の解任に向けて動いていると、25日付の
英紙デーリー・メール(電子版)が伝えた。チェルシーは24日にウェストハムに1―2と敗れ、
今季5敗目を喫してプレミアリーグ20チーム中15位。チェルシーはモウリーニョ監督を擁護するコメントを発表したが、
同紙は今月3日にサウサンプトンに敗れてからクラブ首脳陣が監督交代をにらんで調査を開始したと報道。
ウェストハム戦の敗戦で解任の準備を始めたという。

 同紙によると、候補の1人である前レアル・マドリード監督のカルロ・アンチェロッティ氏はチェルシー復帰に
興味を寄せており、同じく前オランダ代表監督のフース・ヒディンク氏も候補になっているという。
だが、この2人については今季終了時までの暫定監督とし、シーズン終了後にバイエルン・ミュンヘンの
ジョゼップ・グアルディオラ監督や、アトレチコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督の招へいに動く可能性もあるという。
また、31日にホームで行われるリバプール戦に敗れると、モウリーニョ監督は解任される可能性が高いとしている。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/10/26/kiji/K20151026011393850.html
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索