Samurai Goal

モウリーニョ


スポンサード リンク





モウリーニョ3年目のマンU、ウェストハムに1-3敗戦 開幕7戦はモイーズ並ぶクラブワーストタイ  

GettyImages-499115882




1: 2018/09/29(土) 23:34:52.85 _USER9
敵地で力なく1-3で敗戦 開幕7試合で3勝1分3敗で13-14シーズンに並ぶスロースタート
 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間29日のプレミアリーグ第7節でウェストハムに1-3で敗戦。この結果、開幕7試合で獲得した勝ち点は10で、デイビッド・モイーズ元監督体制の2013-14シーズンに並ぶクラブのプレミアワーストタイ記録となった。

【動画】「別々にするべき」「ひどいチーム」とファンから非難殺到 表面化するマンUモウリーニョ監督とポグバの確執

 プレミアでのスロースタートや、ジョゼ・モウリーニョ監督とフランス代表MFポール・ポグバの確執などネガティブな話題の多いユナイテッド。敵地でのウェストハム戦もチームはちぐはぐさを露呈した。

 開始5分にブラジル代表MFフェリペ・アンデルソンにゴールを許すと、同43分にはウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコのシュートがスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフに当たり、オウンゴールという形で2失点目を喫した。

 イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで一時点差を縮めたものの、すぐにオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチに決められて万事休す。今季3度目の3失点であえなく敗れた。

 これでユナイテッドは3勝1分3敗で勝ち点10。英サッカー情報サイト「Squawka」公式ツイッターによれば、開幕7試合時点での成績としては2013-14シーズン以来となるクラブのプレミアワーストスタートだという。1年持たずに解任されたモイーズ元監督時代と並ぶ苦しいスタートとなった。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00138297-soccermzw-socc

“激おこ”モウリーニョ『マンUじゃなかったら出て行ってる!!』 

img_ff4f5ceb321f229444a6235dff88a234317563
1 2018/08/24(金) 14:58:04.11 _USER9
マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、リクエストした補強を成功させることができなかったクラブに対して激怒しているようだ。イギリス紙『ミラー』が報じた。

モウリーニョ監督は今夏、クラブに対してセンターバックの補強リストを提出していたとみられるが、最終的に同ポジションの獲得はゼロに終わった。報道では、トッテナムのDFトビー・アルデルヴァイレルト、レスター・シティのDFハリー・マグワイア、バイエルン・ミュンヘンのDFジェローム・ボアテングらの獲得に動いていたが、全て失敗に終わったとみられている。

モウリーニョ監督は、同クラブのCEOで補強交渉の責任者を務めるエド・ウッドワード氏に失望しているようで、友人に対して、「他のクラブだったら私は出ていっている」と話したとのことだ。

マンチェスター・Uは、19日に行われたプレミアリーグ第2節でブライトン・ホーヴ・アルビオンと対戦し、2-3で敗戦。早くも今季初黒星を喫しており、27日に行われるトッテナム戦に向けてプレッシャーがかかる状況になっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000008-goal-socc

モウリーニョ監督の後釜にジダン有力説!ジダンの采配はマンUに合うのか? 

20080724011657
1 2018/08/22(水) 14:05:59.61 _USER9
ジョゼ・モウリーニョ監督に代わるマンチェスター・ユナイテッドの監督には元レアル・マドリーの指揮官ジネディーヌ・ジダンこそふさわしいと、同クラブのレジェンドであるリー・シャープ氏が語った。スペイン『メトロ』が伝えている。

 シャープ氏はジダンであればまちがいなくユナイテッドで成功すると太鼓判を押している。モウリーニョは2016年にユナイテッドに就任し、1月にクラブと契約延長を行ったが、今後については不透明な状況。シャープ氏は『トーク・スポーツ』に「理想的な監督候補はジダンだと思う」と語った。

「彼は最高峰の舞台でのプレー経験も監督経験もあるし、どちらも成功している。あれぐらい大きな規模のクラブのプレッシャーにも、うまく対処できるはずだ。彼はそれだけのビッグネームだよ。彼を離島的と思う理由はそこにある」

 モウリーニョはエド・ウッドワードCEOとの間に問題を抱えている。19日に行われたプレミアリーグ第2節ではブライトンに2-3で敗れ、今季初黒星。早くも批判が高まる中、元リバプールのジェイミー・キャラガー氏は「このパフォーマンスが続けばモウリーニョは来季、ユナイテッドの監督ではないと思う。今シーズンのどこかでそうなるかもしれない」と予想している。

 シャープ氏も「モウリーニョは再びトライアル期間に入った。彼はユナイテッドに来てからハッピーになったことがない。小耳に挟んだんだが、モウリーニョは試合前にあまり指示を出さないようだ。彼はただ使う背手を選んで、あとはがんばれと言うだけ」と、モウリーニョの姿勢に疑問を投げかけている。

「夏の移籍市場で、彼のほしい選手が手に入らなかったように見える。それで少し彼はすねてしまった。彼はただ選手にまかせているだけ。今いる選手たちを励ますのではなく、現状の戦力に不満を言うのがチームのためになるとは思わない」

8/22(水) 12:48配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-01699564-gekisaka-socc

モウリーニョ政権、遂に終了か...!?マンUの関係者が言及! 

20180821-00010007-goal-000-1-view
ジョゼ・モウリーニョ監督がクリスマスまでにマンチェスター・ユナイテッドから離れることになるだろうと、同クラブOBのリー・シャープ氏が話した。

長年マンチェスター・Uを指揮したアレックス・ファーガソン氏が退任して以降、デイヴィッド・モイーズ氏やルイ・ファン・ハール氏の後を継いで2016年夏にモウリーニョ監督は就任。

1年目には3つのトロフィーをクラブにもたらし、昨シーズンはファーガソン氏退任以降最高位となる2位フィニッシュを飾った同指揮官だが、今夏の補強は失敗に終わり、プレミアリーグ開幕2戦目にして早くも黒星を喫した。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00010007-goal-socc

モウリーニョ、とことん嫌われ者に!?ゴディンへオファーするも“拒絶”されてしまう!! 

GettyImages-960625836-800x533
1 2018/08/09(木) 20:49:51.55 _USER9
マンチェスター・ユナイテッドは、アトレティコ・マドリーDFディエゴ・ゴディン獲得へ向けオファーを送ったが、選手は移籍を拒否したようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。

プレミアリーグでは、毎年移籍市場終了の日に各クラブが大きな動きを見せる。今季からはリーグ開幕前に選手登録が締め切られるため9日が“デッド・ライン・デー”にあたり、多くのクラブが慌ただしく動き回っている。

マンチェスター・Uはアトレティコのウルグアイ代表DF獲得へ向けオファーを送ったことが『Goal』の取材でわかっている。契約解除金2000万ユーロ(約26億円)を支払い、選手本人には年俸900万ユーロ(約12億円)を提示したという。

しかし、ゴディンはオファーを拒絶したようだ。現段階では、アトレティコで来季も戦う意志をみせているという。さらに、クラブと契約延長も考えているようだ。

ジョゼ・モウリーニョ監督はCBの補強をリクエストし、これまでイングランド代表DFハリー・マグワイアやベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトの獲得に動いているものの、現在までに成立していない。

指揮官も「移籍市場について考えるのをやめる」と話しており、今夏の補強はブラジル代表MFフレッジとバックアップGKのリー・グラントのみに終わることになるのかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010004-goal-socc

マンU・モウリーニョ監督の“嘆き節”「選手がいない...少し恐怖を感じる...」 

thumb_2756_news_main
マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、新シーズンに恐怖を感じているようだ。

現在アメリカでプレシーズンツアーを行っているマンチェスター・U。しかし、ロシア・ワールドカップの影響でポール・ポグバらの合流が遅れており、またアントニオ・バレンシアらケガ人も続出。主力を複数人欠き、思うように準備できないでいる。

その影響からか、31日のレアル・マドリー戦では2-1と勝利したものの、リヴァプールには1-4と大敗。アメリカMLSの2チームとは引き分けるなど、苦しんでいる。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000009-goal-socc

『プレミアリーグこそ最高』マンU・モウリーニョはブンデスに興味なし!? 

20170614180633
1 2018/07/17(火) 23:13:08.17 _USER9
▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグこそ最高だと語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事を、スペイン『マルカ』が引用している。

▽母国のベンフィカで指揮官としてのキャリアをスタートさせたモウリーニョ監督は、2003-04シーズンにポルトを率いてチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成し、世界的名将として知られることに。続くチェルシー時代はCLこそ優勝できなかったもののプレミアを連覇、インテル時代の2009-10シーズンにはイタリア史上初の三冠(CL、セリエA、コッパ・イタリア)にチームを導いた。

▽2010年夏に就任したレアル・マドリーでは、2011-12シーズンにリーガエスパニョーラを制覇。欧州3大リーグで優勝を成し遂げた史上初の監督となった。マドリー指揮官退任後、チェルシーでの2度目の政権を経て、現在ではマンチェスター・ユナイテッドで采配を振るっている。

▽数々のリーグで優勝を経験しているモウリーニョ監督が、どのリーグが最高かという質問に以下のような見解を示した。

「プレミアリーグは、ベストの選手たちが同居する最も競争力のあるリーグだ」

「3つの次元がある。人々は(クリスティアーノ・)ロナウドを目的にイタリアを観るし、プレミアリーグを観るならばベストのリーグであることが理由だ。そしてスペインなら(リオネル・)メッシのためだね」

「ユベントスの今回の(C・ロナウドの)移籍を祝福する。フットボール面でも、広告面でも、そしてマーケティング面でもね」


▽なお、今回話に挙がっていないブンデスリーグについては、モウリーニョ監督は2013年に「興味がない。私がドイツで指揮を執ることはない」とコメントしていた。

http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=321042

『日本と韓国は予選敗退』モウリーニョ監督のW杯予想 

20080724011657
1 2018/06/07(木) 12:18:13.31 _USER9
『オムニスポーツ』の企画で、モウリーニョ監督は決勝トーナメントに出場する16チームを予想。当初、同指揮官は「とても難しい。感情的になってはならない。私の選手のことを考えると本当にタフだ」としながらも短時間でグループA~Hまでの突破国を選んだ。

まず、グループAで、1位予想に挙げたのはウルグアイ。次いで開催国ロシアを2位に予想したモウリーニョ監督は「ウルグアイは経験もタレントも豊富」と評価し、ロシアに対しては「エジプト戦が重要な一戦となる」と話した。続いてグループBは、1位にスペイン、2位に母国ポルトガルを推した。

グループCの1位通過はフランスで「問題ない」と話した同指揮官は、続く2位に「サプライズ」としてオーストラリアを選出。さらに、アルゼンチンをグループDの1位に挙げると、「アフリカチームが健闘するだろう」としてナイジェリアが2位で決勝トーナメントに進むと推測する。

また、グループEの1位通過に迷いなくブラジルを選択。モウリーニョ監督は続けて「申し訳ないが(ネマニャ)マティッチはホリデーだ」と言及し、2位にスイスを推す。グループFではドイツが「間違いなく1位通過する」と予想し、2位にメキシコを選んだ。次いでグループGの首位通過はイングランド、2位にベルギーを挙げた。

最後に日本代表が所属するグループH。このグループに関してはモウリーニョ監督は「拮抗している」と話すと、1位には意外にもサディオ・マネ擁するセネガルを推した。そしてポーランドが2位で通過すると予想。コロンビアと日本代表はグループリーグで敗退するとの考えを示した。

モウリーニョ監督が予想したベスト16の組み合わせは以下の通り。

ウルグアイ(A1位)vs ポルトガル(B2位)
フランス(C1位)vs ナイジェリア(D2位)
ブラジル(E1位)vs メキシコ(F2位)
イングランド(G1位)vs ポーランド(H2位)
スペイン(B1位)vs ロシア(A2位)
アルゼンチン(D1位)vs オーストラリア(C2位)
ドイツ(F1位)vs スイス(E2位)
セネガル(H1位)vs ベルギー(G2位)

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000024-goal-socc

モウリーニョ監督がルーニー外しの理由を明かす…関係性悪化のうわさは完全否定 

1: 名無しさん 2016/09/25(日) 10:38:20.90 ID:CAP_USER9
マンチェスター・ユナイテッドは24日に行われたプレミアリーグ第6節のレスター・シティ戦に4?1で勝利した。
ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後の記者会見でメンバー変更が結果に影響をもたらしたという見解を否定した。

モウリーニョ監督は低調なパフォーマンスで批判を受けていたウェイン・ルーニーや、
開幕からスタメンとして起用することが多かったマルアーヌ・フェライーニといった選手をベンチに置く決断を下した。

代わりに起用したフアン・マタらが活躍して大勝したことで、メンバー変更を肯定する質問、
間接的にルーニーを起用しなかったことが正しい決断だったのではないかという問いが指揮官に投げかけられた。

しかし、モウリーニョは「(答えは)ノーだ。結果が出たのは我々が素晴らしいスタートを切れて、
試合が終わるまで止まらなかったからだよ。変更によるものだとは考えていない」と、出足の良さが結果に直結したと話した。

また、ルーニーに言及し、「彼がキャプテンであることに変わりはない。何の問題もないよ」と強調。
スタメンから外した理由が「相手DFの特徴を考えて、スピードのある選手を2人起用することがベストだと判断した」と、

スピード不足のウェズ・モーガンやロベルト・フートを意識したメンバー変更だったと明かした。

もっとも、結果としてユナイテッドは大勝した。試合内容を見ても、
少なくとも前半に関してはここ数戦と比較すると動きの質やゲームに対する熱量が向上していた。

果たして、モウリーニョはルーニーをベンチに置き続けるのか。
それとも再びスタメンで起用する決断を下すのか、ここからの数戦は起用法が大きな焦点の一つとなりそうだ。

GOAL 9月25日(日)8時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000000-goal-socc

【サッカー】<プレミアリーグ第6節>マンUが3戦ぶり勝利、ポグバ初得点など前半の4発でレスター撃破 岡崎は出番なし
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474723565/
no title

屈辱まみれの3連敗マンUモウリーニョ監督はレフェリーを批判!「レフェリーのミスはコントロールできない」 

1: 名無しさん 2016/09/19(月) 09:17:39.25 ID:CAP_USER9
■敵地でワトフォードに30年ぶりのリーグ戦黒星 屈辱まみれの公式戦3連敗
 
マンチェスター・ユナイテッドは18日に行われたワトフォード戦に1-3と敗れ、公式戦3連敗を喫した。
チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は試合後に、審判の判定に不満を漏らし、「審判をコントロールすることはできない」と嘆いた。

前半34分にワトフォードのMFエティエンヌ・カプーに先制ゴールを許したユナイテッドは、後半にMFフアン・マタを投入して攻撃の手を打つと、
後半17分に18歳のFWマーカス・ラッシュフォードがリーグ戦2試合連続ゴールを決めて意地を見せる。

しかし、安定感を欠くモウ・ユナイテッドは同38分にDFフアン・スニガに勝ち越しゴールを奪われると、終了間際にもPKで失点し、1-3で敗北を喫した。
リーグ戦では1986年以来、実に30年ぶりとなるワトフォード戦の敗戦で、公式戦3連敗となった。

試合後、英衛星放送局「BTスポーツ」のインタビューに応じたモウリーニョ監督だが、レフェリーの判定に納得いっていない様子だった。
ワトフォードの先制点のシーンではFWアンソニー・マルシアルがDFミゲル・アンヘル・ブリトスの激しいタックルを受けてピッチに倒れ込んだがホイッスルはなし、
こぼれ球を拾ったDFダリル・ヤンマートのクロスからカプーのゴールが生まれた。マルシアルはこのプレーで負傷し、途中交代となった。

「ディベートすることは何もない。口論するつもりもない。
あれは明らかシチュエーションだったと思うが、私にコントロールできるものではないし、批判できるものでもない」

モウリーニョ監督は煮え切らない胸の内をこう明かしている。さらにチームは運にも恵まれていなかったと嘆いている。

「レフェリーのミスはコントロールできない」
「前半、25分から30分はいいプレーができなかったが、これは自分たちでコントロールし、改善し、続けることができる。
レフェリーやラインズマンのミステイクは我々でコントロールできない。私に改善することはできないんだ。

後半は良くなった。同点ゴールを奪い、我々はチームとして戦った。(ワトフォードGKのエウレリョ・)ゴメスは信じられないセーブをして、
我々にはコントロールしようのないラッキーがあった。我々はレフェリーをコントロールすることはできないし、
(相手にとって)ラッキーな瞬間をコントロールすることはできない」と試合を振り返った。

モウリーニョ監督はミッドウィークのフェイエノールト戦の敗戦後にも、
「ゴールは明らかにオフサイドだった」と判定に苦言を呈していた。泥沼の3連敗で、“スペシャル・ワン”が早くも窮地に立たされている。

Football ZONE web 9月19日(月)8時31分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160919-00010002-soccermzw-socc

写真
no title


【サッカー】<プレミアリーグ第5節>マンチェスター・U…18歳ラッシュフォードの同点弾もワトフォードに1-3敗戦で公式戦3連敗
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474204096/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索