Samurai Goal

メルボルン・ビクトリー


スポンサード リンク





<本田圭佑>12試合ぶりの先発で同点アシスト! メルボルン・ヴィクトリーは数的不利で勝点1奪取も3位転落..  

G_Watermark_w16h9-800x450




1: Egg ★ 2019/02/23(土) 20:01:48.55 ID:qgHJPegq9
2月23日、オーストラリア・Aリーグの第20節が行なわれ、メルボルン・ヴィクトリーとメルボルン・シティの一戦は1-1の引き分けに終わった。
 
 直近2戦未勝利の2位ヴィクトリーが6位のシティをホームに迎えたダービーマッチ。前節、交代出場から同点PKを決め、約2か月ぶりのゴールを記録した本田圭佑は、実に12試合ぶりの先発出場を果たした。
 
 定位置とも言える中盤右サイドで試合開始を迎えた本田は、立ち上がりは右に張り付いてプレーするが、8分に中央へポジションを移してドリブル突破を試みる。数人をかわした後にペナルティーエリア手前で止められるも、この試合最初の仕掛けにマーベル・スタジアムの観衆も大いに沸いた。
 
 試合は静かな展開が続いたが、15分に大きな動きを見せる。シティのマクラーレンが縦パスに抜け出し、エリアに侵入したところで背後からニーダーマイアーに寄せられて転倒。主審はシティにPKを与えるとともに、ニーダーマイアーに対してレッドカードを掲げたのだ。
 
 ヴィクトリーはマクラーレンにPKを決められて先制を許しただけでなく、残り時間を10人に戦うという大きなハンデを背負う羽目に……。しかも守備の代役を投入するため、カンソバをベンチに下げることとなり、攻撃力の低下を余儀なくされることとなった。
 
 その後、シティはボールを支配しながらたびたび相手ゴールに迫り、23分にバッカス、24分にはベレンガーが際どいシュートを浴びせる。さらに前半アディショナルタイムには、グリフィスがエリア外からの強烈なダイレクトシュートで右ポストをヒットした。
 
 一方、ヴィクトリーはひたすら我慢を強いられることに。本田はポジションを左サイドまで移したりして状況打破を試み、FKを獲得してチャンスを作るも、味方にラストパスは通らず。守備では、21分にはシティのカウンターを止めようとして相手選手を倒し、警告を受けた。
 
 後半、点を取らなければならないヴィクトリーは長身FWトイボネンを投入し、立ち上がりから積極的な仕掛けを見せる。
 
 攻め続けながら迎えた50分、本田のスルーパスで抜け出したバーバルセスが、角度のないところからGKと右ポストのわずかな隙間を射抜いて同点ゴールを決めた。
 
 勢いづいたヴィクトリーは、前半とは打って変わり、敵陣でもスムーズにボールを繋ぐなど、数的不利を感じさせないプレーを披露。前線でボールをキープするトイボネンのパスを受けてSBが上がったりと、縦の連係も機能する。
 
 とはいえ、シティもこのまま劣勢に陥ることはなく、反撃に転じて再三ゴール前までボールを運ぶ。62分には、ブラッタンがクロスバーを叩くエリア外からのシュートを放った。
 
 一進一退の攻防が展開されるなか、徐々に数的優位のシティがボールを保持する時間が長くなっていくが、ヴィクトリーはほとんどの選手がゴール前に戻って壁を形成し、相手の決定的なプレーを許さない。
 
 77分、本田はルクスとの交代でベンチに下がる。自身の通算記録を6ゴール4アシストに伸ばした彼には、ホームの観衆から大きな拍手が贈られた。
 
 試合は終盤に入り、攻勢のシティは80分、混戦のなかからヴィドシッチがフリーでシュートを放つが、ゴールマウスを捉えられない。その後も多くのクロスを相手ゴール前に送り、シュートを放つも、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。
 
 ヴィクトリーは耐え切って勝点1を奪取。状況を考えれば御の字の結果ともいえるが、一方で同点とした後の攻勢の時間帯で次の1点が奪えなかったことには、悔いを残した。
 
これで3戦未勝利となり、シドニーFCに抜かれて3位転落となったヴィクトリーは次節、3月2日にニューカッスル・ジェッツをホームに迎える。

2/23(土) 19:54配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00054532-sdigestw-socc

「海外移籍12年、ホンダが初めて日本へ凱旋」豪メディアが広島のACL出場に関心 

20190220-00010028-goal-000-3-view

本田圭佑、ケガからの復帰後初ゴール!今シーズン6点目となるPKを沈める  

1: 豆次郎 ★ 2019/02/15(金) 17:54:48.74 ID:fSmGF0TU9
2/15(金) 17:40配信
本田圭佑、ケガからの復帰後初ゴール! 今シーズン6点目となるPKを沈める

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑が15日、オーストラリア・Aリーグ19節ウェリントン・フェニックスFC戦で今シーズン6点目を記録した。

 前節に右太もものケガから約2カ月ぶりとなる復帰を果たした本田はこの試合ベンチスタート。55分にMFアンソニー・レシオーティスとの交代で途中出場すると、67分にチームが獲得したPKを右隅に沈めた。

 本田のこの得点で同点に追いついたメルボルン・ビクトリーは1-1でウェリントン・フェニックスFCと引き分けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00907421-soccerk-socc
no title

本田圭佑がACL登録メンバー入り…広島プレーオフ勝利なら日本凱旋も 

20190213-00906648-soccerk-000-1-view

<本田圭佑>会見での発音ミスが“禁止ワード”に…「もっと勉強します」  

GettyImages-990057682-1-800x533




1: Egg ★ 2019/02/08(金) 23:17:38.55 ID:Ee3vD9PY9
オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属する本田圭佑は負傷からの復帰に近づきつつある。だが、復帰の見通しを述べた会見での英語の発音ミスも注目を集めることになってしまった。豪州『FOXスポーツ』が会見の様子を伝えている。

 本田は昨年12月半ば以来負傷で戦線離脱。だが順調に回復しており、10日に行われる首位パース・グローリーとの一戦にベンチ入りが見込まれ、試合展開次第で出場することになるとみられている。

 8日にはケビン・マスカット監督とともに会見に出席し、復帰の見通しについて語った。だが「負傷は良くないが現実、事実だった」と言おうとした本田は、「fact」という単語の発音を誤り、英語では口にすべきではない汚い罵りの言葉だと聞こえるような発音となってしまった。

 会見場がざわつく中、隣の監督から指摘を受けた本田は「fact」と言い直した上で「すみません、発音が良くなかったかも」と弁明。会場は笑いに包まれた。

 その後本田は公式ツイッターでもこの件についてコメント。「もっと頑張って英語を勉強します…いずれにしても、英語を改善する素晴らしい機会を与えてくれたFOXスポーツに感謝します」と投稿している。

2/8(金) 22:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00308776-footballc-socc

本田圭佑「足の状態はほぼ100%」首位との大一番で約2ヶ月ぶり復帰へ 

20190208-00308724-footballc-000-4-view

本田圭佑 メルボルン・ダービーで初のベンチ外!クラブ説明の説明は… 

1: 2018/12/22(土) 18:13:02.69 _USER9
開幕からスタメン出場を続けてきたなか、リーグ戦9試合目で初のメンバー外
 
メルボルン・ビクトリーは22日のAリーグ第9節メルボルン・シティとの“メルボルン・ダービー”のスタメンを発表。
開幕から攻撃を牽引してきたMF本田圭佑は移籍後リーグ戦初のメンバー外となったが、クラブ公式ツイッターは「予防的欠場」と伝えている。

本田はロシア・ワールドカップ後に、自身6カ国目となるオーストラリア挑戦を決断した。

メルボルン・Vで開幕から8試合連続スタメン起用され、5得点3アシストと攻撃を牽引。
その活躍が認められ、オーストラリアプロサッカー選手協会(PFA)が選出するAリーグの「10月&11月・月間最優秀選手賞」にも輝いている。

22日は“メルボルン・ダービー”となったが、シティ戦のメンバー表には開幕からピッチに立ち続けてきた背番号4の名前はなかった。
メルボルン・V公式ツイッターは「残念なことに、ケイスケ・ホンダは予防的欠場」と伝えている。

12/22(土) 16:54配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181222-00156106-soccermzw-socc

写真
no title

本田圭佑がMVP級の活躍! オーストラリアAリーグのレベルはどの程度? 

20181208-00010001-victory-000-2-view

本田圭佑「Aリーグ史上最高」との声も!デル・ピエロやジュニーニョ以上? 

37c466bf-5e44-0830-a9fb-2a267369b708




1: 2018/12/05(水) 18:11:14.34 _USER9
オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーで活躍する本田圭佑に対して、チームメートやメディアから「Aリーグ史上最高の選手」という声も上がっている。まだ6試合に出場した段階だが、リーグに与えているインパクトは計り知れない。

 本田は今季からビクトリーに加入し、Aリーグでこれまで6試合に出場して4ゴール3アシストを記録。2連敗スタートのあと4連勝と調子を上げてきたチームをけん引し、リーグ公式のベストイレブンにも6節中5節で選出されている。

 先週末のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦でも先制点を記録するなど4-0の大勝に貢献。キャプテンのMFカール・バレリは試合後に、「本田圭佑はAリーグに来た中で最高の選手だと思う」とコメントしている。リーグ公式サイトが伝えた。

「彼の練習のやり方や試合へのアプローチ、プレーのやり方は信じられないほどだ。『若い選手は何をすべきか』とよく質問されるが、(答えは)『もっとケイスケのようにしろ』だ。彼がこのクラブにいてくれるのは本当に特別なことだと感じるべきだ」とバレリは続けている。

 豪州『SBS』はこの発言に対し、「もちろんわずか6試合で過去13シーズンのリーグで最高の外国人選手だと言うのは愚かなことかもしれない」と前置きした上で、「このまま行けばドワイト・ヨークやイタリアのレジェンドであるアレッサンドロ・デル・ピエロ、ワールドカップ優勝メンバーのジュニーニョ、ブリスベンのレジェンドであるトーマス・ブロイヒやベサルト・ベリーシャを凌駕するかもしれない」と見通しを述べている。

 元マンチェスター・ユナイテッドのヨークや元ユベントスのデル・ピエロ、ブラジル代表として2002年ワールドカップで優勝したジュニーニョ・パウリスタらは過去にAリーグでプレーした中でも特に世界的なスター選手。現在サンフレッチェ広島に所属するベリーシャはAリーグ史上最多の116ゴールを記録している。本田のインパクトは最終的にそれらの選手を上回る可能性もあると予想されている

12/5(水) 16:31 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00299964-footballc-socc

<本田圭佑>2節連続でベストイレブン選出!試合には敗れたが2アシストの活躍 

1: 2018/10/29(月) 21:20:12.00 _USER9
オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属する本田圭佑は、リーグ第2節のベストイレブンに選出された。Aリーグ公式サイトが発表を行っている。

 ビクトリーは28日に行われた試合でパース・グローリーと対戦。2-3の敗戦に終わったが、本田はチームの2得点をいずれもアシストするなど好プレーを見せ、2点ビハインドから一旦は同点に追いつく原動力となった。

「チームは2週連続で敗れたが、本田はまたしても一流の活躍を見せた。今回もチームの中心となり、中盤で才能を発揮していた。試合最多の6回のチャンスを生み出し、テリー・アントニスのゴールとストーム・ルーのヘディングをアシストした」と本田は評されている。

 ビクトリーからは今節唯一のベストイレブン選出。勝利を収めたパースからは、本田の強烈なシュートや、本田のクロスにFWコスタ・バルバルセスが合わせた決定機などを阻んだGKリアム・レディなど3人が選ばれている。

 本田はメルボルン・シティとのダービーマッチで移籍後初ゴールとなる先制点を記録した第1節でもベストイレブンに選ばれていた。

写真no title


10/29(月) 12:41配信 フットボールチャンネルと
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00295017-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索