Samurai Goal

メディカルチェック


スポンサード リンク





久保建英・レアルともに、期限付きでビリャレアルと大筋合意 メディカルチェック等を経て正式決定へ 

スクリーンショット 2020-08-08 5.11.17




1: 2020/08/07(金) 21:02:39.73 _USER9
サッカーの日本代表MF久保建英(19)が、スペイン1部リーグのレアル・マドリードからビリャレアルへ1シーズンの期限付きで移籍することが7日、関係者への取材で分かった。条件面で両クラブ間、個人ともに大筋で合意した。

メディカルチェックなどを経て正式に決定する見通し。

2019年夏にRマドリード入りした久保建は、今季はマジョルカに期限付き移籍。リーグ戦で35試合に出場して4得点4アシストをマークした。

ビリャレアルはリーグ5位で、来季は欧州リーグに出場する。7月下旬にはセビリアなどを率いた経験を持つエメリ新監督の就任が決まった

8/7(金) 20:25配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5287ebfef9a74f678936146e459215c5c46aaaf0

南野拓実、24時間以内にリバプールでメディカルチェックへ! 英メディアも「移籍完了の時が近い」と一斉報道  

1: 豆次郎 ★ 2019/12/18(水) 18:12:46.89 ID:DBbxSxnZ9
SOCCER DIGEST Web
12/18(水) 18:10配信
南野拓実、24時間以内にリバプールでメディカルチェックへ! 英メディアも「移籍完了の時が近い」と一斉報道
 いよいよ、リバプール史上初の日本人が誕生する。

 現地時間12月18日の早朝、英衛星放送『Sky Sports』を始めとする複数の英国メディアは、レッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表FWの南野拓実が、同日中にリバプールでメディカルチェックを受けると一斉に報じた。

【動画】リバプール戦のスーパーゴールも! 南野拓実のCL好プレー集はこちら

 南野のリバプール移籍の噂は、すでに周知の通りだ。すでに違約金725万ポンド(約10億1500万円)を支払うことで、クラブ間合意には達しており、残すは個人条件とメディカルチェックのみと現地メディアでも報じられてきた。

 英紙『Telegraph』によれば、リバプールは1月1日に南野の移籍を完了させることを目論んでおり、今後24時間のうちにクラブハウスでのメディカルチェックを済ます手はずを踏んでいると伝えている。

 同紙は、注目の交渉の現状について、次のようにもレポートしている。

「過去6年間に渡ってスカウトしてきたミナミノに対し、リバプールはここ12か月で急速に興味関心を強めた。そして、日本人をより最高のレベルにステップアップさせるための交渉を急激に進め、無事に完了させる時が近づいている」

 念願のメガクラブ移籍が決定的となった南野。リバプールにとっても、史上初の日本人プレーヤーの誕生なだけに、その話題は世界的なものへと発展しそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191218-00067911-sdigestw-socc
no title

北川航也(清水エスパルス)、移籍前提のメディカルチェックで渡欧!新天地はオーストリア名門ラピットウィーンか?  

1: Egg ★ 2019/07/27(土) 22:23:35.48 ID:XMfjXHLI9
写真 「正しい選択なのかわかりませんが」
no title


J1の清水エスパルスは7月27日、北川航也が欧州クラブへの移籍を前提としたメディカルチェックのため渡欧すると発表した。なお移籍交渉先の意向によりクラブ名は非公表となっている。

 北川は1996年生まれの23歳で清水ユースから2015年にトップ昇格。プロ1年目から出場機会を掴み、18年シーズンの昨季は32試合で13得点・7アシストの成績を残した。するとその活躍が認められ、19年の1月に行なわれたアジアカップを戦う日本代表に選出。今季もチームの中心選手として、J1で全試合に先発するなど20試合・6得点の活躍を見せていた。

 なお、移籍先についてはオーストリアのラピド・ウィーンが濃厚だと地元メディアが伝えており、ラピド・ウィーンはリーグ最多の32回の優勝を誇る名門クラブ。しかし、最後にリーグ優勝したのは2007-08年シーズンと低迷中だ。
 
 北川は清水の公式サイトを通して、以下のようにコメントしている。
 
「この度、メディカルチェックのために渡欧することになりました。シーズン途中でチームを離れることが正しい選択なのかわかりませんが、海外でプレーしたいという自分の夢が叶うチャンスをいただいたので、その夢を掴みにいきたいということで決断しました。

クラブからも後押ししていただけたので、自分は強い気持ちを持ってチャレンジしてきたいと思います。ジュニアユースからエスパルスでお世話になり、今年で11年目になりますが、たくさんの経験をさせていただき、自分がここまで大きくなれたのは、エスパルスに関わる全ての皆さんのおかげだと思います。

これまで過ごしてきた一日一日が自分にとって大きな思い出であり宝物です。チームを離れることになりますが、自分の可能性を信じて大きく成長し、また皆さんと会えたらと思います。遠くから良いニュースを届けられるように頑張ってきます。ありがとうございました。行ってきます!」
 
7/27(土) 21:48 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190727-00062026-sdigestw-socc

鹿島DF安西幸輝がポルティモネンセ完全移籍でクラブ間合意!「1年半前はJ2でプレーしていた自分が…」 

20190709-00010020-goal-000-1-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索