Samurai Goal

メッシ


スポンサード リンク





“ロナウド移籍”についてメッシがズバリ!!『彼の退団でレアルは弱くなる』 

thumb_10784_news_main
1 2018/09/04(火) 14:57:51.17 _USER9
バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリー退団について口を開いた。スペイン『アス』が報じている。

リーガ・エスパニョーラでC・ロナウドと長らくしのぎを削ってきたメッシ。
度々、どちらが世界最高の選手か比較されることもあったが、“ライバル”のユベントス移籍はさすがに驚いたという。

『カタルーニャ・ラジオ』に出演したメッシは「あのニュースには驚いたよ。
彼がいないレアルなんて考えたことがなかったし、ユベントスに行くとは思いもしなかった。
彼のことを欲しがっているチームはたくさんあったからね」と、当時の心境を明かした。

その上でメッシは「レアルは世界最高峰の選手が揃ったクラブで実際にとてもいいチームだ。
ただ、彼がいなくなって、少し弱くなると思う。
逆にいうと、ユベントスはチャンピオンズリーグのタイトルを獲るチャンスが増えたということになるね」と予想している。

なお、今季最初の“クラシコ”は10月28日にバルセロナの本拠地カンプ・ノウで開催される予定だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-01763597-gekisaka-socc
9/4(火) 10:52配信

バルセロナ“弱いモノいじめ!?”メッシ&スアレスの活躍で大量得点! 

1 2018/09/03(月) 05:30:35.33 _USER9
9/3(月) 3:33配信
バルサ、大量8得点で無傷の開幕3連勝! メッシ&スアレスが2ゴール

 リーガ・エスパニョーラ第3節が行われ、バルセロナとウエスカが対戦した。バルセロナはホームでウエスカを8-2で下し、シーズン開幕から無敗をキープしている。次節、バルセロナはレアル・ソシエダと、ウエスカはラージョ・バジェカーノと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 8-2 ウエスカ

【得点者】
バルセロナ:メッシ(16分)、オウンゴール(24分)、スアレス(39分)、デンベレ(48分)、ラキティッチ(52分)、メッシ(61分)、アルバ(81分)、スアレス(90+3分/PK)
ウエスカ:エルナンデス(3分)、ガジャル(42分)

【スターティングメンバー】
バルセロナ(4-3-3)
テア・シュテーゲン:S・ロベルト、ピケ、ユムティティ(65分 ラングレ)、アルバ:ラキティッチ(71分 ビダル)、ブスケツ(76分 アルトゥール)、コウチーニョ:メッシ、スアレス、デンベレ

ウエスカ(4-4-2)
ウェルネル:プリード、エチェイタ、ミラモン、ルイジーニョ:ムスト、メレロ、ガジャル(65分 セメド)、ゴメス:ロンゴ(58分 ギュルレル)、エルナンデス(72分 アビラ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00824059-soccerk-socc
no title

“メッシだけではマンネリ化?”バルセロナが頭を抱える悩みとは? 

GettyImages-949696424-800x533
1 2018/08/23(木) 19:53:38.12 _USER9
22日(水)、FCバルセロナの広報ジョゼップ・ビべスが『Que t'hi jugues!』のインタビューに答え、『Cadena SER』で報道されたバルサに関わるニュースについて語っている。


その中で、収容人数約10万人を擁するカンプ・ノウが開幕節のアラベス戦では、52,356人しか埋まらず、空席が目立つ状況となっていることや、ここ数日でパリ・サンジェルマン(PSG)が獲得に興味を示しているMFイヴァン・ラキティッチの去就について語っている。

「我々は、イヴァン・ラキティッチがチームにいることを嬉しく思う。今後も彼が長きにわたりバルサでプレーすることを望む」

一方で、ビべスは、ファンの間で物議を醸している※“Seient Lliure(フリーシート制)”についても見解を述べている。
「先の開幕戦では空席が目立った。スタジアムをできるだけファンで埋め尽くしたいとオペレーションシステムを変更している。そして、クラブは、できるだけリリースされる座席の数を減らし、ソシオにスタジアムに足を運んで欲しいと考えている。“Seient Lliure“は、誰にとってもビジネスではない。ソシオに全ての試合を観戦してもらいたい。そして、どうしてもスタジアムに足を運べないときにだけ“Seient Lliure”は、利用されるべきである」

「“Seient Lliure”の新たなシステムを違法に利用するソシオがいるのであれば、それはいいソシオとは言えないし、クラブにそのようなソシオはいらない。転売との我々クラブの戦いは、本気だ」

最後にビベスは、ラ・リーガの試合がアメリカで行われる可能性を次のように評価している。
「クラブは、バルサのグローバル化には常に賛成だ。アメリカを含めた全ての市場でクラブを披露する必要がある。だが、選手達とも協議しなければならない」

※近年バルサが力を入れている、年間シートを保有するソシオが観戦できない場合にその席を買い取る制度。可能な限りスタジアムを満席にするための取り組み。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00010008-sportes-socc

メッシはこのまま代表引退するのか!?暫定監督も把握出来ず『分からない』と回答 

43933_ext_04_0
1 2018/08/23(木) 08:56:35.35 _USER9
バルセロナのFWリオネル・メッシは、このままアルゼンチン代表を引退する可能性もあるのかもしれない。リオネル・スカローニ暫定監督は、代表でのメッシの今後については「分からない」とコメントしている。

 ロシアワールドカップを戦い終えたメッシは、大会後に代表チームでの活動を一時休止することを決断。今月17日には9月に行われる2試合の国際親善試合に向けた招集候補メンバーが発表されたが、やはりメッシの名前はなかった。

 スカローニ暫定監督は21日の会見で、メッシの状況について説明している。アルゼンチン紙『クラリン』などが同監督のコメントを伝えた。

「メッシとは話をして、その結果として今回の試合に招集しなかった。正直に言って、未来に何が起こるのかについては話していない」とスカローニ監督。メッシの代表“復帰”の見通しについては明確にしなかった。

「彼が我々にとってどういう存在であるかは誰もが知っている。今後どうなるのか見てみよう。彼とは良い関係を築けており、非常に明確な話をすることができた。今回のメンバーにはいないが、今後については分からない」

 ロシア大会ではベスト16敗退に終わり、悲願のワールドカップ優勝をまたも逃したメッシ。31歳となった同選手は、再びアルゼンチン代表のユニフォームに袖を通すのだろうか

8/22(水) 20:05 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180822-00286387-footballc-socc

【動画】メッシが魅せた!!バルサ“通算6000点目”は壁下スルーのFK! 

1 2018/08/19(日) 07:50:12.68 _USER9
ラ・リーガは18日に開幕戦が各地で行われ、バルセロナはアラベスと対戦した。

昨季圧倒的な強さでリーグ制覇を成し遂げたバルセロナ。大型補強を敢行した王者だったが、この試合では新加入選手のスタメンはゼロに。メッシやスアレス、ラキティッチやブスケツなどが先発している。

幸先の良いスタートを切りたいバルセロナだが、アラベスの中央を圧縮したブロックに攻めあぐねる展開が続く。ポゼション率も80%近い時間もあったが、なかなかゴールをこじ開けられない。

後半からコウチーニョを投入したが、GKパチェコらを中心としたアラベス守備陣を崩しきれない。アルバやメッシなどにエリア内でビッグチャンスが訪れるが、得点まで結びつけることができない。

嫌な時間帯の続いていたバルセロナが、やはりエースが試合を動かす。64分、ゴール手前でFKを獲得すると、キッカーはメッシ。今季から主将に任命された10番は、ジャンプした壁の下を通すシュートで直接決めた。なお、バルセロナにとってこれはラ・リーガ通算6000点目に。記念すべきゴールを、クラブ史上最高とも言えるメッシが挙げている。

その後もエリア内でポスト直撃のシュートを放つなど、メッシは勢いを増していく。しかし、アラベスも追加点は許さない。バルセロナは77分にデンベレに代え、イニエスタの8番を背負うアルトゥールが新天地デビューを果たした。

なかなか追加点を奪えなかったバルセロナだったが、83分にコウチーニョがカットインからエリア内で右足を振り抜き待望の追加点。余裕を持った王者は、84分にはビダルをデビューさせる。

その後はゆったりとボールを回しながら、相手にゴールを許さず。後半アディショナルタイムにはメッシが追加点。堅い守備を崩すのに苦労したバルセロナだったが、メッシの活躍もあり、3得点を奪って白星スタートを決めた。

■ラ・リーガ第1節

バルセロナ 3-0 アラベス

■得点者

バルセロナ:メッシ(64分)、コウチーニョ(83分)、メッシ(後半AT)

アラベス:なし

8/19(日) 7:06配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000035-goal-socc

no title

【神動画】メッシの神業に世界中から驚愕の声!「最高の地球外生命体」 

20180818-00033734-theanswer-000-1-view
1 2018/08/18(土) 17:48:18.34 _USER9
海外サッカースペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが衝撃の神業を披露した。サイドチェンジの要領でピッチのサイドから逆サイドまで、約50メートルを蹴って股の下を通すという正確過ぎるフィードを披露。この一部始終を公開したアディダス「チーム・メッシ」ツイッターの動画は再生回数が160万回を突破するなど、大反響を集めている。

 メッシが衝撃の神業を披露した。練習中の一コマだろうか。左サイドで何気なくリフティングしながら歩を進めるメッシ。おもむろにボールを置くと、勢いよく逆サイドへ向かって左足を振りぬいた。大きな弧を描きながらボールは、右サイド方向へ。驚くべきはここからだ。

 右サイドライン付近には取材を受けている関係者と思しき人物が。なんとインタビューを受けている関係者の両足の間をボールが通過したのだ。わずか肩幅ほどの広さの隙間を、約50メートル先から通してみせたメッシ。絶妙のコントロールキックは、驚異的というほかない。

 この奇跡の一部始終をメッシ公認の「チーム・メッシ」の公式ツイッターが公開。ファンからは続々と驚愕の声が上がっている。

「史上最高」
「惑星内で最高の地球外生命体」
「ハハハ、メッシ神だ」
「言葉もいらない」
「想像できなかった」
「常にマジカル 王だね」
「神の御業」

 公開から半日で動画の再生回数は160万を突破。瞬く間に大反響を呼んでいる。間もなく開幕を迎えるシーズンでは、どんな衝撃を与えてくれるのか楽しみだ。

8/18(土) 15:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00033734-theanswer-socc

メッシ“代表引退”が濃厚か!年内の代表入りは既に拒否... 

GettyImages-541731700-800x600
1 2018/08/15(水) 05:10:27.60 _USER9
来年のコパ・アメリカ出場も疑わしい…

8月14日(現地時間)、アルゼンチンの『Clarin(クラリン)』紙などの各メディアが伝えたところによると、
同国の英雄であるリオネル・メッシが少なくとも年内の代表試合に出場することはなく、その後のことも未定だという。
 
先のロシア・ワールドカップ、決勝トーナメント1回戦でフランスに3-4で敗れ、自身4度目の檜舞台においても、悲願の世界王座に手が届かなかったメッシ。
代表チームにおける去就が注目されたが、彼はその件について口を開いていない。
 
アルゼンチンは、ロシアW杯期間中にメッシら選手と対立したとされるサンパオリ監督を大会後に解任し、暫定としてチームスタッフだったスカローニが指揮を執り、
U-17代表を率いていたアイマールらがサポートするという体制を整えていた。
 
9月には、7日にグアテマラ、11日にコロンビアとの親善試合が、いずれもアメリカで行なわれる予定であり、
スカローニ監督は招集メンバー決定の前に、まずメッシに代表続行の意志の有無を確認。
その結果、年内の代表入りは拒否、来年のコパ・アメリカ出場も疑わしい状況にある。
 
クラリン紙によれば、メッシは代表について、休みを取るとしながらも、それがいつまで続くのか、そしてその休みに終わりの時が訪れるのかについては、何の約束もしていないという。
多くのアルゼンチン・メディアは、これをネガティブなニュースと捉え、このまま代表引退となる可能性もあるとも報じている。
 
ロシアW杯敗退後には、マスチェラーノ、ビグリアが代表引退を宣言したが、
長くアルゼンチンのシンボルとして君臨し、チームを牽引してきた背番号10は無冠のまま、水色と白のユニホームを脱ぐことになるのだろうか。
 
所属するバルセロナでは、13日のスーペルコパで2つのゴールに絡み、自身、このクラブでの33個目のタイトルを手にしたメッシ。
16日には母国の名門ボカをカンプ・ノウに迎え、恒例の「ジョアン・ガンペール杯」を戦うが、クラリン紙はこの日が、メッシが代表チームでの今後について語る、ちょうど良い機会になると綴っている。
 
2016年のコパ・アメリカ・センテナリオ後に一度は失意の代表引退を宣言したものの、後に国民の願いを聞き入れて復帰、ロシアW杯をタイトル獲得のラストチャンスとして懸命に戦ったメッシ。
果たして、代表でのキャリアはここで幕を閉じるのか。そして、それについて近いうちに口を開くのか。要注目である。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180815-00045665-sdigestw-socc
8/15(水) 5:08配信

【動画】「歴史に名を刻んだ」稲本潤一がメッシに並ぶ!!TV番組で“パーフェクト達成” 

1 2018/08/04(土) 19:57:42.52 _USER9
元日本代表FW稲本潤一(31)=札幌=が、4日に放送されたTBS系「炎の体育会TV」(土曜・午後7時)の「キックターゲット」で、現バージョンでは日本人初のパーフェクトを達成した。100秒間に20枚の的を抜くゲームで、過去にはFWメッシ(31)=バルセロナ=が完全成功している。

 稲本は最初の13秒まで0枚だったが、徐々にペースを上げると残り6枚から4連続成功。最後は7秒を残してパーフェクトを達成した。番組放送時点では32人が挑戦し、2人目のパーフェクト。「これで歴史に名を刻みました」とうれしそうだった。

8/4(土) 19:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000280-sph-ent

写真no title

“今こそサッカーに革命を!!”何を変えればサッカーは進化する? 

20180730_4454
1 2018/07/31(火) 22:40:04.91 _USER9
現在、フリーとなっている指揮官フランチェスコ・グイドリン氏が、30日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、現代サッカーの将来を危惧した。

■代表監督への転身に意欲

グイドリン氏は過去に、パレルモやウディネーゼ、モナコ、スウォンジー・シティなど各国リーグで指揮官を歴任してきた。2016年10月以降は無所属となっているが、代表監督への就任を希望している。

「ここ数カ月、複数のオファーを受け取ったが、断りを入れた。傲慢なつもりはなく、ただ真剣なプロジェクトを望んでいるんだ。例えば、ポーランドサッカーが好きだったので、ポーランドを指揮してみたかった。(最終的にイェジー・ブジェンチェクが新監督に就任)」

「私は62歳だが、かつてないほど若返ったように感じていて、新たな挑戦をしてみたい。例えば代表監督などね。私が監督業をやめたがっているとの情報を耳にしたが、真実ではない。むしろやりたいよ」

■ロシアW杯を観戦し、危機感

またグイドリン氏は、ロシア・ワールドカップを観戦し、現代サッカーに危機感を感じている。

「2018年ロシアW杯を見て、ますます確信した。サッカーはこれからの10年間で、何かを変えなければならない。今のままであれば、退屈で受け身なスポーツになってしまうだろう。どのチームも、ピッチ全体を完璧にカバーできるようになったが、失点しないようにという気持ちが強いのか、退屈で活気のない試合を目にした」

■C・ロナウド派?メッシ派?

また近年、バロンドール争いを続けてきたFWクリスティアーノ・ロナウドおよびFWリオネル・メッシについて、自身の見解を示した。

「C・ロナウド派かメッシ派?私の場合、変わる。クリスティアーノが1番だと思うことがあっても、その後、メッシを見ると、逆転する。チームについても同じかな。私は(ジョゼップ)グアルディオラのマンチェスター・シティも(ユルゲン)クロップのリヴァプールもどちらとも好きだ。どちらかにつく必要もないよね?」

■スターのいない伊代表にも希望

最後にグイドリン氏は、ロシアW杯出場を逃し、再建中のイタリア代表について語った。

「私は楽観視している。(ロベルト)マンチーニは素晴らしい指揮官だからね。謙虚に再出発するべきだ。(マッティア)カルダーラ、(ダニエレ)ルガーニ、(ロレンツォ)ペッレグリーニ、(マッテオ)ポリターノなど面白い若手がいる。ただスターがいない。フオリクラッセ(規格外の選手)が出てこないのはなぜだろう。こういう時期なのかな」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000017-goal-socc

【動画】メッシが大型犬に勝利!!リフティングで愛犬の猛攻を凌いだ!? 

1 2018/07/31(火) 14:55:21.87 _USER9
no title


サッカーのスーパースター、メッシ選手が、休暇中に愛犬とサッカーを楽しむ動画が投稿され、相手ディフェンダーをかわすように愛犬にさえボールに触れさせない華麗な足さばきが話題となっています。

この動画は、メッシ選手の妻が30日、インスタグラムに投稿したものです。

休暇中のメッシ選手、茶色い大型の愛犬と遊びながらサッカーボールを蹴っていますが、巧みなリフティングを駆使して愛犬を翻弄しています。

まるで試合で相手ディフェンダーをかわすときのように、尻尾を振って追いかける愛犬にもボールに触れさせません。

動画は400万回以上再生されていて、インターネット上では、「さすが王者だ」とか、「メッシ選手のトレーニングの秘密がわかった」といったコメントが相次いで寄せられています。

ただ、よく見ると、メッシ選手は1度だけ手でボールを触っていて、「愛犬を相手にハンドの反則をした」という指摘も広がっています。

メッシ選手は、アルゼンチン代表のエースとしてワールドカップ ロシア大会で優勝を目指しましたが、決勝トーナメント1回戦で敗れてしまっただけに、メディアからは「ワールドカップ敗退の憂さ晴らしかもしれない」という分析も出ています。


2018年7月31日 14時11分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011557331000.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索