Samurai Goal

メッシ


スポンサード リンク





香川真司が“3位”!? メッシ、ロナウドらと史上最高の過大評価選手TOP10に 

GettyImages-978578370-min




1: 2020/07/09(木) 01:35:07.73
逆にここへ入ることが凄い

サッカー界の中には過大評価されているのではと騒がれる選手もいるが、日本代表MF香川真司もそうなのだろうか。

英『GIVE ME SPORT』などが注目したのは、米『The top tens.com』が紹介した「史上最も過大評価されている選手ランキング」だ。

全部で50人がリストアップされており、投票によって順位が決まっていく仕組みとなっている。載っている選手は豪華な人物ばかりで、その中に香川の名前まで入っているのだ。

しかも順位が異様に高い。何と香川はこのランキングでTOP10に入ってしまっている。

10位:ネイマール

9位:ポール・ポグバ

8位:イケル・カシージャス

7位:エディン・ジェコ

6位:パウリーニョ

5位:リオネル・メッシ

4位:マリオ・バロテッリ

3位:香川真司

2位:クリスティアーノ・ロナウド

1位:ラダメル・ファルカオ


何とも賛否両論分かれるランキングだが、逆に香川の知名度の凄さに驚かされる。

理由の中には納得できるものもある。例えば10位のネイマールはピッチ上での振る舞いが子供のようだと指摘されている。そしてあまりにもシミュレーションが多く、俳優のような選手とも批判されている。世界のスーパースターと呼ぶにはふさわしくないということなのだろうか。

9位のポグバはユヴェントス時代の輝きを失っており、世界最高クラスのMFと呼ぶべきではないとの意見が出ている。

8位のカシージャスは、テア・シュテーゲンやマヌエル・ノイアーほどのクラスにはないと指摘。近年は足下の技術に優れたGKも増えており、カシージャスはもう歴代最高クラスのGKとは言えないのか。

4位のバロテッリもピッチ内外でのトラブルが目立ちすぎており、態度が悪くて躾がなっていないと厳しい指摘が。才能はあるかもしれないが、それを活かせないまま時を過ごしてしまった印象だ。

『GIVE ME SPORT』は香川に関して、マンUに加入する際に少しばかり評価が高すぎたかもしれないとは認めている。ただし、このランキングで3位に入るような選手ではないと能力のことをきっちり評価している。

バロテッリのランクインは納得できると伝えているが、このトップ10を世界のサッカーファンはどう見るのか。

2020年07月08日(水) 21時30分
https://www.theworldmagazine.jp/20200708/01world/288224

バルセロナ会長が断言「メッシとの契約延長は義務」 

1: 2020/07/08(水) 10:52:40.74
バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長がスペインのラジオ局RAC1で、クラブについてのさまざまな質問について答えた模様を7日、スペイン各紙が伝えている。

その中で、2021年6月末で契約満了となるFWリオネル・メッシについても言及した。

  ◇  ◇  ◇

バルセロナは現在ピッチ内外でさまざまな問題を抱えている。そのような状況の中、辞任するかについて問われ、「辞任は考えていない。反対に我々は今、袖をまくり必死に働く時だ」とその意思が全くないことを強調した。

残り4節で首位レアル・マドリードに勝ち点4差をつけられ2位になっているスペイン1部リーグについて「数字的に負けていないが、勝ち点差は大きなものだ」と3連覇が厳しいことを示唆した。

先日、Rマドリードが優遇を受けていると示唆したVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)については「私はVARに賛成だが、VARの適用が現在、公平ではないと以前述べた。ロックダウン後、あるチームを有利にし、別のチームを不利にしている決定がある。私は世界中でそれを見かけている。これは批判ではない。私はVARの改善を望んでいるんだ」と見解を述べた。

前任のバルベルデ監督の解任については「バルベルデの交代を後悔していない。我々には衝動が必要だった。(現監督の)セティエンは新たな空気、衝動をもたらせている」と言及した。

セティエン監督については「もちろん継続する予定だ。私はチームの進化に満足しているし、ここ2試合ですでに進化が見えている。まずリーグ戦、そして欧州チャンピオンズリーグ優勝を目指している」と語った。

メッシについては「彼は2021年まで契約を結んでいる。これらのことについて説明しないが、我々には彼と契約延長する義務がある。メッシはサッカー史上最高の選手であり、彼との契約延長は義務だ。彼はバルセロナで引退することを望んでいる」と答えた。

バルセロナが今夏獲得を目指しているとたびたび報じられているインテルミラノのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスについては「シーズンが終わった時に話す予定だ。バルサはカレンダーにその日付を記してはいない。今はリーグ戦に集中している」と返答した。

パリサンジェルマンのネイマール獲得については「可能性は低い。なぜならヨーロッパの全クラブの経済状況が厳しいものになっているからね」と説明した。

ブラジル代表MFアルトゥール(バルセロナ)とボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFピャニッチ(ユベントス)の大型トレードが決まったことについては「1番目にスポーツ面、その次に経済面の決定だった。我々はずっと前からピャニッチとの契約を望んでいた」と明かした。

no title

https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202007070001029.html

<久保建英>残した2つの“驚愕スタッツ”とは?「どちらも1位はメッシ、2位はクボ」 

1: 2020/07/08(水) 07:09:08.36
世界的名手と比較しても遜色ない数字を残している

現地時間7月3日に開催されたラ・リーガ第34節で、マジョルカの久保建英は強豪アトレティコ・マドリーとのアウェーゲームに先発フル出場。過密スケジュールが続いているにもかかわらず、これでコロナ中断を挟んで10試合連続のスタメンとなった。

 チームは0-3で完敗を喫したものの、日本代表MFは随所に持ち味を発揮。現地メディアから高い評価を受けた。

 公式スタッツなどを集計している『Opta』の日本語版ツイッターは7月7日、リーガの直近10試合における、ドリブル数とその成功率を示したランキングを紹介。やはりというべきか、1位はどちらもバルセロナのリオネル・メッシ(ドリブル数102回/成功率54.9%)だった。
 
 そして、ともに2位だったのが、他でもない久保だ。ドリブル数は64回とメッシと大きな開きがあるものの、成功率は48.4%(31回)と、世界的名手と比較しても遜色ない数字を残している。

 セビージャを牽引する絶好調のルーカス・オカンポスや、久保と同じくレアル・マドリーが保有するヴィニシウス・ジュニオールらのスタッツと比べてみると、この日本の至宝の凄さがわかるだろう。

 ドリブルの数だけでなく、成功数でも際立っている久保。とりわけこの10試合は、19歳とは思えないパフォーマンスを披露し続けている。残り4試合で、1部残留に向けて崖っぷちのチームを救うことができるか。

『Opta』が紹介したドリブルランキング 
1位:リオネル・メッシ(ドリブル数102回/成功率54.9%)
2位:久保建英(ドリブル数64回/成功率48.4%)
3位:ルーカス・オカンポス(ドリブル数47回/成功率34.0%)
4位:ヴィニシウス・ジュニオール(ドリブル数44回/成功率36.4%)
4位:ファビアン・オレジャーナ(ドリブル数44回/成功率38.6%)
※数字はラ・リーガの直近10試合。順位はドリブル数

7/8(水) 6:19 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9e8a452ce1be0d2bb3914ebf14d20177512a01f

写真
no title

データも示した久保建英のキレキレっぷり…“2つの指標”でメッシに続きリーガ2位 

20200707-43481610-gekisaka-000-1-view

「メッシに似すぎ!」 久保建英、相手置き去りのダブルタッチに称賛「ただ興奮する」 

20200705-00119484-theanswer-000-2-view

セティエン・バルセロナ覚醒!メッシをトップ下に据える新システムで快勝…首位レアル・マドリーを追う 

20200706-00010007-goal-000-1-view

メッシの退団報道はバルサの混乱映す鏡 

20200705-00000021-jij_afp-000-3-view

久保建英 1年目の数字、取り巻く環境…現地メディアが伝えたメッシとの比較 

20200705-00000142-spnannex-000-8-view

<元フランス代表FW>メッシに「自閉症」と辛辣なコメントを浴びせる!「身長150cmの自閉症の子供」 

1: 2020/07/03(金) 20:36:13.33
現在、母国でラジオ解説者を務める元フランス代表選手のクリストフ・デュガリー氏は、レオ・メッシを「自閉症」扱いし、同胞のアントワーヌ・グリーズマンにボールを与えることを勧めた。

「身長150cmの自閉症の子供は何を恐れているのか?彼がしなければならないことは、どこかの時点でグリーズマンにボールを与えることだ」と、FCバルセロナでプレーした元選手はラジオ番組『RMC Sport』で語った。

歯に衣着せない発言で知られるデュガリー氏は、「1年前からメッシに問題があると言っていた」と主張し、グリーズマンは「彼の顔を殴るべきだ」と発言した。

1億2,000万ユーロ(約145億円)の移籍金で今季からバルセロナに到着した同胞FWについて、デュガリー氏は「自信を失っているし、パフォーマンスも良くない」と認めている。「メッシがもっと多くのパスを出せるのは事実だが、正直驚いていない。グリーズマンはボールを失うことを怖がっている。彼は問題を解決するためにメッシと話しに行くべきだ」

デュガリーは、ドレッシングルームでの主導権を握れていないキケ・セティエン監督にも批判的だ。

「完全にスケートをしているコーチだ。セティエンはいい人だけど、レベルがない。彼は誰を変えればいいのか分からなかった。(アトレティコ戦)85分にセルヒオ・ブスケツを変更してアンス・ファティを投入し、90分にはグリーズマンを投げ込んだ」

「グリーズマンに何を求めたんだ。彼は自分のチームのプレーの仕方を知らない。彼には呆れてしまう。グリーズマンには何の非もない。無駄に叩かれているだけだ」と監督の采配にも苦言を呈した。

デュガリーがラジオ番組で悪友とされてきたメッシに八つ当たりしたのはこれが初めてではない。
1998年にバルセロナで11試合に出場した後、冬にオリンピック・マルセイユに移籍した元選手は、常にクリスティアーノ・ロナウドの方がメッシよりも優れていると考えている。

7/3(金) 19:04 スポルト
https://news.yahoo.co.jp/articles/6365eea467e2d192e094b4925d7dcb1afefd0794

写真
no title

メッシ、バルサの現状に嫌気が差し2021年6月に退団か 

20200703-01092359-soccerk-000-1-view




1: 2020/07/03(金) 14:47:23.23
スペインのラジオ局『カデナ・セル』が、リオネル・メッシが2021年6月にバルセロナを退団する可能性について報じた。

 メッシとバルセロナの現行の契約は2021年6月までとなっており、双方は先月、契約更新に向けた話し合いをスタートさせていた。

 しかし、キケ・セティエン監督をはじめとするチームスタッフと選手たちの間の確執が報じられるなど、クラブに関する様々な問題がリークされる現状を鑑み、また彼には無関係の問題まで責任を負わされることに心を痛め、メッシ自身の意向により交渉が一時ストップしているという。

 メッシは常々「バルセロナが望む限り、このクラブでプレーする」と語っていたが、最近はロッカールームの自身に近しい関係者に「自分がクラブにとっての問題になりたくない」と漏らしているという。また、タイトル獲得に向けたプロジェクトを描けていないクラブに対しても不満を抱きつつあるそうだ。

『カデナ・セル』は「現時点におけるメッシの考えは、クラブとの契約を2021年に終了させ、バルセロナを退団することだ」と結論付けている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8d81057f62b902108cbe3d90e299697879dc909



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索