Samurai Goal

メッシ


スポンサード リンク





「すべて僕のせいと批判されるのに疲れた…」メッシ、バルサでのあらゆる問題に“本音”を漏らす 

スクリーンショット 2020-11-23 21.19.48

マン・Cがメッシ獲得から撤退か…ネックは年齢と年俸123億円の超高額サラリー? 

スクリーンショット 2020-11-23 11.35.26

とばっちり? メッシの発言受け、グリーズマンの車が複数サポータに取り囲まれる 

1: 2020/11/20(金) 15:00:11.14 _USER9
バルセロナに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに対する、サポーターからの風当たりが強まっている模様だ。20日に、スペインのラジオ局『カデナ・セール』の番組『エル・ラルグエロ』が報じている。

 18日、2022 FIFA ワールドカップ カタール南米予選を戦い終えてスペインに帰国したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、空港で記者たちに取り囲まれた。先週、グリーズマンの元代理人であるエリック・オラッツ氏が「アントワーヌは、メッシがすべての物事をコントロールするという深刻な問題を抱えたクラブにいる」と発言。メッシの影響力がクラブ全体に及んでいるという認識を示し、バルセロナを取り巻く状況を「恐怖政治」と表現した。この批判に対して、メッシは記者たちに「すべてのことが自分のせいにされる。いつものことだけど、もう疲れたよ」と不満を口にしていた。

 19日のトレーニングセッション後、練習場から車で立ち去ろうとしていたグリーズマンの目の前に、複数人のバルセロナサポーターが飛び出した。若者たちは、車の窓からグリーズマンに向かって「メッシは尊敬されている」と叫んでいたという。メッシの発言を受けて、グリーズマンに物申したかったのだろうか。グリーズマンは、群がる若者たちに目を向けることなく、練習場を後にしている。

 今シーズン、グリーズマンはリーガ・エスパニョーラで7試合に出場し2ゴール1アシスト。チャンピオンズリーグ(CL)では2試合に出場して無得点と、満足のいく成績を残せていない。決定的なチャンスを逸する場面も散見されることからサポーターからは批判も巻き起こっているが、今回の騒動はまさに“とばっちり”と言えるだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5dda04af2801732d75500e011627da5f8f1ea757
no title

「すべて僕のせいと批判されるのに疲れた…」メッシ、バルサでのあらゆる問題に“本音”を漏らす 

1: 2020/11/19(木) 15:34:04.61 _USER9
グリエーズマンの元代理人から「トラウマをつくられた」と揶揄され…

バルサの大黒柱リオネル・メッシが“本音”を漏らした。

 長年、チームを牽引してきた稀代のクラックが、今夏にバルサ退団を巡って世界を騒がせたのは周知の通りだ。サッカー専門メディア『Goal.com』のインタビューで、「本当のところを言えば、このクラブには明確なプロジェクトがない」とバルサの現体制を批判した。

最終的に「僕は人生のクラブと戦争はしたくない」と語ったメッシが21年6月の契約満了時までの残留をひとまず明言。だが、クラブを揺るがすほどに発言力が増した10番に対する地元メディアの風当たりは強まったままだ。

 今月11日には、2016年までグリエーズマンの代理人だったエリック・オルハッツ氏がフランス誌『France Football』で、「メッシは皇帝であり、君主であり、グリエーズマンの加入をよく思っていなかった。本当にトラウマをつくったのは彼だ」と口にしたことが、スペイン紙『Marca』を中心に拡散され、アルゼンチン代表FWは、再び批判の矢面に立たされることとなった。

 クラブでの深刻さが窺える状況にメッシも限界に来ているのかもしれない。現地時間11月18日にカタール・ワールドカップの南米予選を戦い終え、バルセロナに舞い戻った10番は、事前書類を求める税務調査官との遭遇で苛立ちを募らせながら、空港での取材に次のように漏らした。

「このクラブでのこと全てが、僕の問題だと批判されることに疲れた。15時間以上のフライトを経てここまで来て、突然、税務調査官に遭遇するなんて、バカげている」

 現地11月21日に開催されるラ・リーガ第10節ではアトレティコ・マドリーとの大一番を迎えるバルサ。その状況での大黒柱の発言は、チームにいかなる影響を及ぼすだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d70c3069cd15a7c6db1e2093204d8a525cdb41c9
no title

メッシ空港で拘束「狂っている」記者質問にいら立ち 

1: 2020/11/19(木) 11:27:21.05 _USER9
11/19(木) 10:25配信
日刊スポーツ

リオネル・メッシ(2019年12月7日撮影)

パラグアイ、ペルーとのW杯南米予選2試合を終え、バルセロナに戻ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が18日、プライベートジェットで空港到着時に記者の質問に答えた様子を、スペイン各紙が同日に伝えた。

メッシは空港を立ち去る際、チームメートのグリーズマンの元代理人の発言について問われ「僕がいつもクラブのすべての問題になっていることにうんざりしているのは本当だ」といら立ちを隠さなかった。

この質問の発端となったのは、グリーズマンの元代理人エリック・オラッツ氏が今月10日にフランス誌フランス・フットボールで、バルセロナのロッカールームの状況について「あれは恐怖政治だ。メッシと一緒にいるか、彼に反対するかのどちらかだ」と形容した言葉だった。

さらにオラッツ氏は「アントワーヌ(グリーズマン)はメッシが全てをコントロールする深刻な問題を抱えるクラブに入団したんだ。彼は皇帝であり君主でもあり、アントワーヌの入団を歓迎していなかった。彼の態度はひどいものだったので、不快な気分にさせられていたよ。私はグリーズマンからメッシとは何の問題もないと聞いていたが、その逆のことは一度も言っていなかった」とメッシを非難した。

メッシが記者の質問に対して不快感を示した裏には、バルセロナ到着後に空港で30分以上も拘束され、関税を払ったことが原因とも言われている。なぜならメッシは空港を立ち去る際、「さらに15時間のフライトの後、税関職員が僕を待っていたんだ。狂っているよ」とも発言していたためである。

メッシがバルセロナで言葉を発するのは、9月4日にGoal.comの独占インタビューで不本意ながらも残留を表明した時以来、初めてだった。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/63eb5f3d66493184c862382f1b362caf1a9a9202

笑顔なきメッシにスアレス「僕らはたくさん話すけど…」 

スクリーンショット 2020-11-16 13.01.16

バルセロナの「最強ストライカー番付」。番記者が選ぶ歴代1位はメッシ!気になる2位以下の顔ぶれは? 

1: 2020/11/11(水) 12:55:56.39 _USER9
ベストストライカーは言うまでもなく

【番記者選定のバルセロナ最強ストライカー番付TOP10(1990年以降)】
1位:リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)
2位:ルイス・スアレス(ウルグアイ代表)
3位:フリスト・ストイチコフ(元ブルガリア代表)
4位:サミュエル・エトー(元カメルーン代表)
5位:ロマーリオ(元ブラジル代表)
6位:ロナウド(元ブラジル代表)
7位:ダビド・ビジャ(元スペイン代表)
8位:パトリック・クライファート(元オランダ代表)
9位:リバウド(元ブラジル代表)
10位:ヘンリク・ラーション(元スウェーデン代表)

ベストストライカーは言うまでもなくメッシだ。バロンドールと欧州ゴールデンブーツをそれぞれ6度ずつ受賞したほか、ラ・リーガ得点王にも歴代最多の7度輝いている。クラブはもちろん、サッカー史上でも最強の点取り屋のひとりと言っていいだろう。

 メッシを除く9選手は、年代の古いほうから紹介していこう。ドリームチームの一員だったストイチコフは、ラ・リーガ4連覇とCL初優勝に貢献。とりわけマドリーが相手のゲームで実力を発揮し、カリスマ性も抜群だった。

 ロマーリオは「30ゴール決める」という入団会見での公約を1年目に実現。わずか1年半で去ったが、マドリー戦で決めた「コラ・デ・バカ」 (牛のしっぽ)をはじめ、強烈に記憶に残るゴールが多い。

 記憶に残ると言えば、ロナウドの60メートル独走弾もそのひとつだ。そのロナウドと入れ替わりで入団したリバウドも、バレンシア戦でのオーバーヘッド弾など印象に残るゴールが多い。クライファートはクラブの暗黒期と重なり、タイトル獲得はひとつにとどまったが、6年間で120得点以上をマークした。

 逆に、復興期に活躍を見せたのがエトーとラーションで、10年入団のビジャは不慣れな左サイドを任されながらも、戦術理解力の高さを見せて新境地を開拓。マドリー相手にマニータを達成したクラシコでの2ゴールや、10-11シーズンのCL決勝での得点など、ビッグゲームでさすがの勝負強さを発揮した。

 ビジャ退団の1年後に加わったのがスアレスだ。CF受難と言われたバルサで、最初はネイマールを含めたトリデンテの一員として、のちにメッシと強力コンビを築き、今夏に退団するまでゴールを量産しつづけた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/20172e105c0727e7cbf66f26009c52aa45e39104
no title

メッシ退団騒動再燃 再びマンCが水面下で獲得目指す? 

1: 2020/11/03(火) 22:17:13.61 _USER9
今夏に大騒動を巻き起こしたスペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の退団騒動が再燃しそうだ。

 英紙「テレグラフ」が3日、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティが来年1月の移籍市場でメッシに事前契約のオファーを出す可能性があると報じた。「メッシはバルセロナと彼の将来について話すつもりはない」と同紙は指摘し、早ければ来年1月の移籍も視野に入れて獲得に動くという。

 マンチェスター・シティは昨夏にメッシがバルセロナ退団の意思を表明した際に、クラブを所有するシティ・フットボール・グループが5年総額6億2300万ポンド(約882億8000万円)の超破格契約を準備。最初の3シーズンをマンチェスター・シティで過ごし、その後MLS(米メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティに移籍する異例のプランを進めていた。

 今季限りで契約が切れるメッシは恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督(49)の下で再びプレーすることを望んでいるといわれ、マンチェスター・シティが水面下で再びメッシ獲得へ動き出したようだ。

 そうした状況からバルセロナ側はメッシと契約延長できないケースも想定。新型コロナ禍の影響による財政難のため、来夏にフリーで移籍されるよりも移籍金を得られるラストチャンスとなる今冬の移籍市場で放出する可能性があり、マンチェスター・シティーは電撃獲得を狙っているのだ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e6901af4082848afe25c721c6b3254bf33ed197
no title

メッシ「衝撃の事実」にツイッター炎上…スペイン紙「ファンをとても怒らせた」 

スクリーンショット 2020-11-03 9.39.34

バルセロナ前監督セティエン、メッシを語る「扱い難しい。誰も変えられなかったのだから私にできるわけない」 

スクリーンショット 2020-11-01 13.51.40


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索