Samurai Goal

メッシ


スポンサード リンク





“メッシを使いこなせなかった!?”アルゼンチン代表サンパオリ監督を解任!! 

b5e1cbfb-52cc-4ea3-86b8-7dec51584132.view
1 2018/07/16(月) 07:36:05.34 _USER9
アルゼンチンサッカー協会は15日、ホルヘ・サンパオリ監督を解任したとホームページで発表した。

 同ホームページではサンパオリ監督のほか、ホルヘ・デシオコーチとビデオアナリストのマティアス・マナ氏の解任も併せて発表している。違約金の額については公表されていないが、アルゼンチン『クラリン』では200万ドル(約2億2000万円)で双方が合意に達したと伝えている。

 かつてチリ代表監督やセビージャで指揮を執っていたサンパオリ氏は2017年6月にアルゼンチン代表監督に就任した。ロシアワールドカップ南米予選で低迷しているチームを見事に再生させ本大会への出場権を得たが決勝トーナメント1回戦でフランスに3-4で敗れてしまった。

 チームは32年ぶりのワールドカップ優勝を目指していたが大会期間中に不満を示す選手もいるなど内紛もあった。また通算147試合に出場し同国史上最多出場記録保持者のハビエル・マスチェラーノが代表引退を宣言し、31歳のリオネル・メッシも代表での今後の活動については公にしていない。

 そんな変革を必要とするアルゼンチンで果たして誰が2022年カタール大会に向けて新指揮官となるのだろうか

フットボールチャンネル7/16(月) 7:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180716-00281774-footballc-socc

ワールドカップ後に代表引退が噂される世界的有名選手20人!! 

1 2018/07/07(土) 20:38:00.31 _USER9
「ロシアW杯後に代表引退する20人」を海外メディア予測 C・ロナウド&メッシの名も

4年に一度のワールドカップ(W杯)は、選手にとって大きなターニングポイントとなるビックイベントだ。この祭典を機に、代表生活やサッカー人生にピリオドを打つ者も多い。
米メディア「TheSportster」は、ロシアW杯後に代表を引退する可能性が高い20選手をピックアップ。

すでに代表引退を表明したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタとメキシコ代表MFラファエル・マルケス、日本代表MF本田圭佑のほか、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらが名を連ねている。

W杯の舞台で輝きを放つ選手もいれば、思い描いたプレーをできずに大会を去っていった選手もいる。今大会で言えば、現代フットボール界の二大巨頭であるロナウドとメッシは決勝トーナメント1回戦で敗れて志半ばで姿を消した。

33歳のロナウドは2022年カタールW杯時には37歳で、年齢的には厳しいと言わざるを得ない。今大会がラストW杯と思っているファンも多いはずだが、4ゴールを挙げてさすがの決定力を披露したのもまた事実。
記事では、ポルトガル次第でもう一度出場する可能性はあるとしている。

一方で、クラブレベルのような輝きを放つことができなかったメッシは、代表引退の可能性がずっと囁かれてきた。世界最高の選手の一人なのは間違いないが、
W杯制覇を成し遂げていないことは彼自身の中でも不完全燃焼の部分があるだろう。今後のメッシの動向には、世界から注目が集まりそうだ。

その他には、エジプト代表FWモハメド・サラーやコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ、今大会に出場できなかったウェールズ代表FWギャレス・ベイル、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンなどが挙げられている。

本田はベスト16敗退後に代表引退を示唆
 
また、忘れてはならないのが日本の本田だ。今大会は史上6人目の3大会連続ゴール&アシストを記録するなどスーパーサブとして奮闘。史上初のベスト8進出こそ逃したものの、3度目のベスト16に大きく貢献した。

2008年に代表デビューした本田も今年で32歳。4年後のカタールW杯では36歳となっており、ベルギーに敗れた後には「4年後は見られない。それはハッキリしている」と代表引退を示唆している。
また、記事には登場していないが、2010年から8年間、日本代表のキャプテンを担ってきたMF長谷部誠も、ベルギー戦翌日に代表引退を表明した。

「TheSportster」が選出した20人は、以下の通り。

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/FW/33歳)
リカルド・クアレスマ(ポルトガル/FW/34歳)
ペペ(ポルトガル/DF/35歳)
ニクラス・ベントナー(デンマーク/FW/30歳)
ギジェルモ・オチョア(メキシコ/GK/32歳)
ラファエル・マルケス(メキシコ/MF/39歳)※
リオネル・メッシ(アルゼンチン/FW/31歳)
アンドレス・イニエスタ(スペイン/MF/34歳)※
セルヒオ・ラモス(スペイン/DF/32歳)
ホセ・マヌエル・レイナ(スペイン/GK/35歳)
ガリー・ケーヒル(イングランド/DF/32歳)
ジョー・ハート(イングランド/GK/31歳)
本田圭佑(日本/MF/32歳)※
トーマス・ミュラー(ドイツ/FW/28歳)
ニコラ・カリニッチ(クロアチア/FW/30歳)
モハメド・サラー(エジプト/FW/26歳)
ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/DF/32歳)
ラダメル・ファルカオ(コロンビア/FW/32歳)
ギャレス・ベイル(ウェールズ/FW/28歳)
ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/GK/40歳)
※今大会後に代表引退を表明


7/7(土) 20:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00119848-soccermzw-socc

写真
no title

「無料でやるよ?」マラドーナ、アルゼンチン代表監督に立候補!! 

ae3fb25d81aaf2d4f706e4c3f5744f45_1530005502_1
1 2018/07/04(水) 23:47:58.32 _USER9
2018年7月4日 17時50分

 アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏がアルゼンチン代表の次期監督に立候補した。『ESPN』が報じている。

 現役時代、アルゼンチン代表として1982年から4大会連続でW杯に出場。母国を優勝に導いた1986年大会では、準々決勝イングランド代表戦で“神の手”ゴールと“5人抜き”ゴールの伝説を残した。引退後は、指導者の道に進み、2010年大会でアルゼンチンを指揮したが、準々決勝で敗れ、大会後に解任となった。

 ホルヘ・サンパオリ監督のもと、ロシアW杯に臨んだアルゼンチンは、グループリーグで苦戦を強いられ、1分1敗で迎えた最終節ナイジェリア戦を2-0で制し、辛くも決勝トーナメント進出を決めた。しかし、決勝トーナメント1回戦でフランスに3-4で競り負け、ベスト16で姿を消した。

 『デ・ラ・マノ・デル・10』に出演したマラドーナ氏は、アルゼンチンサッカー協会から就任要請が届いたらどうするか問われ、「ああ、無料で私が引き受けるよ。見返りは何も求めない」と即答。「多くの努力があって築かれてきたすべてのものが余りにも簡単に破壊され、嫌な気分にさせられた」と、母国の立て直しに努めたいと語った。

 果たして再びマラドーナ氏がアルゼンチンの指揮を執ることになるのだろうか。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14962785/

“戦術メッシは敗退当然”元アルゼンチン代表・クレスポ氏が明かす 

img_0
1 2018/07/01(日) 18:00:04.50 _USER9
かつてアルゼンチン代表でFWを務めたエルナン・クレスポ氏が、母国の2018 FIFAワールドカップ ロシア・ベスト16での敗退について語った。

アルゼンチンは6月30日に行われた決勝トーナメント1回戦でフランスと対戦。4-3と打ち合いの末ベスト16で敗退が決定している。
優勝を目指していたものの、決勝トーナメント初戦にしてロシアの地を離れたアルゼンチン代表に対しクレスポ氏が耳の痛いコメントを残している。

「(アルゼンチンの敗退は)ガブリエル・ガルシア・マルケスの『予告された殺人の記録』という小説のようなものだ。分かりきっていたことだね。
このような状況では失望するのが当たり前だ。正直に言えば、予選突破はメッシのおかげで起きた奇跡だった。彼に感謝しなければならない。今の代表には変化が多すぎて、確固たるものがない」

また、ウルグアイ代表に敗れ、ベスト16で敗退が決まったポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドについても言及している。
「クリスティアーノは最高のスタートを切ったけど、持ち味を発揮できない試合が1試合あった。それが今夜だったんだ。時代の終わりかって? そうじゃないことを願っているよ。そのほうがサッカー界のためにもなるしね」

サッカーキング 7/1(日) 12:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00787235-soccerk-socc

写真
no title

“メッシ散る”フランスがアルゼンチンを破る!!“ムバッペ大活躍” 

AS20180701000057_comm
1 2018/07/01(日) 04:28:10.05 _USER9
7/1(日) 0:53配信
19歳ムバッペが圧巻2発! フランス、アルゼンチンとの打ち合い制しベスト8進出

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が6月30日に行われ、フランス代表とアルゼンチン代表が対戦した。


 グループC首位で2大会連続ベスト16のフランスと、苦しみながらも逆転突破を果たしたグループD2位のアルゼンチンが激突。フランスはキリアン・ムバッペ、オリヴィエ・ジルー、アントワーヌ・グリーズマンの3トップで、ポール・ポグバやエンゴロ・カンテらも先発出場となった。

 対するアルゼンチンはエースのリオネル・メッシ、アンヘル・ディ・マリア、クリスティアン・パボンが3トップを形成し、ゴンサロ・イグアイン、セルヒオ・アグエロ、パウロ・ディバラら豪華メンバーがベンチスタート。GKはグループ3戦目で代表デビューのフランコ・アルマーニが務める。

 開始13分、フランスが先に試合を動かす。自陣でルーズボールを拾ったムバッペが、スピードに乗ったドリブルで一気にエリア内へ突破すると、マルコス・ロホに倒されてPKを獲得。これをグリーズマンが冷静にゴール左に決めて先制点を挙げた。失点したアルゼンチンはなかなか反撃が実らなかったが、41分にエリア手前中央でパスを受けたディ・マリアが相手の隙きを突いて左足を一閃。豪快なシュートを右サイドネットに突き刺し、同点に追いついた。

 さらにアルゼンチンは後半の立ち上がり48分、メッシがエリア内右からシュートを放つと、ゴール前に残っていたガブリエル・メルカドが左足でコースを変えてゴールネットを揺らし、逆転に成功した。しかしリードは長く続かず、フランスも57分に反撃を実らせる。左サイドを駆け上がったリュカ・エルナンデスのクロスから、ファーで待ち構えていたベンジャマン・パヴァールがダイレクトで右足を振り抜き、鮮やかなボレーシュートをゴール左上隅に沈めた。

 試合が再び動いたのは64分、エリア内でこぼれ球を拾ったムバッペがゴール左に切り込み左足シュートを決めて、フランスが再びリード。さらに68分には、素早い攻撃からジルーのラストパスを受けたムバッペがエリア内右からシュートを沈めて追加点。GKウーゴ・ロリスからわずか13タッチでゴールを奪い、大きな2点リードを得た。

 後半アディショナルタイム3分、メッシのクロスから途中出場のセルヒオ・アグエロがヘディングシュートを決め、アルゼンチンが1点差とするが、試合はこのままタイムアップ。フランスが4-3で勝利し、2大会連続のベスト8入り。敗れたアルゼンチンは4大会連続の準々決勝進出を逃した。勝ち進んだフランスは、7月6日にウルグアイ代表とポルトガル代表の勝者と対戦する。

【スコア】
フランス代表 4-3 アルゼンチン代表

【得点者】
1-0 13分 アントワーヌ・グリーズマン(PK)(フランス)
1-1 41分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
1-2 48分 ガブリエル・メルカド(アルゼンチン)
2-2 57分 ベンジャマン・パヴァール(フランス)
3-2 64分 キリアン・ムバッペ(フランス)
4-2 68分 キリアン・ムバッペ(フランス)
4-3 90+3分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00786983-soccerk-socc

アルゼンチン代表は「監督シカト作戦」で決勝T生き残りを目指す!! 

GettyImages-543300550a-800x600
1 2018/06/30(土) 17:27:17.20 _USER9
 アルゼンチンの大手リクルート会社は、第1戦が終わった後に、皮肉を込めてこんな広告を出した。

「南米チームの監督の方々に再就職先を斡旋(あっせん)します」

 ヨーロッパにとって、そしてたぶん日本にとっても、サッカーはスポーツだ。もちろん試合に勝てば盛り上がり、負ければ悔しく、熱く自チームを応援するだろうが、それが人生のすべてではない。

 一方、南米ではサッカーがすでに人生の一部だ。人々は命をかけて自国のチームを応援する。そのプレッシャーは、うまくいけば大いなる力となってチームを後押しするが、同時に大きな重圧となって選手にのしかかってくる。

 南米のチームのなかで一番堅実で、強く、方向性のぶれないチームはウルグアイだ。プレーのひとつひとつが理にかなっていて、よくつくりあげられている。グループリーグでは3連勝しただけではなく、見ていても楽しいサッカーだった。

 選手個々の出来もいい。ウルグアイサッカー史上最多代表キャップを達成したGKフェルナンド・ムスレラから、エディンソン・カバーニ、ルイス・スアレスといったスター選手まで、一貫して調子がいい。

 しかし、何よりもその強さの秘密はベンチにある。今大会最年長の指揮官であるオスカル・タバレス監督は、毎日3時間以上も他チームの研究を欠かさない。ウルグアイは南米の中でも小国で、今回のW杯参加国の中でもアイスランドの次に小さな国だ。にもかかわらず32チームの中でもトップの強さを見せている。クロアチアとともにこの大会のダークホースとなるかもしれない。

 一方、一時は終わってしまったかのように見えたのがアルゼンチンだ。初戦でアイスランドに引き分け、クロアチアには大敗すると、選手と監督の不和は高まり、リオネル・メッシはうなだれた。最後のナイジェリア戦でもアルゼンチンは苦しんだが、終了4分前にマルコス・ロホがゴールを決めて、どうにか首をつないだ。

 そして、ここにきてアルゼンチンはチームの危機を、彼らのやり方で解決することにした。そう、とてつもなくアルゼンチンらしいやり方で……。

 アルゼンチンの選手たちは、もうホルヘ・サンパオリ監督の言うことには耳を貸さないことにした。ハビエル・マスチェラーノもメッシも、監督とは話もしない。重要なことは全て選手が決める。練習時間も、練習方法も、果てはゴンサロ・イグアインにもっとスペースを与えるといった戦い方まで……。

 マスチェラーノは言う。
「アルゼンチンのW杯は今から始まる。すべてがゼロからのスタート、これまでのことは考えないようにする。今はただ前を見るだけだ」

 サンパオリは日に日に孤立している。ロホが劇的なゴールを決めたときでさえ、誰もサンパオリをハグしたりはしなかった・・・



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180630-00010007-sportiva-socc&p=1

ルミ子歓喜!!アルゼンチン突破に大興奮「泣きそうです!!」 

602004
1 2018/06/27(水) 18:27:04.76 _USER9
芸能界屈指のサッカー通で知られる小柳ルミ子(65)が27日、ブログを更新し、心酔するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31=バルセロナ)が26日(日本時間27日)のワールドカップ・ロシア大会1次リーグ・ナイジェリア戦の前半14分に利き足ではない右足で今大会初ゴールを決め、苦しみながらも2位での決勝トーナメント進出を果たしたことに「泣きそうです!!」と歓喜した。

 小柳は、世界中からメディアが集まったサンクトペテルブルクのスタジアムに設けられた、プレスセンターと思われる場所からの写真もアップ。「今迄こんなに人をチームを応援した事があるだろうか ない!! 始めてだ!!!!!! スタジアムに入った 凄い!!!!!!!!!!」(原文のまま)と、最高潮に高まった興奮をつづっている。

日刊スポーツ6/27(水) 17:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00251414-nksports-ent

『メッシ生還』劇的勝利で喜び爆発!!決勝T進出で感情丸出しに! 

20180627-00000048-goal-000-4-view
1 2018/06/27(水) 05:58:40.27 _USER9
ロシア・ワールドカップは26日にグループDの試合が行われ、ナイジェリアとアルゼンチンが対戦。アルゼンチンが2-1で勝利した。リオネル・メッシは試合後、喜びを爆発させた。

勝利が絶対条件の中で、ナイジェリアとの最終節を迎えたアルゼンチン。立ち上がりから気持ちを見せると、14分にメッシが先制点を挙げる。その後追いつかれ、このまま終了かと思われたが、87分にマルコス・ロホが決勝点を挙げ、逆転で決勝トーナメント進出を決めた。

試合後、メッシは喜びを爆発させている。

「僕らはこの試合の勝利を信じていた。こうやって勝てたのは最高だね。十分に値する喜びだよ」

「神がともにあることを知っていた。神が僕らを敗退に追い込むことはないということもね。すべてを犠牲にしたここにいるみんな、そしてアルゼンチンにいるすべての人に感謝したい。このシャツはなによりも上なんだ」

逆転でグループ突破を決めたアルゼンチン。決勝トーナメント1回戦では、グループC首位のフランスと激突する。

6/27(水) 5:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000048-goal-socc

【驚愕】メッシがアルゼンチンのスタメン選考!監督は一切関わらず!? 

https _imgix-p
1 2018/06/26(火) 16:04:00.18 _USER9
アルゼンチン代表フォワードのリオネル・メッシ選手とミッドフィールダーのハビエル・マスチェラーノ選手が、
サッカーW杯ロシア大会グループステージの第3試合となるナイジェリア戦に向けたメンバー構成を決定する。
デイリー・メール紙が伝えている。

同紙は、1986年大会優勝メンバーのリカルド・ジュスティ氏がアルゼンチン代表のマネージャーとの会話の後、
ホルヘ・サンパオリ監督が試合に向けたメンバー構成の編成に参加しないと述べたとのジュスティ氏の言葉を伝えている。
メンバーを選ぶのは選手らで、決定的な発言権を持つのはメッシ選手とマスチェラーノ選手だという。

デイリー・メール紙によるとジュスティ氏は、サンパオリ監督がナイジェリアとの対戦時、リザーブ選手のベンチにいない可能性があると指摘した。

第2試合におけるクロアチアに対する大差での敗北の後、アルゼンチンはW杯を去る瀬戸際に立つことになった。
大会の第1試合では、メッシ選手のチームはアイスランドを下すことができず、対戦は1対1で終わった。
悪い成績と説得力のないゲームが原因で、代表チームは痛烈に批判された。
選手らがサンパオリ監督に反対を表明したことも伝えられた。

https://jp.sputniknews.com/worldcup-2018-archive/201806255034115/

【激怒】マラドーナ「クロアチアなんかに負けるな」メッシには擁護する一面も... 

20180622-OHT1I50023-T
1 2018/06/23(土) 23:13:31.51 _USER9
元アルゼンチン代表選手及び監督のディエゴ・マラドーナ氏が、ロシア・ワールドカップで同チームがクロアチアに敗れたことに憤りを表した。

クロアチアに0-3で敗れ、グループステージ敗退の危機に陥ったアルゼンチン。マラドーナ氏は「テレスル」の番組で、この敗戦について次のように振り返っている。

「表現できない苛立ちを覚えているし、内から怒りが煮えくり返ってくる。アルゼンチンのユニフォームに袖を通した男たちが、ドイツでもブラジルでもオランダでもなく、クロアチアなんてチームに叩きのめされるなど、あっちゃならない。それが真実なんだ」

マラドーナ氏はまた、問題がFWリオネル・メッシではなく、他選手にあることも強調している。

「レオはプレーすべきプレーを、できるプレーをした。彼がチームメートの問題も解決しなくてはならないなど、とても難しいことだ」

「アルゼンチンはどうプレーすべきかを理解していないし、何の解決法も有していない。中盤も、守備も、攻撃でもだ、だ。アルゼンチンは壁パスもしなければ、ポストプレーでも勝てず、ボールを持つことができなかった」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000027-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索