Samurai Goal

メッシ


スポンサード リンク





【悲報】サッカー無知な人は『イニエスタ』知らない説 

1305512_gallery

サッカー選手を“数値化”してみた!!まずはケイスケホンダからww 

397228_1_f

“アンチレアル!?”ルミ子が吠えた「レアルに3連覇させない!!」 

1   2018/05/13(日) 01:40:51.90 _USER9
芸能界屈指のサッカー通として知られる歌手の小柳ルミ子(65)が12日、都内の書店で自書「パスコースがない?じゃあ、つくればいい。ルミ子の勝手にサッカー学」刊行記念イベントを行った。

バルセロナのリオネル・メッシ(30)を敬愛する小柳は青と赤のバルサカラーの衣装で登場。
メッシがプロデビューした約13年前からサッカーに興味を持ち、傾倒。「サッカーは私の生きる喜び。歌の仕事っていうのは責任感を持ってやっていたけど、
サッカーは趣味で何も責任がない。何も考えず、リラックスして楽しめる。私の人生の喜びですね」と笑顔を見せた。

バルセロナでは、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)が退団を発表。J1神戸が獲得に動いている。
イニエスタについて「今シーズンのイニエスタを見ていて、何か胸に引っかかるものがありながらプレーなさっているなと感じていた」といい、
「永久契約というクラブからのフットボーラーとしては初めてのことがあって、一旦落ち着くのかなと思ったら、退団を発表された。
あの記者会見を見ながら、なんて素晴らしい人なんだろうと。クラシコなんて号泣で、見ていられなかったです」と思いを吐露。

「あんなに難しい、ハイテクニックなことをサラリとやる、美しい、優しいパスが出せる、あのスペースを、あのスピードでパスを出せる、そんな人はイニエスタぐらい」と称賛し、
「バルサのイニエスタが見られないのは残念ですけど、ヴィッセル神戸に来るのではという噂も聞こえてきている」と神戸入りの報道にも触れ、「それが叶ったら凄いセンセーショナルですよね」と目を輝かせた。

最近では、解説などサッカーの仕事も増えてきているという小柳。レアル・マドリードとリバプールとの欧州CL決勝(26日開催、ウクライナ)のフジテレビの生中継で副音声を担当する。
小柳は「解説はプロの方に失礼です。勝手にトークです。勝手に言いたいことをやらせていただいている。2回目ですけど、副音声がギリです。

主音声では危なくてしょうがない、何を言うかわからないから」と笑わせつつ、「副音声でルミ子さんの分析をしゃべってほしいと言われることは大変光栄です」。
それでも「チャンピオンズリーグの決勝ですよ、何としてもリバプールに勝ってほしいんです。バルサの永遠のライバル、レアルに3連覇させちゃなんねぇぞっていう、そこは押します」とバルサ愛をさく裂させた。

スポニチ 5/12(土) 16:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000114-spnannex-ent

写真
no title

C.ロナウド母「メッシの話はしない」インタビューで息子について語る 

1   2018/05/12(土) 22:27:20.80 _USER9
フランスの『レキップ』紙のインタビューでクリスティアーノ・ロナウドの母マリア・ドロレス・ドス・サントスは自身の息子や家族のプライベートな部分を告白している

「家には、スター選手はいないの。息子と兄・弟だけよ。クリティアーノが家族といるとき、フットボールの話はしないわ。メッシのことについても話さない。一歩家の外に出れば多くの騒ぎがクリティアーノを取り巻くことを理解しているわ。だから、家の中で彼は守られる必要があるの。家は彼が心身ともに充電をする場所よ。」

また、現在33歳のクリスティアーノ・ロナウドだが、息子の引退についても母親はコメントしている。
「37歳までプレーする人もいる。クリスティアーノは機械ではないが、プレーできる限り、プレーするだろう。だからあと3年くらいはプレーすると私は思う。」

スポルト 5/12(土) 19:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00010013-sportes-socc

写真
no title

ジダン「コメントする気無し」メッシが審判に圧力をかけた疑いについて 

GettyImages-671989952a-800x533
1   2018/05/09(水) 14:08:53.30 _USER9
レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、6日のクラシコでバルセロナのFWリオネル・メッシが審判に重圧をかけたとされる報道について「そのことで私が驚くことはない」と、意に介していない様子だ。クラブ公式サイトが伝えている。

 メッシは6日にカンプ・ノウで行われたリーガ・エスパニョーラ第36節レアル戦(2-2)の前半終了後、DFセルジ・ロベルトに一発退場を命じたエルナンデス・エルナンデス主審に対し、「びびり、びびり、びびりが。もうあいつらにプレゼントをするのは十分だ」と言い放ったとスペイン『カデナ・セール』に報じられていた。

 ジダン監督は、9日の第34節セビージャ戦に向けた記者会見でこの件を問われ、「そのことで私が驚くことはないし話をするつもりもない。全てはピッチの中にとどまる」とコメントしている。

「通用口トンネルではいつでも何かが起こる。問題は今や、カメラや選手たちのコメントであらゆる人たちが全てを知り得るということ。変わったのはその点。なぜなら以前もいろんなことがあったが、ロッカールームから外に出ることはなかった」

 レアル指揮官は現代の選手たちを気遣い、「先日何があったかコメントする気はない」と無関心を貫いた。

5/9(水) 8:15配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-01653584-gekisaka-socc

世界中に溢れる「○○のメッシ」、一体、何人いるのだろうか 

1   2018/05/03(木) 07:57:51.46 _USER9
サッカー界にリオネル・メッシが登場して以降、世間は若く才能のある選手やプレースタイルが似通っている選手を次から次へとメッシと比較し、
“ネクスト・メッシ”を量産してきた。周囲から過剰すぎる期待を寄せられた古今東西の「●●のメッシ」を紹介する。

写真
no title


■ブラヒム・ディアス:「スペインのメッシ」…(18歳/FW)

 昨夏のプレシーズンマッチでレアル・マドリード相手に豪快なミドルシュートを決め、一躍世界に名を広めたマンチェスター・Cの大器。すでにチャンピオンズリーグデビューを果たすなど、ジョゼップ・グアルディオラ監督のもとで順調に成長を続けている。

■ガエル・カクタ:「フランスのメッシ」…(26歳/MF)

 18歳5カ月の時にチェルシーでトップチームデビューを飾り、2010年のU-19欧州選手権ではMVPに輝く活躍でフランスを優勝に導いた。しかし、チェルシーでは大成せず、6カ国10クラブを転戦。いまだにデビュー当時以上のインパクトを残せずいる。

■パトリック・ロバーツ:「イングランドのメッシ」…(20歳/MF)

 14年のU-17欧州選手権でイングランドを優勝に導き、10台の選手としては異例の約20億円の移籍金でマンチェスター・Cに引き抜かれた。レンタル先のセルティックでは主力に定着したものの、今シーズンは故障を繰り返して伸び悩んでいる。

■アレン・ハリロヴィッチ:「クロアチアのメッシ」…(21歳/MF)

 16歳と112日の若さでデビューを飾り、ディナモ・ザグレブの最年少出場記録を更新。2年後にバルセロナへ引き抜かれた。しかし、バルサではトップチームに定着することができず、その後はスポルティング・ヒホン、ハンブルガーSV、ラス・パルマスといった中小クラブを転々としている。

■マルティン・ウーデゴーア:「ノルウェーのメッシ」…(19歳/MF)

 15歳でノルウェーリーグの最年少出場記録と最年少ゴール記録を樹立。16歳の時に鳴り物入りでレアル・マドリードへの移籍を果たした。現在はレンタル先のヘーレンフェーンで武者修行中。

■ヨアンニス・フェトファツィディス:「ギリシャのメッシ」…(27歳/MF)

 19歳にしてギリシャ代表デビューを果たし、翌年にはチャンピオンズリーグ初ゴールを記録。キャリア初期は順風満帆だった。しかし、22歳で挑んだセリエAで目立った活躍ができずサウジアラビアへ“都落ち”。当時の存在感はなくなった。

■ガイ・アスリン:「イスラエルのメッシ」…(26歳/MF)

 18歳の時にバルセロナでトップチームデビューを飾り、そのプレースタイルからメッシの後継者と期待されていた。しかし、レギュラー定着には至らず、その後はスペイン国内のクラブを転戦。今年3月にはカザフスタンのクラブとの契約を解除して無所属状態となっている。

>>2以降につづく

2018年5月2日 21時0分 SOCCER KING
http://news.livedoor.com/article/detail/14662754/

【動画】メッシのハットトリックシーン〈デポルティボ戦ハイライト〉 

739bf4514dd6b1d96c8e33bf72eb66c3_1525078533_2

「スペイン1部リーグ、デポルティボ2-4バルセロナ」(29日、ラ・コルーニャ)

 バルセロナが打ち合いを制しクラブ通算25回、最近10年で7回目のリーグ優勝を果たした。リーグ開幕から35試合で無敗のまま優勝を決めたのは今回が初。なおリーグの連続無敗記録は昨季を含めて45試合となっている。

 2点を先制、その後1部降格を逃れたいデポルティボの反撃で一時は同点に追い付かれたもののFWメッシが終盤に2得点を決めハットトリックで勝ち越した。エル・ムンド・デポルティボ紙によるとメッシは7歳の時にニューウェルズ・オールドボーイズ(アルゼンチン)でリーグ戦登録して以来の通算得点が1000に到達。また今季のリーグ得点は32となり、欧州得点王ランキングでサラー(リバプール)を抜いてトップに立った。

 メッシは試合後「とても嬉しい。リーグ優勝がどれだけ難しいことか分かっているし、だからこそしっかり評価しお祝いしなければ。僕らはライバルチームよりも大きく上回っていたしシーズンを通してほとんど負けていない。カップ戦とチャンピオンズリーグのローマだけ。これまで難しい局面もあったけど負けることなくそれを乗り越えた」と喜んだ。

 なおチームには主要スポンサーの楽天から優勝ボーナスとして150万ユーロ(約1億9800万円)が支払われる。これは年間5500万ユーロ(約72億8000万円)のスポンサー料とは別。ちなみにこの取り決めは2021年まで継続。この間チャンピオンズリーグを制した場合、ボーナスは500万ユーロ(約6億6000万円)に跳ね上がるという。

 祝杯ムードが漂うなか、蚊帳の外の扱いとなったのが開幕をバルセロナで迎えたあと冬市場でワトフォード(イングランド)へ移ったFWデウロフェウ。優勝記念Tシャツにメンバー一覧に自分の名前が無かったのにカチンときたのか「優勝の半分は僕のものでもあるんじゃないの?」と自身のソーシャルサイトでつぶやいている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000125-dal-socc

【メッシ無双】ハット達成しリーグ優勝確定!!無敗記録も「41」に! 

2018011900020_1
1   2018/04/30(月) 05:48:46.64 _USER9
4/30(月) 5:46配信
バルサが2シーズンぶり25回目のリーガ制覇!メッシがハット、無敗記録は「41」に

 リーガ・エスパニョーラ第35節が29日に行われ、バルセロナが敵地でデポルティーボと対戦した。

 この試合で引き分け以上の結果を残すことができれば、2シーズンぶり25回目となるリーグ優勝が決定するバルセロナ。21日に勝ち取ったコパ・デル・レイに続くタイトル獲得に向け、この試合で勝てなければ降格が決定するデポルティーボとの一戦に臨んだ。

 試合が動いたのは7分。リオネル・メッシからのパスを右で受けたウスマン・デンベレが中央にパスを送ると、このボールにフィリペ・コウチーニョがダイレクトで合わせて右足を振り抜く。シュートは鮮やかな弾道を描いてゴールに吸い込まれていき、バルセロナが優勝に向けて幸先良く先制点を挙げた。

 17分にはCKの流れからルーカス・ペレスがボールをゴールに押し込み、デポルティーボが同点に追いついたかに思われた。しかし、オフサイドポジションにいた他の選手がボールに関与したという判定が下され、惜しくもゴールは認められなかった。

 38分には右サイドでボールを持ったルイス・スアレスが逆サイドに走り込んだメッシに浮き球のパスを送ると、これをメッシがダイレクトで落ち着いて決め、バルセロナがリードを2点に広げた。

 しかし、デポルティーボも直後の40分に左サイドで縦パスを受けたボルハ・バジェが中央にグラウンダーのクロスを送ると、中央で合わせたルーカス・ペレスがダイレクトでシュートを放ってゴールネットを揺らし、1点差へと詰め寄った。

 そして64分、右サイドでボールを持ったバジェがグラウンダーで左サイドに振り、それをセルソ・ボルヘスが同じくグラウンダーで中央に折り返す。そのボールにエムレ・チョラクが合わせてゴールに突き刺し、ホームチームがついに同点へと追いついた。

 その後はバルセロナがデポルティーボの攻勢を受ける時間帯もあり、一進一退の攻防が続いていった。再び試合が動いたのは82分。メッシがペナルティエリア内でフリーになっていたスアレスにパスを送ると、スアレスもゴール前へと走り込んでいたメッシにパスを戻す。このお膳立てをきっちりと活かしてメッシがゴールネットを揺らし、試合終盤にバルセロナが再びリードを奪った。

 メッシは85分にもスアレスのアシストを受けてゴールを奪い、見事にハットトリックを達成。優勝を決める一戦でエースの貫禄を示したメッシの活躍もあってこの試合を制したバルセロナが、リーガ無敗記録を「41」に伸ばすとともに、2シーズンぶり25回目となるリーグ優勝を決めている。一方のデポルティーボは首位チームを相手に奮闘を見せながらも勝ち点3を奪うことはできず、この試合の結果をもって降格が決まっている。

 次節、バルセロナは5月6日にホームでレアル・マドリードと、デポルティーボはアウェイでセルタとそれぞれ対戦する。

【スコア】
デポルティーボ 2-4 バルセロナ

【得点者】
0-1 7分 フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
0-2 38分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
1-2 40分 ルーカス・ペレス(デポルティーボ)
2-2 64分 エムレ・チョラク(デポルティーボ)
2-3 82分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
2-4 85分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00750232-soccerk-socc
no title

【動画】海外のスーパースターのドリブルがヤバい!!!相手が転倒するレベルww 

jusin

【メッシが異次元】サッカー選手総収入ランキング…仏紙が発表!!! 

LdL1mtRm
1   2018/04/24(火) 19:42:49.21 _USER9
『フランス・フットボール』、『AFP』の両フランスメディアは23日、2017-18シーズンにおける「フットボーラーの総収入ランキング」を発表。2位に大きな差をつけ、バルセロナFWリオネル・メッシがトップになっている。

昨年11月にバルセロナと契約を延長したメッシ。『マルカ』などのスペインメディアでは、年俸は4200万ユーロまで上がったとされ、世界最高給の選手になったと噂されている。

そして、『フランス・フットボール』、『AFP』が発表した、給与総額や広告収入などを合計した「フットボーラーの総収入ランキング」で、堂々のトップとなった。メッシの総収入は、およそ1億2600万ユーロ(約167億円)にも上るようだ。

2位は、長年メッシとともにフットボール界を牽引するレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド。昨季からおよそ650万ユーロアップの9400万ユーロ(約125億円)となったようだ。

以降、今季開幕前にバルセロナからパリ・サンジェルマンへと移籍したFWネイマール、FWギャレス・ベイル(レアル・マドリー)、DFジェラール・ピケ(バルセロナ)と、スペインの2強関係者がトップ5を独占している。

また監督部門では、マンチェスター・ユナイテッド指揮官ジョゼ・モウリーニョが2600万ユーロ(約35億円)でトップに立った。

●2017-18シーズン総収入トップ5選手

1位 リオネル・メッシ:1億2600万ユーロ
2位 C・ロナウド:9400万ユーロ
3位 ネイマール:8150万ユーロ(約108億円)
4位 ギャレス・ベイル:4400万ユーロ(約58億円)
5位 ジェラール・ピケ:2900万ユーロ(約38億円)

●2017-18シーズン総収入トップ5監督

1位 ジョゼ・モウリーニョ:2600万ユーロ
2位 マルチェロ・リッピ:2300万ユーロ(約31億円)
3位 ディエゴ・シメオネ:2200万ユーロ(約29億円)
4位 ジネディーヌ・ジダン:2100万ユーロ(約28億円)
5位 ジョゼップ・グアルディオラ:2000万ユーロ(約27億円)

4/24(火) 12:09配信 ゴール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000004-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索