Samurai Goal

メッシ


スポンサード リンク





久保建英が“古巣対決”で得点に絡むも…メッシがハットトリック達成でバルサ4連勝 

20191208-01006644-soccerk-000-3-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/08(日) 09:02:55.27 ID:a6o84BdO9
 リーガ・エスパニョーラ第16節が7日に行われ、バルセロナと日本代表MF久保建英が所属するマジョルカが対戦した。

 久保にとって2011年から2015年まで下部組織に所属していたバルセロナとの“古巣対決”。今夏に宿敵のレアル・マドリードに加入し、今シーズンはマジョルカにレンタル移籍中で対戦相手となったが、かつて夢見たバルセロナの本拠地カンプ・ノウのピッチで先発フル出場を果たした。

 試合はバルセロナが先手を取る。7分、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがゴールキックで素早く前線へボールを送ると、アントワーヌ・グリーズマンが抜け出してペナルティエリア内で冷静にループシュートを沈めて先制点。17分にはリオネル・メッシがエリア前で左足を振り抜き、鮮やかなシュートをゴール左隅に決めて追加点を挙げた

 マジョルカは35分、サルバ・セビルが縦にスルーパスを送ると、アンテ・ブディミルがエリア左へ抜けてシュート。DFに当たってバウンドしたボールはGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれ、1点を返した。

 だが、バルセロナは41分、メッシが再びエリア前から左足シュートをゴール右隅に叩き込み、リードを2点に戻す。さらに43分にはフレンキー・デ・ヨングがパス交換からエリア内に侵入してラストパス。これをエリア右のルイス・スアレスがゴールを背に技ありのヒールキックでゴール左隅に沈めて4点目を奪った。

 後半に入ってマジョルカは62分、久保がエリア左から左足シュートを打ったが、クロスバーの上に外れる。それでも64分には、久保のパスを受けたフラン・ガメスがダイレクトでクロスを上げると、ブディミルが頭で合わせてゴールを決めた。

 マジョルカは77分、久保がエリア前中央で左足を振り抜くが、これはDFのブロックに遭う。そのこぼれ球を拾ったフアン・エルナンデスがエリア左からシュートを打ったが、GKテア・シュテーゲンの好セーブに阻まれた。

 バルセロナは83分、エリア中央でボールを収めたスアレスが落とすと、メッシが左足ダイレクトで叩き込んでハットトリックを達成。リードを3点に戻した。

 試合はこのまま終了し、5ゴールを挙げたバルセロナが4連勝を飾って首位をキープ。マジョルカは2ゴールで意地を見せたものの、3連敗となった。

 次節、バルセロナは14日にアウェイでレアル・ソシエダと、マジョルカは15日にアウェイでセルタと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 5-2 マジョルカ

【得点者】
1-0 7分 アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)
2-0 17分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
2-1 35分 アンテ・ブディミル(マジョルカ)
3-1 41分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
4-1 43分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
4-2 64分 アンテ・ブディミル(マジョルカ)
5-2 83分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

SOCCER KING 12/8(日) 6:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-01006644-soccerk-socc

★1が立った時間:2019/12/08(日) 06:54:54.19

前スレ
【サッカー】久保建英が“古巣対決”で得点に絡むも…メッシがハットトリック達成でバルサ4連勝
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575755694/

久保建英、バルセロナ戦で先発予想 現地紙も注目 カンプノウ凱旋で現地はグリーズマン級の注目度  

1: 豆次郎 ★ 2019/12/07(土) 20:29:53.75 ID:cSaSQuzj9
Football ZONE web12/7(土) 18:10配信
マジョルカ久保建英、バルセロナ戦で先発予想 現地紙も注目「メッシの一団を脅かす」

かつてバルセロナの下部組織に在籍していた久保、“古巣”との初対決で結果を残せるか

 日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは、現地時間7日に行われるリーガ・エスパニョーラ第16節でバルセロナと対戦する。スペイン電子紙「Okdiario」は久保の先発を予想し、「クボがメッシの一団を脅かす」と報じている。


 久保が“古巣”と対戦する。2011年から13年まで、久保はバルセロナ下部組織“ラ・マシア”に所属。クラブが18歳未満の外国籍選手獲得・登録の違反により公式戦出場停止の処分を受けたため帰国した。

 バルセロナの本拠地にマジョルカが乗り込むなか、久保にとっても初めてカンプ・ノウでのプレーが見込まれており、スペイン電子紙「Okdiario」も注目。「クボがメッシの一団を脅かす」との見出しで報じ、次のように続けている。

「影響力を持つタケフサ・クボ擁するマジョルカは、カンプ・ノウで暴れまわろうとしている。レアル・マドリードからマジョルカに貸し出された久保にとって、最初の直接対決となる」

 記事では両軍の布陣を予想しており、バルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが3トップを形成。一方のマジョルカも3トップの配置で、久保は左ウイングの先発となっている。

 今シーズンのマジョルカは、ここまでアウェー6連敗と内弁慶ぶりが際立つ。そのなかで活躍を期待されるのが久保だ。11月3日の第12節バジャドリード戦(0-3)から4試合連続でスタメン出場を続け、第13節ビジャレアル戦(3-1)ではミドルシュートからリーガ初ゴールをマークしている。現地でも注目を集めている一戦で、久保は結果を残せるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191207-00233003-soccermzw-socc
no title

メッシ、4年ぶりにバロンドールを受賞! 歴代最多6度目の快挙に  

20191203-01004961-soccerk-000-2-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/03(火) 05:43:51.15 ID:ZJXsLN1s9
 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は12月2日、2019年のバロンドールを発表し、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶりの受賞を果たした。なお、6度目の受賞は歴代最多回数となっている。

https://twitter.com/francefootball/status/1201599730582720512?s=20

 メッシは昨シーズン、リーガ・エスパニョーラ34試合に出場し36ゴール15アシストを記録。バルセロナのリーガ2連覇に大きく貢献していた。チャンピオンズリーグでも10試合に出場し12得点を挙げる活躍を見せたものの、バルセロナは準決勝で敗退していた。

 昨年はレアル・マドリード所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチがバロンドールを初受賞。それまではメッシとユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが10年連続で同賞を独占していた。

 “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めた。しかし、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活していた。

SOCCER KING 12/3(火) 5:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-01004961-soccerk-socc
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

「一度だけ…」メッシが過去唯一、自らユニフォーム交換を頼んだ相手とは?  

20191117-00229553-soccermzw-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/18(月) 20:40:29.18 ID:tzICOA0N9
 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがこれまでで唯一、自らユニフォーム交換を頼んだ相手がいるとアルゼンチンのテレビ局「TyC Sports」のインタビューで明かした。英紙「デイリー・ミラー」が伝えている。


 2004年に17歳でトップチームデビューを飾ったメッシ。それから15年、リーガ・エスパニョーラ制覇10回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝4回、コパ・デル・レイ優勝6回など、バルサで数々の輝かしいタイトルを手にしてきた。

 アルゼンチン代表としては、ワールドカップ(W杯)優勝は経験したことはないが、08年の北京五輪で優勝。個人としても、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)に並ぶバロンドール5回受賞を果たし、今年もノミネートされている。

 そんなスーパースターのユニフォームは選手たちの間でも人気だ。試合後に相手チームの選手からユニフォーム交換を頼まれるのは日常茶飯事だが、メッシ本人に自ら交換を申し出る習慣はないという。

 しかし、そのメッシも過去に一度だけ、レアル・マドリードとの伝統の一戦“クラシコ”で、現在レアルの指揮を執る元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏にユニフォーム交換を頼んだと明かす。

「私がユニフォーム交換を申し出ることはない。(相手から言われれば)交換はするけどね。でも、一度だけジダンに頼んだことがある。アルゼンチン出身の選手がいれば交換するけど、誰かから頼まれない限りは積極的に誰かに頼むことはない」

 ジダン氏と言えば、2017-18シーズンにレアルをUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導いた名将だが、現役時代も同クラブに数多くの栄光をもたらした。2001年から06年までの在籍期間に、公式戦227試合49得点をマーク。CL、インターコンチネンタルカップ、UEFAスーパーカップ、ラ・リーガ、2回のスペイン・スーパーカップ制覇を果たしている。

 1998年には地元開催のワールドカップ(W杯)で世界一の称号も手にした名選手のユニフォームは、メッシをも魅了したようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191117-00229553-soccermzw-socc

メッシ&C・ロナウド超えの決定力! レアル“現エース”の「正確性」をスペイン紙絶賛 11試合9得点  

20191114-00228660-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/14(木) 08:08:52.69 ID:vEniiPCO9
昨夏以降のシュート決定率「2.3本」はメッシ、C・ロナウド、スアレスを上回る

レアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマの決定力は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている――。
スペイン大手紙「マルカ」が、レアル“現エース”の際立った正確性を報じている。

ロナウドとともにプレーしている際は、アシスト役に回ることも多かったベンゼマだが、ロナウド移籍後のレアルでは最大の得点源となっている。
それを象徴するスタッツが、得点数に対するシュートの割合だ。

ロナウドがユベントスへ移籍した2018年夏からのデータで、ベンゼマはここまで41得点をマーク。
これを上回っている選手は欧州内でもバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(63得点)、メッシ(60得点)、
パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(47得点)の3人のみだ。

そして、ベンゼマはその41得点を97本のシュートで決めているという。1ゴールに要するシュート数はわずか2.3本。
メッシ(2.5本)、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(2.8本)、ロナウド(3.2)と並み居るストライカーたちを上回っているという。
ベンゼマ以上の決定力を叩き出しているのは、レバンドフスキ(1.95本)のみ。その活躍が、欧州でも際立っていることがよく分かる。
「マルカ」紙は「ベンゼマはメッシ、ロナウド、スアレスよりも正確」と絶賛している。

記事では、過去に名将ジョゼ・モウリーニョ氏をもってして、「レアル・マドリードはベンゼマに大きく依存している」と言わしめたことを伝えている。
スター選手の補強ばかりが話題に上るレアルだが、すでに頼れるストライカーが存在していることを忘れてはならないだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00228660-soccermzw-socc
11/14(木) 7:40配信

<メッシの対応に戸惑った少年>目の前で思わず「クソみたいな…」  

1: Egg ★ 2019/11/11(月) 22:24:32.61 ID:q1Tnbj189
バルセロナFWリオネル・メッシの少年ファンに対する“神対応”が話題を呼んでいる。スペイン『カデナ・セール』が報じた。

 同メディアによると、あるウルグアイ人の少年2人がバルセロナのトレーニングセンターを訪れ、敷地内で憧れのメッシを呼び止めたという。するとバルセロナの10番はしばらくの間、少年2人とのお喋りに付き合い、ハグをするなど親切な対応を見せたようだ。

 彼らの父親が撮影した動画の中で、少年たちは興奮気味に「これはクソみたいな夢だ」と言ったようだが、同メディアは「つまり、彼らはバルセロナ選手が気取らない姿を常に見せたことに賞賛を惜しまなかった」と補足説明している。

 その一連の様子を収めて公開された動画はSNS上で急速に拡散。同メディアは「ファンは10番の振る舞いを賞賛し、この珍しい行動に驚いた」と伝えた。

11/11(月) 20:43配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-43473849-gekisaka-socc

写真
no title

久保建英、今節のベストイレブンに選出! メッシやベンゼマらとともに  

no title




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/11(月) 19:45:48.19 ID:PaMah+7J9
久保建英、スペイン複数メディアでベストイレブン選出! メッシやベンゼマらとともに

 リーガエスパニョーラ第13節のマジョルカ対ビジャレアル戦が現地時間10日に行われ、ホームのマジョルカが3-1で勝利を収めた。マジョルカの日本代表MF久保建英はこの試合での活躍により、スペイン複数メディアで今節のベストイレブンに選出されている。

 先発で出場した久保は前半10分にエリア内左サイドでの突破からマジョルカの先制点となるPKを獲得。21分にチームが2本目のPKを獲得した場面でも起点となるパスを出した。ビジャレアルに1点を返されたあと、53分にはエリア手前からの強烈な左足シュートを突き刺して待望の移籍後初ゴールを挙げ、チームの3得点全てに絡んだことになった。

 スペイン紙『マルカ』では今節のベストイレブンの中盤右サイドに久保を初選出。「見事なゴラッソで初得点。それだけではなくPKも獲得し、もうひとつのPKにも絡んだ。リーガでの彼の最高の試合になった」と評している。

 スペイン『besoccer』も久保をベストイレブンに選び、「マジョルカの攻撃陣全体に電気ショックをもたらした。輝くチャンスを最大限に活かした」とコメント。『ムンド・デポルティーボ』も久保をベストイレブンに選出している。

 ハットトリックを達成したバルセロナのFWリオネル・メッシ、2得点を挙げたレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマ、同じくマドリーのMFフェデリコ・バルベルデなども各メディアのベストイレブン入り。マジョルカで苦戦が続いていた久保だが、今節はようやくリーガの他のトップスターたちと並ぶ評価を受けた形となった。

フットボールチャンネル編集部 11/11(月) 19:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00347238-footballc-socc

【急募】メッシクリロナの次に凄いサッカー選手  

20181211_MessiRonaldo




1: 風吹けば名無し 2019/11/08(金) 17:49:09.38 ID:4sxMzf9+0
エリクセン

メッシを“嫌う”5人とは?「引退してほしい」 同胞、元同僚、好敵手まで...  

20191104-00995029-soccerk-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/04(月) 09:45:41.97 ID:HL7hwwI29
所属するバルセロナで公式戦5試合連続ゴールを挙げ、11月の国際親善試合に挑むアルゼンチン代表にも招集されたリオネル・メッシ。世界中のサッカーファンから愛され、マーケティングの面でも高い商品価値を誇っているが、スポーツメディア『TRIBUNA』によると、そんなメッシを嫌っている選手や元選手が5人いるという。

■同胞のスキャンダルに激怒?

マウロ・イカルディ

きっかけはサンプドリアでチームメートだったマキシ・ロペスの妻ワンダ・ナラとの不倫略奪婚。M・ロペスと親友だったメッシがこれに激怒し、アルゼンチン代表監督に「自分かイカルディ、どちらかを選んでくれ」と迫ったという。以来イカルディはクラブで好調を維持していても代表にほとんど呼ばれず、11月の国際親善試合にも招集されていない。

クリスティアン・テージョ

バルセロナの若手有望株だったが、ある試合の後に読唇術の専門家が試合映像を解析したところ、メッシがテージョに対してこう言っていることが判明した。「何やってんだ? お前は何者でもない。俺にパスをするためにここにいるんじゃないのか?」。メッシとの関係悪化によってバルサでのポジションを失ったテージョはポルトやフィオレンティーナへの期限付き移籍を余儀なくされ、2017年にベティスに完全移籍している。

ロイストン・ドレンテ

現在はオランダ3部のコザッケン・ボーイズというクラブでプレーする元オランダ代表。エルクレス時代のバルセロナ戦でメッシとの間に起こった出来事について、彼はこう回顧している。「試合中、メッシと軽い口論になった。その試合で、彼は僕に手を差し伸べてきて、握手をしながら何度も『やあ、ネグロ(黒色人種への蔑称)』と言ってきた」

■「メッシには早く引退してほしい」

ウェリグトン

マラガ時代のバルセロナ戦で、プレーが途切れた後にメッシと口論になり、顔をつかんで押し倒した。ウェリグトンはこの所作によりイエローカードを受けている。ラ・リーガの公式YouTubeチャンネルで該当シーンを見ることができるが、メッシがウェリグトンに対して何事かをつぶやいているのが確認できる。

アルバロ・アルベロア

彼とメッシの確執はピッチ内のみにとどまらない。あるクラシコの試合後、駐車場でアルベロアと遭遇したメッシは、彼に対して「バカ」と呼び掛けた。以来アルベロアはことあるごとにメッシを批判するコメントを発しており、「メッシには早く引退してほしい」とまで語っている。

 上記はあくまで『TRIBUNA』の見解であり、中には数年前の話題、噂レベルのものもある。真相を知るのは本人のみである。

11/4(月) 8:00配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00995029-soccerk-socc

リーガ第11節 メッシが2ゴール2アシスト! 5-1でバジャドリー下しバルセロナが公式戦7連勝  

20191030-00345174-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/30(水) 07:28:27.01 ID:SzSqXbas9
【バルセロナ 5-1 バジャドリー リーガエスパニョーラ第11節】
 
リーガエスパニョーラ第11節、バルセロナ対バジャドリーの試合が現地時間29日に行われた。
バルセロナが5-1の勝利をおさめている。

試合開始して3分、相手のクリアミスをクレマン・ラングレがダイレクトで押し込みバルセロナに先制点が入った。
しかし15分、バジャドリーのフリーキックからキコ・オリバスにゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。

それでも29分、リオネル・メッシがDF裏に通したボールにアルトゥーロ・ビダルが反応し勝ち越しゴールを決めた。
34分には、メッシが直接フリーキックからゴールを決めてバルセロナにチーム3点目が入る。
70分にはルイス・スアレスがゴールネットを揺らすもオフサイド。

75分にはイバン・ラキティッチの縦パスに抜け出したメッシがゴールを決めた。直後の77分にはメッシのパスからスアレスも得点。
バルセロナが5-1の勝利をおさめ公式戦7連勝している。

【得点者】
3分 1-0 ラングレ(バルセロナ)
15分 1-1 オリバス(バジャドリー)
29分 2-1 ビダル(バルセロナ)
34分 3-1 メッシ(バルセロナ)
75分 4-1 メッシ(バルセロナ)
77分 5-1 スアレス(バルセロナ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191030-00345174-footballc-socc
10/30(水) 7:09配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077745
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索