Samurai Goal

メキシコ


スポンサード リンク





<北米で起きている激震>MLSがリーグMX(メキシコ)合併で巨大リーグに!アメリカ市場はまだまだ伸びる 

1: 2020/09/12(土) 09:36:18.86 _USER9
メキシコのトップリーグ・リーガMXのエンリケ・ボニラ代表(写真左)とMLSのコミッショナーであるドン・ガーバー。両者の利害は完全に一致したようだ
no title


北アメリカ大陸で、新たな動きがおこっていることをみなさんはご存じだろうか。
2026年に開催されるアメリカ・カナダ・メキシコ広域ワールドカップを前に、リーガMX(メキシコリーグ1部)とメジャーリーグサッカー(MLS)を統合しようとする試みである。

すでにその前段階として、昨年には両者のクラブによるリーグスカップが開催されている(今年はコロナ禍により中止)。アメリカ、カナダ、メキシコをまたぐひとつのリーグをつくる。
それは大陸全体を1つのマーケットにすることを意味し、新たな利益を生み出そうとする壮大なプロジェクトである。『フランス・フットボール』誌6月16日発売号でトマ・グバン記者がレポートしている。

●アメリカ市場はまだまだ伸びる

リーガMXのふたつのクラブ、アトラスとサントス・ラグナのオーナーであるアレハンドロ・イララゴリは、新しいリーグ構想に大きな期待を寄せている。
「MLSは順調に発展している。その市場は広大で、サッカーへの関心は高まっている。今こそ北米リーグの創設を考えるべきときだ。それは両者(メキシコとアメリカ)にとって大きなメリットがある」

たしかにイララゴリの場合は、彼が所有するアトラスが、この措置により降格を免れるという恩恵を受けた。
両国にとって大きなメリットがあると考えている人間は、実際にとても多い。そう考える勢力は、イララゴリがしばしばスポークスマンの役割を務めるメキシコサッカー協会においても多数派を占めている。

●リーグ合併の障害はどんなものがあるか?
 
一方、MLSからの公式コメントは何もないが、コミッショナーを務めるドン・ガーバーは、すでに昨年の時点で北米リーグの創設は「強力な力になる」と語っていた。
またある有力クラブの会長も、統合は「ポジティブな側面しか考えられない」と、匿名を条件にコメントしている。

実際、統合に向けての動きはスタートしている。

2018年には2026年ワールドカップ開催のためのパートナーシップが、アメリカとメキシコ、カナダの間で締結された。目的は「北米におけるサッカー人口を増やすため」であるとガーバーはいう。
そしてこのパートナーシップから昨年生まれたのが8チームによるリーグスカップだった。その第2回は、コロナ禍さえなければ規模を2倍の16チーム――参加資格はそれぞれのリーグの成績による――に拡大して、この7月21日に開幕するはずだった。

「リーグカップはふたつのリーグをひとつにしていくための第一歩だ」とガーバーは語っている。
ただ、リーグ創設までには障害もまた多い。その第一がカレンダーのすり合わせで、リーガMXが年2シーズン制であるのに対し、MLSは3月から10月までの1シーズンである。

ロジスティック面の整備も課題で、アメリカ東部からメキシコまでの移動は、東部からヨーロッパへの移動よりも距離が遠い。
また規約の統一も必要だが、この点でメキシコ側のオーナーの一部は、MLSが施行しているサラリーキャップ制に好感を抱いている

9/9(水) 7:01配信 ナンバー
https://news.yahoo.co.jp/articles/d7c436fd3fd1d9d4c84e9537e8717478901acd0f?page=1

殺人?自殺? メキシコの20歳女子選手が死去…同リーグ2人目 

20200519-43480371-gekisaka-000-1-view

<セルジオ越後>ここ最近見ないくらいの本当にひどい試合だった。森保“兼任”監督のままでいいの?  

1: Egg ★ 2019/11/20(水) 05:45:58.90 ID:NWrbAcMj9
2点目、3点目が入った時に誰かがカミナリを落とすべきだったが…
no title


テストマッチのベネズエラ戦は、ここ最近見ないくらいの本当にひどい試合だったね。前半に4点を奪われて、後半に山口が1点を返し1-4というスコアにはなったけど、試合は前半でもう終わり。

いくら監督が「選手たちは後半に戦う姿勢を見せてくれた」と言っても、最初からやってくれなければテストにも何もならない。4点取ってペースダウンしたベネズエラを攻め立てても評価のポイントにはならないよ。

 前半の内容は、みんなが好き放題やっている感じだった。中島は何度もハーフウェーラインのところからドリブルをして相手に突かれたり、寄せられたりしてリズムを悪くしているし、両サイドバックは後ろで見てるだけで攻撃に厚みを出せない。鈴木は相手の背後にガンガン走ろうとするけど、味方のサポートはないし、キルギス戦に出た選手は明らかにコンディションが悪くて、使い物になってない……。

 今回の相手もU-22のコロンビアと同じで、かなりレベルの高い相手だったよ。きっちりと全力でプレスを掛けてきたし、奪ったら素早くサポートに入って日本よりも局面では数的優位を作り出していた。日本はボールを取られて鬼回しで翻弄されて、ゴール前ではフィジカルで圧倒されて次々と点を決められた。

 2点目、3点目が入ったとき、正直それでも遅いけど、誰かがそこでカミナリを落とすべきだった。でも、そんな選手はいなかったし、日本はハーフタイムまで何も変わらずに4失点を食らってしまった。

 森保監督の采配も何をやっていたのか、まったく感じなかったし、リズムを失ってから選手はずっと迷いながらプレーしているようだった。後半に入って、ようやく前から守備に行く姿勢を見せだしたけど、ハーフタイムに喝を入れられないと変われないものかな。それでもプロなのかって言いたいよ。

 森保監督も今回のベネズエラ戦では何をテーマにして臨んだのか、意図が見えなかったね。新戦力を呼んでも使ったのは、古橋ひとりだけ。サバイバルだったら前半のメンバーはみんな不合格だ。結局テストマッチひとつを無駄にした感は否めない内容だったよ。

11/20(水) 0:28 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00066890-sdigestw-socc

韓国が敗れアジア勢は姿を消す FIFA U-17ワールドカップ  

20191111-00347093-footballc-000-10-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/11/11(月) 16:35:47.53 ID:8r3Vlypu9
11/11(月) 15:40配信
J SPORTS

【ハイライト動画あり】メキシコがベスト4、韓国が敗れアジア勢は姿を消す。FIFA U-17ワールドカップ
アジア勢は姿を消す

準々決勝まで大会が進んだFIFA U-17ワールドカップは、ベスト4進出を懸け、ビトリアでのナイトゲームで韓国とメキシコが対戦。


ベスト16で日本を撃破したメキシコが、アジア勢唯一の生き残りとなった韓国を退けて準決勝進出を果たした。

前半序盤は、高めの位置でプレスをかけてボールを奪いに行く姿勢を見せた韓国が押し気味に試合を進める。一方、メキシコは自陣でボールを失う場面が続く苦しい展開に。

すると22分にはFWチェ・ミンソがキーパーと最終ラインの間に上がった絶妙のクロスに走り込んで合わせるも、当たり損ねたシュートは枠に飛ばず、韓国はこの試合初の決定機をふいにする。

対するメキシコは、41分に絶好の位置でフリーキックを得ると、DFアレハンドロ・ゴメスが豪快なシュートでゴールを狙うも、これはクロスバーに嫌われる。

スコアレスのまま始まった後半は、韓国のプレスが弱まったことで一進一退の攻防となり、両チームともに敵陣でボールがつながるオープンな展開となる。

試合の均衡が破れたのは77分。メキシコは右サイド深い位置から高いクロスを上げると、ゴール前に張っていた途中出場のアリ・アビラが頭で合わせてネット揺らし、試合終盤に先手を取る。

その後、メキシコは85分にGKエドゥアルド・ガルシアのビッグセーブでこの試合最大の危機を凌ぐと、最後まで1点のリードを守り切り、2大会振りとなるベスト4行きのチケットを手にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010004-jsportsv-socc

U-17日本代表、W杯ベスト8進出ならず…メキシコに敗れて決勝T1回戦敗退  

20191107-00995854-soccerk-000-3-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/07(木) 06:37:13.68 ID:ceNyINoS9
 FIFA U-17ワールドカップ ブラジル2019・決勝トーナメント1回戦が6日に行われ、U-17日本代表とU-17メキシコ代表が対戦した。

 立ち上がりはメキシコが試合の主導権を握りチャンスを作り出したが、日本はGK鈴木彩艶の好セーブもあり、得点を許さない。苦しい時間帯を凌いだ日本は徐々にボールポゼッションを高めて落ち着きを取り戻し、スコアレスで前半を折り返した。

 だが、後半に入りメキシコが先手を取る。57分、左CKの流れからゴール前にこぼれたボールをエウジェニオ・ピッツートが押し込んでネットを揺らした。さらに74分、サンティアゴ・ムニョスがドリブルでペナルティエリア手前に運び、右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に決まり、メキシコのリードが広がった。

 2点ビハインドとなった日本は残り時間でゴールを割ることができず、試合はこのままタイムアップ。メキシコが2-0で勝利を収め、日本はベスト16敗退となった。勝ったメキシコは10日にU-17韓国代表と対戦する。

【スコア】
U-17日本代表 0-2 U-17メキシコ代表

【得点者】
0-1 57分 エウジェニオ・ピッツート(メキシコ)
0-2 74分 サンティアゴ・ムニョス(メキシコ)

【スターティングメンバー】
■日本(4-4-2)
鈴木彩艶;畑大雅(78分 田村蒼生)、鈴木海音、村上陽介、中野伸哉;山内翔、成岡輝瑠(79分 唐山翔自)、藤田譲瑠チマ、三戸舜介;西川潤、若月大和

11/7(木) 6:23配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00995854-soccerk-socc

【速報】日本vsメキシコ 健闘むなしく0-2で敗戦 U-17ワールドカップ ベスト16 

no title

U-17W杯の決勝トーナメント進出16チームが決定! D組首位通過の日本は7日に8発圧勝のメキシコと対戦  

1: Egg ★ 2019/11/04(月) 14:53:21.70 ID:HL7hwwI29
U-17ワールドカップは4日(現地時間3日)にグループリーグ第3戦4試合を行い、決勝トーナメントに進出する16チームが決定。D組を首位通過したU-17日本代表は、7日(現地時間6日)にメキシコと対戦する。

 各組上位2チームと、各組3位同士で成績上位となった4チームが決勝トーナメントに進出できる。E組はスペインがカメルーンに2-0で快勝し、アルゼンチンもタジキスタンに3-1で勝利。スペインが首位で、アルゼンチンが2位でグループリーグ突破を決めた。

 F組はすでに決勝トーナメント進出を決めていた首位イタリアが2位パラグアイに1-2の逆転負け。首位と2位の順位が逆転した。一方、メキシコはソロモン諸島に8-0で大勝を飾り、3位通過のラスト1枠を掴んでみせた。

 この結果により、決勝トーナメントに進む16チームが決定。各組3位のグループ突破できる成績上位4チームは、オーストラリア、チリ、オランダ、そしてメキシコとなった。

以下、☆印が決勝トーナメント進出チーム

[グループA]
1.☆ブラジル(9)+8
2.☆アンゴラ(6)0
3.ニュージーランド(3)-3
4.カナダ(0)-5

[グループB]
1.☆ナイジェリア(6)+2
2.☆エクアドル(6)+1
3.☆オーストラリア(4)0
4.ハンガリー(1)-3

[グループC]
1.☆フランス(9)+6
2.☆韓国(6)0
3.☆チリ(3)-1
4.ハイチ(0)-5

[グループD]
1.☆日本(7)+4
2.☆セネガル(6)+4
3.☆オランダ(3)-1
4.アメリカ(1)-7

[グループE]
1.☆スペイン(7)+6
2.☆アルゼンチン(7)+4
3.タジキスタン(3)-5
4.カメルーン(0)-5

[グループF]
1.☆パラグアイ(7)+8
2.☆イタリア(6)+5
3.☆メキシコ(4)7
4.ソロモン諸島(0)-20

11/4(月) 10:05配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-43473539-gekisaka-socc

写真no title

U-17日本代表、W杯決勝T1回戦の相手はメキシコに…勝利すれば日韓戦の可能性も  

20191104-00010009-goal-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/04(月) 10:01:06.43 ID:0GDmP3Vd9
7日に運命の一戦へ

U-17ワールドカップのグループステージ全日程が終了し、決勝トーナメントの組み合わせが決定した。

日本代表はグループDでセネガル、オランダ、アメリカと同居する“死の組”であったが、2勝1分けで見事首位通過。決勝トーナメント1回戦では、グループFで3位となったメキシコと対戦することが決まった。その他、グループFを1位で通過したパラグアイがアルゼンチンと、日本に次いで2位通過となったセネガルはスペインと対戦する。

また、日本がメキシコに勝利した場合は、アンゴラと韓国の勝者と、準決勝進出の座を欠けて対戦することとなる。

なお、日本とメキシコの一戦は、日本時間7日4時30分にキックオフ予定となっている。

11/4(月) 9:55配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00010009-goal-socc

U22日本代表が帰国 FW小川「危機感しかない」 

20190911-09110554-nksports-000-9-view[1]

安部ら先発U22日本、メキシコとスコアレスドロー  

20190907-09070213-nksports-000-6-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/07(土) 11:03:47.55 ID:J+N3VsTC9
<U-22日本0-0U-22メキシコ>◇6日(日本時間7日)◇メキシコ・セラヤ

北中米遠征を行っている東京オリンピック(五輪)世代のU-22(22歳以下)日本代表はU-22メキシコ代表と0-0で引き分けた。

日本はMF安部裕葵(バルセロナ)、FW上田綺世(鹿島アントラーズ)らが先発した。序盤はメキシコに押される展開に。主将を務めたDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)らが体を張り、ゴールを守った。

後半開始からMF田中碧(川崎フロンターレ)に代えて松本泰志(サンフレッチェ広島)を投入。同12分には上田、安部、長沼が下がり、FW小川航基(水戸ホーリーホック)、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)、DF橋岡大樹(浦和レッズ)が出場した。38分には左サイドの崩しからクロスを供給もGKに弾かれ得点はならず。さらに終了間際にはMF松本が鋭いミドルシュートを狙ったが、これもGKの好セーブにあった。

6月のトゥーロン国際(フランス)では準決勝で対戦し、PK戦の末に勝利という激戦を演じた相手。その際はクロスから2失点を喫するなどサイド攻撃に手を焼いたが、今度は無失点に抑えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-09070213-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索