Samurai Goal

ムバッペ


スポンサード リンク





来年東京で躍動も!? CLを戦う東京五輪世代ベスト11を選出!あの“怪物”はまだ20歳… 

20190211-00010022-goal-000-3-view

ファイナンシャル・フェアプレー規則違反により危機的なPSG、ネイマールはレアルに売却 エムバペは残留?  

20180908_neymar666




1: 2018/12/29(土) 16:07:00.84 _USER9
スペイン紙『AS』によるとファイナンシャル・フェアプレー規則違反により、パリ・サンジェルマン(PSG)は9,000万ユーロ(約113億円)の収益を得る必要がある。

PSG、ネイマールかエムバペの売却が必須?

その場合、PSGは主要選手のうち何人かを売却しなければならなくなるだろう。

そこで売却先としてレアル・マドリーの名前が浮上してくる。

もしPSGがネイマールかエムバペを手放さなくてはならない場合、おそらくフランス代表のエムバペをキープし、バロンドール欲しさに移籍してきたネイマールを売却するだろう。

バルセロナ時代にメッシの陰になっていたネイマールは、主役の座を求めてPSGへと移籍した。しかし皮肉なことにPSGでもエムバペに人々の注目が集まり、ネイマールは脇役に転じかけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00010003-sportes-socc

フランスで新生児に「グリーズマン・ムバッペ」の命名禁止? 政府が検討へ 

1: 2018/12/01(土) 08:13:02.55 _USER9
フランス政府は、新生児に「グリーズマン・ムバッペ」と名付けることを禁止する方針のようだ。
フランスメディア『AFP』が28日に伝えている。

フランスは2018 FIFAワールドカップ ロシアで20年ぶり2回目となる優勝を果たした。
パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペとアトレティコ・マドリードのFWアントワーヌ・グリーズマンは、同大会でゴールを量産。
帰国時は、“英雄”のように出迎えられた。

しかし、同メディアによると、フランス政府は子どもの将来を考えて、「グリーズマン・ムバッペ」のように目立つ名前を付けることを禁止するという。
児童問題を引き起こすと判断された場合、家庭裁判所が夫婦に名前の変更を命じる可能性があるようだ。

過去にはアルゼンチンで、同国代表FWリオネル・メッシに影響を受け、本来はファミリーネームである「メッシ」がファーストネームとして使用され、問題になっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00870726-soccerk-socc
11/30(金) 23:01配信

C・ロナウド「バロンドール? 僕は値するだろう」 

20180831_cristiano-ronaldo1616-1





1: 2018/10/30(火) 12:31:19.55 _USER9
ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、次のバロンドールに関して、「僕は値する」と話した。

過去10年のバロンドールとリオネル・メッシと共に5度ずつわけあっているC・ロナウド。
同選手は昨シーズン、レアル・マドリーのチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に大きく貢献した。
だが、今夏に開催されたロシア・ワールドカップでクロアチア代表を準優勝に導いており、レアル・マドリーでも主力のルカ・モドリッチが最有力とみられている。

ほかにもフランス代表のキリアン・ムバッペやアントワーヌ・グリーズマンが候補に挙がる中、C・ロナウドはバロンドールについて、『フランス・フットボール』で以下のように話した。

「何度も言っているけど、6度目のバロンドールを受賞することに関して、僕自身への強迫観念のようなものはないよ」

「僕がフットボール史上最高の選手の一人だということは、僕自身わかっている。もちろん、6度目のバロンドールを受賞したいね。この逆を話すことは嘘になる。そのために仕事に取組み続けるよ。
ゴールを挙げて、チームを勝利に導けるようにね。もちろん、僕はバロンドールに値すると思っている」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00010001-goal-socc
10/30(火) 12:26配信

エムバペ“処分決定”報復行為での一件で3試合出場停止に! 

29480_ext_04_0
1 2018/09/06(木) 11:36:23.35 _USER9
パリSGに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペに対し、3試合の出場停止処分が科された。

ムバッペは、1日に行われたフランス・リーグアン第4節のニーム戦で試合終了間際にMFテジ・サバニエのタックルを受けて転倒
危険なアタックに対して激怒したムバッペは感情が抑えられず、相手を突き飛ばして一発退場となってしまった。

これを受けてフランスリーグ懲戒委員会は5日、ムバッペに対して3試合の出場停止処分を発表。
次節のサンテチェンヌ戦、第6節レンヌ戦、第7節ランス戦の3試合を欠場することが決定した。

なお、サバニエには5試合の出場停止処分が科されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-01777669-gekisaka-socc
9/6(木) 9:32配信

【動画】“ブチ切れ”ムバッペ、一発退場!!タックルの報復で相手を突き飛ばしてしまう 

キャプチャ

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、一発退場となったシーンについて振り返った。

PSGは、1日に行われたリーグ・アン第4節でニーム・オリンピックと対戦。ネイマールとムバッペ、エディンソン・カバーニアンヘル・ディ・マリアの得点により、2-4で勝利した。

この試合で今季リーグ戦4得点目を挙げたムバッペだが、後半アディショナルタイムに相手MFテジ・サヴァニエのタックルを受けて転倒。起き上がったムバッペは怒りの形相でサヴァニエに走って迫り、突き飛ばした。これにより、一発退場の判定を下されている。

試合後、ムバッペは「このようなクラブでプレーするときは、今回のような(厳しい対応)が常にあるから学んでいかなければいけない」と話しつつ、「後悔はしていない。もし同じようなことが起こったら、僕は同じようにするだろう」とコメント。一方で、サポーターに対しては謝罪の意を示した。

「サポーターたちには謝罪したい。でも、今回のようなジェスチャー(相手のタックル)を見逃すことを僕はできなかったんだ」


GOAL

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000010-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索