Samurai Goal

ムバッペ


スポンサード リンク





衝撃の総額1092億円 レアル、ムバッペ&ハーランドの若手ダブル獲りへ巨額準備を意識 

スクリーンショット 2021-02-23 15.43.57




1: 2021/02/23(火) 12:23:51.24 _USER9
給与だけでも6年総額でムバッペが550億円、ハーランドが154億円と天文学的金額

“銀河系軍団”と称されるレアル・マドリードは、サッカー界の2大若手スターのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)とノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント)の両獲りを夢見ているという。スペイン紙「AS」は、この2人を獲得するために必要なコストは8億5200万ユーロ(約1092億円)にも及ぶと報じている。

 2019年夏にチェルシーからベルギー代表MFエデン・アザールを獲得するなど、各国リーグを代表するスター選手を補強してきたレアル。新型コロナウイルスの影響で昨夏は目立った補強こそなかったものの、新戦力候補の発掘に余念はない。

 来季に向けては、パリ・サンジェルマンのムバッペと、ドルトムントのハーランドという2人の若きストライカーが獲得候補として取り沙汰されている。「AS」紙は「新しいサンティアゴ・ベルナベウスタジアムで2人を引き合わせることを夢見ているマドリードは、現代の大物選手2人の獲得費用を意識している」とし、2人を今夏に6年契約で獲得した場合の総額コストを算出している。

 まず2人に関しては、給与だけでも合わせて年間9200万ユーロ(約118億円)が必要になるという。6年契約ともなるとコストは総額でムバッペが4億3200万ユーロ(約550億円)、ハーランドが1億2000万ユーロ(約154億円)にも及ぶ。そして、移籍金はともに推定1億5000万ユーロ(約192億円)で、給与と合わせると総額8億5200万ユーロ(約1092億円)となる。

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)に続く、新世代の二大巨頭とも称されるムバッペとハーランド。そんな2人を獲得するためには文字通り天文学的な金額が必要となるようだ。

Football ZONE web編集部
2/23(火) 8:50
https://news.yahoo.co.jp/articles/31424bf86ebe40db1469763082ec7499a8f4d720

<怪物ハーランド>レアル・マドリードの“補強候補”投票でムバッペを圧倒!「64%対36%」 

スクリーンショット 2020-11-30 7.01.12




1: 2020/11/29(日) 22:43:04.92 _USER9
スペイン紙「AS」の読者投票でハーランドを望む読者が64%に上る

ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、2019年12月末にドルトムント移籍後もゴールを量産している。スペインの名門レアル・マドリードも獲得に興味を示していると報じられているが、
スペインメディアの読者アンケートでは、同じく補強ターゲットと目されるフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)よりも支持率は高かったという。

2016年に母国ノルウェーのブリンでプロデビューを飾ったハーランド。モルデを経てオーストリア1部ザルツブルクへ移籍すると、昨季はリーグ戦14試合16ゴールを挙げて注目を浴び、19年末にドルトムントへ完全移籍した。

昨季は公式戦40試合で44ゴールを記録。194センチの長身ながら他の選手が追いつけないほどのスピードと圧倒的なフィニッシュ力が特徴で、今季も依然として好調をキープしている。

現地時間4日のCLグループステージ第3節クラブ・ブルージュで2ゴールを決め、大会最速で通算14得点に到達して話題を呼んだが、24日のリターンマッチでも2得点を決め、
12試合目の出場で元ブラジル代表FWロナウド、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン(現レアル・マドリード監督)らを上回るCL16ゴールに到達した。

そんな“得点製造機”に対して、欧州のビッグクラブが熱視線を送っているともされるが、スペイン紙「AS」によれば、
ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、「今後長い間彼(ハーランド)がここにいると見ている」「我々は長い期間、彼を計画に入れている。噂は気にしない」と話しているという。

レアルは、2019年6月に6000万ユーロ(約74億7000万円)でセルビア代表FWルカ・ヨビッチを獲得。しかし、1年目はリーグ戦17試合2得点に終わり、主力と言えない状態が続いている。
記事によれば、レアルは2021年にムバッペ(さらにエドゥアルド・カマビンガ)獲得を優先し、翌22年にハーランドを狙う計画だというが、「AS」紙が実施したファン投票では、「ハーランドを望む」が64%、ムバッペ36%で、フランスの神童を大きく上回ったという。

ハーランドに対する世界の評価は、右肩上がりで上昇している。

11/29(日) 7:50配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/082c084e69db28a6d15169ffc639d3d6e5c8b747

バルサ、124億円でムバッペ獲得が可能だった!? “ネイマール後継者”候補も…別選手を補強 

1: 2020/11/17(火) 15:57:47.54 _USER9
モナコ会長もバルサ行きを望んだが…最終的にデンベレを獲得

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペは、現在、世界で最も注目を集める若手ストライカーだ。ドイツ移籍サイト「Transfermakt」では、その市場価格は1億8000万ユーロ(約223億円)とされているが、数年前にバルセロナが1億ユーロ(約124億円)で獲得できる可能性があったとスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表を優勝に導くなど、ムバッペの評価は高まっている。移籍市場が開くたびに、レアル・マドリードへの移籍が噂されるが、2017年にはバルセロナに加入する可能性があったという。バルセロナのトップチームの責任者であるハビエル・ボルダス氏が「ムンド・デポルティーボ」のインタビュー内で明かしている。

「(ウスマン・)デンベレと契約する際に、ムバッペの獲得も可能だと言われていた。バルトメウ会長に話したら、彼を見るように言われた。彼の父に電話した時には、レアルには行かないと言っていたんだ。彼らにはクリスティアーノ(・ロナウド)、(カリム・)ベンゼマ、(ギャレス・)ベイルがいたからだ。そして、ネイマールがいなくなったバルサには行く可能性がある、とね。モナコの会長も、直接のライバルであるPSGの強化を阻むためにバルセロナ行きを望んでいたんだ。1億ユーロで交渉はまとまるはずだった」

 しかし、最終的にバルサはフランス代表FWウスマン・デンベレを獲得することになったという。幹部内でも意見が割れていたと、ボルダス氏は内情を明かす。

「ロベルト(・フェルナンデスSD)がデンベレを好み、ペップ・セグラが同調した。彼らの説明は、デンベレはチームのために戦うが、ムバッペは自分のためにプレーしているというものだった。ネイ(マール)の穴を埋めようとしていたから、フィニッシュを決める選手よりも、サイドの選手を好んだんだ」

 バルサに180億円という移籍金で加入したデンベレは、負傷続きで活躍できない時間が続いている。もし、この時にムバッペを獲得していたら、バルサの歴史は大きく変わっていたかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b051353cddac6da2f5d4208d9552e1375b1f9f76
no title

元フランス代表ピレス氏、ムバッペにマドリー移籍のススメ! 

1: 2020/10/31(土) 16:06:09.09 _USER9
フランス代表のレジェンド、ロベール・ピレス氏がパリ・サンジェルマン(PSG)のFWキリアン・ムバッペにレアル・マドリー移籍を薦めている。

2017年にモナコからPSGに移籍し、今や名実ともにスター選手の仲間入りを果たしたムバッペ。だが、PSGとは加入時にサインした2022年までの契約から更新されておらず、一説では延長を拒否しているという話から来夏あたりの移籍が噂されている。

移籍先として名前が出ているのはレアル・マドリーだが、ピレス氏はスペイン『アス』の独占インタビューの中で、同胞のヤングスターに移籍を推薦。「ムバッペは来季はマドリーに移籍すると思うか?」という質問に「もちろん」と答えている。

「私はフランス人でPSGも好きなチームだ。個人的にはリーグ・アンにいて欲しいけど、彼がキャリアアップを図るならマドリーに行くべきだと思う」

一方、同じくマドリー行きの噂があるレンヌのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガについては、あと2年はレンヌで経験を積むべきという見解を示している。

「彼はまだ17歳だろう。私の意見では少なくとも2年はレンヌに留まり成長すべきだと思う。それからマドリーやバルサ、彼が選んだクラブへ行くといい。(移籍は)まだ早すぎる。もしできるなら、レンヌは彼の残留に務めるべきだ」

ピレス氏はまた、そんなムバッペを擁して2018年のワールドカップを優勝したレ・ブルーと、自身もチームの一員として1998年大会を制した当時のレ・ブルーとの比較について「間違いなく98年のチームが上」と回答。現代表を牽引するムバッペやFWアントワーヌ・グリーズマン、FWオリヴィエ・ジルーらは「我々のチームでは得点できないだろう」と持論を語っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7fc05404a31b62f3418637085e7ae1d80bf3cac2
no title

「僕のアイドルだ…」ムバッペ、憧れのC・ロナウドとの対戦にリアクション…少年のような笑顔が大反響 

スクリーンショット 2020-10-12 15.25.24

ムバッペはすでにメッシ&C・ロナウドに匹敵?PSGレジェンド「彼はみんなから尊敬され、愛される選手」 

1: 2020/08/23(日) 23:55:15.29 _USER9
元パリ・サンジェルマン(PSG)のパウレタ氏は、現エースのキリアン・ムバッペについて語った。

21歳ながらすでに4度のリーグ・アン優勝、さらにフランス代表としてはワールドカップ(W杯)制覇を成し遂げたムバッペ。今シーズン、国内3冠を手にしたチームの中で公式戦36試合に出場して30ゴールを記録し、23日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝で初のビッグイヤーを目指すことになる。

若くしてセンセーショナルな活躍を続けるフランス代表FWは、現代のスーパースターであるリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの後継者になると考えられているが、クラブOBのパウレタ氏はすでにムバッペが両選手に匹敵するレベルにあると感じているようだ。

「彼は技術的にとても優れ、驚くほど俊敏で、フィジカル面でも最高だ。(ジネディーヌ)ジダンのようにみんなから尊敬され、メッシやクリスティアーノのようにみんなから愛される選手だ。彼はすでにこのようなタイプの選手だ」

「彼がやっていることをみんながテレビで目にしている。彼はみんなが憧れるようなことをやっている。私は彼のことをとても尊敬している。彼はとても謙虚な男だが、これからとてつもないキャリアを歩むことになると思う」

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/a9f1e761e5dceeeddfa8c1c808f2a17b5e0013ad
no title

PSGには鬼のような3トップがいる。戦術をぶち壊すネイマール、ムバッペ、ディ・マリアの破壊力 

1: 2020/08/19(水) 12:33:55.33 _USER9
■PSGが悲願の決勝進出

 パリ・サンジェルマン(PSG)にとっては忘れられない夜になったはずだ。近年の躍進ぶりが著しいRBライプツィヒを3-0で退け、初のチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を果たしたのだから。

 準々決勝のアタランタ戦はかなり苦しんだ。後半ATに逆転したが、負けていても不思議ではない内容だった。しかし、このライプツィヒ戦はまったく逆のパフォーマンス。相手をほとんど寄せ付けることなく、勝つべくして勝った。

 振り返ると、前半から動きのあるゲームだった。PSGは4-1-4-1で守るライプツィヒのハーフウェーラインをスタート地点としたプレスに序盤は苦戦したが、すぐにリズムを取り返すと、13分に先制。アンヘル・ディ・マリアの蹴ったフリーキックをマルキーニョスが頭で合わせて生まれたものだった。

 1点をリードしたことで、ペースはPSGに傾いた。ビルドアップ時はマルキーニョスとレアンドロ・パレデスが下がり目、アンデル・エレーラが少し上がり、下がってくるネイマールの近くに位置することでアンカーのケビン・カンプルに対して数的優位な状況を作っている。実際、カンプルの脇でネイマールが縦パスを引き出したシーンは前半から何度か見られた。

 プレスがハマらなかったライプツィヒは、途中からシステムを4-4-2へ変更。中盤底を2枚に増やしたことで、相手にライン間で数的優位な状況を作らせなかった。実際、PSGもゴール前までボールを運ぶのに相当苦労していた。

 しかし、42分に再び得点が生まれる。GKペテル・グラーチが痛恨のパスミス。PSGはこれを見逃さず、最後はディ・マリアが冷静にゴールネットを揺らした。

 守備で少し安定感を取り戻しつつあったライプツィヒにとっては、まさに大打撃であった。この失点にはさすがのユリアン・ナーゲルスマン監督も厳しい表情を浮かべざるを得なかった。

■再び動くライプツィヒ。しかし…

 45分間で2点を失ったライプツィヒ。ナーゲルスマン監督はこの状況をどうにか打開しようと、後半に入り再び動いてきた。

 ダニ・オルモとクリストファー・ヌクンクを下げ、エミル・フォルスベリとパトリック・シックを投入。システムを今度は3-4-3に変更したのだ。

 長身のユスフ・ポウルセンとシックが3トップに入っていることで、前線で起点を作りやすくなった。また、PSGのシステム上アンヘリーニョとコンラート・ライマーという両ウイングバックもフリーとなることができる。ライプツィヒがボールを握る時間が必然的に増えた。

 守備時はフォルスベリを下げた5-3-2のような形で対応。相手の中盤3枚には3枚をぶつけ、5バックで縦の各レーンを的確に埋めることで攻撃の歯車を狂わせようと試みた。試合の状況、相手のストロングポイントを見極めてシステムを動かすナーゲルスマン監督の柔軟性というものが、よく表れていた。

 しかし、PSGはそれでも止まらなかった。56分にファン・ベルナトがディ・マリアのクロスを頭で合わせてダメ押しとなる3点目を奪ったのだ。

 ゴール直前にノルディ・ムキエレがA・エレーラに倒され、ファウルと思い込んだライプツィヒの選手数人が足を止めてしまった。結局VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でもノーファウルの判定は覆らず、0-3と厳しい状況に追い込まれてしまったのだ。

 その後はライプツィヒがボールを動かして1点を奪いに来たが、PSGが大きく崩れることはなかった。高い位置からプレスを与えるが、そこを外されると今度はリトリートに切り替え。ボールの位置によって対応を柔軟に変えることで、ライプツィヒに一切の隙を許さなかった。

 PSGはシュート数14本を浴びたが、枠内シュートはわずか3本しか与えていない。システム変更等の「動き」が活発だったライプツィヒに対し、大きく揺れることのなかった試合運びの上手さは、決勝進出への架け橋になったと言える。

続きはソースで

no title

https://www.footballchannel.jp/2020/08/19/post385341/

<コロナ後”の選手市場価値ランキング>ムバッペが約320億円で1位!5位まではイングランドの若手選手が続く... 

1: 2020/06/08(月) 20:09:14.05
国際サッカー連盟(FIFA)の関連機関であるスポーツ研究国際センター(CIES)は8日、欧州5大リーグの所属選手を対象とした市場価値試算額のランキングトップ100を発表した。パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが最高額とされている。

 選手の市場価値はパフォーマンスや年齢、現在の契約残り期間など様々なパラメータに基づく独自基準で算出。新型コロナウイルスの影響により各クラブが経済的に苦しい状況となり、移籍市場の冷え込みが予想される中でも、依然として多くの選手が高い価値を維持していると試算されている。

 ランキング1位となったムバッペの価値は2億5920万ユーロ(約320億円)。2年連続リーグアン得点王に輝くなどの活躍に加え、21歳という若さや、2023年までの契約を残していることなどにより高い価値を持つと算出された。

 2位から5位まではイングランドの若手選手が続く。マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリング(約240億円)、ボルシア・ドルトムントのFWジェイドン・サンチョ(約221億円)、リバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(約211億円)、マンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォード(約188億円)がランクインしている。

 6位以降はリバプールのFWモハメド・サラ-(約179億円)、同FWサディオ・マネ(約172億円)、バルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマン(約168億円)、バイエルン・ミュンヘンのFWアルフォンソ・デイビス(約167億円)、トッテナムのFWハリー・ケイン(約146億円)がトップ10圏内。19歳のデイビスは100位までのランキングで最年少選手となった。

 バルセロナのFWリオネル・メッシは32歳という年齢や、契約が残り1年であることなどから約123億円で22位止まり。ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドは約77億円で70位であり、35歳でランキング内の最年長選手となった。アジア国籍の選手としてはトッテナムのFWソン・フンミンが唯一ランクインしている(約93億円、48位)。

6/8(月) 20:01 フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c370ff3a6a81c0b00c9d0adfe134f02b6cd379b

写真
no title

<レアル・マドリード>描く新たな大型補強計画!今季にハーランド、来季にムバッペ獲得へ... 

1: 2020/04/14(火) 05:29:53.31
レアル・マドリーが今夏と来夏にまたがる大型補強の計画を立てているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

レアル・マドリーが獲得を狙う選手は、ボルシア・ドルトムントFWアーリング・ハーランド、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペの2選手の模様。まずハーランドだが、レアル・マドリーはいまだに空いたままとなっている現ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋めのため、そしてFWカリム・ベンゼマのパートナー及び将来的な後継者として、ノルウェー代表FWに目をつけているとのことだ。

ハーランドの代理人であるミノ・ライオラ氏は、同選手が2021年までドルトムントに残り成長を続けることが得策と語っていたが、しかし19歳FWの精神的な成熟ぶりは目を見張るものがあり、そのため今夏にさらなるステップアップを果たす可能性があるという。『マルカ』によるとドルトムントは、ハーランドの契約解除金を7500万ユーロに設定している。

その一方でレアル・マドリーが常々獲得を目指してきたムバッペについては、来夏に引き入れることを目指す模様。ムバッペは新型コロナウイルスの感染拡大で欧州リーグが活動を停止している現状、中途半端な形でPSG退団を望んでおらず、また今夏にネイマールを放出する可能性があるPSGも二大スターを一度に手放すことに否定的であるという。

しかし2021年夏、レアル・マドリーが念願のムバッペ獲得を実現する可能性は十分にあるとのこと。『マルカ』はその理由として、レアル・マドリーとPSGは良好な関係を維持しており、またムバッペが2022年まで結ぶ契約を延長する意思がないことを挙げている。

ただしハーランドの獲得報道に対しては、ドイツ『ビルト』が反論。同紙は、ドルトムントとハーランドの契約に盛り込まれている契約解除条項が行使可能となるのは「早くとも2022年夏以降」と指摘。ドルトムントが2022年夏までは、ハーランドの現在の市場価値と見られる7200万ユーロを大きく超える金額を求める方針と伝えている。

4/13(月) 22:35配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00010031-goal-socc

写真
no title

ムバッペのレアル・マドリー移籍はほぼ内定済み?PSGのOBが明かす 

20200412-00010019-goal-000-5-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索