Samurai Goal

ミラン


スポンサード リンク





イブラヒモビッチがルカクに言い返す「ミランに王がいたことはない。いるのは神だ」 

スクリーンショット 2020-10-19 15.55.25

セリエA第4節 イブラヒモヴィッチ2発!ミランがダービー制してリーグ通算1400勝目 2試合4得点 

1: 2020/10/18(日) 03:42:33.42 _USER9
最後まで1点差守り切ったミランがダービー制してリーグ通算1400勝目

セリエA第4節が17日に行われ、インテルがミランとの“ミラノ・ダービー”を戦った。

 ミランは11分、ズラタン・イブラヒモヴィッチがエリア内で倒されPKを獲得。キッカーを務めたイブラヒモヴィッチのシュートはGKサミール・ハンダノヴィッチに弾かれるが、イブラヒモヴィッチがこぼれ球をもう一度押し込んでゴールネットを揺らした。

 さらにミランは16分、ラファエル・レオンのクロスにイブラヒモヴィッチがピタリと合わせて追加点を挙げる。圧倒的な存在感を放ったイブラヒモヴィッチがあっという間に2点を積み重ねた。

 対するインテルは29分、アレクサンダル・コラロフのスルーパスに反応したイヴァン・ペリシッチが左サイドの深い位置まで侵入して鋭いクロスを供給。ファーサイドで構えていたロメル・ルカクのシュートはゴールに突き刺さりインテルが1点を返した。

 60分代に入るとミランはラデ・クルニッチとサム・カスティジェホを投入。一方のインテルはマルセロ・ブロゾヴィッチに変えてクリスティアン・エリクセンが途中出場を果たした。

 73分、エリア内に侵入したルカクがGKジャンルイジ・ドンナルンマと接触すると一旦はPKの判定に。しかしVARの介入の結果ノーファールでインテルは同点のチャンスとはならなかった。

 試合終盤には1点を追うインテルが猛攻を仕掛ける。90+3分にはラウタロ・マルティネスの絶妙なパスにルカクが反応し、足を伸ばすが惜しくもミートせず。試合終了間際にもルカクがヒールシュートで相手ゴールに迫るが、GKジャンルイジ・ドンナルンマが立ちはだかりゴールネットを揺らすことはできなかった。

 結局そのまま試合は終了し、前半のリードを守り切ったミランが2-1でミラノ・ダービーを制した。ミランはこの勝利でセリエA通算1400勝目。史上3クラブ目の快挙を成し遂げた。

【スコア】
インテル 1-2 ミラン

【得点者】
0-1 13分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
0-2 16分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
1-2 29分 ロメル・ルカク(インテル)

https://news.yahoo.co.jp/articles/465d18ac6da38cf86e3fde9d23eeffecd9bc067a
10/18(日) 3:06配信

no title


https://www.youtube.com/watch?v=yq76UWmbduY


Inter Milan vs AC Milan 1-2 - All Goals & Highlights - 2020

「長友とはとてもウマがあった」名手カッサーノがインテル&ミラン時代を回想!「中国でひどいケンカも…」 

スクリーンショット 2020-10-17 21.58.33




1: 2020/10/17(土) 20:38:46.18 _USER9
「午前4時に彼の部屋に入って…」

 10月17日に開催されるセリエAの第4節では、インテル対ミランのミラノ・ダービーが行われる。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は試合当日、両クラブでプレーしたアントニオ・カッサーノにインタビュー。元イタリア代表はその中で、インテル時代にチームメイトだった親友の名前も出した。

 カッサーノは2010-11シーズン途中にミランに移籍し、スクデット(優勝)を獲得。翌シーズンには試合後に心臓の問題が見つかり、緊急手術を受ける経験もしている。

 Gazzetta dello Sport紙にミランとインテルのどちらでより力を出せたか問われると、カッサーノは「ミランだね。素晴らしいスクデットとスーペルコッパを獲得できた」と答えた。

「心臓に問題があったとき、死から助けてくれたこのクラブには一生感謝しなければいけない。(当時のオーナーだったシルビオ・)ベルルスコーニと(CEOのアドリアーノ・)ガッリアーニは息子のように扱ってくれた。ただ、ガッリアーニとは中国でひどいケンカをしたんだ。契約延長を望んだのだが、彼が先送りしたんだよ。それで放出を求め、インテルに移籍した」

 2012年のことだ。17歳の対戦時のゴールで一躍注目を集めたカッサーノにとっては、「子どものころからの夢がかなった」移籍だった。幹部だったピエロ・アウジリオ、マルコ・ブランカを、カッサーノは「兄」と表現している。

 次にカッサーノが名前を挙げたのが、日本でも仲の良さがたびたび話題となった長友佑都(現マルセイユ)だ。「ナガトモとはとてもウマがあった。今も連絡する」というカッサーノは、あるエピソードも明かした。

「あるダービーの前、午前4時に彼の部屋に入ってね。アイマスクで寝ていたんだけど、コオロギみたいに飛び跳ねたよ(笑)」

カッサーノがインテルでプレーしたのは1シーズンだけだった。それから7年以上が過ぎている。それでも連絡を取り合い続けるほど、長友との出会いは特別なものだったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/32702a316be9c04c47a8f5aad02600c0c18dd990

<日本代表DF冨安健洋(21)>ミラン移籍が破談、ミランのオファーをボローニャが拒否 

スクリーンショット 2020-10-03 17.39.35




1: 2020/10/03(土) 17:12:29.12 _USER9
日本代表DF冨安健洋(21)の獲得を目指しているとされていた、移籍金の問題でターゲットを切り替えたようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。

今夏の移籍市場も期限が10月5日までとなっており、残すところ数日となっている状況。各クラブが駆け込みで最後の補強に動いている。


ミランは、ケガ人などの問題もありセンターバックの補強が急務に。様々な候補が挙がる中、冨安は2番手に挙がっていると報じられてきた。

ミランのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏も「我々は常にチームを改善したいと思っている。優先順位は補えたが、ケガのためにセンターバックに問題がある」とし、ポジションとして補強が必要であることは明言していた。

サンテチェンヌのフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)をファーストターゲットとしていたが、レスター・シティへの移籍が決定。そのため、冨安にターゲットが変更されたが、移籍金が問題となったようだ。

『カルチョ・メルカート』によると、ミランはボローニャに冨安獲得のオファーを出したとのこと。しかし、2500万ユーロ(約30億8500万円)を要求され、高すぎるとして断念したようだ。

ボローニャ側は「我々にとって重要な存在であり、ミランが提案してきたよりも高い評価が得られると信じている。だから、我々はオファーを拒否した」と、今回の経緯について説明している。

フォファナ、冨安と候補が消えたミランだが、チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(27)にターゲットを変更したとのことだ。

ミランは、リュディガーをレンタル移籍で獲得しようとしており、チェルシー側とコンタクトを取っているとのことだ。

10/3(土) 15:10配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/65d7eb6f48e8380d8e8da04fe266f17ab7b7fb54

ミラン、EL出場決定で冨安健洋の獲得へ加速…地元紙「移籍金30億円なら具体化」 

スクリーンショット 2020-10-02 17.38.14

<日本代表DF冨安健洋>名門ミランが獲得に興味!ボローニャSDは流出阻止の構え「私たちは売りたくない」 

1: 2020/09/29(火) 13:40:55.39 _USER9
ミランが10月5日まで開いている移籍市場で獲得するための動きを見せていると伊報道


ボローニャの日本代表DF冨安健洋に対し、同じセリエAの名門ACミランが獲得の動きを見せているという。一方で、イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、ボローニャ強化責任者の「売りたくない」という言葉を報じた。

 冨安は今季開幕から2試合をセンターバックでプレーし、手厳しいイタリアメディアからも高い評価を得ている。そのプレーを観察しているのは上位クラブも同様で、開幕戦で対戦したミランが10月5日まで開いている移籍市場の最終盤に冨安を獲得するための動きを見せているという。

 一方で、ボローニャの強化責任者であるスポーツ・ディレクターのリッカルド・ビゴン氏は、28日の第2節パルマ戦(4-1)の際に「私たちは冨安を売りたくない。仮にセンセーショナルな(金額の)オファーが届いたとしたとしたら、それを考慮はするけれども、最終的に代わりの選手を見つけなければいけないのは明らかだ。そして、それは簡単ではない」とコメント。チームに残すことを優先する考えを示した。

 このコメントからあるように、ビゴンSDは冨安の代わりになる選手を探すことが難しいという高評価も与えている。今後、冬の移籍市場、来季に向けた移籍市場でビッグクラブへ移籍する道が開ける可能性もあるが、まず今季のスタートはボローニャの守備の要としての地位を確立しながらのプレーになりそうだ。

9/29(火) 13:30 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/285424

写真
no title

冨安健洋、CBでフル出場 ミランに敗れるもチーム最高評価 伊紙及第点 

スクリーンショット 2020-09-22 13.47.59




1: 2020/09/22(火) 11:59:03.13 _USER9
<セリエA:ACミラン2-0ボローニャ>◇21日◇ミラノ

ボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)はフル出場したが、ミランFWイブラヒモビッチの2得点でチームは敗戦した。

イタリア紙「カルチョメルカート」は冨安をチーム内最高の6点と評価し、「うまくラインコントロールして、ファイナルサードへの突破を許さなかった」と及第点を与えた。

8点のマン・オブ・ザ・マッチにはイブラヒモビッチを選出し、「(ボローニャGK)スコルプスキを粉砕したライオン」と評している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc521bb9b4ff1817a3d5e5d4fed141373cfd4543

イブラヒモビッチの豪快2ゴールでミランが開幕白星! ボローニャ冨安は渾身ヘッドもサン・シーロ2戦連発とはならず

[9.21 セリエA第1節 ミラン2-0ボローニャ]

 日本代表DF冨安健洋の所属するボローニャは21日、セリエA第1節でミランのホームに乗り込み、0-2の敗戦を喫した。FWズラタン・イブラヒモビッチに2ゴールを献上。冨安はセンターバックで先発フル出場している。

 敵地で2020-21シーズンの開幕戦を迎えたボローニャ。左センターバックに入った冨安は安定した対応を見せていたものの、チームは前半35分に先制を許す。ミランDFテオ・エルナンデスが左サイドから左足でクロスを送ると、PA内中央のイブラヒモビッチが高い打点のヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。

 後半4分には左CKのショートコーナーからイブラヒモビッチが右足でクロスを入れ、相手にはね返されるが、こぼれ球に反応したMFイスマエル・ベナセルがFWリッカルド・オルソリーニのファウルを受ける。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果、ボックス内だったとしてミランにPKが与えられた。同6分にPKキッカーを務めたのはイブラヒモビッチ。右足で豪快にゴール右上へ蹴り込み、この日2点目を奪った。

 反撃を図りたいボローニャだったが、後半43分にDFミチェル・ダイクスが2度目の警告で退場。数的不利の中、同44分にはFKから冨安がヘディングでゴールを狙う。しかし、至近距離からのシュートはGKジャンルイジ・ドンナルンマにキャッチされ、セリエA初得点を挙げた昨季第34節ミラン戦(●1-5)に続くサン・シーロ2戦連発弾とはならない。

 ボローニャはそのまま0-2で敗れ、黒星スタートとなった。次節は28日に行われ、本拠地でパルマと顔を合わせる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8e9d6422f1bd75d9771c922a11b495e6c1e08fde

イブラ2発でミランが白星スタート!富安健洋がCBでフル出場のボローニャに快勝 

スクリーンショット 2020-09-22 7.07.38

イブラヒモビッチがミランと契約延長! クラブは38歳FWに新背番号を用意 

スクリーンショット 2020-09-01 18.41.36

イブラヒモビッチが2得点1アシストの活躍! ミラン、吉田麻也がフル出場のサンプドリアに4-1快勝 

スクリーンショット 2020-07-30 11.19.27




1: 2020/07/30(木) 10:12:20.60 _USER9
【サンプドリア 1-4 ミラン セリエA第37節】
 
 セリエA第37節、15位サンプドリアと6位ミランの試合が現地時間29日に行われた。ミランが4-1の勝利をおさめている。

 サンプドリアに所属する吉田麻也は先発出場を果たした。4分、アンテ・レビッチのクロスにズラタン・イブラヒモビッチが頭で合わせてミランに先制点が入る。続けて52分、イブラヒモビッチが折り返したボールにハカン・チャルハノールが飛び込み追加点。

 さらに58分、カウンターからイブラヒモビッチがチーム3点目を決めた。しかし、87分にサンプドリアのクリストファー・アスキルドセンに1点を返されてしまう。それでも後半アディショナルタイム、ラファエル・レオンも得点しミランが4-1の勝利をおさめた。

【得点者】
4分 0-1 イブラヒモビッチ(ミラン)
52分 0-2 チャルハノール(ミラン)
58分 0-3 イブラヒモビッチ(ミラン)
87分 1-3 アスキルドセン(サンプドリア)
90分+2分 1-4 レオン(ミラン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d7fb564e9cf856afbc0b63ee92bac24a15117673



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索