Samurai Goal

ミラン


スポンサード リンク





名門ミラン「21世紀ベスト11」を伊メディア発表 中盤の“マエストロ”選出…名FW落選 

20200509-00261035-soccermzw-000-3-view

ミランTD「日本はアビガンのおかげで安全だと誤解している」 

20200329_Manuel-Belleri-Getty




1: 2020/04/26(日) 16:42:39.40
 現役時代はセリエAでプレーしていたイタリア人DFマヌエル・ベレッリ氏は現在、東京にあるACミランのアカデミーでテクニカルディレクターを務めているが、イタリアメディアのインタビューで日本の現状について「この国はアビガンのおかげで安全だと誤解している」と警鐘を鳴らしている。

 J1は2月21日〜23日に開幕戦を消化したが、新型コロナウイルスの感染拡大により、第2節以降のリーグ中断が決定しており、Jリーグの再開プランは何度も白紙に戻っている。

 ベレッリ氏はACミランのアカデミーのテクニカルディレクターとして東京に5年間在住しているが、イタリアメディア「ヨーロッパ・カルチョ」のインタビューに応じ、日本の生活について「素晴らしい経験だ。来日した時はイタリア語しか話せなかったが、今では英語と日本語を少し話せる」と語る。

 一方、ベレッリ氏は日本の現状について「この国はアビガンのおかげで安全だと誤解している」と警鐘を鳴らしている。日本では現在、アビガンが新型コロナウイルスの治療薬として注目されているが、「アビガンのおかげで順調に進んでいるように見えるが、現実に対する正しい認識ではない」と持論を展開。日本での感染拡大はやや鈍化したものの、いまだ1日400人近くが新たに感染しているのが実情だ。

 Jリーグについて「セリエAには及ばないが、高いレベルにある。スタジアムの雰囲気はポジティブで、ファンの間での論争がない。以前から知っていれば、私も喜んでここでキャリアを終えていただろう」と称賛しているベレッリ氏。サッカーの再開を願って止まないなか、1日も早い事態の収束を願っていた。

https://www.football-zone.net/archives/258872

西川潤(桐光学園-C大阪)は日本の「最新の宝石」 ミラン新監督候補の名将が熱視線、独2クラブも興味か 

1: 2020/04/13(月) 07:05:43.98
ラングニック氏が18歳の西川を高く評価と伊メディア報道

今季J1リーグのセレッソ大阪に加入した18歳MF西川潤は、すでにドイツの名将による「興味深い選手リスト」に載せられ、
その去就次第ではイタリアからスカウトが派遣される可能性があるという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

記事では昨夏にレアル・マドリードが獲得し、現在はマジョルカへ期限付き移籍している日本代表MF久保建英を引き合いに出し、
「彼より1年若いが、日本サッカーにおける最新の宝石だ」と紹介。また、イタリアのレッジーナでプレーした元日本代表MF中村俊輔(横浜FC)と同じ桐光学園の出身であることも触れている。

その西川を高く評価しているのが、ドイツ・ブンデスリーガのRBライプツィヒなどで名声を高めた名将ラルフ・ラングニック氏だという。
西川はラングニック氏による「興味深い選手リスト」に掲載されていることは明らかだとされた。

そしてそのラングニック氏には、来季から低迷する名門ACミランへの監督就任オファーが届いているとされる。
場合によってはステファノ・ピオリ監督が続投して、ラングニック氏がスポーツディレクターに就任する可能性もあるとされているが、もしミランの現場を預かるポストにラングニック氏が就いた場合は、西川に対してスカウトが派遣されるのは確実だという。

同メディアはまた、レバークーゼンとライプツィヒも西川に興味を示していると伝えている。プロ入り1年目の西川だが、欧州へステップアップする日はそう遠くない将来に訪れそうな気配が漂っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200413-00256745-soccermzw-socc
4/13(月) 6:50配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/268000/267878/news_267878_1.jpg
no title

ダビド・シルバ、代理人がミランと会談! Jリーグなしか 

20200408-00372893-usoccer-000-2-view




1: 2020/04/08(水) 14:32:10.44
イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』がマンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)に対するミランの接触を報じた。

2010年にマンチェスター・シティに加入以降、公式戦通算424試合74ゴール137アシストの数字を誇り、14個のタイトル獲得に貢献してきたダビド・シルバ。契約失効となる今季限りでシティの退団意向を明らかにしており、新天地としてJリーグのヴィッセル神戸や、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミ、そして、レアル・ベティスが浮上している。

しかし、ダビド・シルバは最後の経験として新たにハイレベルな大会に身を投じたい思いや、古くからの夢だというイタリアでプレーしたい考えがある模様。そうしたなか、ミランのテクニカルディレクター(TD)のパオロ・マルディーニ氏やスポーツディレクター(SD)のリッキー・マッサーラ氏らが昨年のクリスマス後、クラブのオフィスでダビド・シルバの代理人と会談したという。

いわく、ミランが獲得する場合、600万~800万ユーロ(約7億円~約9億4000万円)の選手年俸が高額だが、フリートランスファーでの加入になるため、金銭面に問題ないとのこと。イタリア勢のなかで、最初に具体的な動きをみせたというミランだが、ダビド・シルバ獲得なるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00372893-usoccer-socc

イブラヒモビッチ、復帰半年でミラン退団か 「センセーショナルな別れへ」と伊紙報道 

20200306-00249968-soccermzw-000-1-view[1]




1: 2020/03/06(金) 06:07:11.80
クラブの内紛に困惑…1年間の契約延長オプションを断る可能性

イタリア・セリエAの名門ACミランに復帰した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、クラブの内紛により「センセーショナルな別れ」へと進んでいるという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

イブラヒモビッチは前所属の米メジャーリーグサッカー(MLS)ロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が昨年いっぱいで満了になったことを受け、冬の移籍市場でミランに復帰した。
シーズン前半戦で監督交代を行うなど苦戦していたミランで、イブラヒモビッチ加入後には平均勝ち点や得点数が一気に改善。
半年契約だったが、付帯オプションの1年契約延長は確実だと目されていた。

しかし、そのミランを襲ったのが上層部の内紛だった。
約1年前にアーセナルからやってきたイヴァン・ガジディス最高経営責任者(CEO)と経営権を持つ米ファンド「エリオット・マネジメント」は、
来季からの監督にラルフ・ラングニック氏を招聘しようと計画。一方で、技術部門の幹部でクラブOBの
元クロアチア代表MFズボニミール・ボバン氏と元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏は納得しておらず、派閥抗争の様相を呈した。

同紙ではラングニック氏が「あまりにも自由な」プレースタイルは好まず、38歳になっているイブラヒモビッチの年齢にも疑問を持つ人物だとしている。
そのうえで、イブラヒモビッチ側もクラブの内紛に困惑し、自身の獲得に尽力したボバン氏とマルディーニ氏が解雇されそうな情勢を決して好意的には見ていないとも伝えている。

そして「センセーショナルな別れへつながる可能性は明らか」として、イブラヒモビッチ側が契約延長オプションに断りを入れて退団する可能性が高まったとしている。
若手の見本としても存在感を発しているカリスマストライカーだが、ミランはわずか半年で再び手放す方向へと進んでいるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200306-00249968-soccermzw-socc
3/6(金) 6:01配信

ミランの内紛が飛び火…ボバン&マルディーニに続きイブラヒモビッチも今夏の退団を検討か 

20200305-00371190-usoccer-000-2-view[1]

ミランはイブラヒモヴィッチが1ゴール1アシストも…インテルが4発大逆転でダービー制す 

20200210-01032241-soccerk-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/10(月) 06:59:34.99 ID:1gShYlA39
セリエA第23節が9日に行われ、インテルとミランが対戦した。

リーグ戦15試合無敗のインテルと、ズラタン・イブラヒモヴィッチ加入後5試合無敗(3勝2分)と調子を上げるミランによる“ミラノ・ダービー”。
試合はミランが立ち上がりから攻勢に出ると、8分にハカン・チャルハノールがペナルティエリア前右から強烈なミドルシュートを放ち、左ポスト直撃で相手ゴールを脅かす。

その後も主導権を握ったミランは40分、サム・カスティジェホの浮き球パスをイブラヒモヴィッチが頭で落とすと、アンテ・レビッチが流し込んで先制に成功。
さらに前半アディショナルタイム1分には、右CKがファーに流れると、フリーのイブラヒモヴィッチが頭で押し込んで追加点を挙げた。

2点ビハインドで折り返したインテルは後半の立ち上がりから反撃に出る。51分、エリア前中央のマルセロ・ブロゾヴィッチがこぼれ球を豪快なダイレクトボレーで叩き込んで1点を返す。
54分には、エリア右に抜け出したアレクシス・サンチェスの落としを、マティアス・ベシーノがダイレクトで押し込んで同点に追いついた。

インテルは70分、アントニオ・カンドレーヴァの右CKをステファン・デ・フライがダイビングヘッドでゴール左に流し込んで、ついに逆転に成功。
79分には、新加入のクリスティアン・エリクセンが距離のあるFKで強烈なシュートを放ったが、左上隅のクロスバー直撃で惜しくも得点にはつながらなかった。

後半アディショナルタイム3分には、ロメル・ルカクがヘディングシュートを叩き込んで勝負を決める追加点。
インテルが逆転勝利で“ミラノ・ダービー”を制して2連勝を飾った。一方のミランは6試合ぶりの敗戦で、新年初黒星となった。

次節、インテルは16日にアウェイでラツィオと、ミランは17日にホームでトリノと対戦する。

【スコア】
インテル 4-2 ミラン

【得点者】
0-1 40分 アンテ・レビッチ(ミラン)
0-2 45+1分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
1-2 51分 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)
2-2 54分 マティアス・ベシーノ(インテル)
3-2 70分 ステファン・デ・フライ(インテル)
4-2 90+3分 ロメル・ルカク(インテル)

【スターティングメンバー】
インテル(3-5-2)
パデッリ;ゴディン、デ・フライ、シュクリニアル;カンドレーヴァ(80分 モーゼス)、ベシーノ、ブロゾヴィッチ、バレッラ、ヤング(90+5分 ビラーギ);ルカク、A・サンチェス(72分 エリクセン)

ミラン(4-4-1-1)
ドンナルンマ;コンティ、ケアー、ロマニョーリ、T・エルナンデス;カスティジェホ(80分 レオン)、ケシエ(81分 パケタ)、ベナセル、レビッチ(84分 ボナヴェントゥーラ);チャルハノール;イブラヒモヴィッチ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-01032241-soccerk-socc
2/10(月) 6:44配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081330
試合スコア

https://www.youtube.com/watch?v=yI2ht46pu50


Inter Milan vs AC Milan 4-2 - All Gоals & Extеndеd H?ghl?ghts 2020
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表

「俺はマスコットになるために来たんじゃない」イブラヒモビッチがミラン入団会見でズラタン節連発! 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/04(土) 21:15:35.83 ID:jcASB0Xc9
アマチュアクラブから早速ゴールも!

38歳でのセリエA再挑戦でも、ズラタン・イブラヒモビッチの自信に変わりはない。

7年半ぶりにミランに復帰したイブラヒモビッチが1月3日、入団会見に臨んだ。ミラニスタを熱狂させているスウェーデンの“王”は、そのビッグマウスも健在だった。

イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、イブラヒモビッチは「アドレナリンを欲していた。ミランを断ることなどできない。自分が好きなクラブだ。2012年に自分は退団を望んでいなかった」と話している。

「1年前にレオナルド(当時のディレクター)から誘われたが、まだイタリアに戻って違いをつくる用意ができていないと感じた。今はこれまでにないほど生き生きしていると感じている」

そう心境を語った百戦錬磨のストライカーは、こう續けた。

「1試合ずつ考えていこう。自分はチームを助け、チームを良くするためにここに来た。これは100メートル走ではなくマラソンなんだ。それがチームとしての目標さ」
 
「個人的な目標は、ピッチで楽しむことだ。芝のにおいを感じ、スタジアムのプレッシャーを感じたい。ブーイングされても、アドレナリンが増すだけさ。そして最後には拍手をすることになる」

もちろん、38歳となった今は、前回ミランでプレーした時とは違う。本人も、「28歳の頃みたいにプレーできないことは完璧に分かっている」としながらも、こう語気を強めた。

「でも、賢い選手というのはマネジメントできるものだ。走るのを減らして、40メートルからのシュートを増やすこともできる」

これまで、ミランのレジェンドがクラブに復帰して失敗に終わったケースも少なくない。だが、「自分がやることへの情熱を失っていない。準備はできている」と意気込んだ。

「この数カ月、かなりトレーニングしてきたんだ。ボールには触っていないけど、それは問題の最後でしかない。俺はマスコットになるためにここに来たんじゃない」

ロサンゼルス・ギャラクシーを退団してから時間が経っていることもあり、コンディション調整に時間がかかるとの見方も少なくなかったイブラヒモビッチ。だが、3日のアマチュアクラブとのミニゲームでは、さっそく先発出場で1得点・1アシストを記録した。

6日のサンプドリアとの新年初戦で、イブラヒモビッチが再デビューするのか。注目が集まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00068493-sdigestw-socc
1/4(土) 18:07配信

no title

no title

イブラヒモビッチ、ミラン加入が正式決定。38歳で古巣復帰 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/28(土) 08:13:41.40 ID:f5rzdqbI9
ミランは現地時間27日、元スウェーデン代表のFWズラタン・イブラヒモビッチが加入することを正式に発表した。

ロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が満了となった38歳のイブラヒモビッチは、今冬のヨーロッパ復帰が早くから話題になっていた。
そんな中、今季深刻な得点力不足に苦しむミランが関心を示して獲得に動き、イタリア復帰が決まっている。

イブラヒモビッチは2010年から2012年にかけてミランでプレー。公式戦85試合に出場して56得点を挙げている。

同選手はクラブからの発表の中で、「リスペクトするクラブに戻ってきた。ミラノは愛する街だ。
チームメートとともに、今シーズンの流れを変えていくために戦っていく」とコメントした。

イブラヒモビッチとミランの契約は今季いっぱいで、1年の契約延長オプションが付く。
年俸は公表されていないが、今季終了までに300万ユーロ(約4億2000万円)が支払われると現地では報じられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191228-00355481-footballc-socc
12/28(土) 3:32配信

no title

南野拓実、リバプール移籍の裏で熾烈な争奪戦 獲得に動いていた複数のクラブとは?  

20191226-00236878-soccermzw-000-5-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/26(木) 08:53:33.99 ID:BlkUxWfE9
バイエルンも獲得に名乗りを上げ、ミランやセビージャなども注目するなかで移籍決定

日本代表MF南野拓実は来年1月1日から正式にイングランド・プレミアリーグの名門リバプールの一員になるが、その移籍は争奪戦の末に成り立っていたという。
イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、獲得に名乗りを上げたクラブを報じている。

同メディアでは以前に、南野の獲得に水面下でイタリアの名門ACミランが動いており、今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)での大活躍によって注目を浴びて市場価値が高まったことが誤算だったと報じていた。
一方で、その獲得に動いたのは獲得に成功したリバプール以外にも多くのクラブがあったとしている。

そこで挙げられた一つがスペインのセビージャだ。またオーストリアとは地理的にも近く、多くの移籍が過去にも成り立ってきたドイツからの注目はより大きなものだったとして、
ライプツィヒ、ドルトムントに加えて王者バイエルン・ミュンヘンも獲得に動いていたと報じた。

ドイツの絶対王者バイエルンでは、過去に元日本代表FW宇佐美貴史(ガンバ大阪)が所属したことがあったが、レギュラークラスと言える状況ではなかった。
しかし、現時点で南野の獲得に動いていたのは、戦力補強の一環だったのは間違いない。それだけ、ドイツにおいても南野の評価が高まっていたことの何よりの証明と言えるだろう。

最終的には昨季の欧州王者であり、今月にはクラブ世界一に輝いた名門の一員となることが決まった南野。プレミアリーグのピッチにおいて、他クラブからの高評価が間違いではなかったことを証明するプレーを期待したい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191226-00236878-soccermzw-socc
12/26(木) 8:40配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索