Samurai Goal

ミャンマー


スポンサード リンク





日本代表、ミャンマーに2-0で勝利は物足りないという意見は時代遅れ。見る側もレベルアップが求められている  

20190915-00582967-shincho-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/15(日) 12:22:57.79 ID:Up9NaA4P9
“決定力不足”とは異なる問題

サッカー日本代表は9月10日、ミャンマー代表に2-0のスコアで勝利した。この得失点差を、サッカージャーナリズムやサポーターは、どう評価しただろうか? 

***

 2022年カタールW杯のアジア2次予選グループF、日本は初戦でミャンマーとアウェーで対戦、中島翔哉(25)のミドルシュートと南野拓実(24)のヘッドによる追加点で完勝を収めた。

 この試合結果に、一部のサッカーメディアは不満を表明した。どんな内容だったのか、要点を列挙しておく。

◆特に後半は0-0で、シュートを29本も放ちながら、2-0は物足りない。

◆森保一監督も「勝利したことは本当に素晴らしいですが、試合を決める3点目を奪うチャンスはあったと思います」と述べた。

◆ワールドカップ予選は得失点差が重要になることがある。得点が取れる時に、できるだけ多くのゴールを奪うことが必要。

 ツイッターでも、同じ視点に立ったサポーターの“苦言”が見られた。「ミャンマー相手に2点は物足りない」、「得点が取れる試合は、しっかり決めてほしい」、「ミャンマー戦なら5-0くらいで決めないと、強いチームには勝てないのでは?」――――という具合だ。

果たして、こうした指摘は正しいのだろうか? まずは試合の流れを改めて確認しておこう。

 日本はアウェーながら、立ち上がりから攻勢に出た。9月5日のパラグアイ戦と同じスタメンで、システムも同様の4-2-3-1。対するミャンマーもパラグアイと同じ4-1-4-1を採用した。

 このため中島が中盤の「1」の横のスペースを有効活用しただけでなく、パラグアイ戦ではサイドに張ることの多かった堂安律(21)もセンター寄りにポジションを移してプレー。彼らのポジション取りにより、左右の両サイドには広大なスペースができたため、長友佑都(33)と酒井宏樹(29)の両SBは、プレーのスタートラインがサイドMFのような高い位置取りでミャンマーを押し込むことができた。

9/15(日) 11:02配信 新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00582967-shincho-socc

金田喜稔がミャンマー戦を斬る!「評価したいのが13番。レギュラー争いを一歩リード。物足りなかったのは…」  

20190911-00063999-sdigestw-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/11(水) 07:20:56.86 ID:sxK1LQXT9
「無理はしたくない」という気持ちがどこかで…

追加点を取れないとダメでしょ、この展開だったら。

相手ががちがちに守って、ゴールをなかなかこじ開けられなかった、という試合ではなかった。

16分に(中島)翔哉のスーパーゴールで先制して、26分には堂安のパスから南野のヘッドで追加点。理想的な展開だった。
すべての面で圧倒的に上回っていたし、この時点でミャンマーが奇跡を起こす(勝点を奪う)可能性はゼロに近かった。

日本が追加点を奪いやすい状況だったし、後半は雨も弱くなって、ピッチコンディションも良くなっていたように見えた。

森保監督が(伊東)純也、(鈴木)武蔵、久保と交代のカードをすべてアタッカーで使ったのは、明らかに追加点を狙いにいったからだ。
後半、テレビカメラに映し出された久保は川島とともにベンチに残っていて、最初はアップ組に加わっていなかった。それなのに、3枚目のカードとして投入されたのは、なかなか3点目が取れなかったからだろう。
 
そこまでしたのに、後半にゴールが奪えなかったのは、反省点だよね。結局、このチームでとくにシュートの意識が高く、決定的な仕事ができる翔哉と南野が得点したわけだけど、彼らがいなかったら、もしかしたら勝ち切れなかったかもしれない。
いくら圧倒しても、最後の局面でモノを言うのは個人のスキルだからね。

ヨーロッパのシーズンが始まったばかりで、クラブで厳しいポジション争いを強いられている選手が少なくない。
2‐0でなった時点で「無理はしたくない」という気持ちがどこかで働いたのかもしれない。ペナルティーエリアに入ってくる人数が少なくなっていた。
心情としては理解できるけどね。

3点目を取れなかったのは不満だけど、緊張感のある敵地でのワールドカップ予選初戦で、2‐0で危なげなく勝利したんだから、まずはよしとしないといけない。

元々、ミャンマーはサッカーが根強いている国でね。僕が初めて日の丸を背負ってタイに遠征した時、当時のビルマ(現在のミャンマー)のパスサッカーを見て、衝撃を受けたからね。
日本サッカーはビルマから学んだことも多くて、いまこうして完全に圧倒しているのを見ると、感慨深いものがあるよ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00063999-sdigestw-socc
9/11(水) 6:25配信

鈴木武蔵、W杯予選デビューも「力不足を感じた」  

20190911-00000562-sanspo-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/11(水) 20:21:49.71 ID:GYNGD3kY9
10日に2022年カタールW杯アジア2次予選ミャンマー戦(ヤンゴン)を戦ったサッカー日本代表が11日、羽田空港に到着した。

MF久保建英ら海外組は現地解散。羽田空港には10日の試合で先発し、フル出場したMF橋本拳人(FC東京)、
後半31分から途中出場したFW鈴木武蔵(札幌)、FW永井謙佑(FC東京)、DF畠中槙之輔(横浜M)のJリーグ組4人のみが帰国。
W杯予選デビューとなった鈴木は「チャンスはあったので決めきる力を札幌で身につけたい。
力不足を感じたので成長しないと」と所属チームでさらに力をつけることを誓い、国内線に乗り換えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000562-sanspo-socc
9/11(水) 19:32配信

英国人が見たミャンマー戦。久保建英投入は「テレビの人が喜ぶね(笑)」「中島翔哉は逆ロッベン」 

20190911-00010000-footballc-000-1-view[1]

これのままいいのか森保ジャパン?格下ミャンマーにたった2得点発進…早くも露呈した「3つの課題」 

20190911-00000032-nkgendai-000-1-view[1]

「ロッカーも綺麗だった」 中島、“翔哉節”でミャンマーに感謝「僕も学ばないと…」 

20190911-00216737-soccermzw-000-19-view[1]

森保ジャパン、ミャンマー戦視聴率14・7%!瞬間最高18・7%  

20190911-00000116-spnannex-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/11(水) 13:24:49.48 ID:MFiVBOKI9
10日に日本テレビで生中継されたサッカーW杯アジア2次予選「日本―ミャンマー戦」(後9・15~11・24)の平均視聴率が14・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。

 瞬間最高視聴率は午後10時01分の18・7%だった。

 試合は、7大会連続のW杯出場を目指す日本が2―0で勝利した。前半16分にMF中島翔哉(25=ポルト)がミドルシュートを沈めて先制。同26分にはMF南野拓実(24=ザルツブルク)が追加点を決めた。

9/11(水) 13:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000116-spnannex-ent

久保建英「うーん、って感じですね」。W杯予選最年少出場も短時間で消化不良  

20190911-00337919-footballc-000-8-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/11(水) 06:12:06.47 ID:sxK1LQXT9
【ミャンマー 0-2 日本 カタールワールドカップ・アジア2次予選 第1節】

2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選F組第2節のミャンマー対日本戦が10日に行われ、
アウェイの日本代表が2-0で勝利を収めた。途中交代で出場したMF久保建英が試合を振り返った。

ベンチスタートとなった久保は81分、日本代表の最後の3人目の交代選手として中島翔哉に代わって交代出場。
短いプレー時間の中で積極的に仕掛けてチャンスを生み出そうとする場面もあったが、決定機には繋がらなかった。

ワールドカップ予選では日本代表史上最年少となる18歳98日での出場となったが、「特に予選だからっていうのは何もなかったです」とコメント。
「とりあえず出れて良かったかなという感じですね」と冷静に話している。

試合を決定づける追加点を期待されての投入となったが、「特にあまりそんな展開でもなかったし、自分はできることをやったかなという感じです」
「今日はそんなにプレーに関与していないですし、大して何かしたというわけでもないので、うーん、って感じですね」と消化不良な様子を見せた。

今後に向けては「練習や試合などで良いプレーをして、監督に認めてもらえるような選手になれればいいと思います」と久保。
「しっかり休んで、クラブでの活動が始まるので、ここでの活動を言い訳にせずにしっかりまた挑んでいければ」とスペインでの新たなスタートへ気持ちを切り替えようとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00337919-footballc-socc
9/11(水) 0:44配信

中島翔哉、ミャンマーに感謝!「僕も学ばないと…」「ロッカーも綺麗だった」  

1: Egg ★ 2019/09/11(水) 10:16:11.52 ID:+EZiDNKu9
日本代表MF中島翔哉(ポルト)が森保ジャパンのワールドカップ(W杯)予選“1号”を決めた。10日行われたカタールW杯アジア2次予選の初戦となるミャンマー戦(ヤンゴン)は2-0で勝利。定位置の左サイドハーフで先発した中島は前半16分に強烈なミドルシュートで先制点を挙げた。美しくゴールネットを揺らすゴールで、背番号10らしく悪天候のピッチでも輝きを放った。


 断続的な雨が降る難しいピッチコンディションでも“サッカー少年”にとっては関係なかった。敵地ヤンゴンの会場トゥウンナ・スタジアムは水気を多く含んで時折パスが止まってしまうような状況。街中では浸水が起きるほどの雨量だったが、すぐに劣悪環境にも慣れた。前半16分、MF堂安律(PSV)が高い位置で相手からボールを奪い、ショートカウンターに。パスを受けた中島は左サイドを上がり、ペナルティーエリア左外から強烈なミドルシュートを放った。ボールは綺麗な曲線を描いてゴールへ。大きな先制点を奪った。

「シュートを打てる時は打とうと思っていた。昨日も話した通りで、そこまでピッチにこだわりはないし、その時の状況で一番いいプレーをしようと思っている。ピッチとか雨を気にし過ぎることはなかった」

 ミャンマー入り後はスコールに見舞われたり、天然芝ではない練習場で汗を流したりと、日本や欧州では考えられないような環境だった。間違いなく“良い環境”とは言えるものではなかったが、中島にとっては関係ない。むしろ“翔哉節”で「ロッカーも綺麗」とさらりと言ってのけた。

「僕自身は環境が悪いと思っていなかったし、ロッカーも綺麗だった。こういうスタジアムでできる、いろいろな人が作り上げてくれた試合でプレーすることには感謝しかない。今日は日本代表にとってはすごく大事な大会で親善試合とは違うけど、僕自身はどの試合もチームの勝利に貢献できるように全力でやろうと思っている」

後半、日本を無失点に抑えた相手に…「何人も足をつっていたように全力でやっていた」

 試合終盤には、守備に奮闘した相手選手が何人も足をつった。水分を含んだピッチだからこそ、下半身にかかる負担も大きい。それでも、相手は後半に日本の決定機を何度も防いだ。

「相手もみんなで協力して何人も足をつっていたように全力でやっていた。僕も自分の限界まで力を出すことを学ばないといけないと思ったし、今日も勉強になる試合だった」

 W杯予選であろうが、カタールへの道であろうが中島にとっては関係ない。目の前の1試合に全力を注ぐ姿はミャンマーでも変わらなかった。

9/11(水) 6:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00216737-soccermzw-socc

写真no title

日本 2-0 ミャンマー、中島翔哉・南野拓実のゴールで日本勝利! 久保建英が最年少出場記録更新 

1: 豆次郎 ★ 2019/09/11(水) 02:35:24.24 ID:XeI+AnFR9
9/10(火) 23:16配信
中島ゴラッソ&南野ヘッド!! 久保も39年ぶり大記録の森保J、カタールW杯へ白星発進

[9.10 W杯アジア2次予選 日本2-0ミャンマー ヤンゴン]

 日本代表は10日、カタールW杯アジア2次予選の初戦でミャンマー代表と対戦し、2-0で勝利した。前半16分、MF中島翔哉(ポルト)が強烈なミドルシュートを突き刺すと、26分にはMF南野拓実(ザルツブルク)のヘッドで追加点。新体制発足当初からチームを担ってきた2人の得点により、3年後のカタールW杯へ好スタートを切った。

 森保一監督はW杯予選の初陣に向け、5日のキリンチャレンジ杯・パラグアイ戦(○2-0)と同じ11人を先発起用した。GK権田修一(ポルティモネンセ)がゴールを守り、4バックは右からDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF冨安健洋(ボローニャ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF長友佑都(ガラタサライ)。ダブルボランチはMF柴崎岳(デポルティボ)とMF橋本拳人(FC東京)が組んだ。2列目は中島、南野、MF堂安律(PSV)の“三銃士”。1トップにはエースのFW大迫勇也(ブレーメン)を起用した。

 日中から降り続いた大雨の影響でピッチがぬかるむ中、立ち上がりはロングボールを主体に組み立てたこの日の日本代表。セットプレーを有効に使いながら相手を押し込み、ミャンマーに6バックでの対応を強いる。前半5分の南野の左足シュート、15分の橋本のミドルシュートは枠を外れたが、直後に試合を動かした。

 前半16分、堂安のパスカットから冨安が素早いパスを中島に送ると、背番号10はカットインから右足を一閃。豪快なストレートボールをネットに突き刺し、日本のカタールW杯予選初ゴールを記録した。さらに日本は18分、南野のヘッドは枠に飛ばなかったが、24分には大迫のヘッドがGKチョー・ジンピョを襲うなど、なおも攻勢の手は緩めない。

 すると前半26分、橋本の縦パスを起点とした攻撃から堂安がミドルシュートを放ったが、これはGKチョーが好セーブ。それでも直後、跳ね返りを拾った堂安のクロスにフリーで反応した南野が頭で合わせ、リードを2点に広げた。28分にはバックチャージを受けた大迫が相手選手に詰め寄る場面もあった。

 勢いが落ちない日本だが前半39分、ゴール前での混戦攻撃がクロスバーに阻まれると、相手と接触した吉田がピッチに倒れてプレーが中断。自ら立ち上がってピッチに戻ったが、ヒヤリとするシーンだった。またその直後には現地の観客がピッチに乱入するなど、やや混乱状態のまま2-0で前半を終えた。

 後半は布陣を高くしたミャンマーがやや盛り返すが、日本守備陣もリスクを避けたクリアで対応。危険なエリアへの侵入を許さない。9分には相手のFKがトリックプレー気味に中央に入り、FWアウン・トウーのミドルシュートが枠内を突いたが、権田が落ち着いてパンチング。直後のクロスボールも権田が処理し、ピンチをしっかり防いだ。

 日本は後半11分、堂安が強烈なミドルシュートを放ったが、またしてもGKチョーがビッグセーブ。12分、中島のCKから大迫がヘディングで狙うも、これもGKチョーに阻まれた。さらに15分、冨安のフィードからつくりだした決定機も堂安のシュートが相手DFに当たり、なかなか追加点を得られない。

 後半19分、左からのクロスを大迫が頭で落とし、南野が放ったボレーシュートはクロスバーに直撃。直後、堂安と中島にも続けて決定機が訪れたが、人数をかけて守るミャンマー守備陣をこじ開けられない。すると21分、森保監督は堂安に代わってMF伊東純也(ゲンク)を投入した。

 後半25分、吉田のロングフィードから伊東が最終ライン裏にフリーで抜け出したが、意表を突いたはずのループシュートはGKに読まれて得点ならず。31分、南野を下げてFW鈴木武蔵(札幌)が送り込まれた。34分、左サイドを駆け上がった長友のクロスに伊東がダイレクトボレーで狙ったが、うまくミートしなかった。

 すると後半36分、中島に代わってMF久保建英(マジョルカ)がピッチへ。18歳98日の久保は1980年に風間八宏氏が記録した19歳67日を大幅に上回る日本代表史上最年少でのW杯予選デビューを果たした。すると37分、さっそく久保の芸術的なヒールパスから酒井が突破し、低いクロスがゴール前に向かったが、鈴木とわずかに合わなかった。

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-43471523-gekisaka-socc
no title


※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568128646/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索