Samurai Goal

ミハイロビッチ


スポンサード リンク





ミラン本田圭佑、活躍とは裏腹に、ミハイロビッチ監督との関係は冷めきったまま。本田を軽くからかうような発言を繰り返す 

1: 名無しさん 2016/02/03(水) 22:35:46.01 ID:CAP_USER*.net
■2人が大親友になることはまずないだろう。

本田圭佑とシニシャ・ミハイロビッチ――。腹の底でお互いをどう思っているのか、実際に確認することは至極困難だ。

しかし、2人が大親友になることはまずないだろう。そうなるには二人はあまりにも違いすぎる。
いや正反対と言ってもいい。正反対であるがゆえに互いに惹かれあうというケースも時にはあるが、この2人の場合は違うようだ。

ミハイロビッチは皮肉の効いたジョークが好きで、挑発的で、最適なタイミングで効果的な言葉を吐き、巧みに人の気持ちを煽るのを得意としている。
一方の本田は頑ななほど内向的。いつも内なる集中を模索し、物事を現実的に考える。また、前者は運命論者で、後者は慎重かつ冷静。とにかく2人はタイプが大きく違うのだ。

ただ、どちらも常にミランのためを考えて行動することだけは、唯一共通している。
同じ目標を目指していても、アプローチ方法がまるで違うため、相手に好意を寄せることはないとしても、互いにリスペクトはしている。少なくとも彼らの言葉を借りれば、そうなる。

ミハイロビッチは本田の自己犠牲の精神を評価しているし、仕事に対する真摯な態度も高く買っている。彼の言葉を借りれば、本田は「やれと言われたことは、必ずやる選手」、つまり“忠実な兵隊”なのだそうだ。
一方の本田は、ミハイロビッチの率直さ、そして何かあったときは全て自分が責めを負うという責任感の強さを評価している。

それでもやはり、2人の相性は良くはない。とくに本田が11試合連続でベンチスタートという屈辱を味わい(9月下旬から12月中旬)、
そしてそれに対して本田が「なぜ俺を使わないのか?」と疑問を投げかけて以降は、2人の間の溝はより深まった。

■ミハイロビッチは会見で本田を軽くからかうような発言を繰り返す

しかし、たとえ気が合わなくても、相手を評価し、ともに仕事を進めていくことはできる。それはサッカー界に限らず、一般社会でも同じだろう。
3-0の快勝を飾った1月31日のインテルとのデルビー(ダービー)で本田は、己の価値を見事に証明した。チームにとって重要な選手だとミハイロビッチもよく分かっただろう。

ダービーの翌日に冬のメルカートは閉幕したが、本田のライバルとなるような選手はついに加入しなかった。だから今後も、よほどのことがない限り右サイドハーフでレギュラー起用されるだろう。
しかし、2人にはベタベタとしたリアクションを求めないほうがいい。2-0で勝利した1月17日のフィオレンティーナ戦の後、上機嫌のミハイロビッチは本田の肩を抱いたが、本田は目すら合わせず歩き去っていった。

ミハイロビッチはその経験から学んだのだろう。今回のデルビーでは、88分にベンチに下げた時、ハグを控えて、手を差し伸べにとどめた。
ただ、本田は手を合わせはしたものの、再び目すら合わせずに歩き去った。対してミハイロビッチは苦笑いを浮かべていた。

多少冷たさを感じるシーンではあったが、なにしろライバルに完勝したのだ。ミランにとって今シーズンの大きなターニングポイントとなるかもしれない勝点3だ。何の不都合もないだろう。

ただ、ミハイロビッチは本田に、内面的にもさらなる成長してほしいと思っているのではないだろうか? 
このセルビア人指揮官は、かなり好戦的な男だ。それはユーゴスラビア紛争を生き抜いてきたバックグラウンドと深く関係している。

対して本田は、サムライにしてはかなりエレガントだ。もちろん常にピッチでは全力を尽くすが、彼の剣はほぼいつも鞘に収まっている。
だからミハイロビッチは、機会がある度に彼を挑発するのである。試合前の会見で本田を軽くからかうような発言をするのも、まさにそれゆえだ。

>>2以降につづく
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=13934
no title

ミハイロビッチ「本田は“いい奴”に見えないことで過小評価をされているのではないか」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 09:47:40.11 ID:CAP_USER*.net
公式戦5試合連続の先発出場が濃厚
 
セリエAは一順目の対戦が全て終了し、この週末から二順目の対戦がスタートする。
イタリアは全く同じ順番で対戦が組まれているため、本田圭佑所属のACミランは17日にリーグ開幕戦を戦ったフィオレンティーナと対戦する。

試合に先立った記者会見で、シニシャ・ミハイロビッチ監督は2016年に入ってからスタメン起用を続けている本田について
「信頼性の高い選手」と高い評価を与えている。

「ここから二順目の戦いが始まるが、順位表の上へ上がっていける戦いにしていきたい。リーグ戦はまだオープンな状況にある。
危機的な状況だと言われながらも、我々は良い仕事をしている。ここから、さらに勝ち点を取っていけるはずだ」

セルビア人指揮官はそう語り、シルビオ・ベルルスコーニ会長から厳命されているUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内への進出に意欲を見せた。
このフィオレンティーナ戦は会長が観戦することも予定され、解任の危機が去っていないミハイロビッチ監督にとってはプレッシャーのかかる一戦になる。

そうした状況下でのゲームで、本田は公式戦5試合連続でのスタメン出場が予想されている。指揮官に対して、報道陣から本田についての質問が投げかけられた。

ミハイロビッチ監督が示した本田への期待

「良いプレーをすることは、本田にとってもチームにとってもメリットだ。彼は素晴らしくプロフェッショナルで結果も出せる選手だが
、“いい奴”に見えないことで過小評価をされているのではないか。だが、彼は信頼性の高い選手だ。彼に何かを求めるのであれば、叩く必要はないだろう」

指揮官は本田の一見すると人当たりが悪く見える部分が過小評価につながっているが、信頼のおける選手であると強調した。
そして、結果的に2015年のリーグ戦でノーゴールに終わった背番号10だが、アシストを連発している最近の試合を見ても結果を出せる選手であると期待をかけている。

開幕戦でも対戦したフィオレンティーナは、0-2で敗れたチームだけでなく、
本田にとってもスタメン出場しながらDFロドリゴ・エリーの退場処分の影響で前半終了を待たずに交代となる悔しさを味わった相手だ。

上位を争っていく相手との直接対決でもあり、ミハイロビッチ監督の危機を救えるかどうかというゲームでもある。

果たして本田は、指揮官の期待に応えるプレーを見せることができるだろうか。

Soccer Magazine ZONE web 1月17日(日)9時3分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160117-00010007-soccermzw-socc

写真
no title


ACミラン
http://www.acmilan.com/jp

ミハイロビッチ、フィオ戦前日会見「明日は本田は出ないよ。ハハハッ。(最近)いいプレーができているのは、確実に彼の努力によるもの」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/16(土) 23:49:55.47 ID:CAP_USER*.net
 イタリア1部リーグ(セリエA)・ACミランのミハイロビッチ監督(46)が16日、
ホームのフィオレンティナ戦(17日)に向けて会見。日本代表FW本田圭佑(29)の先発起用を
煙に巻く一方で「素晴らしいプロフェッショナル。信頼できる選手だ」などと絶賛した。

 最近好調で公式戦4戦連続スタメン出場中の本田。13日のイタリア杯準々決勝カルピ戦では
先制アシストを決めて、チームを4季ぶりの4強へと導いた。同監督はフィオレンティナ戦での起用について
「明日は出ないよ。ハハハッ。(最近)いいプレーができているのは、確実に彼の努力によるもの」などと話した。

 本田は一部のイタリアメディアから背番号10返上のススメを報じられた。指揮官は「彼は素晴らしい
プロフェッショナル。愛想はないかもしれない。だから正当な評価が得られないかもしれない。
だが彼の文化で、彼のメンタリティーで、常に試合でも練習でも全力を尽くしている。信頼できる選手だ。
凄いプレーはしないけど要求したことをやってくれる。監督にとっては重要なこと」と厚い信頼を口にした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160116-00000145-sph-socc

no title

「お願いだ、ミハイロビッチを辞めさせてくれ」 ミラン番記者が本田交代を失策と一刀両断 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 22:05:23.12 ID:CAP_USER*.net
まだマシだった本田
 
ACミランの日本代表FW本田圭佑は、6日の2016年初戦となった本拠地ボローニャ戦で、2試合連続の先発出場を果たした。
後半20分に途中交代となったが、ミラン番記者はチームの低調なプレーを酷評。「まだマシだった」という本田の途中交代を失策と分析している。試合は0-1で敗れている。

地元テレビ局「7ゴールドTV」のミランで番記者を務めるパオロ・ヴィンチ氏は、低調なチームに対する失望を口にしている。

「この試合の編集タイトルはこれだ。『お願いだ、ミハイロビッチを辞めさせてくれ』。これしかない。彼に一番の責任がある。試合をつくれない。そして、失点した。
ミランの中盤は弱い。効果的な縦パスが入らない。中盤のモントリーボは見るに耐えなかった」

前半は決定機をつくったが、ゴールは遠かった。後半機能の度合いを下げていったミランの責任は指揮官にあるという。
主将であるリッカルド・モントリーボのプレーには目を背けたくなったと語り、それ以外の選手も批判の対象となっている。

あまりに深刻なミランの病巣

「チェルチは、もう過去の選手。ミハイロビッチ監督はまだ彼の起用に固執している。サパタ、メクセス、チェルチ、ノチェリーノは放出する選手たち。
今日はモントリーボもそこに加えたい。マウリを試した方がいい。クラブ幹部は刷新されなければならな い。ボナべントゥーラだけは優秀だった。本田はそれほど良くなかったが、他の選手たちよりはマシだった」

移籍話が浮上する本田と交代でピッチに入ったイタリア代表MFチェルチ、元フランス代表DFメクセス、コロンビア代表DFサパタ、MFノチェリーノ、そしてモントリーボも放出すべきだ、と主張。
地元各紙が酷評した本田のプレーは、見るに耐えないほどではなかったようだ。近年補強に失敗しているアドリアーノ・ガリアーニCEOも元凶となっているという。

「シニシャは交代を誤った。本田は決定的な輝いたプレーはなかったが、他の選手たちが良くない中では、マシな選手の一人だった。評価点は本田に5点。ミランに残るべき」

今季二部から昇格した相手に本拠地で完封負けを喫したミ ラン。本田の与えられた5点は落第点だった。
だが、後半20分にその本田とチェルチを交代させたことは、指揮官の失策だったという。1年以上、ゴールから遠ざかり、この日も落第点の選手がマシだというミランの抱える病巣はあまりに深刻だ。

Soccer Magazine ZONE web 1月7日(木)21時40分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160107-00010019-soccermzw-socc

no title

ミハイロビッチ「本田は自分が何を言いたいか、何を言うべきかを、よく分かっている。ただ、彼は日本人ではない。ナポリ人だよ(笑)」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/05(火) 23:04:20.07 ID:CAP_USER*.net
ACミランの日本代表FW本田圭佑(29)のインタビュー記事に端を発する騒動? に、
ミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督(46)が5日のボローニャ戦(6日、ホーム)の前日会見で冷静に反応した。

イタリアの一部メディアが5日に、日本の共同通信の英語インタビューを転載する形で、
本田が再びクラブ批判をしたというトーンで伝えている。

実際にそう取られても仕方ない発言もあるが、
同国メディアの記事の一部には、本田のインタビュー記事中にはない発言まで、本田のものとして伝えられるなど微妙だ。

ミハイロビッチ監督は、これらの発言について聞かれると「本田のコメントを読んでいないので、分からない。
本田はここではあまり話さないが、日本に戻ると、時々話す。ただここで話しても、うまく伝わらなかったり、
日本で話しても、うまく翻訳されなかったりもする。

ケイスケを呼んで、直接彼と話してみないと、本当に何を言いたかったのかは、分からない。
母国でのインタビューはデリケートなものが多い。私も選手時代に、そういうことがあった。
実際には言っていないことを書かれたこともあった。

だから、あなたたち(記者)が本田を呼んで、彼に直接説明してもらったほうがいいだろう。
彼は、自分が何を言いたいか、何を言うべきかを、よく分かっている。ただ、彼は日本人ではない。ナポリ人だよ(笑い)」。

指揮官は、得意の? シニシャ・ジョークを交えて、冷静に反応した。

日刊スポーツ 1月5日(火)22時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160105-00000165-nksports-socc

Soccer Magazine ZONE  【サッカー】ACミランのミハイロビッチ監督、本田に事情聴取明言!「彼本人から聞いた方がいいと思っている」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1452001474/
no title


フットボールチャンネル 【サッカー】イタリアで波紋広がる!本田圭佑が再びクラブ批判?「クラブが継続性を欠き、それに比例して暗黒期が伸びている」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1451994402/

ミハイロビッチ「本田圭佑を移籍市場に出したことは一度もない。良いプレー以外に余計な心配をする必要はない」 

835:名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/2015/12/21(月) 06:15:28.78 ID:yVt3GfRO.net
「彼を移籍市場に出したことは一度もない。本田は良い
プレーをすること以外に余計な心配をする必要はないんだ。今日のようにプレーすれば、いつも彼がプレーする。チャンスを逃したなら、次のチャンスを待つ列
に並ばなくてはいけない。しかし、彼は常に良いトレーニングをしているし、今日は良いプレーをしてくれた。彼は重要な選手だ。あとは継続性だね。今日のプ
レーを続けてくれるなら、なんの問題も発生しないよ」


「彼は重要な選手。あとは継続性だ」


 この日のゲームでのプレーを高く評価した上で、今後の鍵は継続性だと語っている。そして、トレーニングに対する姿勢も称賛した。



 開幕直後の試合前に体調を崩した際には「なんてダメなサムライだ」とコメントし、この試合前日の記者会見では「サムライか忍者か様子を見よう」と本田に
対する“サムライ”という表現にこだわりを見せる指揮官だが、この日の本田は納得のいくサムライの姿を見せることができたようだ。



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151221-00010003-soccermzw-socc
20151221-00010003-soccermzw-000-1-view

ミハイロビッチ、本田の出場を示唆「忍者になっているか、サムライか様子を見てみよう」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/20(日) 00:40:59.03 ID:CAP_USER*.net
 イタリア1部・ACミランのミハイロビッチ監督は19日、アウェー・フロジノーネ戦に向けた会見を行い、
日本代表FW本田圭佑の出場を示唆した。
同監督は、「たぶんプレーする。忍者になっているか、サムライか様子を見てみよう」とコメント。
ミランの公式サイトでは4―4―2の右MFでの先発を予想している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151220-00000005-sph-socc
no title

イタリア紙が本田復活をアシスト!?ミランを退団すべきは本田ではなくミハイロビッチか 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 22:44:55.04 ID:CAP_USER*.net
本田残留にわずかな光?

日本代表MF本田圭佑は、13日に行われたイタリアセリエA第16節のヴェローナ戦でも最後まで
出場の機会が与えられず、苦境に立たされている。前節に続き試合に出場できなかった本田だが、
ここにきて形勢逆転に向けわずかな可能性が浮上し始めた。

伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』はセリエA第16節を終えた時点でのシニシャ・ミハイロビッチ監督の
20ゴール19失点という成績が、昨季の同時期の25ゴール18失点という成績よりも劣っていると指摘。
このままではミランを指揮し続けるのは困難ではないかと見込んでいる。

また伊『コリエレ・デロ・スポルト』に至っては、早くもミハイロビッチ監督の後釜として元イタリア代表監督の
マルチェロ・リッピ監督やチェーザレ・プランデッリ監督などをリストアップし始めたのだ。
さらには、すぐにでも就任させることのできる現実的な指揮官として長年ミランの助監督を務めてきた
タッソッティ氏の名前を挙げた。このまま現地紙による監督解任論が繰り返されれば、
本田よりも先にミハイロビッチの座が危うくなってもおかしくはない。

本田に愛想を尽かし、最近の試合では同選手をほとんど起用しようとしない同監督だが、
ここにきて新監督就任となれば状況は著しく変わる。

プレミアリーグのウェストハムは本田の状況を長い間注視し続けていると報じられている。
だが仮に本田より先にミハイロビッチ監督が更迭となれば、ウェストハムからのオファーは
良い意味で無駄にすることができるかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151216-00010022-theworld-socc
no title

19位と最下位相手に勝ち点2のミラン、ミハイロビッチは判定に激怒! 「私はバカじゃない」「悪いのは審判」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/14(月) 11:17:21.78 ID:CAP_USER*.net
下位相手に連勝街道を突き進むことが目標だった。それが2試合連続ドローに終わったのだから、ミランのサポーターが抗議するのは当然だろう。シニシャ・ミハイロビッチ監督はそれを受け入れている。彼が納得していないのは、判定だ。ミハイロビッチ監督は怒りの矛先を審判に向けた。

ミランは13日のセリエA第16節で、最下位エラス・ヴェローナとホームで1-1と引き分けた。19位カルピと引き分けた前節に続き、降格圏に沈む相手に2試合連続で勝ち点1しか得られていない。この2試合で連勝していれば、ミランは5位ローマと勝ち点で並んでいた。

ミハイロビッチ監督は試合後、イタリア『メディアセット』のインタビューで、「サポーターの抗議は理解する。正しい。彼らとクラブに申し訳なく思う」とファンに詫びた。だが、試合そのものについては、ジャッジへの怒りが収まらないと述べている。

「普段の私が判定について話さないことは知っているはずだ。だが、この点を明確にしないわけにはいかない。理解できないよ。2つの正当なゴールが存在しないオフサイドで取り消された。(ジャコモ・)ボナヴェントゥーラに対する明らかなPKもあった。私はバカじゃない」

「これではやっていられないよ。我々はチャンスをつくった。数的不利になってからもね。どうしろっていうんだ? 我々が(判定の)被害を受けるのはこれが初めてじゃない。我々は生活を懸けて戦っているんだ。受け入れられない」

再び重圧は高まっている。だが、ミランは浮上に向けて戦い続けなければならない。

「戦術的に我々はあらゆることを試している。ナポリ戦から今日まで、向上した点もあった。我々はさらに改善し、新しい解決策を見つけるために仕事をしようとしている。選手たちは努力している」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00000005-goal-socc
no title

ミハイロビッチと本田圭佑の絶望的な確執…飼い殺し出場は個人的報復と見せしめ 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 07:10:21.35 ID:CAP_USER*.net
日本代表での活躍ぶりとは、あまりに対照的だーー。

本田圭佑がACミランでベンチ暮らしを続けている。
しかも出場する時は「試合終了間際の数分間」という状況が続いているのだ。

10月17日のトリノ戦(後半43分)、10月25日のサッスオーロ戦(後半44分)、10月28日のキエーボ戦(後半39分)、
11月1日のラツィオ戦(後半36分)、11月7日のアタランタ戦(後半27分)、そして11月21日のユベントス戦(後半39分)という具合だ。

今月1日のイタリアカップ、クロトーネ戦でようやく今シーズン初先発しフル出場したがミハイロビッチ監督の評価は冷たいものだった。
チャンスをもらったものの最後通牒とも言える手厳しいコメントを突きつけられている。

昨季10位に終わったミランは今季開幕前に大量補強を敢行。本田に居場所はないのではないかと囁(ささやか)れていた。
それでも序盤戦は先発出場を続けていたが、チームの成績は上がらず、同時に本田の評価も下がっていった。

高校時代から本田を見てきたサッカーライターの杉山茂樹氏は現在の状態をこう語る。

「(日本が優勝した)2011年のアジア杯以降、ケガの影響もあり、特に身体的な強さが落ちています。
象徴的なのがシュート。以前はもっと無理な体勢から迫力のある速いシュートを蹴っていました。

でも、今は踏ん張れないので、(コースに)置きにいくようなキックになっている。接触プレーもそう。
昔は4人ぐらいの敵に囲まれてもなんとかボールをキープできていましたが、今、そんなシーンは見られません。
W杯2次予選のように相手が弱ければごまかせますが、相手のレベルが高くなると肉体的に頑張りがきかないのでしょう」

最初に試合終了間際に出場したトリノ戦の前の2試合で本田は出番を1分たりとも与えられなかった。
それを不満に思ったのか、日本の報道陣の前で「なんで出られなくなったかわからない」と
ミハイロビッチ監督の采配やチーム運営への批判を展開し波紋を呼んだ。

当然ながら、その発言は日本の報道を経由してイタリアにも伝わった。
現地紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のミラン番、マルコ・パソット記者は「あの批判こそ“連続ちょこっと出場”の理由」だと指摘する。

「ミハイロビッチは自分の仕事に口を挟まれるのが大嫌い。
性格が激しく、自尊心も非常に強い。本田はミランにとってよかれと思って発言したのかもしれないが、直言をしていい監督と、いけない監督がいる」

しかし、逆鱗(げきりん)に触れたなら起用しなければいいはず。時間が短くても必ず出場させるのはなぜなのか。

「ミハイロビッチが言いたいのは、『なぜ使われないかわからないというなら使ってやる。
でも、こういう使い方もあるということを忘れるな。決めるのは俺だ』ということ。
90分間ベンチにいるより、数分間だけ使われるほうが選手にとっては過酷。
精神的なダメージも大きく、屈辱的です」(パソット記者)

同じガゼッタ紙のパオロ・ファルコリン記者もこう語る。

「本田の批判は的を射ているとみんな薄々感じている。だから、ミハイロビッチは激怒したんです。
(チームの伝説的OBである)マルディーニにならともかく、なんで本田なんかに言われなきゃいけないんだと。
ミハイロビッチの起用法は個人的な報復と他の選手たちへの見せしめを兼ねたものでしょう」

恐ろしすぎる…。それが本当なら“飼い殺し”プラス“いじめ”だ。とっとと脱出すべきではないか。

『週刊プレイボーイ』50号では、さらに現地イタリアの記者やサッカーライターたちの証言から今後の本田を予測。
注目の行方についてお読みいただきたい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151207-00057823-playboyz-socc
週プレNEWS 12月7日(月)6時0分配信

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索