Samurai Goal

マンU


スポンサード リンク





<香川真司>幻の“マンU最強布陣”に英脚光!ルーニー、C・ロナウド、ギャレス・ベイルと攻撃形成 

1: 2020/05/11(月) 13:31:19.43
ファーガソン氏の「大胆な計画」、C・ロナウドとベイル獲得プランに英紙注目
no title


マンチェスター・ユナイテッドで27年間にわたって指揮したアレックス・ファーガソン氏は、2013年にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とウェールズ代表FWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)の獲得を目指していたと報じられている。そのなかで英紙「デイリー・メール」は、当時在籍していた日本代表MF香川真司(サラゴサ)を含めた“幻の最強布陣”を紹介している

 ファーガソン氏は1986年にユナイテッドの監督に就任。そこから27年間でリーグ優勝13回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇2回など、数々のタイトルを獲得し、2013年に監督業から引退した。

 記事では「2013年に退任する前、サー・アレックス・ファーガソンの思い通りになっていたら、状況は違ったものになっていたかもしれない」と指摘。その背景として、「(元フランス代表DF)パトリス・エブラは、ファーガソンがチャンピオンズリーグ優勝チームを作るため、2013年にクリスティアーノ・ロナウドと再契約し、ガレス・ベイルを獲得しようとしたことを明らかにした」と綴っている。

 結局、ファーガソン氏の補強プランは実現しなかったものの、「大胆な計画」と記して当時の在籍メンバーを基に“最強布陣”を紹介。2012-13シーズンにユナイテッドへ加入し、ファーガソン氏の下で1年間プレーした香川もスタメンに組み込まれている。

幻の最強布陣は4-3-3を採用、香川はルーニーとコンビ…強力3トップは?

システムは4-3-3が採用されており、守護神にはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが君臨。4バックは左から、エブラ、元イングランド代表DFフィル・ジョーンズ、元イングランド代表DFクリス・スモーリング(ローマ)、元ブラジル代表DFラファエル(リヨン)が並んだ。

 中盤3枚の底に元イングランド代表MFマイケル・キャリックが入り、インサイドハーフで元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(ダービー・カウンティ)と香川がコンビを形成。そして3トップ中央に元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー、左にベイル、右にロナウドという夢の攻撃陣となった。

 香川とルーニーがタクトを振るう超攻撃的布陣は幻に終わったが、英紙も「もしファーガソンが主力選手を獲得していたとしたら、ユナイテッドはどうなっていただろうか」と思いを馳せていた。

5/11(月) 7:15配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200511-00261264-soccermzw-socc

「僕はPKを譲っていた」 英雄アンリ、マンU“ライバルFW”との熾烈な得点王争いに言及 

20200503-00259903-soccermzw-000-1-view




1: 2020/05/03(日) 11:50:49.89
アンリがファン・ニステルローイとのライバル関係について回答
 ストライカーにとって最高の栄誉とも言えるのが、リーグ得点王の個人タイトルだろう。2000年代前半にプレミアリーグ得点王の座を巡り、熾烈な争いを繰り広げたのがアーセナルの元フランス代表FWティエリー・アンリと、マンチェスター・ユナイテッドの元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイだ。

【動画】「まるでサーカス」 アーセナルの英雄アンリ、華麗な“曲芸リフティングドリブル”

 ともにプレミアリーグに在籍した2001-02シーズンからの5年間で、アンリがリーグ得点王を4度獲得したのに対し、ファン・ニステルローイもUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で3回得点王に輝くなど、両者は他を圧倒するペースでゴールを量産し続けた。そのハイレベルな争いは、あれから10年以上の月日が経過した今もなお語り草になっている。

 この2人が、互いに相手を意識していたことは想像に難くない。実際、ファン・ニステルローイのかつての同僚である元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドは、英紙「マンチェスター・イブニングニュース」の取材に応じた際、ファン・ニステルローイはたとえユナイテッドが快勝したとしても、同日にアンリが自分より多くゴールを決めていたら不機嫌になっていたというエピソードを明かしている。少なくともファン・ニステルローイにとっては、アンリの存在が大きなモチベーションになっていたようだ。

 しかし、もう一方の当事者であるアンリは、ファン・ニステルローイに対してライバル意識を持っていなかったという。アンリはイングランド女子代表FWニキータ・パリスとのインスタグラムでのライブ配信で、ファン・ニステルローイとの関係性についての話題になると、「一つの物語にはなるかもしれないよね。毎シーズン、僕か彼がそのタイトルを取っていたから」とコメントしたが、「でも、当時僕はペナルティーキックは味方に譲っていたんだ。(元ブラジル代表MF)エドゥのアーセナルでのラストゲームの時、僕はファン・ニステルローイとゴールデンブーツを争っていたけど、その時もペナルティーキックはエドゥに譲っている」とも付け加え、自身の得点を最優先に考えていたわけではなかったことを強調した。

「僕が記録したアシストの数も見てほしい」
「僕が記録したアシストの数も見てほしい。ゴールの正面にいた時でもパスを選択したことも時々あったんだ。それが、この話題に対する僕の答えだよ」と最後に語って話を切り上げたアンリ。チームの勝利こそが最も大事なことであり、個人タイトルは二の次という考えで当時はプレーしていたようだ。

 恵まれた体躯を生かした豪快なシュートが印象的だったファン・ニステルローイに対して、スピードを生かしたドリブル突破と冷静にコースを狙ったシュートで得点を重ねたアンリ。プレースタイルだけでなく、ライバルの捉え方も全く正反対だったようで、それが分かると両者の関係性はより一層興味深いものに見えてくる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200503-00259903-soccermzw-socc

「C・ロナウドはいじめられていた」元マンU戦士が衝撃告白!「髪を切られたり、怒鳴られたり…」 

no title




1: 2020/04/29(水) 12:52:09.47
「チームメイトにはまったく無関心だった」

クリスチアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドに加入した当初、いじめに遭っていた。そんな衝撃の告白をしたのが、当時所属していたデンマーク人FWマッズ・ティムだ。C・ロナウドと同じ35歳のストライカーが著書『Red Devil』に綴った内容を、英紙『The SUN』が報じている。

記事によると、2003年夏に当時18歳のC・ロナウドがスポルティングから加入してまもなく、「髪型とプレースタイルのせいでベテラン選手からいじめられた」という。

「私と同じように彼はいじめられ、髪も切るはめになってしまった」とティムは告白している。

 また、リザームチームとの試合の時には、ガリー・ネビルやオレ・グンナー・スールシャール(現ユナイテッド監督)といった先輩たちから、「パスだ、今すぐパスしろ、くそったれ」といつも怒鳴られていたという。

 ただ、「選手としても人としても並外れた存在だった」というC・ロナウドは、重鎮たちにも臆することなく立ち向かっていったようだ。「彼が特別だったのは、そういったヒエラルキーに闘いを挑み、そして勝利したことだ」とティムは回顧している。

 そして、ポルトガル代表FWのキャラクターについて、こう評している。

「彼はチームメイトにはまったく無関心だった。他の選手のためにスペースを与えなかった。俺、俺、俺だった。それがクリスチアーノ・ロナウド。CR7なんだ」

 たしかに、エゴな面はあったのだろう。ただ、弱冠18歳でイングランドきっての名門に引き抜かれ、瞬く間に主力へと成長できたのは、そうした強いハートがあったからこそとも言えるのではないだろうか。

4/29(水) 7:35 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00072438-sdigestw-socc

トットナム会長がケインのマンU移籍認める 英紙 

20200412-24120134-nksports-000-7-view




1: 2020/04/12(日) 14:08:35.76
トットナムのダニエル・レヴィ会長が、エースのイングランド代表FWハリー・ケーン(26)をマンチェスター・ユナイテッドに放出することを許可したと、11日付の英紙デーリーメール電子版が報じた。

レヴィ会長は、ケーンが移籍金2億ポンド(約279億円)でマンチェスターUへ移籍することを認めたという。同電子版によると、新型コロナウイルスで危機的状況で、同選手が退団を示唆し、シーズンを終了するべきだというコメントにも激怒したという。

クラブは資金面でも問題を抱えている。昨年オープンした新スタジアムには10億ポンド(約1390億円)を費やし、6億3700万ポンド(約888億円)のローンが残っている。さらに、同ウイルスで今後の今季公式戦が中止になった場合は、放映権料の払い戻しの可能性もあり、莫大(ばくだい)な移籍金を得られるケーンを放出することで、穴埋めすることができると伝えた。

2億ポンドでの移籍が実現した場合、17年にパリサンジェルマンがネイマール獲得にバルセロナへ支払った移籍金1億9800万ポンド(約276億円)を上回る史上最高額となる。

移籍先候補のマンチェスターUのスールシャール監督は、今夏の移籍市場で大金を使って選手を補強することを示唆している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200412-24120134-nksports-socc

トッテナムのエースFWケイン、マンU移籍か 移籍金208億円…退団決意と英報道 

20200305-00249878-soccermzw-000-1-view

香川は「実力を証明した選手だが…」 マンU、攻撃的MFの“失敗事例4人”を英紙紹介 

20200205-00244898-soccermzw-000-4-view[1]

リバプール戦で規則違反…マンUに286万円の罰金処分 

20200126-43477562-gekisaka-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2020/02/01(土) 20:20:18.28 ID:jLE8m42T9
 マンチェスター・ユナイテッドに罰金が科された。英『BBC』が報じている。

 対象の試合は、19日に行われたプレミアリーグ第23節のリバプール戦。1点ビハインドの前半24分、右CKの流れからFWロベルト・フィルミーノにゴールを揺らされると、GKダビド・デ・ヘアを中心にユナイテッドの選手たちがクレイグ・ポーソン主審を取り囲んで抗議した。

 結局、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入もあり、フィルミーノのシュートシーンの前にGKデ・ヘアと競り合ったDFフィルヒル・ファン・ダイクにファウルがあったとして、得点は取り消された。

 だが、『BBC』によると、複数選手で主審を取り囲むのは規則違反に当たるとのこと。ユナイテッド側はこの違反を認め、罰金2万ポンド(約286万円)の処分を科された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-43477562-gekisaka-socc

「一体どこまで落ちぶれるんだ…」“闘将”ロイ・キーンが不振のマンUを酷評! モウリーニョの考えは―― 

20190923-00064463-sdigestw-000-5-view[1]

【マンU×っレスター前半終了】岡崎出番なしのレスターが4-1敗戦!![全ゴール動画有] 


プレミアリーグ 2016/2017 第6節
マンチェスター・ユナイテッド 4-1 レスター・シティ

■ 得点:
1-0 クリス・スモーリング(前半22分)
2-0 フアン・マタ(前半37分)
3-0 マーカス・ラッシュフォード(前半40分)
4-0 ポール・ポグバ(前半42分
4-1 デマライ・グレイ(後半14分)


▽キックオフ:2016/09/24(土) 13:30 │ 日本時間 09/24(土) 20:30
▽スタジアム:オールド・トラフォード(Manchester) 
▽主審:M. Dean ▽副審:S. Long、I. Hussin
jpg large
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


【ハイライト動画】マンチェスター・U…18歳ラッシュフォードの同点弾もワトフォードにまさかの1-3敗戦で公式戦3連敗 

1: 名無しさん 2016/09/18(日) 22:08:16.78 ID:CAP_USER9
[9.18 プレミアリーグ第5節 ワトフォード3-1マンチェスター・U]

[ワ]エティエンヌ・カプエ(34分)
[マ]ラッシュフォード(62分)
[ワ]フアン・スニーガ(83分)
[ワ]トロイ・ディーニー(90分)

http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=27101&tmid=563
http://www.beinsports.com/en/livescores/match-center/2016/8/855220

プレミアリーグは18日、第5節3日目を行った。マンチェスター・ユナイテッドは敵地でワトフォードと対戦し、1-3で敗戦。これでユナイテッドは公式戦3連敗となった。

15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第1節フェイエノールト戦では主力を温存し、0-1で敗れてしまったユナイテッド。
中2日で迎えたこの試合では、5人を入れ替え、DFルーク・ショーやMFアントニオ・バレンシア、FWウェイン・ルーニー、MFマルアン・フェライニ、FWズラタン・イブラヒモビッチが先発に復帰した。

序盤は2連勝を狙うワトフォードにチャンスが多く訪れる。前半13分、ハイボールに反応したGKダビド・デ・ヘアとDFクリス・スモーリングが連係ミスから接触し、
GKデ・ヘアがボールを落としてしまう。

これに詰めていたFWオディオン・イグハロは無人のゴールに流し込むだけだったが、右足で放ったシュートは右に外れ、絶好のチャンスを逃す。
さらに同16分には、右サイドからのクロスをFWトロイ・ディーニーがヘッドもGKデ・ヘアに右手一本で弾き出された。

劣勢のユナイテッドは前半21分、右サイドからラッシュフォードが中央に折り返すと、
ファーサイドの走り込んだイブラヒモビッチが左足で合わせるもわずかに枠を外れる。すると、ワトフォードが均衡を破った。

前半34分、ワトフォードがFKから左右に揺さぶると、右サイドでFWアントニー・マルシャルからボールを奪って、DFダリル・ヤンマートがマイナスに折り返す。
これをMFエティエンヌ・カプエが右足でゴール右隅に流し込み、先制点。

ユナイテッドは、この際にボールを奪われたマルシャルが脳震盪からか、MFアシュリー・ヤングとの交代を余儀なくされている。

1点ビハインドのユナイテッドは後半17分、イブラヒモビッチがラッシュフォードとのワンツーでPA左に侵入し、左足でクロスを上げる。
ニアに走り込んだラッシュフォードにわずかに合わなかったが、相手DFに当たってこぼれたボールをラッシュフォードが左足で押し込み、1-1と試合を振り出しに戻した。

さらに攻め込むユナイテッドは後半34分、左サイドからフェライニがピンポイントクロス。
イブラヒモビッチが打点の高いヘディングシュートを放つもGKエウレーリョ・ゴメスに止められてしまう。

ユナイテッドが攻めあぐねていると、後半38分に左サイドを崩され、MFロベルト・ペレイラがマイナスに折り返したボールをDFファン・ズニガが右足で流し込まれ、
勝ち越しを許す。さらにアディショナルタイムにもフェライニがPKを献上し、1-3で敗れた。

ゲキサカ 9月18日(日)21時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-01631372-gekisaka-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索