Samurai Goal

マンC


スポンサード リンク





マンC戦の招集を拒否したベイルがまたしてもゴルフ!# 地元メディアは「もはや失望を超越した!」と憤慨 

no title




1: 2020/08/08(土) 14:04:04.79 _USER9
 世界中のサッカーファンから「やっぱりな」との声が上がりそうだ。

 ラ・リーガ王者のレアル・マドリーは現地金曜日、チャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16(第2レグ)でマンチェスター・シティとの大一番を戦った。第1レグのホームゲームで1-2と敗れており、まさに背水の陣を敷いてのビッグチャレンジだ(結果は1-2の黒星。2戦合計2-4での敗退が決まった)。

 ジネディーヌ・ジダン監督は出場停止でピッチに立てないセルヒオ・ラモスもマンチェスターに帯同させるなど、チーム一丸となっての総力戦を訴えた。しかしながらそんななか、ひとりだけマドリードに残った選手がいる。ほかでもない、指揮官との確執が深刻なウェールズ代表MF、ガレス・ベイルである。

 試合前日会見でジダン監督は、「彼はプレーしないことを望んだ。いろいろと話はしたが、その事実がすべてで、君たちに話せる唯一のことだ」と明かした。さらに指揮官は「関係性はなにも変わっていないよ。彼は我々のプレーヤーであり、私はその事実と彼自身をリスペクトしている。ほかの選手と同様にね」とフォローしたが、両者の間に深まる溝はもはや修復不可能と見られている。

 そしてマンC戦のキックオフを3時間後に控えたタイミングで、地元テレビ局の『El Chiringuito』がひとつの動画をツイッターに投稿。そこにはなんと、金曜日の昼に友人とゴルフに興じるベイルの姿が映し出されていた。これまでも怪我のために遠征帯同を回避したにも関わらず、リハビリメニューをすっぽかしてゴルフをラウンドするなど物議を醸したベイルだが、今回もやらかしてしまった格好だ。

 番組のコメンテイターは「みなさん、信じられますか! 彼はまたしてもゴルフコースに行ったようです。もはや失望を超越した行動だ!」と呆れ顔で声を荒げた。

 週給35万ポンド(約4750万円)の超高給取りながら、完全にベンチウォーマーに成り下がっているベイル。移籍の噂は絶えないが、不思議にも選手本人に退団の意思はないとも伝えられている。

 英公共放送『BBC』の解説者で元イングランド代表FWのガリ-・リネカー氏は同情的で、自身のツイッターで「人びとは彼の身に本当になにが起こっているのかを理解していない」と綴った。ベイル自身も直近のインタビューで、「ベルナベウ(本拠地)の8万人のサポーターからブーイングを受けるんだ。自信を無くしてしまうよ。これが最大の疑問であり、まったく理解できない」と苦言を呈している。

 それぞれの思惑が交錯し、こじれにこじれている“ベイル狂騒曲”。はたしてこの夏に、ひとつの結論が見出されるのだろうか──。

動画
https://twitter.com/elchiringuitotv/status/1291725339937382400

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d65c371becda319831c39d23a97042a4fd5809d
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

マンCが大一番を制しCL8強進出! 自滅したレアル、守備陣が痛恨ミス連発で2年連続16強敗退 

スクリーンショット 2020-08-08 11.48.19

食野亮太郎が描く将来像は? 勝負の欧州2年目、マンCから「戻ってこいと言われるように…」 

スクリーンショット 2020-08-07 18.33.47

レアルのベイル、欧州CLでのマンC戦メンバーから外れる 

1: 2020/08/06(木) 11:36:42.43 _USER9 BE:155222373-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
8/6(木) 11:26配信
ロイター

 サッカーのスペイン1部レアル・マドリードのウェールズ代表ガレス・ベイルは、7日に行われる欧州CLの決勝トーナメント1回戦、マンCとの第2戦の登録メンバーから外れた。2月にスペインのパンプローナで撮影(2020年 ロイター/Vincent West)

[5日 ロイター] - サッカーのスペイン1部レアル・マドリードのウェールズ代表ガレス・ベイルは、7日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦、マンチェスター・シティー(マンC、イングランド)との第2戦の登録メンバーから外れた。

ベイルは6月のマジョルカ戦を最後に出場していない。2013年に加入して以来、通算100ゴールを超える得点を記録してきたものの、今季は公式戦全体で3ゴールと最悪のシーズンを過ごしている。

レアルとベイルの契約は2022年まで残っているが、昨年にはレアルが移籍金を求めるという決定を下す直前まで中国へ移籍する動きが進んでいた。

レアルは他にハメス・ロドリゲスが登録メンバーから外れた。新型コロナウイルスに陽性反応を示したマリアノ・ディアスもメンバー外になったが、第1戦の退場処分で出場停止になるセルヒオラモスはチームと行動を共にする。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/16c7c3b50b8c3ff134de145e0b626a22cfcec495

マンCの34歳MFが規格外過ぎる! 加入後10年連続で二桁アシスト。今季終了後フリーに 

20200716-00380961-footballc-000-3-view

「そんなわけがない」チェルシーのランパード監督がマンCの“処分回避” に言及!「心配しているのは…」 

20200714-00076266-sdigestw-000-5-view

処分撤回のマンC、“名将”グアルディオラ監督に長期の契約延長オファーを提示 

20200714-00380707-footballc-000-2-view

「FFPは死んだ」。マンCの処分撤回に厳しい声続出。ペップはスタッフと歓喜 

20200713-00380671-footballc-000-2-view

マンC UEFA主催大会出場不可ならグアルディオラ監督退団、バルサ復帰も 英紙報道 

20200629-00000177-spnannex-000-3-view

マドリーから注目されるデ・ブライネ、2つの理由からマンC残留に近づく 

20200620-00010004-sportes-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索