Samurai Goal

マンC


スポンサード リンク





マンC、アーセナル破り公式戦18連勝…スターリングの開始2分弾が決勝点 

スクリーンショット 2021-02-22 7.55.35

マンCがメッシへオファー額大幅値下げ スペイン紙 

スクリーンショット 2021-02-19 16.11.40

マンCはグアルディオラ“史上最強”チームとなるか バルサ時代を超える勝率 

スクリーンショット 2021-02-14 14.46.03

マンCが強すぎる! 圧巻の背番号8、偽9番という新しい武器がトッテナムを終始圧倒【分析コラム】 

スクリーンショット 2021-02-14 14.24.41

マンCが4発快勝!! 大一番制して10連勝達成!! 守護神が痛恨ミスのリバプールはアンフィールドで屈辱の3連敗 

スクリーンショット 2021-02-08 10.56.07

ペップ本気 ホーランドの早期獲得へマンCが約140億円準備 

スクリーンショット 2021-02-05 19.58.19




1: 2021/02/05(金) 19:42:30.53 _USER9
マンチェスター・シティは今夏、ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ホーランドを獲得するために巨額の資金を用意しているようだ。英『ミラー』が伝えた。

 昨年1月にドルトムントに加入した際の契約書の条項によると、ホーランドは2022年夏に6800万ポンド(約98億円)で獲得できることになっている。シティはその契約解除条項が適用される前に動き出し、1億ポンド(約144億円)を投じて、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーなど他クラブに先んじようとしている。

 ペップ・グアルディオラ監督はホーランドの獲得を熱望しており、今夏FWセルヒオ・アグエロとの契約が満了したあと、トップで起用したいと考えている。ホーランドの父親であるアルフ・インゲ・ホーランド氏はもともとシティでプレーしていたことで有名だ。

 アグエロにはバルセロナ移籍の可能性も浮上しているが、母国アルゼンチンに戻ることが予想されており、今シーズンは病気とケガの両方に苦しめられている。

 グアルディオラ監督はすでにアグエロの後釜について計画しており、FWガブリエル・ジェズスと並び、もうひとりの“スターフォワード”が必要だと考えている。 シティに移籍した場合、ホーランドの週給は40万ポンド(約5780万円)にまで上ると予想されている。

 ホーランドの活躍は2年前に母国ノルウェーを離れて以来、すさまじいものがある。オーストリアのザルツブルクでは27試合に出場して29ゴールを記録しており、昨シーズンはUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ6試合で8ゴールをマークし、世界中の注目を集めた。昨年1月にドルトムントに加入してからは39試合に出場して38ゴールを記録している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ea2673b339e60f31e51b90ab898446367d8167e

マンCのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが新型コロナに感染 

1: 2021/01/22(金) 10:03:32.99 _USER9 BE:828120593-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/22(金) 8:03
東スポWeb

マンCのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが新型コロナに感染
セルヒオ・アグエロ(ロイター)
 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)が21日、自身のツイッターで新型コロナウイルスに感染したことを報告した。「親しい人に陽性反応が出て自主隔離をしてきたが、検査で陽性反応だった。いくつかの症状があるので、医者の指示に従って回復に努めている。みなさん、気を付けて」と書き込んだ。

 今季は出番が激減している中、直近3試合は濃厚接触者に認定されたため、ベンチ入りしていなかったが、残念ながら感染してしまったようだ。マンチェスターCではブラジル代表FWガブリエルジェズス(23)やイングランド代表DFカイル・ウォーカー(30)、GKスコット・カーソン(35)が陽性となるなど、昨年末から感染者が続出している。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/85c5efcc395fa89f4e64b649050cb33d31a049fa

マンC、架空の仕事あっせん疑惑を完全否定 英紙 

スクリーンショット 2021-01-14 13.09.08




1: 2021/01/14(木) 00:01:23.89 _USER9
1/13(水) 22:30配信
日刊スポーツ

マンチェスター・シティーが、下部組織に所属する外国人選手の父親のため、架空の仕事をでっち上げていた疑いが浮上した。

英デーリーメール電子版がスポーツメディア「ジ・アスレチック」の情報をもとに報じた。

同電子版によると、マンチェスターCは11年に、当時14歳だったブラジル人ガブリエル・フェルナンド・アルメイダをアカデミーに入団させた際、父親をスカウティング部門の仕事に就かせたように偽装。実際には仕事をしていないにもかかわらず、父親に対し、毎月1000ポンド(約14万3000円)程度を支払っていたという。ジ・アスレチックはこの時の明細も入手し、父親も「働いてはいなかった」と証言している。

プレミアリーグの規則では、選手やその家族に金銭等を渡してアカデミー入団を勧誘してはいけないとなっている。外国人選手が下部組織に入団する際、家族にクラブ内の仕事をあっせんすることは珍しくないが、実際に働いていなければ、この規則に抵触する。

マンチェスターCはこれらの疑いに対して声明を発表。「いかなる不正行為(への疑い)に反論しますし、疑惑を完全に否定します」としている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b1471b4e1d9f8098622b4c929b0df0ab3bed50f5

プレミア第8節 南野拓実はベンチ外。リバプール、マンC戦は1-1ドロー 

スクリーンショット 2020-11-09 8.58.14




1: 2020/11/09(月) 04:28:40.39 _USER9
【マンチェスター・シティ 1-1 リバプール プレミアリーグ第8節】

 プレミアリーグ第8節のマンチェスター・シティ対リバプールが現地時間8日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わった。リバプールの南野拓実はベンチ入りしていない。

 今季ここまでリーグ戦での先発がない南野がベンチにも入らなかったリバプールは、早い時間に先制する。13分、マネが獲得したPKをサラーが決めてリードを奪った。


 追いかけるシティは31分に同点弾。デ・ブライネのパスをゴール前で受けたガブリエウ・ジェズスがうまく反転してDFを外してゴールネットを揺らす。

 シティは38分に逆転の好機。デ・ブライネのクロスがゴメスの手に当たってハンドとなりPKを獲得する。しかし、デ・ブライネのPKは枠を外れてしまい、1-1で折り返した。

 後半はどちらもゴールが決まらず、試合は1-1のまま終了。リバプールは首位と勝ち点1差の3位、シティは11位につけている。

【得点者】
13分 0-1 サラー(リバプール)
31分 1-1 ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2bd92c4665079377cff60ea68fcdae6a0caa66e6
11/9(月) 3:27配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20113765
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/52
得点ランキング

南野今季成績

第1節 出場せず
第2節 後半41分~
第3節 後半46~
第4節 後半1分~
第5節 出場せず
第6節 後半38分~
第7節 出場せず
第8節 ベンチ外

横浜FCの19歳FW斉藤光毅、ベルギー2部ロンメルに完全移籍 将来的な“マンC入り”視野 

スクリーンショット 2020-11-05 8.34.01




1: 2020/11/05(木) 04:41:01.54 _USER9
 横浜FCのU―19日本代表FW斉藤光毅(19)が今冬、ベルギー2部ロンメルに完全移籍することが4日までに分かった。近く正式に発表される見通しで、移籍金は200万ポンド(約2億7000万円)にも上るという。

 ロンメルはプレミアの強豪マンチェスターCを筆頭とする複数クラブを保有するシティー・フットボール・グループ(CFG)傘下の新興クラブ。今回の移籍もCFGが深く関わっているようで、飛び級で出場した19年U―20W杯でも活躍した斉藤を長きにわたり追跡。将来性を高く評価した上で、長期にわたる“育成プラン”を提示したという。最終的にその熱意に斉藤も心を動かされたようだ。

 CFGは当初、今夏での移籍を希望していたというが、横浜FCと斉藤の意向も踏まえJリーグ終了後の今冬での移籍実現となったもよう。今後はその成長度合いに合わせて所属クラブも徐々にステップアップさせていく方針で、将来的には傘下トップのマンチェスターCでの活躍を期待しているという。

 斉藤は鋭いドリブルに加え、優れた得点感覚を持つFW。久保建英(ビリャレアル)とは同学年で、18年7月には16歳でJ2デビュー。今季はJ1デビューも果たした。来年のU―20W杯での活躍も期待される横浜FCアカデミーが生んだ最高傑作。横浜FCも「世界に羽ばたけ」と快く送り出したい意向という。日本サッカー期待の逸材が、また一人大きな期待を背負って海を渡る。

 ◆斉藤 光毅(さいとう・こうき)2001年(平13)8月10日生まれ、東京都出身の19歳。横浜FCのアカデミー出身で高校2年の18年にトップチームに2種登録された。同7月21日のJ2岐阜戦でクラブ史上最年少となる16歳11カ月11日でトップチームデビュー。年代別代表の常連で、昨年は飛び級でU―20W杯にも出場した。今季は7月の柏戦でJ1初得点をマーク。利き足は右。1メートル70、61キロ。

 ▽シティー・フットボール・グループ 08年にUAE王族の投資会社アブダビ・ユナイテッド・グループの子会社として設立されたサッカー事業グループ。豊富な資金をバックにプレミアリーグの強豪マンチェスターCを筆頭とする多数のクラブを保有。14年7月には横浜と資本提携を伴うパートナーシップを締結。主な所有クラブは米MLSニューヨーク・シティー、メルボルン・シティー、スペイン2部ジローナ、フランス2部トロワ。

 ▽ロンメルSK 本拠地はベルギー東部リンブルフ州ロンメルで創設は03年。1920年に設立されたクラブにルーツを持ち吸収合併を経て16年に現クラブ名に変更。1部リーグ経験はないが、20年5月にマンチェスターCを筆頭とする多数のクラブを保有するシティー・フットボール・グループが買収。指揮官は英国人のリーム・マニング監督(35)。ホームはスブレインスタディオン(約1万2500人収容)。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b5f4252b29f19edfbbc9edb8d293ae7e1e047ce
11/5(木) 4:30配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/1613333/296
成績



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索