Samurai Goal

マンチーニ


スポンサード リンク





インテル、マンチーニ監督を解任へ!!後任にデ・ブール氏 

1: 名無しさん 2016/08/08(月) 18:38:01.59 ID:CAP_USER9
日本代表DF長友佑都の所属するイタリア1部リーグ、インテル・ミラノがマンチーニ監督を解任し、元オランダ代表DFフランク・デ・ブール氏に監督要請していることがわかった。8日付のイタリア主要スポーツ紙が報じた。

 報道によると、クラブ側はマンチーニ監督の2017年6月で切れる契約について、3年更新で年俸600万ユーロ(約6億9000万円)という条件を提示したが、合意に至らなかった。また、5日に行われたトッテナムとの練習試合でインテルが1-6と大敗したことも引き金となった。

 クラブ幹部は7日、ロンドンでデ・ブール氏と会い、年俸200万から250万ユーロ(2億3000万から2億9000万円)で3年契約のオファーを出し、同氏は受けたという。

 同氏は2010年からオランダのアヤックスの監督を務め、4季連続優勝に導いた。4-3-3のフォーメーションを基本とし、サイドバックの選手を重要視することから、イタリア紙、コリエレ・デロ・スポルトは長友らサイドの選手にとっては心強い存在になる、としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000102-dal-socc
no title

【悲報】マンチーニ、渾身の下ネタで盛大にすべるwww長友に使いどころを教わるべきwwwwwww 

316: 名無しさん 2016/07/16(土) 13:52:46.40 ID:nCfx+pXJ0
マンチーニ、渾身の下ネタで盛大にすべる

イカルディの去就について、マンチーニ監督がコメント。
下ネタを交えて華麗に追及をかわそうとしたのだろうが、キャラクターに合わなかったため、会見場は微妙な雰囲気となったようだ。
「私はそのニュースを読んでいない。何も読んでいない」
「何をしゃべれば良いか分からない。ただの監督だしね。私の問題ではない。
彼はトレーニングしている。努力を示しているんだ。私にとってはこれが重要だ」
「私は新聞を読まない。ラジオも聴かない。観るのはエッチな動画だけだ」
マンチーニ監督はすぐさま、「いや、ジョークだけどね」と加えたが、会見場の記者たちは失笑していたという。

マンチーニ監督に指導を受ける日本代表DF長友佑都は、移籍した当初にクラブに馴染むために下ネタを活用したというのは有名な話だ。マンチーニ監督も、教え子である長友に下ネタの使いどころを教わった方が良いかもしれない。
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=245909
no title

インテル長友にも衝撃!マンチーニ監督に電撃退団の可能性が急浮上! 

1: 名無しさん 2016/07/15(金) 13:29:01.91 ID:CAP_USER9
日本代表DF長友佑都の所属するインテルのロベルト・マンチーニ監督が電撃退団する可能性が急浮上している。後任監督には、現役時代に鹿島でプレーした元ブラジル代表のレオナルド元監督か、元イタリア代表監督のチェザーレ・プランデッリ氏の名前が挙がっている。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

 イタリア北部オーストリア国境のブルニコで合宿中のインテルに衝撃が走った。今季限りで契約満了となるマンチーニ監督が電撃退団する可能性が浮上した。14日に中国資本となったインテルのマイケル・ロリングブロークCEOと会談を持ったマンチーニ氏だが、話題は移籍市場についてではなかったことを認めている。

 インテルは昨季UEFAチャンピオンズリーグ出場権を狙い、100億円以上の強化費を費やしたがリーグ4位に終わり、UEFAヨーロッパリーグ出場権獲得に止まっていた。

 インテルでチーム最古参となった長友にとっても、マンチーニ監督が退任となれば衝撃の事態だ。昨季開幕時にはトレード要員になっており、練習試合でもサブ組の攻撃的MFとして後半に起用されるなど危機的状況に陥っていたが、日々の努力によって出場機会を掴み取り、契約延長を勝ち取ったばかりだった。

 レオナルド氏は長友がインテルに加入した際の指揮官で、チェゼーナからの獲得に尽力してくれた恩人。恩師との再タッグになる可能性もあるが、プランデッリ体制となればゼロからのスタートを余儀なくされる。指揮官の去就は、日本が誇るダイナモの今季にも大きな影響を与えそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160715-00010007-soccermzw-socc
no title

インテル長友佑都の成長ぶりをマンチーニ監督が称賛!「ビッグクラブに価する選手」「素晴らしいプロフェッショナル」 

1: 名無しさん 2016/05/16(月) 08:32:27.51 ID:CAP_USER9
インテルを率いるロベルト・マンチーニ監督が、今季著しい成長を見せた日本代表DF長友佑都を称賛した。15日に伊メディア『トゥットメルカートウェブ』が報じている。

 今季序盤の長友はベンチスタートの試合が多く、出場機会も少なかった。しかし、昨年10月あたりから出番を取り戻し、今では主力に返り咲いている。今年4月には2019年まで契約を更新し、在籍年数が長い古株選手となった。そんな長友をマンチーニ監督が褒め称えている。

「長友は良い選手だ。長年にわたってインテルでプレーしている。常に練習から真面目に取り組む、素晴らしいプロフェッショナルだよ。彼は我々のようなビッグクラブで長年にわたって残留するのに価する選手だ」

 2011年にチェゼーナからインテルに加入して以来、早くも5年が経過した。インテルという名門クラブで長年にわたって主力を張り続けるには、並大抵の努力では成し得ないことだろう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160516-00010009-footballc-socc
no title

長友退場劇にマンチーニ激おこ!「我々はバスケットボールをしているわけではないんだぞ!」「トラクターに轢かれたようにシミュレーションをした」[動画有] 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 12:11:03.58 ID:CAP_USER*.net
ナポリ戦首位陥落のマンチーニ監督 「美女とデートするよりも退場が重要」

30日のナポリ戦で4試合連続スタメン出場を果たしながら、前半44分にこの試合2枚目のイエローカードを受け退場処分となったインテルの日本代表DF長友佑都。

1-2負けで首位陥落の憂き目を見たインテルのロベルト・マンチーニ監督は主審に激怒。「ウソをつくなら家に帰れ!」「トラクターに轢かれたようにシミュレーションをした」などマンチーニ語録に残りそうな“名言連発”で不満をぶちまけている。

 衛星放送局「スポーツメディアセット」のインタビューに応じたマンチーニ監督は長友を擁護している。そして、インテルに不利な笛を吹くことになったダニエレ・オルサート主審に激怒している。

「長友は中盤でのファウルで退場になった。ユウトに対する警告で、正しいの2枚目だけだ。1枚目は(ホセ・)カジェホンのシミュレーションではないか。この判定は試合を大いに変化させた。 

11対11なら我々が勝利してもおかしくなかった。1枚目のカードになったファウルにイエローカードだと? もし映像を見て確認したなら、正直に真実を話せ」

「トラクターに轢かれたようなシミュレーション」と長友の1枚目の警告を擁護

 マンチーニ監督は、特に1枚目の警告となったプレーに対する判定を激しく非難している。

前半35分、ナポリがカウンターに入ろうとした場面で、長友の目の前でカジェホンが縦パスを受けた。ポストプレーで味方にパスを返して反転し、スペースに走り込もうとしたところで長友と接触したことで、カジェホンはピッチに倒れ込んだ。

この段階で主審はアドバンテージのジェスチャーで長友のファウルを示していたが、すでにこの段階でマンチーニ監督はベンチの前から主審に抗議していた。

 カジェホンはピッチに倒れ込んで腰のあたりを押さえてかなり痛がっていたが、長友に警告が出されると何事もなかったかのように立ち上がってプレーを始めた。

確かに映像を見れば、カジェホンは長友と接触する前に倒れ込み始めているようにも見え、また長友の足が接触した場所も腰ではなく太もものようにも見えた。 
  
そうした要素もあり、マンチーニ監督は完全にキレた。その怒りは収まることなく主審への批判を続けた。

「ウソばかりを言われているし、そんなことをするなら家に帰れ! 誰があの1つ目のプレーをイエローカードに値するファウルだなどと言えるのだ。カジェホンはトラクターにでも轢かれたようにシミュレーションをしただけではないか!」

バスケットボール基準と断罪も

 長友退場に向けた先鞭をつけたスペイン人ストライカーのリアクションを交通事故クラスの大げささと批判。以前にも話していた主審の判定基準に対する持論を怒りと共に語っている。

「我々はサッカーをしているのであって、バスケットボールをしているわけではないんだぞ! あんな前半の40分にもならないうちの中盤でのファウルにイエローカードなど出すものではない。

奴らにとっては、美女とデートするよりも選手を外に放り出すことが重要なんだろう。ビッグゲームのたびに10人対11人にされたら、たまったもんじゃない」

 マンチーニ監督は完全に怒りを爆発させた。軽い接触でファウルを取るオルサート主審についてはバスケットボール基準、そして、美女との甘い時間よりも退場が好きと断罪。マンチーニ語録に残りそうな名言を連発している。

 インテルが試合中の退場処分で10人になるのはこれで今季4試合目。現在、ナポリとフィオレンティーナを交えたトップ3を形成しているインテルだが、その直接対決2試合はいずれも前半に10人になって敗れた。その苦々しい記憶もまた、表現をカラフルにさせたようだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151201-00010004-soccermzw-socc&p=2
no title

【画像】マンチーニと握手するインテル長友佑都がいい笑顔!!! 

111: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/11/23(月) 09:03:19.47 ID:BS2oRl+70.net
ええ顔してまっせ
no title

長友佑都、インテル指揮官に褒められる「模範的なプロフェッショナル」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 22:45:24.32 ID:???*.net
 インテル・ミラノのロベルト・マンチーニ監督(50)が7日、トリノ戦(8日)の前日会見で
日本代表DF長友佑都(29)をほめた。

 地元記者から前節(10月31日)のローマ戦で先発して活躍した長友とDFダンブロージオの復調について
質問され、「それは彼ら自身の手柄。長友もダンブロージオも模範的なプロフェッショナルであり、
試合でプレーしない時も真剣に練習を重ねていた。そのことが彼らにピッチで自身の力を証明する可能性を与え、
そして彼らはそれを生かした」と語った。

 さらに「こういう選手がチームにいて練習ができることは、我々監督にとって(仕事を)やりやすくする」と、
厚い信頼を示した。なお、地元紙ではトリノ戦の長友について、先発とベンチスタートで予想が分かれている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151107-00000135-spnannex-socc
no title

長友を称賛するインテル マンチーニ監督「素晴らしいパフォーマンス!!」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/01(日) 18:07:10.32 ID:???*.net
 セリエAは31日、第11節を行い、DF長友佑都の所属するインテルはホームで首位ローマに1-0で競り勝ち、
2連勝を飾った。この結果、勝ち点を24に伸ばし、ローマを逆転して首位に浮上。長友は左SBでフル出場し、
首位奪取に大きく貢献した。

 長友が2試合ぶりの先発で左SBに入り、右SBには今季初出場初先発となるDFダニーロ・ダンブロージオが
起用された。ロベルト・マンチーニ監督はクラブの公式サイトで「フィジカルとスピードのある選手をサイドに
2人必要としていた。守るためにも、カウンターを仕掛けるためにもね」と、両選手を起用した狙いを明かしている。

「どちらも素晴らしいパフォーマンスをしたことがうれしい。その後でダニーロ(ダンブロージオ)を交代させたが、
それは足をつっていたからだ。ただ、彼の活躍をとてもうれしく思っているよ。彼はそれにふさわしい」

 今季2度目の先発となった長友、初先発のダンブロージオに称賛の言葉を送った指揮官は、
11試合を終えてリーグ最少の7失点に抑えていることについて「重要なことだ。ソリッドなホームを築くためには、
ベースが大事になる。こういったタフな試合に1-0で勝つことは大きなことだ」と満足感を示した。

 首位に立ったことには「我々はうれしく思っている」と喜びながらも、「だが、まだ第11節だ。
まだカンピオナートはだれにとっても長く険しい」と慎重に語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-01288949-gekisaka-socc
no title

イカルディの得点不足を心配しないマンチーニ、長友は2戦連続先発か!? 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 14:11:43.80 ID:???*.net
インテルは27日、セリエA第10節でボローニャと対戦する。インテルのロベルト・マンチーニ監督は、
FWマウロ・イカルディの不振を心配していない。DF長友佑都は、2試合連続先発出場の可能性があるようだ。

24日のパレルモ戦を1-1のドローで終え、4試合白星がないインテルは、今季まだ2ゴールの
イカルディの得点不足が騒がれている。だが、マンチーニ監督は前日会見で、次のように述べた。
イタリアメディアが伝えている。

「もちろん、もっと決めてくれたらうれしかった。だが、私はFWというものを知っている。そういう時期もあるんだ。
彼があと3、4点決めていたら、我々はさらに勝ち点を手にしていただろう。だが、そのうち決めるようになるはずだ」

「かつて、(エルナン・)クレスポはラツィオ時代に1月まで4ゴールしか決めていなかったが、
最終的には20ゴール以上だった。イカルディもそうなってくれたらいいね。休ませる可能性?
私は現役時代、常にプレーしたかった。そうじゃなきゃ、監督を“解任”していたよ(笑)
イカルディは落ち着かなければいけない」

勝利から遠ざかっているインテルだが、マンチーニ監督は次のようにも強調している。

「最近の試合でも、開幕5連勝のときのインテルが消えてしまったわけではない。ここ3試合で2失点だ。
失点はそう多くない。勝ち点2差に上位5チームが詰まっているんだ。悪くない。目標は上位にとどまることだ。
正しい形を見つける必要があることは分かっていた。選手たちが戻ってくれば、それも見つけられるだろう」

また『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『スポーツ・メディアセット』によると、前節で今季初先発を飾った長友は、
4バックの右サイドバックとして2試合連続で先発出場する可能性があるようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000009-goal-socc
no title

インテル長友、残留か!?…マンチーニ「売るとは言っていない!(`・ω・´)キリッ 」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/18(火) 10:11:53.28 ID:???*.net
移籍騒動の渦中にいるインテル・ミラノの日本代表DF長友佑都(28)が、一転して残留する可能性が出てきた。チームは16日、開幕前最後となる練習試合でAEKアテネ(ギリシャ)と対戦。

長友は後半31分から右サイドバックで途中出場し、スピードに乗った突破で停滞気味だった攻撃を活性化させた。試合は0―0に終わったが、久々の本職でのプレーに「楽しかった」と笑顔で振り返った。

 移籍報道がたびたび持ち上がり、移籍先にはジェノア、サンプドリア、ガラタサライ(トルコ)などが挙がった。マンチーニ監督も「長友は売れる」と話し、ボランチ、サイドハーフなどで起用してきた。

だが、他のサイドバックにも移籍の可能性が浮上。指揮官はこの日の起用に関して「もう少しスピードが欲しいと思ったから投入した」と説明し「長友を売るとは言っていない」と以前の発言を覆した。

 古巣・FC東京復帰の可能性も報じられたが、長友は「まだ欧州でやりたいと思っています」とキッパリ否定。「状態は上がってきています」とまずは23日のアタランタとの開幕戦に向けて集中する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150818-00000018-spnannex-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索