9f42707a

マンチェスター・ユナイテッドを長年率いてきたアレックス・ファーガソン氏が脳出血を発症したことを受け、ライバルのリヴァプールがコメントを発表した。

5日、76歳のファーガソン氏が脳出血を発症し、病院で緊急手術を受けたとのニュースが届いた。手術は無事に終わったようだが、依然として予断の許されない状況が続く中、フットボール界から多くのサポートの声が上がっている。

長年マンチェスター・Uとライバル関係にあるリヴァプールも、クラブの公式ウェブサイトで「元マンチェスター・ユナイテッド指揮官が病に倒れた一報を受け、リヴァプール・フットボールクラブの全員がサー・アレックス・ファーガソンと彼の家族のことを祈っている」と声明を発表。

「最大のライバルであり、最高の友人である彼は困難な時間を過ごしている。我々はサー・アレックスが無事に回復することを願っている。それと同時に我々はマンチェスター・ユナイテッドと彼の家族への全面的な支援を表明する」

1989年に起きた“ヒルズボロの悲劇”の後、当時からマンチェスター・Uを指揮していたファーガソン氏はライバル関係でありながらもリヴァプールへのサポートをいち早く表明。それ以降、リヴァプールはスコットランド人指揮官へ大きな敬意を抱いているようだ。


GOAL

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000007-goal-socc