Samurai Goal

マンチェスターC


スポンサード リンク





<バイエルン>マンチェスターCからドイツ代表リロイ・サネを完全移籍で獲得したことを発表!背番号は「10」 

leroy-sane-manchester-city-2018-19_1nv7q0ffensin1uz8q1tyhppbh




1: 2020/07/03(金) 21:26:46.20
バイエルンは3日、マンチェスター・シティからドイツ代表FWリロイ・サネ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「10」に決まり、2025年6月30日までの5年契約となる。

 昨夏からサネの獲得に興味を示していたバイエルンだったが、シーズンはじめにサネが前十字靭帯を負傷した影響もあり、交渉はまとまらず。しかし、再び獲得に向けて動き、2年越しの移籍が実現した。サネは公式サイトで次のように意気込みを語っている。

「バイエルンは大きな目標を抱く、偉大なクラブだ。彼らの目標は僕と合致しているよ。新しいチャレンジを楽しみにしているし、新たな仲間と一緒にトレーニングすることを楽しみにしている。ハンジ・フリックはU-21ドイツ代表時代から知っている。僕たちは素晴らしい関係だったんだ。バイエルンでできるだけ多くのタイトルを獲得したい。中でも、一番はチャンピオンズリーグでタイトルを獲ることだ」

7/3(金) 21:13 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/063d6d706481c3237434df60c22b69795f989d72

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggAGuQIyqX_LqhTN7s61kjDA---x640-y480-q90-exp3h-pril/amd/20200703-43481490-gekisaka-000-1-view.jpg

マンチェスターC・グアルディオラ監督 契約延長オファーを拒否 

20190209_pep-guardiola

マンチェスターCから期限付き移籍のFW食野亮太郎がスコットランド・ハーツを退団 

20200601-06010166-sph-000-2-view




1: 2020/06/01(月) 18:37:08.46
6/1(月) 18:25
 スコットランド・プレミアリーグのハーツは1日、イングランドのマンチェスターCから期限付き移籍していたFW食野亮太郎(21)が退団すると発表した。1シーズンの契約で、昨年8月にG大阪からマンチェスターCに移籍していた。  食野は、今季リーグ戦で3得点を記録。新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズンは打ち切りとなり、最下位のハーツは2部に降格することが決まっていた。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/baea417e1e06d28e241f3fc62df097d2e5bdc8ca

<マンチェスターCのドイツ代表ギュンドアン>世界トップ3の選手を問われ「メッシ、デ・ブライネ、ムバッペ」 

1: 2020/03/19(木) 18:21:42.28
マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、自身が考える世界3指の選手を答えた。

現在、世界各国で新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けており、欧州フットボール界でも5大リーグやチャンピオンズリーグ(CL)が中断している。多くの選手がサポーターとSNSを通じて交流を行っている中、ギュンドアンは先日、ファンとのQ&Aを実施した。

自身の『ツイッター』で「今現在、世界トップ3の選手は誰?」との難しい問いを受けたギュンドアンは、「メッシ、デ・ブライネ、ムバッペ」と回答。歴代最多バロンドーラーであるバルセロナのFWリオネル・メッシを1位に、マン・Cで同僚のMFケヴィン・デ・ブライネを2位に、そして3位にはパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペの名前を挙げた。

欧州のメディアはこのギュンドアンの回答を受け、ユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの名前がないことを強調して伝えている。

一方でギュンドアンは、ドイツ代表の正守護神争いをしているバイエルンのマヌエル・ノイアーとバルセロナのマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンのどちらが優れているかについては、「間違いなく、二人ともワールドクラスのGKだ。贅沢な悩みで、僕たちにとっては誇らしいこと。どちらが優れているかは答えられないな」とコメント。こちらは明言を避けている。

写真
no title


3/19(木) 16:32配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00010016-goal-socc

<マンチェスターCのドイツ代表ギュンドアン>世界トップ3の選手を問われ「メッシ、デ・ブライネ、ムバッペ」 

1: 2020/03/19(木) 18:21:42.28
マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、自身が考える世界3指の選手を答えた。

現在、世界各国で新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けており、欧州フットボール界でも5大リーグやチャンピオンズリーグ(CL)が中断している。多くの選手がサポーターとSNSを通じて交流を行っている中、ギュンドアンは先日、ファンとのQ&Aを実施した。

自身の『ツイッター』で「今現在、世界トップ3の選手は誰?」との難しい問いを受けたギュンドアンは、「メッシ、デ・ブライネ、ムバッペ」と回答。歴代最多バロンドーラーであるバルセロナのFWリオネル・メッシを1位に、マン・Cで同僚のMFケヴィン・デ・ブライネを2位に、そして3位にはパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペの名前を挙げた。

欧州のメディアはこのギュンドアンの回答を受け、ユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの名前がないことを強調して伝えている。

一方でギュンドアンは、ドイツ代表の正守護神争いをしているバイエルンのマヌエル・ノイアーとバルセロナのマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンのどちらが優れているかについては、「間違いなく、二人ともワールドクラスのGKだ。贅沢な悩みで、僕たちにとっては誇らしいこと。どちらが優れているかは答えられないな」とコメント。こちらは明言を避けている。

写真
no title


3/19(木) 16:32配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00010016-goal-socc

内紛疑惑&退団報道のメッシ、新天地候補はマンCが最有力か…バルセロナとの契約は来年夏まで 

20200207-01031212-soccerk-000-2-view[2]

<マンC>数的不利から2点リードもこらえ切れず2-3逆転負け…ウルヴスは王者相手にダブル達成! 

1: Egg ★ 2019/12/28(土) 07:41:40.39 ID:7c6FvLpk9
【スコア】
ウルヴァーハンプトン 3-2 マンチェスター・C

【得点者】
0-1 25分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
0-2 50分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
1-2 55分 アダマ・トラオレ(ウルヴァーハンプトン)
2-2 82分 ラウール・ヒメネス(ウルヴァーハンプトン)
3-2 89分 マット・ドハティ(ウルヴァーハンプトン)

スポナビ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20075390


現地時間27日、プレミアリーグ第19節ウォルヴァー・ハンプトンvsマンチェスター・シティの一戦が行われた。

同じ節で首位リヴァプールが2位レスターを下したこともあり、この試合に勝利すれば2位に躍り出るマンチェスター・C。敵地でウルヴス相手に勝ち点3を奪いたいところだったが、この試合ではいきなり厳しい展開に追い込まれてしまう。

12分、ウルヴスはジョニーが裏に走り込み、そこに浮き球のスルーパスが後方から出される。GKエデルソンがエリア外に飛び出してクリアしようとするも、ジョニーが先にボールに触れ、エデルソンはジョニーに接触して倒してしまう。このプレーに主審はGKエデルソンに一発退場処分を下した。いきなり数的不利に追い込まれ、ジョゼップ・グアルディオラ監督はFWセルヒオ・アグエロを下げ、GKクラウディオ・ブラーボを投入する。

10人のマンチェスター・Cはここからポゼッションはある程度度外視して守りながら速攻に転じるスタイルに集中し、21分にゴールチャンスがやってくる。21分、ウルヴスDFレアンデル・デンドンケルがエリア内でファウルしたとして、マンチェスター・CにPKが与えられる。

このチャンスにラヒーム・スターリングがキッカーを務めるも、GKルイ・パトリシオのビッグセーブでPKが阻まれてしまう。だがこのPKは選手がエリア内に入るのが早かったとして蹴り直しとなり、再びスターリングがPKを蹴ることになった。ルイ・パトリシオは2本目のPKも反応して体に当てるが、このディフレクトをスターリングが押し込んでPKによりマンチェスター・Cが先制した。なお、ホームのウルヴスサポーターはこの判定に大ブーイングを浴びせ、ピッチ内には物が投げ込まれるシーンも。前半はマンチェスター・Cの1点リードで折り返した。

後半に入り50分、マンチェスター・Cはカウンターの場面でケヴィン・デ・ブライネが裏へとスルーパスを送り、スターリングが左サイドから裏へ抜け出す。スターリングは相手GKの位置を見極めてループ気味にゴールへと流し込み、数的不利のマンチェスター・Cが0-2とリードを2点に広げた。

2点を追うウルヴスは55分、アダマ・トラオレがミドルレンジから強烈なグラウンダーのシュートを決め、1-2と1点を返すことに成功した。これで勢いづいたウルヴスはこの後も数滴有利の状況を生かしてマンチェスター・Cゴールを脅かす。

反撃がようやく実ったのは82分だった。ゴールエリア右側でトラオレがバンジャマン・メンディからボールを奪うと、すぐさま中へとクロスを入れる。そのボールにラウール・ヒメネスがダイレクトで押し込んで2-2の同点に追いついた。

そして土壇場の89分には右サイドからマシュー・ドハーティがカットインを仕掛け、味方とのワン・ツーから左足でネットを揺らし、3-2と逆転に成功した。

試合はこのまま3-2で決着し、数的不利のマンチェスター・Cが一度は2点をリードするも、ウルヴスが3-2と2点ビハインドをひっくり返して大逆転勝利を飾っている。ウルヴスは10月上旬のアウェー戦でもマンチェスター・Cを撃破(0-2)しており、昨季プレミア王者にシーズンダブルを達成する形になった。

この結果、マンチェスター・Cは勝ち点38のままで順位は3位、首位リヴァプールとの勝ち点差は14から変わらず。一方、ウルヴスは勝ち点を30に伸ばして5位に浮上している。

12/28(土) 7:04配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00010002-goal-socc

写真
no title


順位表https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52

板倉&食野、マンチェスターCトップ入りの可能性はほぼゼロ?地元紙がレンタル選手たちの今後を予想!  

1: Egg ★ 2019/10/12(土) 08:46:57.98 ID:FgnhiIwg9
日本代表DF板倉滉やU-22日本代表FW食野亮太郎はこの先、所属元のマンチェスター・シティでプレーする可能性はほぼないに等しいかもしれない。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が現在レンタルに送り出されている選手たちの状況を分析し、その将来を10段階で評価した。

『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、シティと契約を結んでいながら他クラブで武者修行に挑んでいる選手は現在32人。2019年夏に同クラブに渡り、即座にフローニンゲンにレンタル加入した板倉や今夏に移籍直後に期限付きでハーツに渡った食野もそういった形での欧州挑戦を選択している。

しかし、これら各国のタレントたちにシティのトップチームに割り込む可能性はあるのだろうか。同紙が掲載したレンタルプレーヤー30人の状況の分析だが、イングランド2部相当チャンピオンシップのノッティンガム・フォレストに送り出されているコソボ代表GKアリジャネ・ムリッチ(20歳)が10ポイント中「7」と最高点が与えられ、将来的にはエティハドでプレーする可能性が濃厚と見られるのは彼のみとなっている。

元U-21オランダ代表でアンデルレヒトにレンタル移籍したDFフィリップ・サンドレル(22歳)、トゥエンテに送り出されるもそのトップチームでは出場機会を得られていないU-20イングランド代表DFジョエル・ラティオーディエール(19歳)はそれぞれ「5」と続き、シティのトップでプレーする可能性は50%だという。しかしながら、そのほか27人に関しては「4」は1人、「3」は3 人、「2」は7人、「1」は6人、「0」は10人となっている。

そして、板倉は2022年までの契約を結んでいるシティの一員になる可能性は「0」と考えられているようだ。今シーズンについて、「22歳のDFはエールディビジで充実したシーズンを過ごしているが、『マンチェスター・イブニング・ニュース』の見解ではイタクラの獲得はシティ・フットボール・クラブによるものであるため、彼がこのクラブのためにプレーする可能性は極めて低いということだ」と当初からシティの補強と考えられていないと記されている。

また同じく2022年までの契約を持つ現在21歳の食野は「1」となっており、「日本人FWのメシノは移籍市場最終日に到着すると、すぐさまスコットランドへとローンに出され、そこでは全試合に出場してきた」と紹介されるも、同選手も今後シチズンス(マンチェスター・Cの愛称)の一員となる可能性は低いという。

シティと複数年契約を交わし、欧州へと羽ばたいた2人の日本人選手。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるトップチームのメンバーとして、プレミアリーグやチャンピオンズリーグに挑戦するシナリオは現状想像し難いかもしれないが、それぞれ欧州リーグ1部所属のクラブでレギュラーを掴んでいるだけに所属元の期待を超えるパフォーマンスを見せ続け、現地メディアの懐疑的な見方を覆したいところだ。

10/12(土) 8:11配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00010004-goal-socc

写真no title

FW食野亮太郎、マンチェスター・シティに完全移籍し会見!「デブライネの高速クロスに合わせてみたい」  

1: Egg ★ 2019/08/20(火) 22:50:32.53 ID:TQs/HXrC9
 G大阪からマンチェスターCに完全移籍したFW食野亮太郎(21)が20日、一時帰国して大阪・吹田市内のパナソニックスタジアム吹田で会見した。マンCとは4年契約を結び、今季はスコットランド1部・ハーツへのレンタル移籍が濃厚。「今はマンチェスターCで活躍することが目標です」と、レンタル先で活躍し、近い将来に世界有数のビッグクラブに戦力として再び迎え入れられることを誓った。

 マンCの練習を見学した際には、ペップ・グアルディオラ監督とも挨拶し「常に野心を持て」とアドバイスも受けた。練習では以前から目標の選手に挙げていたアルゼンチン代表FWアグエロや、ベルギー代表MFデブライネの質の高いプレーに刺激を受けたという。「デブライネの高速クロスに合わせてみたい」。これまでは憧れの対象だった世界的ビッグネームたちとの“共演”を具体的に思い描き、さらなる成長を見据えていた。

8/20(火) 16:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000098-sph-socc

写真
no title

イニエスタを“横取り!?”マンCがラブコールを送っているとの噂 

1   2018/05/19(土) 13:50:39.63 _USER9
英『エクスプレス』が19日、ヴィッセル神戸移籍が有力と見られていた
バルセロナのMFアンドレス・イニエスタがマンチェスター・シティ加入を検討していると報じた。

バルセロナ一筋16年のイニエスタは4月27日に今季限りでの退団を発表。
中国やオーストラリアなど複数のクラブからオファーがあった中、
神戸への移籍が有力視されていたが、ここへ来て風向きが変わったようだ。

同紙によると、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督の後任にシティのアシスタントコーチを務めるミケル・アルテタ氏が浮上したことを受け、
ジョゼップ・グアルディオラ監督が新たな“右腕”としてバルセロナ時代の教え子を希望。

すでにイニエスタはシティの関係者と対話を交わし、選手兼コーチという提案に高い関心を持っていると伝えられている。

神戸はイニエスタに対し、3年契約でJリーグ史上最高となる年俸2500万ユーロ(約32億6000万円)を提示したと報道されていた。
バルセロナのレジェンドは高額のオファーを断り、恩師のラブコールに応えるのだろうか。

ゲキサカ 5/19(土) 12:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-01653973-gekisaka-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索