Samurai Goal

マンチェスター・U


スポンサード リンク





南野拓実、マンU戦でスタメンか…英メディアが先発を予想。不調リヴァプールの中でインパクト残せるか 

スクリーンショット 2021-01-24 21.25.27

マンチェスター・U、アストン・ヴィラとの元日決戦を制し首位リヴァプールに並ぶ 

スクリーンショット 2021-01-02 11.36.42

「かなり自信があった」決勝PK沈めたオーバメヤン、マンチェスター・U撃破に歓喜 

スクリーンショット 2020-11-02 15.04.37

新戦力評:マンチェスター・U対チェルシー、補強選手の適応具合。大一番で輝くのは? 

スクリーンショット 2020-10-24 16.30.00

<カバーニ>マンチェスター・U加入が正式発表! キャリア初のプレミア参戦決定 

1: 2020/10/06(火) 06:08:55.53 _USER9
マンチェスター・Uは5日、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの獲得を発表した。クラブ公式HPによると、1年延長オプション付きの1年契約。

カバーニは今年6月30日で契約満了に伴い、パリ・サンジェルマン(PSG)を退団したため、今夏の去就に注目が集まっていた。
レアル・マドリードやベンフィカへの加入も取り沙汰されていたが、最終的にはマンチェスター・Uで自身初のプレミアリーグに挑戦することとなった。

現在33歳のカバーニは母国クラブのダヌービオでキャリアをスタートさせた。2007年1月にパレルモへ加入。
同クラブで頭角を現し、2010年7月にナポリへ移籍した。ナポリでは3シーズンを過ごし、公式戦通算で138試合出場104得点を記録。

2013 -14シーズンから昨シーズンまで在籍していたPSGでは、公式戦通算301試合に出場し200ゴールを挙げた。

10/6(火) 5:59配信 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/9bc46bc4793204b33586dbb6c0d52291cf28b190

写真
no title

クラブ史に残る大失態…トッテナムに6失点大敗のマンチェスター・U、前半4失点は63年ぶりの悪夢 

スクリーンショット 2020-10-05 18.35.05




1: 2020/10/05(月) 14:10:50.60 _USER9
マンチェスター・ユナイテッドは、トッテナム戦でクラブワーストに並ぶ複数の記録を打ち立ててしまった。
4日に行われたプレミアリーグ第4節で、マンチェスター・Uはホームでトッテナムと対戦。開始2分にブルーノ・フェルナンデスがPKを沈めて先制したが、その後は悪夢のような試合展開に。ソン・フンミンやハリー・ケインのゴールで前半だけで4失点を喫すると、後半にもさらに2ゴールを許して1-6で敗れた。
同クラブにとってプレミアリーグの1試合で6失点を喫したのは、1996年のサウサンプトン戦、2011年のマンチェスター・シティ戦以来クラブ史上3回目。
また、開幕からの3試合すべてで2ゴール以上を許したのは、1972年以降では初めてのこととなる。

また、マンチェスター・Uが最後に前半だけで4失点を記録したのはノッティンガム・フォレストに0-4で敗れた1990年と、ディヴィジョン1時代であり、プレミアリーグ創設以降では初めてとなる。

さらに本拠地オールド・トラッフォードの一戦で、最初の45分で4ゴールを奪われたのは1957年のトッテナム戦を最後になく、63年ぶりに不名誉な記録に並んでしまった。

2011年に行われたホームでのマンチェスターダービーで1-6の敗戦を喫したマンチェスター・Uは、これまでにもチェルシーやニューカッスルに0-5と大敗した過去がある。そのいずれの試合も10月に行われており、今回のトッテナム戦の大敗も同様に10月に起きてしまった。
一方で選手個人に目をやれば、アントニー・マルシャルは前半のうちにCKの競り合いの中でエリック・ラメラの顔面を叩いて一発退場に。

僅か28分でピッチから去ることになったフランス代表FWの退場劇は、少なくともプレミアリーグ創設以降、同クラブにとって最速のものになるようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0c96bc598200eaef61000f37aeba455171b4c0f

試合終了ホイッスル後に再開する珍事…5度ポストとバーに救われたマンチェスター・Uが劇的な初勝利 

スクリーンショット 2020-09-26 23.55.16

マンチェスター・U退団のアレクシス・サンチェス(チリ)が衝撃告白!「練習初日から移籍したかった」 

1: 2020/09/04(金) 17:05:56.94 _USER9
今夏にインテル入りしたチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、マンチェスター・ユナイテッド時代を振り返った。

2018年1月にアーセナルからマンチェスター・U入りしたサンチェスだが、同クラブで好パフォーマンスを継続することはできず、昨年の夏にはインテルへ期限付き移籍した。すると、インテルでは負傷離脱の時期もあったものの、徐々に本来のフォームを取り戻し、リーグ戦22試合4ゴール9アシストの成績でシーズンを終えた。

フリーでインテル入りしたサンチェスは、4日に自身の『インスタグラム』で動画を投稿。「マンチェスター・ユナイテッドでの時間は終わった。ありがとうとだけ言っておきたい。それを明確にして終わろう」と感謝を示しつつも、マンチェスター・U入りした初日からフィーリングが合わなかったと動画の中で話した。

「最初のトレーニングセッションで多くのことに気が付いた。家に帰って、『契約解除してアーセナルに戻ることはできないかな』って相談したよ。何か僕と合わなかった。でもその時には既にサインしてしまっていたんだ」

「何か月か経っても僕は同じことを感じ続けていた。当時、チームは団結していなかった。ジャーナリストが知らないこともあるのに喋るから心が痛んだ。元選手たちも喋り始めて、クラブ内で何が起こっているのか訳がわからなくなった。彼らは僕を傷つけた」

「選手というのは中の環境にも影響されるものだ。ファミリーである必要がある。それができていなかった。それはピッチ上でのパフォーマンスにも反映されたよ。誰かが批判されなければならない時、彼らは僕を批判した」

「僕は自己批判し、より良いプレーをすべきだった。でもいつも批判された。数分間での出場でも批判されていたんだ」

9/4(金) 14:03 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/c53cf2a1500f213c45b725587df5fe4516000467

写真
no title

<マンチェスター・Uのレジェンド>痛烈批判!「ディ・マリアは下水道みたいなプレーをした」 

1: 2020/05/08(金) 18:50:30.19
マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFギャリー・ネヴィル氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するMFアンヘル・ディ・マリアの妻の批判に反撃した。

ディ・マリアは、2014年の夏にレアル・マドリーからユナイテッド移籍。エースナンバーの背番号7を与えられるなど大きな期待を寄せられていたが、低調なパフォーマンスに終わり、わずか1シーズンでPSGに移籍した。

そんなディ・マリアの妻であるホルヘリナ・カルド―ソさんは先日、イングランド時代を回想。その中で、「あそこの何もかもが好きじゃなかった。女性たちはみんな青白い不健康な顔で、白人で、上品ぶっていて、堅苦しくて……不気味だったの。食べ物は不味い。女の子はみんな9頭身で完璧におめかしをしているのに、その中にノーメイクで髪をお団子にした私がいたのよ」などとマンチェスターの都市を批判。さらに、移籍の大きな理由がお金だったと強調していた。

G・ネヴィルは、愛するクラブと街を否定されたことに不快感を示し、イギリス『スカイスポーツ』で以下のように反撃した。

「こういう話が出てくることがたまにあるよね。下水道のような(無駄な)プレーしかできなかった選手のところから出てくる。こう言うしかないよ。ディ・マリアもマンチェスター・ユナイテッドでそうだった」

「彼を獲得した時、自分はすごく興奮したし、期待していた。でも、彼は酷かった。初日からまるで興味がなかったようだった。彼はアルゼンチンの同胞であるセルヒオ・アグエロやパブロ・サバレタがマンチェスター(シティ)でやってきたことを見習うべきだった。彼らは逃げ出さなかったよ」

「私はこの街を徹底的に守るよ。マンチェスターで空き巣にあった彼女は不運だったし気の毒に思っている。それでマンチェスターの印象も悪くなったとは思うけどね」

5/8(金) 18:03配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00010019-goal-socc

写真
no title

マンチェスター・Uが敵地でチェルシーを撃破!チェルシーは2度のゴール取り消しに泣く… 

20200218-00010003-goal-000-1-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索