Samurai Goal

マンチェスター・ユナイテッド


スポンサード リンク





<浅野拓磨>強敵マンU戦後に漏らした本音!まだ“こういうチームにいる”というのが悔しい…」  

1: Egg ★ 2019/11/12(火) 09:36:23.78 ID:OTa7xl9X9
ようやく巡ってきた“イングランド・デビュー”
no title



浅野拓磨のアーセナル移籍が発表されたのは2016年夏のことだった。

 その直後にクラブの広報担当者に入団記者会見について問い合わせたが、しばらく返答はなく、最終的に連絡があった際には、「現在その予定はない」といった内容のメールでの返信のみに終わっていた。

【動画】あと少しでゴール…。マンU戦で放った浅野拓磨のヘディングシュートはこちら
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail4/id=66548

 結局、その後、浅野を取材する機会は残念ながら一度も巡ってこなかった。なぜなら、彼がガンナーズの一員として赤と白のシャツを身に着けてピッチに上がることが一度もなかったからだ。

 それからおよそ3年。25歳になった日本代表FWは、イングランド、すなわち「フットボールの聖地」でようやくデビューを飾った。浅野が纏っていたのは、セルビアの名門パルチザン・ベオグラードの黒と白の縦縞のユニホームだった。

 11月7日(現地時間)に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第4節、マンチェスター・ユナイテッド戦に挑んだのである。

 浅野のプレーを間近で見るのは初めてだった。ベオグラード開催だった第3節はテレビ観戦したとはいえ、正直なところ、普段は日本代表でプレーする姿をテレビでたまに見かける程度だった。

 そして、オールド・トラフォードの記者席から見た浅野についての率直な感想は、“可能性を感じさせる選手”だった。

 最も目に付いたのは、やはりスピードだ。カウンターを繰り出した19分の場面では、自陣から快足を飛ばして一気に加速すると、あっという間にDFを突き放して前線へ抜けた。最終的に味方MFからのパスの精度が低く得点機はつくれなかったが、その脚力は相手の脅威となり、後半も右サイドでマーカーを振り切る場面も見られた。

 この点については浅野本人も自負している。試合後には、「自分の強みっていうのは、特に今日みたいな試合だと、何も見せられないなかで、ああいうところで負けないところ」と述べている。

 さらにポジショニングセンスの高さも感じさせた。スペースを見つけては、そこへするりと入り込んで、味方からのパスを待つ場面が数回あった。しかし、残念ながらボールホルダーがその動きを見ていなかったり、あっさりとボールを取られてしまったりと、タイミングが合わず、決定機を作り出すまでには至らなかった。。

11/12(火) 6:35 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191112-00010002-sdigestw-socc

弱すぎるマンチェスター・ユナイテッド、ボーンマスに無得点完敗!すでに今季4敗目...  

1: Egg ★ 2019/11/03(日) 00:16:50.46 ID:TttH17Xq9
プレミアリーグ第11節が2日に行われ、ボーンマスとマンチェスター・Uが対戦した。

 先制したのはホームのボーンマスだった。前半終了間際の45分、ジョシュア・キングがクロスをペナルティエリア内で胸トラップし、反転シュート。名手ダヴィド・デ・ヘアの牙城を崩し、ボーンマスが先制した。

 後半に入り65分、走りこんだアダム・スミスをアシュリー・ヤングが倒してしまいファール。PKかとも思われたが、エリアのギリギリ外という反転でフリーキックとなり、マンチェスター・Uは事なきを得た。

 ポスト直撃のシュートなど、なんとかゴールに迫ろうとするマンチェスター・Uに対し、カウンターを仕掛けるボーンマス。しかしその後スコアは動かず、ホームのボーンマスが1-0で勝利を収め、勝ち点「3」を獲得した。

 次節、今季4敗目となったマンチェスター・Uはホームでブライトンと、ボーンマスはアウェイでニューカッスルと対戦する。

【スコア】
ボーンマス 1-0 マンチェスター・U

【得点者】
1-0 45分 ジョシュア・キング(ボーンマス)

11/2(土) 23:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00994787-soccerk-socc

写真
no title

ライア・ギグス、12位に低迷するマンUが復活するためには「あと4、5人の補強が必要」  

1: Egg ★ 2019/10/07(月) 23:19:58.21 ID:0TufN/se9
 6日に行われたプレミアリーグ第8節でニューカッスルと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは0-1の完封負けを喫した。同クラブのレジェンドであるライアン・ギグス氏は、2勝3分3敗の勝ち点9で12位に低迷するクラブが復活するためには「4、5人の補強が必要」と主張した。英紙『サン』が伝えている。

 マンチェスター・Uは今夏、FWロメル・ルカクやFWアレクシス・サンチェスを放出し、DFハリー・マグワイアやDFアーロン・ワン・ビサカ、FWダニエル・ジェームズを獲得したが、上昇気流に乗れずにいる。

 現役時代は、現在チームを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督とともにプレーしたギグス氏は、「オーレは3人の選手を獲得したが、おそらく7人か8人の新しい選手が必要だ。だから、彼にはさらに4、5人の選手が必要なんだ」と補強の必要性を説いている。

「一度の移籍市場で7、8人を補強することは簡単ではない。そのため、時間がかかるかもしれないが我慢しなければならない」

10/7(月) 22:55配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-43472542-gekisaka-socc

写真
no title


【サッカー】<大不振のマンチェスター・ユナイテッド>最大の問題は?8試合を終え2勝3分3敗、勝ち点「9」直近29年間で最悪のスタート
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570439861/

大不振のマンU 最大の問題は?8試合を終え2勝3分3敗、勝ち点「9」直近29年間で最悪のスタート  

1: Egg ★ 2019/10/07(月) 18:17:41.72 ID:JpavY+or9
「スールシャール解任は問題を覆い隠すものでしかない」
no title


大不振に陥るマンチェスター・ユナイテッドについて、イギリス著名記者ヘンリー・ウィンター氏が「最大の問題点」を指摘している。

6日に行われたプレミアリーグ第8節で、ニューカッスルと対戦したマンチェスター・U。ポール・ポグバやアントニー・マルシャルらが離脱している中で敵地に乗り込んだが、前半からニューカッスルの攻撃に苦しむことに。すると72分、プレミアリーグ初出場となったマシュー・ロングスタッフに豪快なミドルシュートを叩き込まれる。その後反撃できず、0-1で敗れた。

開幕8試合を終えたマンチェスター・Uは、これで2勝3分3敗、獲得した勝ち点は「9」にとどまっている。データ会社『Opta』によると、これは1989-90シーズンの「8」以来、直近29年間で最悪のスタートとなっているようだ。当時のマンチェスター・Uは、結局13位でシーズンを終えている。

守護神ダビド・デ・ヘアは「何と言っていいのかわからない。僕がここに来てから最も難しい時間だと思う。どうしてこうなったのか、今何が起きているのか、僕にはわからない」と語りつつ、「すべてを変えなきゃいけない」と危機感を募らせた。オーレ・グンナー・スールシャール監督は「私の責任。頑張っても結果を手にできない現状が、選手に良くない影響を与えている」と、結果が出ない現状を憂慮している。

最悪の状況に陥る“レッド・デビルズ”。イギリスで最も尊敬を集める記者の1人であるヘンリー・ウィンター氏は、最大の問題は経営陣にあると自身のSNSで綴っている。

「マンチェスター・Uの衝撃。クオリティもない。信念もない。ファンは選手たちよりも反抗していた。ユナイテッドはスールシャールを解任することもできるが、それは単に問題を覆い隠すものでしかない。(エド)ウッドワード(CEO)とグレイザー(オーナー)という」

「フットボールではなく、利益に走りすぎた。緊急にディレクターが必要で、チームを再構築する必要がある」

マンチェスター・Uはインターナショナルウィーク明けの第9節でも敗れると、降格圏にすら転落する可能性がある。そんな重要な次節の相手は、全勝中のリヴァプールだ。

10/7(月) 17:22配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00010024-goal-socc

マンチェスター・Uに逆オファーの本田圭佑に伊紙も興味津々「彼のアピールは人目を引く」 

20190930-00010028-goal-000-1-view[1]

本田圭佑、マンUに“ラブコール”投稿!英メディアが持論展開 「間違ったクラブに依頼」  

1: Egg ★ 2019/09/29(日) 00:39:35.88 ID:ZTeBUYY29
本田はツイッターでマンUに公開アピール「オファーをください」
no title


元日本代表MF本田圭佑は、28日に自身の公式ツイッターでプレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッドのアカウントに対して「オファーをください」と“公開アピール”を行い、話題を呼んでいる。しかし、地元英メディアは「間違ったクラブに依頼している」と指摘している。

 昨季限りでオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団した本田は、新たなプレー先を模索し続けているが、いまだ所属先が決まっていない。そんななかで先日、フランス代表FWアンソニー・マルシアルやイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードと主力に故障が相次ぎ、波に乗れないユナイテッドに対し、英紙「ザ・サン」がフリートランスファーのアタッカー5人を推薦。本田もそのうちの1人に含まれていた。

 28日、本田は一つの行動に出る。自身のツイッターからユナイテッドのアカウントに向けてメッセージを発信したのだ。

「オファーをください。お金はいりませんが、素晴らしいチーム、素晴らしいチームメイトたちと一緒にプレーをする必要があります」

 これを受け、英メディア「GIVE ME SPORT」が「本田圭佑がツイッターでマンチェスター・ユナイテッドにサインするように依頼」と見出しを打って取り上げた。

「マンチェスター・ユナイテッドは2019-20シーズンで最高のスタートを切っていない。素晴らしいチームと素晴らしいチームメイト? 本田は間違ったクラブに依頼していると思う。ユナイテッドはすぐに悪化する可能性がある」

 記事では、開幕6試合消化時点で2勝2分2敗の8位と波に乗れないユナイテッドは、“素晴らしいチーム”の条件は満たしていないという論調を展開している。ユナイテッドからのオファーがなければ交渉に発展しないが、果たして本田のプレミアリーグ行きは現実のものとなるのだろうか。

9/28(土) 20:01フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190928-00220411-soccermzw-socc

「オファーをください。お金はいりません」本田圭佑がマンUにSNSで“公開逆交渉”! 仰天行動にファンも熱狂 

20190928-00010000-sdigestw-000-1-view[1]

<本田圭佑>マンUへ異例の公開逆オファー!「素晴らしいチーム、チームメートとプレーする必要ある」  

1: Egg ★ 2019/09/28(土) 03:25:36.49 ID:as8cvMAu9
現在無所属の元日本代表MF本田圭佑(33)がイングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドに対し、異例の公開逆オファーを行った。

 27日に自身のツイッターを更新し、マンチェスター・ユナイテッドの公式アカウントに向けて英語で「オファーをくれ。お金はいらないが、素晴らしいチームで素晴らしいチームメートとプレーする必要がある」と記した。

 23日付の英紙サン(電子版)がマンチェスター・ユナイテッドに対し、本田らの獲得を提言したばかり。選手からの異例の公開逆オファーに、ファンからは「ある意味異常」「スゲェ」「マジかぁ」「期待を裏切らない男」など驚きの声が上がった。

 5月にメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)を退団後、所属先が決まらない状態が続いている本田は、今月16日に日本テレビの報道番組「news zero」に生出演。オファーはあることを明かした上で「ヨーロッパの納得いくようなクラブでプレーするというのが今、僕が決めている条件ですね。プレーさえすれば確実にオーバーエージとして選ばれるようなクラブとリーグを考えている」と来年の東京五輪出場のため、レベルの高い欧州のリーグ、クラブでプレーする希望を語っていた。

9/28(土) 2:41配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000223-spnannex-socc

写真
no title

英紙 マンUに本田の獲得を提言「創造性のある攻撃的サイドプレーヤー」 

20190924-00000202-spnannex-000-2-view[1]

<英紙>マンチェスター・ユナイテッドのFW陣に離脱者続出で…本田圭佑を含む無所属5人の獲得を推奨!  

20190924-00339695-footballc-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/24(火) 13:31:03.67 ID:TSnP8Q1h9
英紙『サン』が23日、マンチェスター・ユナイテッドに獲得を推奨する5人の選手のうちの一人として、33歳の元日本代表FW本田圭佑の名前を挙げた。

 プレミアリーグの夏の移籍市場は閉まったが、無所属の選手であれば登録可能となっている。現在、ユナイテッドは怪我人を抱えており、FWマーカス・ラッシュフォードやFWアントニー・マルシアルなどの攻撃陣が離脱している。FWメイソン・グリーンウッドは体調不良のため、ウェスト・ハム戦を欠場した。

 同紙は「暫定的に経験豊富なフリーの選手を戦列に加える可能性がある」と伝え、ユナイテッドの前線に新たな刺激を与えることができる選手として、ジュゼッペ・ロッシ、ハテム・ベン・アルファ、ウィルフリード・ボニー、本田圭佑、ジェレミー・メネスといった5人の名前を挙げた。

 本田に関しては「厳密にはストライカーではないが、クリエイティブな本田の獲得は、アンドレアス・ペレイラが務めるポジションの穴を埋めることが出来るだろう」とコメントしている。

9/24(火) 12:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00339695-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索