Samurai Goal

マンチェスターユナイテッド


スポンサード リンク





モウリーニョ政権、遂に終了か...!?マンUの関係者が言及! 

20180821-00010007-goal-000-1-view
ジョゼ・モウリーニョ監督がクリスマスまでにマンチェスター・ユナイテッドから離れることになるだろうと、同クラブOBのリー・シャープ氏が話した。

長年マンチェスター・Uを指揮したアレックス・ファーガソン氏が退任して以降、デイヴィッド・モイーズ氏やルイ・ファン・ハール氏の後を継いで2016年夏にモウリーニョ監督は就任。

1年目には3つのトロフィーをクラブにもたらし、昨シーズンはファーガソン氏退任以降最高位となる2位フィニッシュを飾った同指揮官だが、今夏の補強は失敗に終わり、プレミアリーグ開幕2戦目にして早くも黒星を喫した。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00010007-goal-socc

マンUがまさかの黒星発進!!モウリーニョ監督の采配光らずブライトンに敗北 

キャプチャ
1 2018/08/20(月) 02:02:33.06 _USER9
2018年08月20日(Mon)1時57分配信

【ブライトン 3-2 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ第2節】

 現地時間19日に行われたプレミアリーグ第2節でマンチェスター・ユナイテッドはブライトンとアウェイで対戦し、2-3で敗れた。

 開幕戦でレスターに勝利したユナイテッドだが、第2節はまさかの展開になる。

 25分、ブライトンは左サイドを突破するとマーチのグラウンダーのクロスにマリーが入る。つま先で軽く浮かせてゴール右に流し込み、ユナイテッドからリードを奪った。その2分後にはCKからゴール前で混戦になり、ダフィが追加点。2-0となる。

 ユナイテッドは34分、こちらもCKからチャンスをつくり、ショーがシュートを狙うと、DFに当たったボールをゴール前のルカクがヘディングで詰めて1点を返す。

 しかし、この得点のあともユナイテッドは安定感を欠き、最悪の形で前半を終えることに。42分、バイリーがペナルティエリア内でファウルをしてPKを献上。これを決められて1-3で折り返した。

 この展開でモウリーニョ監督はもちろんハーフタイムで2枚替え。マタとアンドレアス・ペレイラが下がってリンガードとラッシュフォードが入る。これでも流れを引き寄せきれず、60分には最後の交代枠でマルシャルを下げてフェライニを投入した。

 ボールを持って押し込むユナイテッドだが、ブライトンの気迫のこもった守備を崩せない。75分にはポグバが良いコースにミドルシュートを放つも、GKの好守に阻まれた。

 後半アディショナルタイム、ユナイテッドはフェライニが獲得したPKをポグバが決めて1点を返すが、反撃はここまで。ユナイテッドは2-3で今季初黒星となり、次節トッテナム戦を前に不安の残るゲームとなっている。

【得点者】
25分 1-0 マリー(ブライトン)
27分 2-0 ダフィ(ブライトン)
34分 2-1 ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)
44分 3-1 グロス(ブライトン)
90+5分 3-2 ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)

https://www.footballchannel.jp/2018/08/20/post286041/

【衝撃】“怪物”ルカクが27歳で代表引退を宣言!「EURO2020が最後になる」 

33628_ext_04_0
1 2018/08/18(土) 01:07:19.72 _USER9
 マンチェスター・ユナイテッドに所属する25歳のベルギー代表FWロメル・ルカクが、EURO2020終了後に代表引退すると宣言した。『Business Insider』をはじめとする、複数の海外メディアが報じている。

 同メディアのインタビューに答えたルカク。2022年のカタールワールドカップを目指しているか問われると「EURO2020終了後に代表チームから退くつもりだ」と答えた。つまり、27歳の若さで代表引退するのだという。

 若手選手に対するアドバイスがあるか問われると「俺はまだ25歳だ。それは自分にとってプライオリティではない。今でも、彼らを競争相手だと思っている。だが、自分のポジションを取られたくない。したがって、2年後から彼らがポジションを手にできるだろう」と語った。

 ルカクは2006年からアンデルレヒトの下部組織に所属し、2009年にトップチームへ昇格。同年12月に行われたヨーロッパリーグ(EL)のアヤックス戦で2ゴールを決め、UEFA主要大会で史上3番目に若い16歳218日で得点した選手となった。また、リーグ戦25試合に出場し15得点を決める活躍を見せ、ジュピラー・プロ・リーグ史上最年少の16歳10ヶ月で得点王に輝いている。

 2011年にチェルシーへ移籍し、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)やエバートンを経て、2017年からユナイテッドの選手に。昨季は公式戦51試合に出場し27得点9アシストを記録している。

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00285787-footballc-socc

ポグバは本当にバルサへ行くのか!?“5年契約に同意”とスペイン紙が報道! 

GettyImages-587471416-800x600
1 2018/08/16(木) 21:35:46.31 _USER9
イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)が、スペイン1部バルセロナへの移籍を決心したと15日、英紙デーリー・メール(電子版)が報じた。ポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏(50)とバルセロナが5年契約で基本合意に達したという。

 英メディアでジョゼ・モウリーニョ監督(55)との確執がさかんに報じられているポグバは、今後、同監督との緊張が和らいだとしても、退団の意志は変わらない模様。モウリーニョ監督は10日に行われたレスターとのプレミアリーグ開幕戦でポグバに主将を任せることで関係改善を図ったが、ポグバが「言えることもあるが、言えないこともある。言ったら罰金を科される」と発言したことで、両者の溝は修復が不可能の状態になってしまった。

 マンチェスターU側はポグバの売却を認めない構え。今夏の退団がが認められなければ、ポグバは1月の移籍期間か来夏の移籍期間でバルセロナ移籍を目指す見通しという。

8/16(木) 21:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000147-spnannex-socc

バルセロナは“ポグバを獲得しない”と明言!マンUに残留が濃厚なのか!? 

20180809_paul-pogba6195
バルセロナのアリエド・ブライダディレクターは、マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバの獲得は起き得ないことを認めている。

ポグバは昨シーズン、ジョゼ・モウリーニョとの衝突が報じられ、マンチェスター・ユナイテッドでの将来が不明瞭となっている。

一方で、ロシア・ワールドカップではフランス代表の優勝に貢献したため、評価を再び上げ、ユヴェントス復帰やバルセロナ移籍が報じられていた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000009-goal-socc

【炎上】ポグバが“謎めいた”コメントをSNSに公開し物議 

8afda074c26da12aa7b29d31e3239069_1534045681_l
プレミアリーグ2018/19シーズンのマンチェスター・ユナイテッド対レスター・シティ戦で勝利に貢献したポール・ポグバの去就についての噂が再び加熱している。

その理由は、ユナイテッドがレスターに2-1で勝利したあとに1ゴールを決めたポグバが自身のインスタグラムに投稿したメッセージに他ならない。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00010008-sportes-socc

バルセロナ“ポグバ獲得説”嘘だった!?代理人のでっち上げか? 

GettyImages-1014725116-800x533
マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバの獲得を狙っていると報じられてきたバルセロナだが、スペイン『マルカ』は実際には獲得の可能性が一切ないことを報じている。

プレミアリーグの市場閉鎖が近づくに連れて、盛んに報じられるようになったバルセロナのポグバ獲得報道。

しかしながら『マルカ』によれば、バルセロナが実際にフランス代表MFを獲得する可能性は皆無とのことだ。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000032-goal-socc

マンU・モウリーニョ監督、補強失敗に『ノーミラクルだ』と悲観的... 

キャプチャ
マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、シーズン開幕を前に「ミラクルは起きない」と話している。

昨シーズン、マンチェスター・Uはアレックス・ファーガソン氏が退任して以降最高位となるリーグ戦2位フィニッシュを果たしたが、優勝した最大のライバルであるマンチェスター・シティに勝ち点19差をつけられるなど独走を許した。

タイトル奪還を目指したい今シーズンだが、移籍市場では次々に補強に失敗し、獲得したのはブラジル代表MFフレッジとバックアップGKのリー・グラントのみ。さらに、ロシア・ワールドカップを最後まで戦ったロメル・ルカクポール・ポグバなどの合流が遅れ、ネマニャ・マティッチら主力にケガ人が続出している。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000005-goal-socc

モウリーニョ、とことん嫌われ者に!?ゴディンへオファーするも“拒絶”されてしまう!! 

GettyImages-960625836-800x533
1 2018/08/09(木) 20:49:51.55 _USER9
マンチェスター・ユナイテッドは、アトレティコ・マドリーDFディエゴ・ゴディン獲得へ向けオファーを送ったが、選手は移籍を拒否したようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。

プレミアリーグでは、毎年移籍市場終了の日に各クラブが大きな動きを見せる。今季からはリーグ開幕前に選手登録が締め切られるため9日が“デッド・ライン・デー”にあたり、多くのクラブが慌ただしく動き回っている。

マンチェスター・Uはアトレティコのウルグアイ代表DF獲得へ向けオファーを送ったことが『Goal』の取材でわかっている。契約解除金2000万ユーロ(約26億円)を支払い、選手本人には年俸900万ユーロ(約12億円)を提示したという。

しかし、ゴディンはオファーを拒絶したようだ。現段階では、アトレティコで来季も戦う意志をみせているという。さらに、クラブと契約延長も考えているようだ。

ジョゼ・モウリーニョ監督はCBの補強をリクエストし、これまでイングランド代表DFハリー・マグワイアやベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトの獲得に動いているものの、現在までに成立していない。

指揮官も「移籍市場について考えるのをやめる」と話しており、今夏の補強はブラジル代表MFフレッジとバックアップGKのリー・グラントのみに終わることになるのかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010004-goal-socc

ボアテング“強気の否定”モウリーニョ監督の直接勧誘にも関わらず『NO』 

GettyImages-652178126-800x533
1 2018/08/09(木) 17:46:25.36 _USER9
バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングはマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督から直接電話で勧誘を受けたにもかかわらず、移籍を拒否したという。その理由はユナイテッドに欧州一となる力がないと感じていることにあった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

今夏の移籍市場でレスターのイングランド代表DFハリー・マグワイアやバルセロナのコロンビア代表DFジェリー・ミナ獲得に動くなど、ユナイテッドはセンターバックの補強を必要としている。

 ボアテングに白羽の矢を立て、モウリーニョが直接電話で口説き落とそうとしたが、バイエルンのニコ・コバチ新監督からの慰留もあって、ボアテングは残留を決意したという。9月に30歳を迎えるドイツ代表DFはさらなるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルを熱望しているというが、記事では「ユナイテッドは今季のチャンピオンズリーグで優勝できないと考えた」と指摘しており、欧州一になる可能性がより高いクラブを選んだようだ。

 2013年を最後にリーグ優勝から遠ざかり、近年は宿敵マンチェスター・シティなどライバルに遅れを取っている“赤い悪魔”。移籍市場でも苦戦を強いられている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180809-00127264-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索