Samurai Goal

マンチェスターシティ


スポンサード リンク





“マンC大ピンチ”デ・ブライネが負傷!!長期離脱の可能性も...! 

1 2018/08/16(木) 09:44:17.39 _USER9
 マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがトレーニング中に膝を負傷し、戦線離脱となりそうだ。離脱期間は2カ月から最大4カ月にもなる見込みだという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 デ・ブライネは現地時間15日の午前中の練習で右膝をひねってしまったという。詳細については検査結果を待っている状況だが、長期離脱の可能性も出てきた。

 ベルギー代表としてロシア・ワールドカップに出場し、3位決定戦まで戦ったデ・ブライネ。長めの休暇を取り、先週ようやくチームに合流。12日に行われたアーセナルとのプレミアリーグ開幕戦(2-0)はベンチスタートで、後半15分から途中出場していた。

 27歳の攻撃的MFは昨季にプレミアリーグで37試合8得点16アシストを記録。リーグ新記録である勝ち点100での優勝に大きく貢献し、自身も「年間最優秀プレーメーカー」に選出された。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティの中心に君臨した。

 開幕戦でアーセナルを下して絶好のスタートを切ったシティだが、次節の本拠地ハダースフィールド・タウン戦以降、敵地ウォルバーハンプトン戦、本拠地ニューカッスル戦などは、絶対的司令塔を欠いて戦わなければならない可能性がある。(Football ZONE web編集部)

https://article.auone.jp/detail/1/6/11/93_11_r_20180816_1534379641835006
no title

マンC・シルバも“スペイン代表引退表明”有名選手が続々と立ち去っていく 

1 2018/08/14(火) 07:49:00.61 _USER9
マンチェスター・シティに所属するMFダビド・シルバ(32)が13日、スペイン代表から引退することを表明した。

 2006年11月にスペイン代表デビューを果たしたシルバは、これまで125試合で35ゴールを記録。EURO2008、2010年南アフリカW杯、EURO2012の優勝に貢献した。また、先日行われたロシアW杯では全4試合に出場していた。

 シルバは自身のツイッター(@21LVA)を更新。「代表でのキャリアを終えるかどうか、悩ましい日々が続いた。自分のサッカー人生で最も難しい決断の一つとなった」と代表引退を表明すると、「スペイン代表は僕にすべてのものを与えてくれたし、自分の成長を支えてくれた。僕は永遠に記憶されるチームでプレーし、夢を見ることができた。すべての経験に満足しているよ。特に僕を最初に代表へと呼んでくれたルイス・アラゴネス監督には感謝している。チームメイト、指導してくれたスタッフ、スペインサッカー協会のみんなにもお礼を言いたい」と感謝の言葉を綴った。

 スペイン代表はロシアW杯後、MFアンドレス・イニエスタ(34)、DFジェラール・ピケ(31)らが同代表からの引退を発表している。

8/14(火) 7:34配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-01669947-gekisaka-socc

写真
no title

王者マンCがアーセナルに完封勝ち!!エメリ新体制のアーセナルには不安の色も? 

1 2018/08/13(月) 02:13:23.85 _USER9
8/13(月) 2:10配信
昨季王者シティが開幕白星発進。敵地でエメリ新体制のアーセナルを下す

 プレミアリーグの第1節が12日に行われ、昨季王者のマンチェスター・シティが敵地でアーセナルを2ー0で下した。

 立ち上がりの主導権争いを制して5分過ぎからペースをつかんだのはアウェイのマンチェスター・Cだった。右ウイングに入った新戦力のリヤド・マフレズを起点に徐々に攻撃のリズムをつかむと、9分には左サイドのラヒーム・スターリングがセルヒオ・アグエロとのコンビネーションから抜け出してシュート。14分にはスターリングがカットインから右足で鮮やかにゴールネットを揺らし、昨季王者があっさりと先制に成功した。

 アーセナルも21分にエクトル・ベジェリンが際どいシュートを放つが、ホームチームの攻撃ターンは長く続かない。ボランチに入ったグラニト・ジャカとマテオ・ゲンドゥージが中盤の主導権争いで劣勢に立たされ、攻撃陣に良い形でボールを供給することができない。28分に与えたFKの場面で、ペトル・チェフがマフレズの直接FK、アイメリク・ラポルテのシュートを連続セーブしていなければ、失点はさらに増えていたはずだ。

 劣勢のアーセナルに追い打ちをかけるように30分過ぎには左サイドバックのエインズリー・メイトランド・ナイルズが相手との交錯で足を負傷。35分に交代を余儀なくされる。前半終了間際には中盤でボールカットしたヘンリク・ムヒタリアンが味方とのダイレクトパスから抜け出してシュートまで持ち込んだが、同点ゴールとはならなかった。

 アーセナルは54分、アーロン・ラムジーに代えてストライカーのアレクサンドル・ラカゼットを投入。そのラカゼットが交代からわずか2分後に際どいシュートを放って同点への希望を抱かせる。しかし、63分にゲンドゥージのミスからアグエロに独走を許して肝を冷やすと、その1分後にバンジャマン・メンディのマイナスの折り返しをベルナルド・シルヴァに決められて2点目。決定的な追加点を奪われる。

 マンチェスター・Cは最後まで集中力を切らすことなく、終盤のアーセナルの攻撃もシャットアウト。王者が盤石の試合運びで開幕白星スタートを飾った。

【スコア】
アーセナル 0ー2 マンチェスター・C

【得点者】
マンチェスター・C:スターリング(14分)、ベルナルド・シルヴァ(64分)

【スターティングメンバー】
アーセナル(4ー2ー3ー1)
チェフ;ベジェリン、ムスタフィ、ソクラティス、メイトランド・ナイルズ(35分 リヒトシュタイナー);ゲンドゥージ、ジャカ(70分 トレイラ);エジル、ラムジー(54分 ラカゼット)、ムヒタリアン;オーバメヤン

マンチェスター・C(4ー3ー3)
エデルソン;ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、メンディ;ギュンドアン、フェルナンジーニョ、ベルナルド・シルヴァ;マフレズ(59分 デ・ブライネ)、アグエロ(79分 G・ジェズス)、スターリング(87分 サネ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00811164-soccerk-socc
no title

マンCの移動着がダサい!!“まるで私学の子供”だと話題にww 

GettyImages-870516574-compressor
数週間前、FCバルセロナはアメリカのファッションブランド、『Thom Browne』とパートナーシップを結び、トップチームの選手達が移動やオフィシャルイベントで着用するオフザピッチ用のフォーマルウェアに同ブランドの服を着用するという事で合意に達した。

その服装はかなり人目をひくデザインのため、SNSで論争を引き起こした。


そして、今回再び同様のテーマで話題となっているのはマンチェスター・シティである。〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00010017-sportes-socc

〈マンC〉ヤヤ・トゥーレ代理人がグアルディオラ監督に激怒!! 

76543bea
1 2018/06/05(火) 21:05:58.04 _USER9
ヤヤ・トゥーレ代理人がグアルディオラに激怒「彼に人としての人格はない」「これはアフリカの呪いだ」

▽マンチェスター・シティのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの代理人が、ジョゼップ・グアルディオラ監督に激怒している。『カルチョメルカート』が伝えた。

▽今季で8シーズン目を迎えたヤヤ・トゥーレ。今季限りでフリーでの退団が見込まれている35歳の同選手は、今シーズンのリーグ戦出場は10試合のみ。先発出場は1試合だった。代理人のディミトリ・セルク氏は、指揮官グアルディオラに激怒している。ロシア『Sport24』のインタビューで以下のように語っている。

「グアルディオラが何を成し遂げた? 2年間で(ロベルト・)マンチーニや(マヌエル・)ペジェグリーニと同じことをしただけじゃないか。ペジェグリーニはチャンピオンズリーグ(CL)準決勝まで行ったが、グアルディオラはどうだ? シティは彼と3年間契約延長したが、彼がこの間にCL優勝することはないだろう、どんなにお金を使ってもね」

「人はそれがグアルディオラのスタイルなんだと、彼は魅力的なサッカーをしているんだと言うが、世界中のベストプレイヤーを買い集めればそれは簡単なことだ。(クラウディオ・)ラニエリを見てみるといい。彼はレスター・シティでプレミアリーグを優勝したんだ。メディアはグアルディオラについて色んなことを書くが、彼に人としての人格はない」

▽セルク氏の怒りは収まらない。

「神は全てをお見通しだ。彼の人としてのヤヤというクラブのレジェンドへの行為、それは様々な口実でピッチに立つ機会を与えなかった。彼は全てのアフリカ人を敵に回した。多くのアフリカのファンがシティから離れたことだろう。そして、多くのアフリカのシャーマンが将来グアルディオラがCLで優勝することを許さない。これはグアルディオラに対するアフリカの呪いだ。これからの人生が私が正しいかどうか見極めてくれるだろう」

http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=315749
guardiola-wallpaper-1737426604


ネイマール“移籍先”はマンチェスターC希望?「グァルディオラの下でプレーしたい」 

35761_ext_04_0
1   2018/05/28(月) 00:18:44.64 _USER9
 フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが、26日までにブラジルのESPNに対し「常にグアルディオラの下でプレーしたかった」などと話した。

 イングランド1部リーグ、マンチェスター・シティーの指揮官グァルディオラの名前を具体的に出した、ネイマールは「彼は別格だ。バルセロナを彼が出て行ってから1年後、僕がバルサに行った。本当に彼と仕事がしたかった」とすれ違いを悔やんだ。

 パリ・サンジェルマンはトーマス・トゥヘル新監督の就任を公式発表したばかり。ネイマールの気持ちはシティーに傾いているのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000133-dal-socc

【驚愕】“ギネス認定”エデルソンが75m超えのドロップキック!! 

3d8d1818-a17a-e39c-349b-f3349537705b

マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンがギネス世界記録に認定された。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 今季、ベンフィカから加入したエデルソンは開幕からレギュラーの座を勝ち取ると、36試合にフル出場し、シティのリーグ制覇に貢献。武器である正確なロングフィードを攻撃面で生かしており、サッカー界史上最長の75.35mと測定されたドロップキックを生み出し、これがギネス世界記録に認定された。

 エデルソンは自身のインスタグラム(@ederson93)のストーリーでギネス認定証の写真を公開し、喜びを示している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-01653676-gekisaka-socc

マンチェスターCを頂点に導いた名指揮官、グアルディオラ監督とは? 

pep-guardiola-carlo-ancelotti_ewh66xryu5vm1i27ucja3yvif
1   2018/04/18(水) 06:48:05.87 _USER9
マンチェスター・シティは今季のプレミアリーグで優勝を達成した。
ジョゼップ・グアルディオラ監督は新たなトロフィーをコレクションに加えている。スペイン『マルカ』が伝えた。

今季のプレミアリーグは33試合を消化した時点で優勝チームが決定した。
シティは28勝3分け2敗と圧倒的な強さを誇示。その間、93得点25失点と驚異的な攻撃力に支えられての栄冠だ。

これでグアルディオラ監督は名将たちに肩を並べている。スペイン、ドイツ、イングランドのリーグ戦で優勝を達成したグアルディオラ監督は、
スペイン、イタリア、イングランドで優勝を経験したジョゼ・モウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)、イタリア、ドイツ、イングランドで優勝したカルロ・アンチェロッティ氏に並び、
欧州5大リーグのうち3つのリーグでタイトルを獲得した指揮官となった。史上3人目の快挙である。

グアルディオラ監督の初タイトルは、2008-09シーズン、バルセロナで獲得したリーガ制覇のトロフィーだ。
以降、同監督は実に23タイトルを獲得。ローラン・ブラン氏(15タイトル)、モウリーニョ監督(13タイトル)、
アンチェロッティ氏(11タイトル)、ジネディーヌ・ジダン監督(8タイトル)、ディエゴ・シメオネ監督(6タイトル)を凌ぎ、この10年で最多タイトルを獲得している。

なお、グアルディオラ監督は今季の優勝について「プレミアリーグの優勝は、私の最大の功績のひとつだ。
天候、スタジアムの状態、試合数...。ラ・リーガやブンデスリーガより難しかった」と語っている。

4/18(水) 0:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000031-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索