Samurai Goal

マルディーニ


スポンサード リンク





<元イタリア代表マルディーニ氏>悪夢の日韓W杯を回想!「あそこではいろんな目に遭った…」 

1: 2020/04/25(土) 10:04:34.05
no title


2002年日韓W杯に出場したパオロ・マルディーニ氏、クリスティアン・ヴィエリ氏ら

ミランのTD(テクニカルディレクター)を務めるパオロ・マルディーニ氏が、インスタグラム上のライブ配信で元同僚のクリスティアン・ヴィエリ氏と対談し、過去のワールドカップ(W杯)を振り返った。

マルディーニ氏は現役時代、元ミラン主将で監督も務めた経験を持つ偉大な父チェーザレ氏の背中を追うように、ミラノで輝かしいキャリアを築き上げて数々のタイトルを手にしてきた。そんなマルディーニ氏のイタリア代表におけるラストマッチは、2002年日韓W杯の決勝トーナメント1回戦の韓国戦(延長の末、アン・ジョンファンのゴールデンゴールで韓国が2-1で勝利)だった。

エクアドル人審判員バイロン・モレノ氏が裁いたこの一戦では、韓国によるラフプレーが流された一方、イタリアのゴールが取り消されるなどアッズーリに不利な判定が続出。

マルディーニ氏自身も頭部に蹴りを入れられたが見逃された。ミラン幹部は当時を振り返り、「あそこではいろんな目に遭った。ボボ(ヴィエリの愛称)、覚えているか?身分証を携帯していないという理由で、我々をスタジアムに入れないようにしていたしね」と明かした。

また、マルディーニ氏はイタリア代表の勝利に終わった2006年ドイツW杯に言及。自身はすでに代表を引退していたため、タイトルを獲得できなかったことを悔やんだ。

「私は優勝を経験した一方で、逃した優勝カップもたくさんある。2006年W杯は本当に残念だった。(マルチェロ)リッピの下で代表復帰の話があったが、私はすでに(ジョヴァンニ)トラパットーニの時に代表引退を伝えていたのでね。元同僚が優勝するのを見た時は、本当に自分が少し不運であるように感じたよ」

4/24(金) 17:04配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00010020-goal-socc

「おそらく家族全員が感染していた」新型コロナから回復のマルディーニ、2月からの”異変”を明かす 

20200325-00071128-sdigestw-000-7-view

マルディーニ親子が新型コロナ感染…ミラン、パオロとダニエルの陽性判定を発表 

1: 2020/03/22(日) 05:10:25.62
3/22(日) 5:02 SOCCER KING
マルディーニ親子が新型コロナ感染…ミラン、パオロとダニエルの陽性判定を発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-01049232-soccerk-socc
父パオロ(左)と息子ダニエル(右)が新型コロナウイルス感染 [写真]=Getty Images
no title



 ミランは21日、テクニカルディレクターを務める元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏と息子のU-19イタリア代表MFダニエル・マルディーニが新型コロナウイルスに感染したことをクラブ公式サイトで発表した。

 パオロ氏は、のちに新型コロナウイルス感染が発覚した人と接触していたようで、本人も感染症の症状を見せ始めたという。前日20日に検査を受けて、陽性と判定されている。また、息子のダニエルも同じく検査を受けて陽性が確認された。親子の具合は良く、すでに2週間の自宅隔離を完了しており、その間に接触した人はいないという。保健局の指示に従って、感染症が回復するまで隔離を続けるようだ。

 現在51歳のパオロ・マルディーニ氏は1985年から2009年にかけてミラン一筋で通算910試合に出場したクラブレジェンド。2018年夏にフロント入りして古巣復帰を果たしていた。現在18歳のダニエル・マルディーニは、ミランのU-19チームに所属。今年1月15日に行われたコッパ・イタリアのSPAL戦で初めてトップチームのベンチ入りを果たし、2月2日のセリエA第22節のヴェローナ戦でトップデビューを飾っていた。

SOCCER KING

ミランの内紛が飛び火…ボバン&マルディーニに続きイブラヒモビッチも今夏の退団を検討か 

20200305-00371190-usoccer-000-2-view[1]

<マルディーニ家3代目がセリエAデビュー>ACミランMFダニエル・マルディーニ、U―19イタリア代表 

1: Egg ★ 2020/02/04(火) 08:45:20.05 ID:KtEZoJEq9
◇イタリア・セリエA第22節 ACミラン1―1ベローナ(2020年2月2日 ミラノ)

 マルディーニ家の3代目がセリエAデビューを果たした。

 ACミランのU―19イタリア代表MFダニエル・マルディーニ(18)が2日、ホームのベローナ戦で後半48分から途中出場。背番号98のユニホームを着て右MFに入り、3分ほどの短いプレー時間でボールにはほとんど絡めなかったが、試合後にクラブ公式テレビで「デビューは目標だった。これから続けて出られるようにしたい」と喜びを語った。

 ダニエルはACミランのレジェンド、元イタリア代表DFのパオロ・マルディーニ氏(51)の次男。2016年に亡くなった祖父チェーザレ氏、父パオロ氏はともにACミランでDFとして活躍したが、3代目は攻撃的MFでユースの10番を背負うホープだ。

 昨年3月に地元衛星放送スカイスポーツで「イタリア代表でプレーしたいし、祖父、父のようにいつか(ACミランの)トップチームでプレーするのが夢」と話していたダニエル。「ポジションは攻撃的MF、トップ下でゴールを狙う。特長は少ないタッチでのプレー、セットプレー、予測の速さ」と自己分析していた。現在ACミランでテクニカルディレクターを務める父パオロ氏からはアドバイスを受けるそうで、いつも「ピッチでは冷静に、ピッチ外では謙虚に」と言われるという。

 兄のクリスティアン(23)もACミラン下部組織出身で、現在はセリエCのファーノでセンターバックとしてプレーしている。

2/3(月) 21:37配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00000257-spnannex-socc

写真
no title

C・マルディーニ氏がミハイロビッチを擁護 「問題は戦術ではなく選手の質」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/22(木) 21:07:19.99 ID:???*.net
解任が噂されるミハイロビッチ

パオロ・マルディーニ氏の父、チェーザレ・マルディーニ氏は苦境に立つミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督を擁護した。

ミランは21日に行われたルイジ・ベルルスコーニ杯でインテルと対戦し、0-1で敗れた。

親善試合とはいえ、つい先日行われた公式戦でのダービーでも敗れているため、これでミラノダービー2連敗となった。
ミハイロビッチ監督の解任が近づいていると現地のメディアは報道しているが、マルディーニ氏はセルビア人指揮官の仕事を高く評価している。

「ミハイロビッチはミランの監督に相応しい人物だろう。人格面でも素晴らしく、ハードワークする監督だ」

現役時代にミランで400試合以上に出場したマルディーニ氏は『スポーツ・イタリア』のインタビューに対してそう話した。
セリエAでは現在3試合連続で白星がないミランだが、これは選手のクオリティに問題があると同氏は指摘している。

「見ていると十分なやりたいサッカーのための原料を持っていないと感じる。ミランは問題を抱えているが、それは戦術面にではなくクオリティの面にだよ」

ミランは次節25日にサッスオーロと対戦する。

theWORLD(ザ・ワールド) 10月22日(木)21時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151022-00010020-theworld-socc
no title

マルディーニ「本田は昨季病を抱えていたと聞いている」「昨季から模範的だが、リーダーたり得るとは思わない」 

1: 名無しのSamurai
【独占取材】マルディーニは本田への評価を変えたのか?「昨季から模範的だが、リーダーではない」
http://www.footballchannel.jp/2014/11/28/post58307/

[一部抜粋]
――そして、今季のミランに見る変化といえば、他ならぬ10番・本田。6ゴール以降はやや調子を落とした感があるとはいえ、昨季とは比較にならないほど良くなっている。

「正確にはその中身を記憶してはいないのだが、確か前回(今年3月)に君と話した際に言ったはずだ。そして、その際に期待した状況が今の彼を取り巻いていると言えるのではないか」

――前回、先の3月21日、君はこう言っていた。『(本田がミランで活躍するためには)当然のことながら周りのサポートを欠くわけにはいかない。(中略:http://www.footballchannel.jp/2014/05/01/post38706/2/参照)その上で、つまり彼がイタリアのサッカーに慣れていく中で、徐々に信頼を勝ち得ていくことができれば、本人が望む場所(ポジション)でプレーすることが可能になるのではないか』

「その通り。彼は“フェノーメノ(怪物、の意。かつてのロナウドの渾名・代名詞とされた)”ではない。しかし、“ブオン・ジョカトーレ(いい選手)”ではある。そして今季の彼は、文字通り“いい選手”であることを証明している。昨季に抱えていた数ある問題を解決した証なのだろう。決して軽くはない病を抱えていたとも聞いている。

 もちろん言葉の問題も軽視できない。そして周囲の信頼を必要としていた。“確かなチーム戦術”と、その中における“確かなポジション(役割)”もまた必要としていた。だから私は、先の3月に君から受けた取材ではこんな風にも述べていたはずだ。

『今の彼に最も大切なのは時間だ』と」

――ところが残念なことに、例の本田6ゴールの直後の日本では、その他ならぬマルディーニが前言(今年3月の発言)を翻したとされている。先の10月19日時点で『ミランで最も模範的な選手。真のリーダーになる素質がある』、こう発言したとされ、一部にはそれを根拠なく揶揄する向きもある。

「ノー。そんなことは言っていない。彼のプロとしての姿勢、誰よりも真剣にトレーニングする姿は“模範的”であると思うが、しかしそれは不振を極めていた昨季も同じだったはず。彼は常に誰よりも真剣にトレーニングを重ねていたと聞いている。そして私は、そうした彼のプロフェッショナルとしての姿勢を疑ったことなど一度としてない。

 しかし、かといってその彼が真のリーダーたり得るとは思わない。なぜなら、まさにこれこそが今日のミランが抱える最大の問題、そのひとつだと捉えているからだ。現ミランには、まさにチームを牽引する真のリーダーが欠けている」


no title

元ミラン主将マルディーニ「本田は救世主となる実力はない。数年前のミランならメンバーになれない」 

1: 名無しのSamurai
元主将マルディーニが語る本田の価値「救世主となる実力はない。数年前のミランならメンバーになれない」
http://www.footballchannel.jp/2014/05/01/post38706/
――現在のミランで10番を背負うのは本田。歴代の10番たちのレベルに彼は到達できるのだろうか。

「率直に言ってそれは無理だと思う。技術だけでなく、いわゆるイメージする領域とでも言うのか、見えている風景がそもそも歴代の10番たちとは違うのだろう。しかしそれは何も本田のせいじゃない。

 あくまでも比べる対象の問題であって、さっき僕が挙げた名(マラドーナやサビチェビッチら)はそのすべてが“サッカー史上屈指”のプレイヤーたちなのだからね。彼らの次元に達することは本田に限らず、誰にとっても至難の業だ。したがって、“到達できるか否か”を問うこと自体が酷なんだと思う。

 本田は実に良い選手ではある。しかしこのレベルのリーグ(セリエA)に辿り着くのが少しばかり遅かったと言うべきなのだろう。もちろんロシアのサッカーそのものには最大限の敬意を払いながらも、しかし高いレベルすなわち欧州屈指のリーグとまでは言えないはずだからね。

 その上で、今現在の本田を評する上で最も留意しなければならないのは、他ならぬミランというクラブ内部が過去30年で最悪とされる混乱に苛まれているという点だよ。もうあと2・3年でも早ければ彼はまったく違った環境下でその才能を発揮できたのではないか。もっとも、2・3年前のミランに彼が入れたかどうかはまた別の話なのだろうが・・・[続きはリンク先へ]
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索