Samurai Goal

マルセロ


スポンサード リンク





レアル勝利もアザールら負傷交代、得点のマルセロは膝つき抗議 

20200615-00000006-jij_afp-000-2-view

「アザールよりもネイマールの方が上」同胞の加入を歓迎するマルセロ 

20190720-00010015-goal-000-1-view[1]

<やはり埋まらなかった溝>レアルの重鎮3選手(ベイル、マルセロ、イスコ)が退団へ  

20190412-00010002-sportes-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/12(金) 09:08:24.52 ID:s9x77yd19
レアル・マドリーの選手たちの中でも在籍期間が長い3名が今夏の移籍シーズンに退団する可能性が高い。その3名とはマルセロ(13シーズン在籍)、ベイル、イスコ(共に6シーズン)である。これらの選手らは来シーズンに向けたレアル・マドリーの大改革の影響を受けるだろう。

レアルは我慢の限界!ベイルを88億円に値下げし売却へ

ウェールズ代表のガレス・ベイルは、前シーズンにすでにクリスティアーノ・ロナウドや監督ジダンとの関係悪化により退団寸前だったが、会長フロレンティーノ・ペレスの決断により移籍を免れた経緯がある。
しかしロナウドの退団後もベイルのパフォーマンスには多くの問題が存在する。

マルセロに関しては、マドリーはすでに完全にこの選手への信頼を失ってしまった。ロナウドのいるユヴェントスへの移籍を望むマルセロだが、マドリーは第2キャプテンとしての自覚の無さを責めている。マルセロのやる気のなさは、一刻も早くユヴェントスへ移籍する為の策なのではないかと見られている。

一方で27歳のMFイスコは、前監督サンティアゴ・ソラーリとの衝突でクラブとの関係まで悪化させた。

マドリーはこれら3名の大型選手の売却により最低でも2億5,000万ユーロ(約313億円)の移籍金を手にし、新たな補強の資金に充てようと計画している。

4/12(金) 8:47配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010002-sportes-socc

ジダン流の人心掌握術炸裂 守護神ナバス先発起用の理由は…「重要さを感じてほしい」 

20190317-00176907-soccermzw-000-4-view[2]

<新生レアル>ジダン新監督の復帰初戦を飾る“干されていた”イスコ、ベイル、マルセロらが大活躍  

1: Egg ★ 2019/03/17(日) 07:53:16.70 ID:Qu4YIAFN9
■レアル・マドリード 2-0 セルタ・デ・ヴィーゴ

イスコ(後半17分)
ガレス・ベイル(後半32分)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11162558


■「冷遇組」を先発に抜擢
 
3月11日にジネディーヌ・ジダン監督が電撃復帰した3位R・マドリーは3月16日(現地時間)、ラ・リーガ28節で18位セルタをホームに迎え、2-0の勝利を飾った。

【動画】R・マドリー対セルタのハイライトはこちら!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=55680

ジダン監督はこの復帰初戦で、サンティアゴ・ソラーリ時代の4-3-3ではなく、4-4-1-1を採用。GKのケイラー・ナバスをはじめ、イスコ、ガレス・ベイル、マルセロ、マルコ・アセンシオといったソラーリ政権下では冷遇されていた選手たちを先発に抜擢した。
立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けるマドリーは9分、ベンセマのパスを受けたマルセロの折り返しを、イスコが反転してゴールを狙うもDFにブロックされる。

29分にはマルコ・アセンシオのクロスのこぼれ球をベイルがジャンピングボレー。これはバーに弾かれる。その7分後にCKに合わせたセルヒオ・ラモスのヘッドも惜しくも左に外れ、なかなかゴールを奪えない。
降格圏に臨むセルタのゴールをようやくこじ開けたのは、62分だった。アセンシオがスピードに乗ったドリブルで持ち込み、左に開いたベンセマへ。この9番のクロスを、ゴールにねじ込んだのはイスコだった。

77分にも、ドリブルで駆け上がったマルセロのアシストを受けたベイルが右足を一閃。確実にネットを揺らし、勝負を決定づけた。
15分にマキシ・ゴメスの至近距離からのヘッドをビッグセーブで防いだナバスも含め、イスコ、ベイル、マルセロらソラーリ前監督から冷遇されていた選手たちの活躍で、ジダン復帰の初戦を飾ったR・マドリー。この試合が復調の第一歩となるか。

3/17(日) 2:08配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190317-00055680-sdigestw-socc

写真
no title

レアルが内部崩壊!?主将ラモスとマルセロが口論!チームメートが仲裁と贔屓紙が報道...  

D1aPP96VYAAFJo-




1: Egg ★ 2019/03/11(月) 16:03:03.07 ID:xivJP5Lw9
レアル・マドリードは現地時間10日のリーガ・エスパニョーラ第27節バジャドリード戦で4-1の大勝を飾った。リーガ覇権奪回が遠のき、国王杯(コパ・デル・レイ)、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では敗退が決まるなど散々な状況となったなかでようやく復調の1勝となったが、その一方でキャプテンのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとブラジル代表DFマルセロの間に“溝”が発生したと贔屓紙の「マルカ」が報じている。

 試合は前半、レアルDFアルバロ・オドリオゾラがPKを献上したが、バジャドリードMFルーベン・アルカラスが失敗。同29分に先制を許して嫌なムードが漂うも、その5分後にDFラファエル・ヴァランがセットプレーから同点ゴールを挙げる。

 後半6分に獲得したPKをこの日キャプテンマークを巻いたFWカリム・ベンゼマが決めると、同15分にもベンゼマがヘッドで追加点。後半35分にブラジル代表MFカゼミーロが2枚目の警告で退場となったが、同40分にクロアチア代表MFルカ・モドリッチが試合を決めるゴールを決めて勝負あった。

 終わってみれば3点差勝利となったレアルだが、試合前の状況は決して芳しくなかった。9日の練習でのことだ。ミニゲームで勝利した側のチームにいたマルセロが大喜びしたが、それによってセルヒオ・ラモスの怒りのボルテージが溜まった。記事によれば、両者の間の会話がエスカレートしていったことによって、チームメートが止めに入らざるを得ない状況だったという。

 バジャドリード戦、セルヒオ・ラモスは出場停止、マルセロは遠征メンバーに選ばれたものの後半途中からのプレーにとどまった。マルセロのユベントス移籍も噂されるなか、“白い巨人”はモラルを取り戻せるのだろうか。

3/11(月) 10:01 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190311-00175391-soccermzw-socc

<モウリーニョ>レアル監督就任に同意!条件は主力4選手(ラモス、ベンゼマ、ベイル、マルセロ)の売却  

30702_ext_04_0




1: Egg ★ 2019/03/10(日) 11:46:02.67 ID:tfEgfKoC9
ポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョがサンティアゴ・ソラーリの解任後にレアル・マドリーの新監督に就任する可能性がある。
メディア『Soy madridista』によれば、モウリーニョは4名の主力選手の放出を条件に、マドリーの指揮を執ることに同意したという。

4名の選手とはセルヒオ・ラモス、マルセロ、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルである。
6月30日までにマドリーがこれらの選手を売却することをモウリーニョは要求している。
同メディアによれば会長はこの要求を受け入れる準備があるという。

コパ・デル・レイとUEFAチャンピオンズリーグで敗退し、
リーガでの優勝のチャンスも期待薄なマドリーは現在必死に次期監督を探しているが、
現在のところモウリーニョは唯一の候補である。

3/10(日) 8:40配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00010003-sportes-socc

マルセロからレギュラー奪ったレギロン、クラシコで暴言か…スアレスに「ブサイク」メッシに「ノミ」  

1: 豆次郎 ★ 2019/03/05(火) 13:30:39.02 ID:jr2e8tzz9
3/5(火) 12:53配信
マルセロからレギュラー奪ったレギロン、クラシコで暴言か…スアレスに「ブサイク」メッシに「ノミ」

レアル・マドリーに所属するセルヒオ・レギロン・ロドリゲスが、エル・クラシコで暴言を吐いていたようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

S・ラモス、ベイル、モドリッチのパートナーは超絶美女! 世界最高峰の美女が集結

レアル・マドリーは、2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節でバルセロナをホームに迎えたが、0-1で敗れた。コパ・デル・レイでのクラシコに続く連敗となったが、この試合では、若手DFの品位を欠く行動が明らかになっている。

『マルカ』によれば、この試合で先発した左サイドバックのレギロンが、小競り合いになった際、ルイス・スアレスに対して、「君はブサイクだ」と発言。さらに直後には、近づいてきたリオネル・メッシに対して、「何なの? ノミ」と吐き捨てたとのことだ。この場面は映像で検証されており、不快感を示したメッシをラファエル・ヴァランがなだめていた。

レアル・マドリーユース出身で現在22歳のレギロンは、サンティアゴ・ソラーリ監督がBチーム指揮官だった頃にレアル・マドリーカスティージャでアピールに成功し、2018年にトップチーム昇格。今年に入ってから、リーガ・エスパニョーラ第20節以降の7試合で6試合に先発するなど、マルセロから定位置を奪ったことで大きな注目を浴びている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00010014-goal-socc
no title

定位置奪われ、代表落選…試練続きのマルセロ、市場価格も50%ダウン? 

20190301-00913003-soccerk-000-1-view

マルセロ求めるC・ロナウドがハメス・ロドリゲス獲得も望む 

20190205-00010016-sportes-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索