Samurai Goal

マルセイユ


スポンサード リンク





【EL決勝】アトレティコが制覇!!ベンチスタートのゴリは出番なし... 

20180517-00000037-goal-000-3-view
1   2018/05/17(木) 05:39:01.68 _USER9
グリーズマン2発!アトレティコが快勝でEL制覇!…酒井は出番なしで16年ぶり快挙ならず

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝が16日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとアトレティコ・マドリードが対戦した。酒井はベンチスタートとなった。

 EL初制覇を狙うマルセイユと3度目の優勝を目指すアトレティコが激突。マルセイユは、主将のディミトリ・パイェやリーグ戦22得点のフロリアン・トヴァン、ルイス・グスタヴォらがスタメンに名を連ね、11日にケガから復帰した酒井の代わりにブナ・サールが右サイドバックに入った。

 対するアトレティコは、ディエゴ・シメオネ監督が準決勝で主審を侮辱し4試合のベンチ入り禁止処分を受けたため、この日もスタンドから観戦。指揮官不在の中、今大会4ゴール3アシストのアントワーヌ・グリーズマンや、1月にチェルシーから復帰したジエゴ・コスタらが先発出場で、今シーズン限りで退団するフェルナンド・トーレスはベンチスタートとなった。

 試合はマルセイユが立ち上がりからチャンスを作る。4分、今大会トップの7アシストを記録しているパイェのスルーパスから、ヴァレール・ジェルマンがエリア内に抜け出してシュート。6分には、アディル・ラミがエリア内中央でこぼれ球を右足ダイレクトで叩くが、どちらも枠を捉えられなかった。

 試合が動いたのは21分、アトレティコは高い位置からプレッシャーをかけると、敵陣中央のガビが相手のトラップミスを見逃さず、ダイレクトで前線にパス。エリア内中央に抜け出したグリーズマンがゴール左に流し込み、貴重な先制点を挙げた。

 32分、先制を許したマルセイユに追い打ちをかけるアクシデント。パイェが負傷交代を強いられ、涙ながらにピッチを後にした主将の代わりにマキシム・ロペスが投入された。

 後半に入って49分、アトレティコが追加点を奪う。エリア内右に走り込んだグリーズマンがコケからリターンパスを受けると、冷静に左足シュートを沈めてリードを2点に広げた。

 マルセイユは2点を追う展開となったが、なかなか反撃できず。81分には途中出場のコンスタンティノス・ミトログルがヘディングシュートを放ったが、これは左ポストに嫌われた。アトレティコは89分、ガビがエリア内右フリーでパスを受けると、右足を振り抜き、試合を決定づけるダメ押しゴール。試合はこのまま終了し、アトレティコが3-0の快勝で6年ぶり3度目のEL制覇を果たした。

 なお、酒井は出番が回ってこず、大舞台での出場は叶わなかった。また、チームも敗れたため、2002年にフェイエノールトで前身のUEFAカップを制した小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)以来、日本人選手2人目の優勝を果たすことはできなかった。

【スコア】
マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1-0 21分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
2-0 49分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
3-0 89分 ガビ(アトレティコ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00759181-soccerk-socc

酒井「ゴリ」4試合ぶりに出場!!回復が早すぎる!? 

columnsv2_60553

[5.11 リーグ1第37節 ギャンガン3-3マルセイユ]

 リーグ1は11日に第37節を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユは敵地でギャンガンと対戦し、3-3で引き分けた。4月21日のリーグ戦第34節で負傷していた酒井は公式戦4試合ぶりに出場した。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-01653701-gekisaka-socc

【朗報】ゴリ復活キタ―!!練習復帰をTwitterで報告! 

1   2018/05/07(月) 20:36:08.11 _USER9
仏1部マルセイユの酒井宏樹が復帰、8日から練習合流へ
2018年5月7日20時28分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20180507-OHT1T50183.html

酒井宏樹
no title


フランス1部マルセイユの日本代表DF酒井宏樹が7日、自身のツイッターを更新し、8日からチームの全体練習に合流することを明かした。チームの想定よりも早い復帰で、日本代表にとっても朗報と言えそうだ。

酒井宏は先月22日のリール戦に左サイドバックで先発。しかし前半22分、相手選手と競り合いながら左サイドを駆け上がった際、左足がピッチに引っかかったようになって倒れ、そのまま途中交代。翌23日にクラブはツイッターで「3週間はチームを離れ、治療に専念します」と発表していた。

本人はこの日、ツイッターでオレンジ色のスパイクを履いた両足を撮影した写真を掲載するとともに「最終チェック終わりました。明日から全体練習合流します」とつぶやいた。

チームが発表した予定より1週間ほど早い復帰となった。日本代表では右サイドバックでレギュラーを確保。ロシアW杯の開幕まで2か月を切った時期に離脱していただけに、回復具合が心配されていた。

本人は負傷後にツイッターで「どんなに気をつけていてもケガはつきものです。ただ今回は自分の身体が本当に頑張って耐えてくれました。EL(欧州リーグ)もリーグもまだ諦めてません。またすぐこのシャツを着れるようリハビリ頑張ります」とつぶやいていた。このまま順調に回復すれば、6月のロシアW杯には間に合う見込みだ。

【EL準決勝】「ザルツブルク×マルセイユ」南野、途中出場するも軍配はマルセイユに!! 

kyo_origin_1_1_thum630
1   2018/05/04(金) 06:41:20.96 _USER9
ザルツブルク 2-1 マルセイユ 
2戦合計 (2-3)
[得点者]
アマドウ・ハイダラ (後半8分)
オウンゴール    (後半20分)
ロランド・フォンセカ(延長後半11分)
南野拓実、後半39分から出場

210分の激闘を制したマルセイユが決勝へ! ザルツブルグの南野は84分から出場

 ヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグが3日に行われ、ザルツブルグとマルセイユが対戦した。

 4月26日に行なわれたファーストレグは、フロリアン・トヴァンとクリントン・エンジの得点でホームのマルセイユが先勝。決勝進出に前進している。


 前半をスコアレスで折り返すと、迎えた53分。右サイドでボールを持ったアマドゥ・ハイダラが力強いドリブル突破から右足でシュートを突き刺す。ザルツブルグが1点を先制した。勢いに乗るザルツブルグは65分、右サイドからチャンスを作ると、相手DFのクリアボールを拾ったクサファー・シュラーガーが左足でシュート。このシュートがブナ・サールに当たってゴールイン。2試合合計スコアで追いつく。


 試合は延長戦に突入。延長後半に入り116分、ディミトリ・パイェのCKから途中出場のロランド・フォンセカが決めて、マルセイユが2試合合計スコアで勝ち越しに成功する。

 試合は2-1で終了。2試合合計2-3でマルセイユが決勝に駒を進めた。マルセイユの酒井宏樹は負傷中のためメンバー外。ザルツブルグの南野拓実は84分からプレーしている。

 決勝の対戦相手はアトレティコ・マドリード。今シーズンのEL決勝戦は今月17日、フランスのリヨンで開催される。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00752351-soccerk-socc
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11152953

酒井宏樹「とても幸せ。僕にとって(マルセイユは)ビックチーム!!」 

1: 名無しさん 2016/06/24(金) 05:15:15.00 ID:CAP_USER9
フランス・リーグ1の名門マルセイユは、ハノーファーに所属する日本代表DF酒井宏樹の獲得で合意に至ったことを発表した。

2012年夏に柏レイソルからハノーファーに移籍した酒井は、ブンデスリーガ通算92試合に出場して2得点を記録している。

移籍当初は出場機会に苦しんだが、2シーズン目からは右サイドバックのポジションを確保。
しかし、クラブは今季のリーグ戦を最下位で終え、2部降格が決定した。

今季で契約が満了となる酒井にはトルコのトラブゾンスポルやギリシャのオリンピアコスなどのクラブも興味を示していたが、マルセイユでは中田浩二氏以来2人目となる日本人選手となった。

酒井はマルセイユのオフィシャルサイトで、「とても幸せ。僕にとってビックチームだし、クラブハウスも大きい。
最初のトレーニングが待ち遠しいです」と新天地での意気込みを語っている。

1992/93シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に加えて9度の国内リーグ優勝、10度の国内カップ戦優勝など数々のタイトルを獲得したマルセイユだが、今季は13位と大きく低迷し、残留争いを強いられた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160624-00010000-footballc-socc
フットボールチャンネル 6月24日(金)1時33分配信

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

酒井宏樹が電撃移籍?マルセイユはどれほど「すごい」クラブなのか 

1: 名無しさん 2016/06/19(日) 21:36:47.69 ID:CAP_USER9
先日、フランス・リーグアンのマルセイユに移籍するのではないかと報じられた酒井宏樹。
ハノーファー96が非常に悲しい成績で2部に降格してしまったが、フリーエージェントになったことで移籍先の選択肢は多いようだ。
そして現在高度な議論を行っていると言われるのがマルセイユ。
かつてフィリップ・トルシエが監督を務め、そこで中田浩二氏がプレーしたことでしられる、フランスで1、2を争う人気チームである。
パリ・サンジェルマンとのフランスダービーは、サンテティエンヌ+リヨンのローヌ・ダービーと並ぶ国内最大の試合であり、
その熱狂度は半端ではない。

http://www.youtube.com/watch?v=IJH-Ex_0XAE



現在フランス代表監督を務めているディディエ・デシャンが率いている頃にはフランスリーグを優勝しており、
多くの有力選手を保有してきた。
ロイク・レミ、セサル・アスピリクエタ、ステファヌ・エンビア、ディミトリ・パイェット、ジャンネッリ・インブラ、
アユー兄弟、アンドレ=ピエール・ジニャック、マテュー・ヴァルブエナなどがここでプレーしていたことも記憶に新しい。
ところが、そのクラブが昨年は13位と低迷。一時期は残留争いにまで巻き込まれるほどの不振に陥っていた。

そのクラブがなぜわずか数年で苦しい状況に追い込まれてしまったのか? そこにはお金の問題があり、
「倒産するほどではないが、強化が難しくなっている」のだ。
現在マルセイユの会長を務めているのは映画、テレビ業界の実業家であったヴァンサン・ラブルヌ氏。
そして実質大きな発言権を持っているのが大株主のマルガリータ・ルイ=ドレイファス氏。
彼女はスタンダール・リエージュの株式も保有しているため、もしかしたらミシ・バチュアイの獲得にも影響があったのかもしれない。
ロシア出身の彼女は実業家ロベルト・ルイ=ドレイファスの未亡人で、世界でも200位に入ってくる大富豪として知られている。

このように富豪に支えられているはずの彼らであるが、マルガリータが引き継いだ2009年からしばらく経ち、
徐々に財政的な問題が明らかになってきた。
2011年にはスタッド・ヴェロドロームの大改修を行うため、マルセイユの重要人物である両者が大きな投資を行った。
しかし2012年にチャンピオンズリーグ出場を逃したことから放映権収入が減少し、
4000万ユーロ(およそ46.7億円)もの損失を出してしまう。
DNCG(フランスリーグのクラブの経営を監視する組織)にその状況を問題視されたことにより、
マルガリータはクラブに貸していた3000万ユーロ(およそ35億円)を放棄し、
更に1500万ユーロ(およそ17.5億円)を投資したという。

続きは↓の記事から
http://qoly.jp/2016/06/19/marseille-right-back-brice-dja-djedje?part=3



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索