Samurai Goal

マルセイユ


スポンサード リンク





長友が高精度クロスでリーグアン初アシスト、酒井は無念の一発レッド…マルセイユはドロー 

スクリーンショット 2021-02-21 17.27.16

満身創痍のマルセイユで、長友佑都が奮闘!ボルドーのエースを封じ込め、ついに本領を発揮 

1: 2021/02/17(水) 11:42:06.95 _USER9
サッカーダイジェスト

代理監督がチームに欠けていたものをもたらした
2人退場者を出したボルドー戦で奮闘した長友。厳しい批判にさらされていたが、この試合では平均点以上の評価となった。(C)Getty Images
 身も心も傷だらけになったオランピック・ド・マルセイユの壮絶な戦(いくさ)が、現地でじんわりとした感動を呼んでいる。日本代表DFの長友佑都も2月15日付『L’EQUIPE』紙で採点「6」を獲得、ついに本領を発揮した。

 マルセイユはここまで激動の時間を過ごしている。1月6日を最後にリーグ・アンで勝てなくなり、順位もずるずる下降し始めると、選手間に確執が噴出。次いでクラブ上層部に怒ったサポーターが練習場に乱入し、最後にはアンドレ・ヴィラス・ボアス監督が突然辞任を表明するにまでなってしまった。

 それからは、まるで日本の大河ドラマのような世界になった。

 将軍に見捨てられ、城には反乱軍が押し寄せ、それでも戦に赴き、負けても引き分けても満身創痍で戦い続ける侍たち――。しかも軍を率いた経験など一度もない代理将軍のもとで団結し、一時的かもしれないが平穏さえ取り戻した今、フランス人もその勇敢さに感動している様子だ。

 代理将軍の名はナセル・ラルゲ。「ナセル」はパリSGのナセル・アルケライヒ会長を思い出させるうえ、「ラルゲ」は綴りこそ違うが「(交際相手に)ふられた」というときの発音と同じになるため、人々は思わず失笑したものだった。

 だが、これまでマルセイユ育成センター責任者を務めてきた、いわば教育者の代理監督は、今のマルセイユに最も欠けていたものをもたらした。穏やかさである。

 ラルゲ代理監督が初めて指揮をとったのが、上昇気流に乗るランス戦。だが選手たちは傷だらけの心で堂々の戦いをみせ、勝てなかったがドロー(2-2)をもぎとった。

 次いで相まみえたのが、王者パリ・サンジェルマン。国中が注目する“フランス版クラシコ”だった。結果は0-2の力負けだったが、ここでも選手たちの多くは、満身創痍ながら恥じない戦いをした。

 酒井宏樹もそのひとりだ。ヴァランタン・ロンジエがこぼしたボールからパリの高速カウンターに襲われ、時速36kmのキリアン・エムバペに振り切られてしまったが、酒井も時速30km近いスプリントで追ったのではないだろうか。その後も最後まで諦めず、チームにエネルギーを注入していた。

※続きはリンク先で
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210217-00010002-sdigestw-socc
no title

PSG戦で先発の長友佑都にマルセイユ地元メディアは酷評「これはもう無理だ」 

スクリーンショット 2021-02-09 13.00.16

マルセイユ対PSG「ル・クラスィク」同じミスでも…「酒井宏樹と長友佑都」のエグすぎる明暗 

スクリーンショット 2021-02-08 20.38.10

サポーター暴徒化で25人が逮捕…酒井&長友所属のマルセイユの試合が延期に 5本の木が燃やされる 

スクリーンショット 2021-01-31 16.15.38




1: 2021/01/31(日) 08:42:12.01 _USER9
 30日、フランス・リーグアン第22節のマルセイユ対レンヌが延期となった。

 日本代表DFの酒井宏樹と長友佑都が所属するマルセイユ。昨季を2位で終えたチームは今季20試合を消化し、現在7位と低迷している。そんななかチームの不調に不満を持ったサポーターが暴動を起こした。

 試合当日、大勢のサポーターが練習場に集まり暴徒化。
マルセイユの発表によると盗難や車両の破壊だけでなく、5本の木が燃やされるなど、被害総額は数十万ユーロにのぼるという。また、現地メディアの『フランス・フットボール』によると、マルセイユサポーターの襲撃によって7人の警察官が負傷し、サポーター25人が逮捕された模様。発煙筒などを投げ込む映像も公開されている。

 これを受けてリーグアンは試合延期を発表。開催日時は決まっていない。マルセイユは声明を発表し、「これらの無責任で容認できない行動は、最大限の厳しさで非難しなればならない」とコメントしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c74226b96a350196e2163dc01e33f51fc4fcfb3
1/31(日) 8:26配信


https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/france/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング

酒井宏樹、マルセイユ会長からの批判受け入れ「フランス語を覚えるべきなのは確か」 

スクリーンショット 2021-01-23 17.29.40

マルセイユDF長友佑都のプレーに地元メディア酷評「何の貢献もできなかった」 

1: 2021/01/14(木) 19:22:46.05 _USER9 BE:787671693-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/14(木) 19:05
東スポWeb

マルセイユDF長友佑都のプレーに地元メディア酷評「何の貢献もできなかった」 
苦境が続くDF長友佑都
 フランス1部マルセイユの日本代表DF長友佑都(34)に厳しい評価が下されている。

 長友は、フランススーパーカップ(13日=日本時間14日)のパリ・サンジェルマン戦に左サイドバック(SB)で先発出場。しかし、目立ったパフォーマンスを見せることができず、後半20分に途中交代。チームも1―2で敗れた。

 フランスメディア「ラ・プロバンス」は、長友について「若手を信頼せずに、34歳を迎えた日本人でキャリアの終盤にいる選手を使うことに何の意味があるのだろうか」と疑問を投げかけた。

 その上で「昔はインテル(イタリア)で左SBをやっていたが、イタリア時代のレベルとはかけ離れた存在となっている。昨日の試合でも彼は攻撃的には何の貢献もできなかった」と苦言を呈した。

 長友は昨年9月の入団会見で「チーム内のスタメン争いもそうだし、CL(欧州チャンピオンズリーグ)やリーグ戦なども含めて、厳しい戦いが始まるので、しっかりチームに貢献できるように頑張りたい」と決意を語っていたが、思うような活躍ができていない。

 次こそはベテランらしいプレーでアピールしたいところだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1d8f909cdb0a7eecb067b3df69e9586cba712e1

<長友佑都>マルセイユ地元紙が“幽霊”と酷評!「34歳のようなキャリア晩期の選手を起用しておいて・・」 

1: 2021/01/12(火) 18:26:40.83 _USER9
マルセイユDF長友佑都に対し、フランス『La Provence』は辛辣な評価を下している。

9日のリーグ・アン第19節で、マルセイユはディジョンと敵地で対戦。両サイドバックに酒井宏樹と長友を先発で起用したマルセイユだが、下位相手に得点を挙げられずスコアレスドローで終わった。
1ポイントの獲得に留まり、首位と勝ち点8差(2試合未消化)の6位と、上位浮上のチャンスを逃した。

この試合にリーグ戦で5試合ぶりにフル出場した長友だが、『La Provence』の採点では「3.3」を与えられ、チームワーストのダリオ・ベネデットとともに「ゴースト」と形容されている。

また、寸評では「34歳の日本人のようなキャリア晩期の選手、若手を信頼しないのはどうしてだ?元インテルの左サイドバックは、イタリア時代のレベルには遠く及ばない。
私たちは再びこのような場面を目撃した。リーグ・アンの下位チームとの対戦で、彼は攻撃面で何ももたらせず、相手にスペースを与えていた」と酷評している。

続けて「右サイドバックのポル・リロラの到着によって、ヒロキ・サカイが左サイドバックのジョルダン・アマヴィの正当な代役になる。私たちはこれ以上危惧する必要はなくなる」と厳しい言葉を並べた。

1/12(火) 17:40配信 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bea2b183eba1f5b169577f177db100360694ef3

写真
no title

長友佑都に低評価「マルセイユの弱点」。酒井宏樹は上々 

1: 2020/12/13(日) 15:21:08.94 _USER9
フランス1部リーグアン第14節が現地時間12日に行われ、マルセイユはモナコに2-1で勝利した。この試合では長友佑都と酒井宏樹がフル出場。現地メディアは、長友に厳しい評価を付けている。

 リーグ戦で3試合ぶりの先発となった長友は、左サイドバックに。右サイドには酒井が入り、両サイドバックを日本人選手が務めることになった。


 長友は開始5分、相手のミスを逃さずボールを奪取。そこからマルセイユの先制点が生まれている。しかし、その後は苦しめられ、モナコに長友のサイドを狙われる展開となった。52分にはペナルティエリア内でボールが長友の手に当たり、VARで確認することに。ただ、その前に酒井に対するファウルがあったということで、PK献上は逃れている。

 5段階で評価する『actufoot』は、長友に対してチームワーストタイとなる下から2番目の採点。「マルセイユの弱点」と厳しく評価し、「相手のチャンスは常に彼のサイドからだった」と指摘した。「空中戦で落ち着いているが、彼が守備にかける負担を補うのには十分ではない」と記している。酒井に対しては、長友より1段階上の評価だった。

 10点満点で採点する『footmercato』も長友にチーム最低タイの「4.5」を付け、「明らかにリズムが欠けている。しばしば(相手右サイドの)ディオプに振り切られた」と記した一方で、酒井には「6」を付けている。

 同じく10点満点の『Le Phoceen』は、長友に単独でチームワーストとなる「4」の低評価。「再び技術的なミス」があったと指摘した。「ボール奪取で先制点に絡んだ」ところは評価しつつも、「52分にはエリア内でハンド。幸運にも酒井がファウルを受けていた」と、対応に不注意があったとしている。同メディアは酒井に「6.5」と好評価だった。

 各メディアで厳しい評価を受けている長友だが、アンドレ・ビラス=ボアス監督の信頼は変わっていないという。指揮官は試合後、「マンチェスター・シティ戦とモナコ戦と連戦だった。佑都には満足している。彼が我々に経験をもたらしてくれることをうれしく思う」とコメントを残した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6bd0067ba2eb51be234b9323b388616cc6bd3fef
no title

マルセイユ酒井宏樹、エムバペらベスト11選出 仏紙 

スクリーンショット 2020-10-20 7.34.11




1: 2020/10/19(月) 20:56:42.57 _USER9
フランス1部マルセイユの酒井宏樹(30)が、パリサンジェルマンFWキリアン・エムバペ(21)、リヨンFWメンフィス・デパイ(26)らとともに、フランスリーグ・アン第7節で、レキップのベストイレブンに選ばれた。19日付のフランス紙レキップ紙が報じた。

同紙によると、酒井は3-1で制した17日ボルドー戦(ホーム)で1アシストを記録し、6回のボール回収に加え、敵陣でのパス成功率は88・9%だった。

同じくベストイレブンに選ばれたフランス代表のエムバペは、16日ニーム戦(アウェー)で2ゴールを決め、オランダ代表のデパイは、18日ストラスブール戦(アウェー)で3アシストに成功していた。(松本愛香通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/26e715ecc4c953356f676b95d9749c5d4bb351fc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索