Samurai Goal

マルセイユ


スポンサード リンク





酒井宏樹、仏開幕戦『ベストイレブン』に選出!!ゴリの凄まじい成長力! 

columnsv2_57871
1 2018/08/14(火) 19:39:39.66 _USER9
マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹が、2018-19シーズンのリーグ1開幕節のベストイレブンに選出された。

 10日、マルセイユは開幕戦でトゥールズをホームに迎え、FWディミトリ・パイェの2ゴールなどで4-0で快勝。白星スタートを切った。右サイドバックで先発した酒井は、フル出場で勝利に貢献。英サッカーデータサイト『フースコア』が今節のベストイレブンに選出した。

▼GK
エドゥアール・メンディ(ランス)

▼DF
酒井 宏樹(マルセイユ)
パブロ・マルティネス(ストラスブール)
アンソニー・ブリアソン(ニーム)
ジョルダン・アマビ(マルセイユ)

▼MF
ニコラ・ペペ(リール)
ディミトリ・パイェ(マルセイユ)
メンフィス・デパイ(リヨン)
ロニー・ロペス(モナコ)

▼FW
ロイス・ディオニー(サンテティエンヌ)
バレール・ジェルマン(マルセイユ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-01670348-gekisaka-socc

やはり酒井宏樹は凄かった!“開幕戦”フル出場し勝利に大きく貢献 

sakaihiroki.jpg.pagespeed.ce.elZ5-PnLol
1 2018/08/11(土) 12:10:54.98 _USER9
[8.10 リーグ1第1節 マルセイユ4-0トゥールーズ]

 リーグ1は10日に第1節1日目を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユはホームでトゥールーズと対戦し、4-0で勝利。酒井は右SBでフル出場し、開幕戦白星に貢献した。

 ロシアW杯で優勝したフランス代表のメンバーであるGKスティーブ・マンダンダやMFフロリアン・トバンらは先発せず。MFルイス・グスタボが最終ラインに配置され、酒井は右SBで起用された。怪我の影響でW杯メンバーに選出されなかったMFディミトリ・パイェはトップ下で先発した。

 昨季はUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権争いに絡んだものの、4位に終わったマルセイユ。今季はさらなる飛躍をすべく、開幕戦から大量得点でスタートする。

 前半41分、右サイドからのクロスをFWバレール・ジェルマンが頭で合わせると、そのボールがDFケルビン・アマンの手に当たる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定により、マルセイユがPKを獲得。パイェが冷静にゴール左に決め、今季リーグ1のファーストゴールとした。

 マルセイユは前半を1-0で折り返すと後半17分、DFブナ・サールがPA右から豪快なシュートを放ち、相手GKがはじいたところをパイェが右足で押し込んで2点目を決める。同44分には相手の最終ラインを突破したジェルマンがゴール右に流し込んで3点目。後半アディショナルタイムには途中出場のトバンが左サイドからのクロスをPA中央でもつれながらも押し込み、ダメ押しの4点目とした。

 試合はマルセイユが4-0で圧勝。19日の次節では昇格組のニームと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-01661466-gekisaka-socc


【スコア】
マルセイユ 4-0 トゥールーズ

【得点者】
マルセイユ:ディミトリ・パイェ(45分)
マルセイユ:ディミトリ・パイェ(62分)
マルセイユ:ヴァレール・ジェルマン(90分)
マルセイユ:フロリアン・トヴァン(90+2分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00810178-soccerk-socc

酒井宏樹“市場価値”が倍以上の10億円に!「評価急上昇」の理由とは!? 

201805050005-spnavi_2018050500017_view
日本代表DF酒井宏樹の評価は、この半年でうなぎのぼりのようだ。フランス『SPORTUNE』が伝えている。

2016年にマルセイユへフリーで加入した酒井。加入1年目からシーズン40試合に出場すると、昨シーズンは右サイドだけでなく、左サイドやセンターでも起用されるなど、リュディ・ガルシア監督の信頼を勝ち取り、公式戦50試合に出場した。

マルセイユではヨーロッパリーグ決勝進出に貢献。その後、6月からは日本代表としてロシア・ワールドカップにも出場し、ベスト16に進出したチームで不動の右サイドバックとして4試合にフル出場した。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000006-goal-socc

酒井ゴリ、相棒とのラブラブっぷりをTwitterで披露ww 

キャプチャ
1 2018/08/01(水) 19:13:07.08 _USER9
マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹(28)が、チームメイトのフランス代表FWフロリアン・トバン(25)との関係性を明かした。

 右SBを主戦場とする酒井は昨季、DFブナ・サール(26)が右SBでフィットしてきたこともあり、左SBを務める機会が多かった。これにより、トバンと同じ右サイドでコンビを組む機会が減少したが、それでも彼との仲の良さは健在のようだ。

 マルセイユの公式ツイッター(@OM_Officiel)が酒井のインタビュー動画を掲載。その中で酒井はトバンに関して以下のように語った。

「常にフロー(トバン)は僕の言うことに耳を傾けてくれるし、僕自身もフローのプレーを引き出してあげたいと思っている。お互いの信頼関係が仲の深さになっていると思う。みなさんも知っている通り、(彼は)素晴らしい人間性で、常に『マルセイユで何かあったら相談してくれ』と言ってくれる。プライベートでもサッカーの中でも信頼できる存在。僕に対して本当にフローは優しすぎるから、何か要求したいことがあれば気軽に言ってくれれば、もっとそれに沿うように頑張るからと伝えたい」

 このツイートに対して、トバン(@FlorianThauvin)は「愛してるよ」と投稿。酒井も「ありがとう」とフランス語で返している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-01656773-gekisaka-socc

川島永嗣、マルセイユ移籍説浮上!!酒井ゴリと同僚になるのか!? 

23963_ext_04_0
1 2018/07/25(水) 12:01:20.30 _USER9
ロシアW杯を戦った日本代表GK川島永嗣(35)がフランス1部マルセイユに移籍する可能性が出てきた。昨季限りでメスとの契約が満了。地元誌「フランス・フットボール」は、昨季フランス1部リーグ4位でDF酒井宏樹(28)の所属するマルセイユをはじめ、同11位のディジョン、同18位のトゥールーズが日本の守護神に興味を示していると報じた。

 海外でのプレー続行を希望する川島は22日、自宅のあるフランスに向かう際、自身の去就について「できるだけ早くいい報告ができればいい」とコメントした。

7/25(水) 11:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000014-tospoweb-socc

酒井ゴリがW杯に触れる「結果を出せたようで出せていない」 

GettyImages-872850474-800x600
1 2018/07/22(日) 13:19:17.59 _USER9
日本代表DF酒井宏樹(28)=マルセイユ=が22日、所属チームに合流するため、羽田空港に姿を現した。出発前に報道陣の取材に応じ、ロシアW杯について「結果が出せたように見えて出せてない大会。各個人悔しさがあると思う。それをつなげればいい。僕自身悔しい思いをした」と振り返った。ロシアW杯では4試合すべてにフル出場し、16強入りに大きく貢献した。

 昨季はリーグ戦では33試合に出場。欧州リーグでも14試合に出場し、4月12日のライプチヒ(オーストリア)戦では後半ロスタイムに、マルセイユでの初得点をマークした。

 今季は8月10日(日本時間同11日)の開幕戦でトゥールーズとホームで対戦する。欧州リーグでも再び頂点を目指す戦いに挑む。イタリア代表FWバロテッリがチームメートになる可能性もあると欧州では報道されている。「選手として素晴らしい選手。マルセイユが本気で選手を取りにいってるのは素晴らしいこと」と話した。

 W杯については「僕としてはベルギーかフランスに優勝して欲しかった。日本が負けてからはほとんど(W杯は)見ていない」。W杯でフランスが優勝しただけにリーグは盛り上がりを見せることは必至。その中で、再びサイドバックとして成長を遂げてみせる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000090-sph-socc

酒井宏樹の獲得にセビージャも挙手!?移籍の可能性は高いのか? 

GettyImages-865322622-800x530
1 2018/06/08(金) 08:58:36.62 _USER9
『RMC Sport』は7日、「マルセイユの日本代表DF酒井宏樹に対して、多くのクラブが興味を抱いている」と報じた。

今季マルセイユで両サイドバックを務め、シーズンを通して安定したプレーを見せてきた酒井宏樹。

契約は2021年まで残っているが、今夏のマーケットでは移籍の噂が流れている。

先日伝えられたのはイングランド・プレミアリーグのクリスタル・パレス。

DFジョエル・ウォードがチームを離れる可能性があることから、その後釜として1200万ポンド(およそ17.56億円)で酒井宏樹の引き抜きを狙っているという話だった。

その他、イングランド・プレミアリーグではブライトン&ホーヴ・アルビオンとレスター・シティ、セリエAではナポリ、インテル、ミランが興味を持っているという。

さらに今回、かつて清武弘嗣も所属したリーガ・エスパニョーラのセビージャという名前も報じられている。

酒井宏樹はマルセイユで週給5万ポンド(およそ730万円)の給与を受け取っており、フランスで満足していると伝えられている。

また、クリスタル・パレスは現在経営難に見舞われており、最悪の場合は破産の可能性もあると伝えられたことも。

その中で酒井宏樹の獲得が可能かどうかは不明だが、少なくとも多くのクラブが注目していることは確かなようだ。

https://qoly.jp/2018/06/08/sevilla-want-to-sign-with-sakai-hiroki-kgn-1

酒井宏樹『ひっぱりダコ!?』欧州各クラブで争奪戦勃発か 

201805050005-spnavi_2018050500017_view
1 2018/06/06(水) 22:49:00.79 _USER9
マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹にイングランドやイタリア、スペインのクラブが興味を示しているようだ。イギリス紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えた。

2015年夏にハノーファーを去り、マルセイユの右サイドバックとして評価を高める酒井だが、今夏新たな挑戦に挑むことになるかもしれない。イギリスメディアによれば、右SBの補強を目指すロイ・ホジソンが率いるクリスタル・パレスが、サウサンプトンのDFジョエル・ワードと酒井をリストアップしているという。

また、昨年10月にマルセイユと週給5万ポンド(約730万円)で新たに3年契約を結んだ酒井を獲得するために必要な移籍金は1200万ポンド(約17億5000万円)と報じられている。そのため、同じく同選手に興味を示していると見られるブライトンやレスターは争奪戦から降りるかもしれないと伝えられた。

なお『イブニング・スタンダード』曰く、ミランやインテル、ナポリ、そしてスペインのセビージャも酒井に注目しているとのこと。日本代表としてワールドカップに臨む大型サイドバックは、今夏の移籍市場の主役の1人となるかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000021-goal-socc

【EL決勝】アトレティコが制覇!!ベンチスタートのゴリは出番なし... 

20180517-00000037-goal-000-3-view
1   2018/05/17(木) 05:39:01.68 _USER9
グリーズマン2発!アトレティコが快勝でEL制覇!…酒井は出番なしで16年ぶり快挙ならず

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝が16日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとアトレティコ・マドリードが対戦した。酒井はベンチスタートとなった。

 EL初制覇を狙うマルセイユと3度目の優勝を目指すアトレティコが激突。マルセイユは、主将のディミトリ・パイェやリーグ戦22得点のフロリアン・トヴァン、ルイス・グスタヴォらがスタメンに名を連ね、11日にケガから復帰した酒井の代わりにブナ・サールが右サイドバックに入った。

 対するアトレティコは、ディエゴ・シメオネ監督が準決勝で主審を侮辱し4試合のベンチ入り禁止処分を受けたため、この日もスタンドから観戦。指揮官不在の中、今大会4ゴール3アシストのアントワーヌ・グリーズマンや、1月にチェルシーから復帰したジエゴ・コスタらが先発出場で、今シーズン限りで退団するフェルナンド・トーレスはベンチスタートとなった。

 試合はマルセイユが立ち上がりからチャンスを作る。4分、今大会トップの7アシストを記録しているパイェのスルーパスから、ヴァレール・ジェルマンがエリア内に抜け出してシュート。6分には、アディル・ラミがエリア内中央でこぼれ球を右足ダイレクトで叩くが、どちらも枠を捉えられなかった。

 試合が動いたのは21分、アトレティコは高い位置からプレッシャーをかけると、敵陣中央のガビが相手のトラップミスを見逃さず、ダイレクトで前線にパス。エリア内中央に抜け出したグリーズマンがゴール左に流し込み、貴重な先制点を挙げた。

 32分、先制を許したマルセイユに追い打ちをかけるアクシデント。パイェが負傷交代を強いられ、涙ながらにピッチを後にした主将の代わりにマキシム・ロペスが投入された。

 後半に入って49分、アトレティコが追加点を奪う。エリア内右に走り込んだグリーズマンがコケからリターンパスを受けると、冷静に左足シュートを沈めてリードを2点に広げた。

 マルセイユは2点を追う展開となったが、なかなか反撃できず。81分には途中出場のコンスタンティノス・ミトログルがヘディングシュートを放ったが、これは左ポストに嫌われた。アトレティコは89分、ガビがエリア内右フリーでパスを受けると、右足を振り抜き、試合を決定づけるダメ押しゴール。試合はこのまま終了し、アトレティコが3-0の快勝で6年ぶり3度目のEL制覇を果たした。

 なお、酒井は出番が回ってこず、大舞台での出場は叶わなかった。また、チームも敗れたため、2002年にフェイエノールトで前身のUEFAカップを制した小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)以来、日本人選手2人目の優勝を果たすことはできなかった。

【スコア】
マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1-0 21分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
2-0 49分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
3-0 89分 ガビ(アトレティコ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00759181-soccerk-socc

酒井「ゴリ」4試合ぶりに出場!!回復が早すぎる!? 

columnsv2_60553

[5.11 リーグ1第37節 ギャンガン3-3マルセイユ]

 リーグ1は11日に第37節を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユは敵地でギャンガンと対戦し、3-3で引き分けた。4月21日のリーグ戦第34節で負傷していた酒井は公式戦4試合ぶりに出場した。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-01653701-gekisaka-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索