Samurai Goal

マラドーナ


スポンサード リンク





マラドーナ氏に〝隠し財産〟105億円!親友が重要証言 

スクリーンショット 2021-02-16 2.07.04




1: 2021/02/15(月) 23:34:24.93 _USER9
急死したサッカー元アルゼンチン代表FWの〝英雄〟ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)に1億ドル(約105億円)の〝隠し財産〟が判明した。

 およそ9000万ドル(約91億円)前後とみられるマラドーナ氏の遺産を巡って泥沼の相続争いが展開されているが、驚がくの新事実が明らかになった。

 アルゼンチンメディア「テレショー」は、現在明らかになっている9000万ドルとみられる資産のほかに、さらに莫大な財産があると報道。マラドーナ氏の親友であるマリアーノ・イスラエリット氏の話として「彼が1億ドルを持っていたと私に言っていた。ただ、それがどこにあるかは誰も知らない」と語ったという。

 同メディアは「高セキュリティーの銀行なのか、自宅なのか。これは、アルゼンチンサッカーのレジェンドの死を取り巻くすべての人々にとって、新たに加わった謎だ」とこの重要証言に注目している。

 マラドーナ氏の財産はまだ算定が続いており、全貌が明らかになっていない。本当に〝英雄の埋蔵金〟が存在するのか注目が集まる。

2/15(月) 22:56
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210215-02762412-tospoweb-socc

「大麻とビールを与えられていた…」マラドーナの“悲惨な最期”が次々と明るみに。担当医は「私は無関係」と責任転嫁!? 

スクリーンショット 2021-02-05 14.34.49

マラドーナ氏の遺体に「火葬禁止命令」! 今後の父子鑑定のためDNAが必要 

1: 2020/12/17(木) 21:59:57.26 _USER9
12/17(木) 21:35
東スポWeb

マラドーナ氏の遺体に「火葬禁止命令」! 今後の父子鑑定のためDNAが必要
マラドーナ氏の遺産相続争いはまだ続きそうだ
 サッカー元アルゼンチン代表FWの〝英雄〟ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)の遺体が土葬のままで保存されることになった。

 南アフリカメディア「インデペンデント」などによると、アルゼンチンの裁判所が、今後の父子鑑定などで必要になるDNAを保存するため、火葬を禁じる判断を下した。マラドーナ氏の遺体は死去翌日の26日にブエノスアイレス近郊の墓地に埋葬されている。同氏の弁護士を務めるマティアス・モルラ氏は、すでにDNAサンプルは存在すると主張しているが、それを理由にしての火葬を認めなかった。

 マラドーナ氏には5人の認知した子供がいることされており、さらに別の6人が認知を求めている状況。その6人のうちの1人であるマガリ・ギルさんは、2年前にマラドーナ氏が生みの親だと実母から聞かされたが、認められない状況が続いており、自身のSNS上で「マラドーナが私の父であるか判明するまで動きを止めない」と宣言していた。

 今後もマラドーナ氏の子供を名乗る人物が名乗りを上げる可能性もあり、相続争いは泥沼化の一途をたどっているだけに、実の親子かどうか判断するためにも〝本物のDNA〟は今後も重要な役割を果たしそうだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c90cde0d3e52262bef337cd37d6a2d44f60d07c

マラドーナ氏>遺産94億円めぐる相続争いに“隠し子2人”名乗り!相続争いが泥沼化の様相・・・ 

f8b73_1399_8031556f_18392c35




1: 2020/12/05(土) 00:27:36.66 _USER9
サッカー元アルゼンチン代表FWの“英雄”ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)の急死で注目を集める相続争いが泥沼化の様相を呈してきた。

マラドーナ氏の遺産は現地報道によると9000万ドル(約94億円)前後とみられている。

実子であるダルマ、ジャンニーナ、フェルナンド、ディエゴ・ジュニア、ジャナの5人の間で分配されるのが既定路線だが、
マラドーナ氏はキューバ人女性との間にもうけた3人の隠し子も生前に認知しており、その動向が注目されてきた。

しかしここにきて、さらに2人の“実子”が名乗りを上げて事態は混迷の度合いを深めている。

アルゼンチンメディア「テレショー」によると、同国ブエノスアイレス州ラプラタ出身のサンティアゴ・ララ氏(20)が「私の母はモデルをしていてマラドーナと知り合った。
母が亡くなる前(ララ氏の)父に『本当の父親が彼(マラドーナ氏)だ』と告白し、私は13歳の時にそれを知った」と主張。

マラドーナ氏の代理人を務めるマティアス・モルラ弁護士にDNA検査への協力を求めたが実現せず、今回の“父親”の死を受けてララ氏は弁護士を伴ってマラドーナ氏の墓地をアポなし訪問。
だが遺族に立ち入りを拒まれ怒りをあらわにし、今後親子関係について法廷で争う意向を示した。

また、マガリ・ギルさん(25)は2年前に実の母親からマラドーナ氏が父親だと知らされた。昨年から水面下でモルラ弁護士と接触したが、最近は連絡を拒否されている。
そのため自身のSNS上で「マラドーナが私の父であるか判明するまで動きを止めない」と“宣戦布告”した。

こうした動きに対して遺族側は、ディエゴ・ジュニア氏とジャナさんがDNA検査に必要なマラドーナ氏の検体提供を拒否。“隠し子”側との対立が鮮明になった。骨肉の争いは長期戦となりそうだ。

2020年12月4日 11時30分 東スポWeb
https://news.livedoor.com/article/detail/19325656/

急死マラドーナ氏の息子 メッシの10番を永久欠番にするよう求める 

1: 2020/12/03(木) 14:55:34.87 _USER9 BE:485142265-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
12/3(木) 14:34
東スポWeb

急死マラドーナ氏の息子 メッシの10番を永久欠番にするよう求める 
永遠の師弟関係で結ばれているマラドーナ氏㊧とメッシ。10番は剝奪される?(ロイター)
 11月25日に休止した元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)の息子、ディエゴ・シナグラ氏が仰天要求だ。スペイン1部バルセロナのエースでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)から「10番」を剥奪し、永久欠番にすることを求めたのだ。

【写真】仰天! 宙を舞うマラドーナ氏

 マラドーナ氏がイタリア1部ナポリに所属していた1986年に、クリスティーナ・シナグラさんとの間に生まれた男子で、2016年になって認知された。地元紙「マルカ」のインタビューに応じた息子は、世界各地で行われた追悼イベントやパフォーマンスについて「感動した。レオ(メッシ)のは特別だった。素敵だった。僕の心に突き刺さり、泣かされた」とコメント。その上で「(父が)プレーした全チームは、バルセロナを含めて10番を永久欠番にすべき。疑問の余地はない」と発言したという。

 これまでマラドーナ氏はアルゼンチン1部アルヘンティノス、ボカ・ジュニアーズ、ニューウェルズ、スペイン1部バルセロナ、セビリア、イタリア1部ナポリの6クラブに所属。チームの顔となるエースが背負う番号だけに、マラドーナ追悼のためとはいえ、永久欠番にするのは難しいところ。果たして各クラブはどんな反応を示すか。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/e527873985c8736a918e5a808ed0445c2b56071e

マラドーナ氏の元恋人〝暴露発言〟連発で大炎上 

スクリーンショット 2020-12-03 6.39.10

<本田圭佑>マラドーナの訃報を受け「死については本当に考えます」「一日一日を大事にしないといけない」 

スクリーンショット 2020-12-01 21.52.48




1: 2020/12/01(火) 21:03:20.34 _USER9
ブラジル1部ボタフォゴでプレーする元サッカー日本代表MF本田圭佑(34)が1日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「本田圭佑 『NowVoice』」(火曜後7・00)にブラジルからリモート出演。自身の死生観を語った。

番組冒頭、アシスタントを務める同局の東島衣里アナウンサー(29)から「きょう本田さん、髪を縛っていらっしゃる!新鮮です」と驚かれ、笑い声をたてて「そうそうそう。うっとうしくなってきてるんですけど。
切れよって言われるんですけど、まだこのまま1年間切らずにいこうかなっていうふうに思ってて」と答えた本田。ヘアカットは以前から専属美容師に任せているが、コロナ禍とあって髪を切る状況にないことにまずは触れた。

その後、12月に突入したことについて聞かれ「速い!」と声をあげた本田。「時が経つ速さっていうのはね、もう待ってはくれないんですよね」とし、年々速くなると実感するという時間経過に
「過ぎたらあっという間っていうのは人の記憶だと思うので、うん」と話した後で「マラドーナは死ぬし」と、11月25日に亡くなった元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)の訃報を自ら話題に出した。

そして「人が死ぬとね、自分も死に近づいてるんやなっていうのを実感させられるわけですよ。うん。もう本当に。だって60歳らしいんですよね。僕、34でしょ?もう僕は倍は生きれないってことですよね。その計算でいくとね」としんみり。
「一日一日をね、大事にしないといけないなって。改めてこういうふうに、年が終わるのが近づくにつれてそう思いますよね」と続けた。「めちゃ考えますよね、死については本当に」と本田。「究極のテーマだと思いますね。
だって、死を経験した人だけはこの世にいないんですよ。80歳も20歳も死を語る時は同じなんですよ」とした。

マラドーナ氏には会ったことはないというが「サッカー界にとっての影響は本当に計り知れない」ことを改めて実感している。「本当にレジェンド。凄すぎて」。死後に目にしたマラドーナ氏が数々の著名人と撮った写真も
「マラドーナが横にいると子どもがサンタさんと写真を撮ってるとか、子どもがアンパンマンと写真を撮ってるとか」というふうにさえ見えると、その存在の大きさを表現した。

その上で、現在のコロナ禍における自身の死生観を明かした。「こんな状況下でも僕はすごく人の死については結構冷静に考えていて。たとえどんなすごい人が死んだとしても世の中は普通に回るし、
残念ながらマラドーナも忘れ去られていくんですよね。これが人の機能で。忘れるように人間はできてるんですよね。それを考えると、すごく人の命って本当に儚いなって思うんで。

自分がいろいろ何か世の中にインパクト残して死んでいきたいなみたいな理想論を描いている中で、でも自分に冷静に問いかける言葉っていうのは『いやいや、お前死んでも世の中フツーに回るし、
当たり前のようにお前のこと忘れるからな』っていう冷静な自分もいるんですよ。だから究極のところは自己満足なんかなっていう感じはしますね」。

そして「考えて考えて考えて、たどり着く先はやっぱりきょう一日を全力で生きるっていうことなんですよね。めっちゃシンプルに、そこは。それしかないんですよ」と力をこめた。

12/1(火) 20:48配信 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c20355c5dbbdd6376dd01b3665c1e12b644251f3

パーソナリティーを務めるニッポン放送「本田圭佑 『NowVoice』」(火曜後7・00)
https://www.1242.com/nv/

<スペインの女性選手>マラドーナ氏への黙とう拒否「彼は虐待者」 

7bfaa_1399_7f5d1f08_625288ff




1: 2020/11/30(月) 22:02:00.26 _USER9
元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏(享年60)が25日に死去し、世界各地の試合で世界的英雄への黙とうが行われている。
そんな中、スペインの女子サッカーチームのビアヘス・インテリアスに所属するパウラ・ダペーニャが、ピッチに座り込んで試合開始前の黙とうを拒否した。

スペイン紙「マルカ」など複数の欧州メディアによると、ダペーニャは「彼の実績や、サッカーの才能は素晴らしい」と前置きした上で
「彼は虐待者であり、彼のための黙とうを拒否した」と説明。さらに「11月25日は女性に対する暴力撤廃の国際デーだったが、誰も何もしなかった」と強調した。

2020年11月30日 18時24分 東スポWeb
https://news.livedoor.com/article/detail/19304452/

メッシ、恩師マラドーナさん“神の手”追悼…本家ばりドリブル突破弾も 

スクリーンショット 2020-12-01 11.48.18




1: 2020/12/01(火) 06:52:48.91 _USER9
12/1(火) 6:00配信
スポーツ報知

チーム4点目のゴールを決め、マラドーナさんのいる天に向かって祈りをささげるメッシ(ロイター)

 スペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が29日、ホームのオサスナ戦で1得点を決め、4―0の大勝に導いた。11月25日に心不全で死去した母国の英雄でクラブOBのディエゴ・マラドーナさん(享年60)にささげるゴール後、かつて2人が所属していたニューウェルズ・オールドボーイズ(アルゼンチン)のユニホームを披露。「神の手ゴール」をほうふつとさせるプレーも見せるなど、天国に旅立った恩師を追悼した。

 天国に届けるプレーだった。マラドーナさんの急逝から4日。メッシが“神の手未遂”と豪快なゴールで母国の英雄を追悼した。

 前半29分、先制点の場面。浮き球シュートに、ゴール前へ詰めたメッシが跳び上がり、左手を上げてボールに触るような動きを見せた。ボールに触れることはなかったが、1986年メキシコW杯準々決勝のイングランド戦でマラドーナが左手で決めた「神の手ゴール」を再現するかのような動き。地元紙「アス」紙は「メッシがマラドーナの神の手ゴールの再現に非常に近づいた」と報じた。

 最大の見せ場は3―0の後半28分だった。メッシはドリブル突破から左足の強烈なシュートをゴール右隅へ突き刺した。直後にユニホームを脱ぐと、仕込んでいたのは93~94年にアルゼンチン1部ニューウェルズ・オールドボーイズでマラドーナさんが着た10番のユニホーム。メッシ自身も少年時代に所属した古巣のユニホームで、天に向かって投げキスをした。直後に警告を受けたが、フル出場でマラドーナさんへの惜別と感謝を示した。

 試合前には、82年から2シーズン在籍した故人のユニホームを模した花飾りをピッチ中央で囲むように両チームの選手が並び、場内のスクリーンと広告板にマラドーナさんの写真が映された。試合後にメッシは自身のインスタグラムを更新。2人の写真を並べ「永遠なれ、ディエゴ」と哀悼の意をつづった。

 2人は同じ左利きの小柄なドリブラーで、アルゼンチン代表では10番。マラドーナさんも「後継者」とメッシをかわいがり、10年の南アW杯には監督と選手として出場するなど師弟は強い絆で結ばれていた。死去直後に「彼は私たちのもとを去るが、いなくなりはしない。彼は永遠。彼と共有した多くの素晴らしい記憶が残っている」としのんだメッシ。急逝後初の試合で恩師にゴールと勝利をプレゼントした。

 ◆ニューウェルズ・オールドボーイズ 1903年創設。ホームタウンはサンタフェ州ロサリオ。本拠地はエスタディオ・マルセロ・ビエルサで、かつてクラブを指揮したマルセロ・ビエルサ監督の名前から取っている。1部リーグでは6度の優勝経験を持つ。過去には、元アルゼンチン代表FWバティストゥータや同DFエインセらが所属。メッシは95年から2000年まで下部組織に在籍した。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201201-11300234-sph-000-1-view.jpg?w=550&h=640&q=90&exp=10800&pri=l
https://news.yahoo.co.jp/articles/78b57b99fac12a569a96e0e077279aaef2d136b7

シメオネが破ったマラドーナ黙祷の静寂…涙をためながら拍手の音をたった一人響かせる 

スクリーンショット 2020-11-30 21.52.55


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索