Samurai Goal

マネ


スポンサード リンク





サラーとマネは「互いを嫌い合っている」2大エースの“亀裂移籍”を英懸念 ピッチ外では一切会話なし 

20200313-00251084-soccermzw-000-1-view




1: 2020/03/13(金) 08:15:08.65
得点王を争うエース同士の不仲説に注目 解説者が断言「実際に関係は深刻なもの」

リバプールは今季、プレミアリーグで首位を独走しており、優勝まで“マジック2”としている。
30年ぶりの悲願が決定的となっている一方、英メディアはエジプト代表FWモハメド・サラーとセネガル代表FWサディオ・マネの間に走る亀裂を取り上げている。

2月29日に行われたプレミアリーグ第28節ワトフォード戦で0-3と衝撃の完敗を喫したリバプールは、リーグ18連勝、無敗記録も44試合で途絶えることになり、リーグ戦初の無得点で敗れる事態となった。
それでも、第29節ボーンマス戦はサラーとマネのゴールにより2-1と競り勝ち、ホーム連勝記録を「22」に伸ばしている。

暫定ながら2位マンチェスター・シティに勝ち点「25」差をつけており、残り2試合勝利すれば、他会場の結果に関係なく30年ぶりのプレミア優勝が決定する。
昨季はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制しており、文字通り黄金期を築いている最中にある。

しかし、英メディア「GIVE ME SPORT」は「リチャード・キースがマネとサラーは互いを嫌い合っており、
2人ともリバプールを去ると主張」と見出しを打ち、2大エースの関係に亀裂が走っているため、両者ともクラブを去る検討をしていると伝えている。

解説者を務めるリチャード・キース氏は「実際に関係は深刻なものだ。彼らは互いを心底嫌い合っている。
両者とも、相手がいないチームでプレーする方が良い環境となると考えている」とコメントを残しており、
マネはバルセロナ、サラーはレアル・マドリードからオファーが届いた際は移籍に前向きな姿勢を見せると主張している。

昨季ともに得点王に輝いたサラーとマネだが、今季第4節のバーンリー戦(3-0)でマネがパスを出さずに自己中心的なプレーに走るサラーに対して怒りを爆発させた場面が話題を呼んでいた。
ピッチ外では一切会話をすることのない両者だが、試合中は何度もコミュニケーションを取っており、互いのゴールも喜びを分かち合っている。
世界を代表するアタッカーがチーム内で得点王を争っているだけに、不仲説も出やすいのかもしれない。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00251084-soccermzw-socc
3/13(金) 7:10配信

リヴァプールFWマネは3週間の離脱へ…南野の出場機会にも影響か 

20200126-01027225-soccerk-000-1-view[2]

<マネ>サラー、マフレズを差し置いてアフリカ年間最優秀選手賞を初受賞! 「とても幸せ。誇りに思うよ」 

1: Egg ★ 2020/01/08(水) 10:39:04.42 ID:biQnvor69
アフリカサッカー連盟(CAF)は7日、2019年のアフリカ年間最優秀選手賞にセネガル代表FWサディオ・マネを選出したことを発表した。

 現在27歳のマネは、リヴァプールでともにプレーするエジプト代表FWモハメド・サラー、マンチェスター・C所属のアルジェリア代表MFリヤド・マフレズという2人の最終候補を差し置いて、2019年のアフリカ年間最優秀選手賞に初選出された。サラーが選出されれば、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ以来の3年連続受賞となったが、達成はならなかった。

 マネは昨季、全コンペティション合わせて30ゴールを決め、リヴァプールをチャンピオンズリーグ優勝へと導いた。また今季もここまで計15ゴールをあげ、プレミアリーグ首位を独走するチームの原動力となっている。

「とても幸せだし、受賞することができ誇りに思うよ。フットボールという仕事が大好きだ」

「家族、代表チーム、スタッフ、連盟、そしてリヴァプールに感謝したい。今日は僕にとってとても大きな日になるよ」

 マネは過去3年間、アフリカ年間最優秀選手賞の最終候補にノミネートされ続けていたが、今回悲願の初受賞を果たすこととなった。

1/8(水) 9:28配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-01019963-soccerk-socc

写真
no title

南野&久保にも影響? レアル、リバプールFWマネの代理人に接触と海外メディア報道 

20200102-00238244-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/02(木) 11:12:41.43 ID:F1YRkm369
レアルはベイルの“代役”として検討か

日本代表MF南野拓実が加入して日本での注目が上がってるリバプール。南野がポジション争いを挑むのは、“看板”の強力3トップだ。
その一角で、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)において日本代表が対戦したのはセネガル代表FWサディオ・マネだが、レアル・マドリードが代理人と接触を図ったと報じていられている。

レアルを重点的に扱うスペイン紙「AS」、リバプールのおひざ元である地元紙「リバプール・エコー」が、ともにフランスメディア「Le 10 Sport」の情報として取り上げている。

記事によると、リバプールで結果を残しているマネはヨーロッパの各国メガクラブが注目する存在となっているが、そのなかでも特に素早い動きを見せているのがレアル。
契約するためにすでに動いており、マネの代理人と接触しているのだという。

マネとリバプールは2023年夏までの契約が残り、違約金が高くなることが想定されるが、レアルとしてはある選手の“代役”として適任としているようだ。それはウェールズ代表FWギャレス・ベイル。
サポーターとの関係性が今ひとつのベイルが“白い巨人”を離れた場合、的確な代替になると「AS」は表現している。

もしもレアルの興味が本格的に増すとなれば、リバプールに所属する南野だけでなく、レアルが保有権を持つ日本代表FW久保建英(マジョルカにレンタル移籍中)にも何らかの影響を及ぼす可能性も否定できない。
今後、マネの去就にも注目が集まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200102-00238244-soccermzw-socc
1/2(木) 10:10配信

南野&久保にも影響? レアル、リバプールFWマネの代理人に接触と海外メディア報道 

20200102-00238244-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/02(木) 11:12:41.43 ID:F1YRkm369
レアルはベイルの“代役”として検討か

日本代表MF南野拓実が加入して日本での注目が上がってるリバプール。南野がポジション争いを挑むのは、“看板”の強力3トップだ。
その一角で、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)において日本代表が対戦したのはセネガル代表FWサディオ・マネだが、レアル・マドリードが代理人と接触を図ったと報じていられている。

レアルを重点的に扱うスペイン紙「AS」、リバプールのおひざ元である地元紙「リバプール・エコー」が、ともにフランスメディア「Le 10 Sport」の情報として取り上げている。

記事によると、リバプールで結果を残しているマネはヨーロッパの各国メガクラブが注目する存在となっているが、そのなかでも特に素早い動きを見せているのがレアル。
契約するためにすでに動いており、マネの代理人と接触しているのだという。

マネとリバプールは2023年夏までの契約が残り、違約金が高くなることが想定されるが、レアルとしてはある選手の“代役”として適任としているようだ。それはウェールズ代表FWギャレス・ベイル。
サポーターとの関係性が今ひとつのベイルが“白い巨人”を離れた場合、的確な代替になると「AS」は表現している。

もしもレアルの興味が本格的に増すとなれば、リバプールに所属する南野だけでなく、レアルが保有権を持つ日本代表FW久保建英(マジョルカにレンタル移籍中)にも何らかの影響を及ぼす可能性も否定できない。
今後、マネの去就にも注目が集まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200102-00238244-soccermzw-socc
1/2(木) 10:10配信

今年のアフリカ最優秀選手賞は誰の手に?! 最終候補はこの3人!  

20191225-00366841-usoccer-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/25(水) 18:59:58.47 ID:yIC9ams/9
アフリカサッカー連盟(CAF)が22日に、2019年のアフリカ最優秀選手の最終候補3名を発表した。

今年の最終候補3名は、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー、同セネガル代表FWサディオ・マネ、そしてマンチェスター・シティのアルジェリア代表FWリヤド・マフレズだ。

サラーやマネは、今年はチャンピオンズリーグ制覇をはじめ、惜しくも2位となった昨季のプレミアリーグでは共に22得点を挙げ、
アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと並んで得点王に輝いた。2015年のアフリカ最優秀選手であるオーバメヤンは今年も10名の候補に入っていたものの、最終候補には選ばれなかった。

また、マフレズはサラーやマネを擁するリバプールを抑え2連覇したシティに貢献。さらに、今年はアフリカ・ネーションズカップでも3ゴール1アシストの活躍で、母国の29年ぶり2度目の優勝に尽力した。

なお、アフリカ最優秀選手賞は過去2回はサラーが連覇中。2016年にはレスター・シティの奇跡のプレミア優勝の立役者となったマフレズが受賞している。

最多は元カメルーン代表FWサミュエル・エトーと、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの4回。。ヤヤ・トゥーレは2011年から2014年の間に4連破している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00366841-usoccer-socc
12/25(水) 17:33配信

現在世界最高のサッカー選手といえば?  

images0000




1: 風吹けば名無し 2019/10/19(土) 02:28:33.41 ID:1ohSrhyN0
これデブライネじゃね?
もしくはマネ

マネ、贅沢に興味がない!「それが世界に何をもたらす?」「なぜフェラーリやダイヤモンドが必要なのか? 」  

1: Egg ★ 2019/10/18(金) 08:50:56.59 ID:HcB0FlPR9
リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネは世界的なスター選手でありながら贅沢な生活に興味がなく、自分にとって重要なのは人々を助けることだと告白した。スペイン『アス』が伝えている。

 FWモハメド・サラー、FWロベルト・フィルミーノと強力な3トップを形成し、プレミアリーグ開幕8戦全勝で首位を独走するリバプールをけん引しているマネ。今季リーグ戦でチームトップの5得点を挙げ、公式戦全体では11試合で8ゴール2アシストを記録する活躍を見せている。

 リバプール4年目のシーズンも好調を維持する中、母国セネガルメディアのインタビューに応じたマネは自身のルーツを振り返り、人生で重要なことについて次のように語った。

「なぜフェラーリ10台、ダイヤモンドの時計20個、飛行機2機が必要なのだろうか? それは世界に何をもたらすのだろうか? 私は空腹で過ごし、畑で仕事をし、裸足でプレーし、学校には行かなかった。現在、私は人々を助けることができる。学校を建て、貧しい人々に食料や衣類を与えることをより好んでいるよ」

 スペイン『アス』はそんなマネに対し、「彼はスポーツメディアではあまり目立たないが、サラーやフィルミーノよりも優れている。このウイングは素晴らしいレベルであり、数か月前のチャンピオンズリーグは言うまでもなく、今季プレーした11試合で8ゴール2アシストを記録していることがそれを証明している」と称賛の言葉を送っている。

写真no title


10/18(金) 7:39配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-43472872-gekisaka-socc

“サラーvsマネ騒動”の新事実が判明!? 同僚の「爆笑ものの弁明」に英注目「誤解を…」 

20190903-00214719-soccermzw-000-4-view[1]

<止まらない>リバプールがアーセナルを粉砕!大量5得点で豪快逆転勝利 

1: 2018/12/30(日) 07:46:50.52 _USER9
【リバプール 5-1 アーセナル プレミアリーグ第20節】

現地時間29日に行われたプレミアリーグ第20節のリバプール対アーセナルは、5-1でホームのリバプールが勝利した。

開幕から無敗を維持して首位を快走するリバプールだが、この日先制したのは5位のアーセナルだった。
11分、敵陣でロングフィードをカットすると、左サイドからイウォビがクロスを供給。フリーで走り込んだメイトランド=ナイルズがゴールを決める。

だが、これがリバプールの攻撃に火をつけた。

14分、相手DFリヒトシュタイナーのクリアが味方に当たってこぼれたボールを拾ったフィルミーノが同点弾を決めると、
16分にもフィルミーノ。中央で2人のDFを抜き去り、逆転弾を奪う。

32分にはサラーの折り返しをマネが押し込んで3-1となると、
前半終了間際にはサラーのPKで4点目が決まり、大差で折り返した。

リバプールは後半に入っても攻撃の手を緩めず、5点目を狙う姿勢で入った。
すると65分、ロブレンが倒されて得たPKをフィルミーノが担当。冷静にGKの逆を突き、ハットトリックを達成する。

これでリードが4点となったリバプールは、残り時間も隙を見せず、5-1のまま勝利を収めた。
同日の試合では、2位のトッテナムがウォルバーハンプトンに敗れている。このため、リバプールと2位の勝ち点差は9となった。

【得点者】
11分 0-1 メイトランド=ナイルズ(アーセナル)
14分 1-1 フィルミーノ(リバプール)
16分 2-1 フィルミーノ(リバプール)
32分 3-1 マネ(リバプール)
45+2分 4-1 サラー(リバプール)
65分 5-1 フィルミーノ(リバプール)

12/30(日) 4:21配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00303050-footballc-socc

写真
no title


第20節 その他試合12月29日(土)

ブライトン 1-0 エバートン
フルハム 1-0 ハダースフィールド
レスター・シティ 0-1 カーディフ
ワトフォード 1-1 ニューカッスル

https://web.gekisaka.jp/livescore/list?season=16180&type=now



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索